बायोडाटा र कामको अनुभव लेख्ने तरिका これで完璧!履歴書を書く際に注意したいポイント!

日本で働き先を見つける際、アルバイトでも正社員でも、必ず必要な履歴書や職務経歴書。

正直どのように書いたらいいかわからない、うまく書けない、と戸惑う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は履歴書・職務経歴書の書き方のポイントをご紹介します。

わずか数秒で…! 気を付けたい明らかにダメな履歴書……


就職活動を行う際に企業とのコンタクトで用いられるのが履歴書です。

採用担当者は履歴書を参照しながら書類選考を行い、求職者と面接するか否かを判断します。

やはり面接まで至らず、書類選考で落とされるのは防ぎたいところ。

では、その書類選考ですが、どういった方法で判断しているか皆さんはご存知でしょうか。

採用側の企業には、求職者からの履歴書は大量に届くため、まず「明らかにダメな履歴書を落とす」ことから始めます。

その時、「明らかにダメな履歴書落とす」のに要する判断時間はなんと「5~10秒」程度と言われています。

人事担当者が面接の数をこなしていく内に、履歴書の第一印象と求職者の質はそれほど乖離が無いことを学習します。

採用担当者が見るダメな履歴書とは?

履歴書で落ちないためには、採用担当者が履歴書を見た瞬間にどの部分を見て履歴書の良し悪しを判断しているのか知っておきましょう。

採用担当者は主に下記の3点が注目しています。

①履歴書に空欄部分がないか
こちらは落ちる履歴書の代表例です。

記入すべき箇所をすべて記入できていないのは論外といえます。

また、自己PRや志望動機の内容が薄い履歴書も落とされる要因の一つです。

手を抜いていると誤解される恐れもあります。

空欄部分を作らないためには、履歴書のフォーマット選びも重要です。職歴など社会経験が少ないことは落ちてしまう直接的な原因にはなりません。

②顔写真は適切なものか
採用担当者にとって履歴書は、対面したことが無い人物を知るための唯一の資料です。

相手の顔を見ることを出来るのが当然「顔写真」のみです。

つまり、顔写真で手を抜いてしまうと「落ちる履歴書」になってしまいます。

ポイントは「写真の質」「服装」「髪型」です。

このうち「写真の質」に関してはプロに任せることをおすすめします。服装・髪型についてもスーツ・ネクタイ・髪の色などを確認しましょう。

身だしなみはすぐにでも直せます、身だしなみで落とされてしまうのはさすがに避けたいですよね。

③読みやすい字になっているか
履歴書は文字で構成されているので、その文字が読みづらいものになっているのは減点対象といえます。

これも5~10秒間で履歴書を見ればわかるのです。

汚い手書きの文字、やたら小さい文字などで書いてあると、忙しい採用担当者がその時点で落としてしまう恐れがあります。

「字を書くのが苦手」という方でも丁寧に書けば、担当者はわかるはずです。

履歴書を5~10秒程度見て判断するには、上記の3点がポイントになってきます。

つまり上記のポイントが1つでもかけていたら、一通り読まれずにその場で落とされてしまうのです。気を付けたいところです。

では良い履歴書とは?


「良い履歴書」を書くためには、どのようなポイントを押さえるべきでしょうか。

この点を理解して履歴書を作成することで、他の求職者と差をつけることが出来ます。

他の求職者と差が出る「良い履歴書」を作成するためには下記の3点を押さえましょう。

・良い履歴書のポイント
①企業の理念に共感を示す
どの企業も理念を持って経営を行っています。

その企業に入社するということは、各企業が持つ理念に共感を示し、その理念を実現するため入社するということです。

そのため、企業の理念を理解して、その理念に対し共感していることを履歴書内で示すことが重要です。

企業の理念については、コーポレートサイトや企業紹介等で、企業研究をすることで確認していきます。

この時点で企業の理念に合わないと感じましたら、その企業に入社しても長続きしない恐れがあります。

自分自身が理念に共感できる企業に応募するようにしましょう。

②志望動機・自己PR欄で働く意欲を示す
上記で説明した「企業理念への共感を示す」場所が志望動機・自己PR欄です。

応募した企業の理念に対して自分も共感し、ぜひ一緒に働かせていただきたいといった内容を盛り込むのです。

こうすることで理念への共感だけでなく、自然と「働く意欲」を示すことにも繋がります。

「理念への共感」「働く意欲」の支えになるのが、今までの学歴・経歴、資格欄で示す自分自身の能力・経験・スキルです。

このように、企業理念への共感を履歴書で示すことで、履歴書は自然と良いものに仕上がっていくのです。

③学歴、職歴欄での自己PRを工夫する
学歴・職歴欄の書き方を工夫することで更に差をつけることが出来ます。

学歴・職歴欄では「記入されている学歴・職歴が入社した際に、どのように役立つか」という点が重要視されています。

このことを踏まえ、学歴・職歴の中で実際にどのようなキャリアを積んできたかを具体的に書くことで、他の求職者と差をつけることができます。

仮に、就職先の業種がそれまでの学歴・職歴と全く無関係のことであっても「学び方・働き方の姿勢」といった内容でしたら、すべての職種に共通することですので、そういった内容を書いてみましょう。

一工夫を加えることで「働く意欲」をより強く示すことが可能です。

担当者の視点をもって履歴書を書きましょう。

履歴書を作成する際に重要なのは「担当者の視点を持つ」ことです。

大量の履歴書の中から良質な求職者を見つけ、本採用に結び付けるためには、数多くのフローを踏んでいく必要があります。

その入り口となるのが履歴書による書類選考なのですが、残念ながら一枚一枚をじっくりとみている時間はありません。

そのため、採用担当者は数多くの履歴書を一枚につき5~10秒程度で確認し、明らかにダメな履歴書を落とす作業から始めます。

履歴書の第一印象が悪い時点で書類選考に落ちてしまいます。

落ちないためには、第一印象が良い履歴書を作成する必要があります

キャリアコンサルタントが教える履歴書で見落としがちな10のチェックポイント


ここでは「採用のプロ」キャリアコンサルタントが教える、履歴書で見落としがちな項目をご紹介したいと思います。

漏れがないか、チェックリストとしてお使いください。

履歴書の見落としがちな10のチェックポイント
①写真の印象は暗くないか
健康的で疲れていない表情であることが重要です。照明を含めて、暗くないかをチェックしましょう。

②3ヶ月から6ヶ月以内の写真か
忙しくしていると写真の更新を忘れがちです。

何年も前の写真を履歴書に使っていると、実物が老けて見えしまいます。最近の写真に差し替えておきましょう。

③履歴書の「職歴」に記載をしているか
職務経歴書ほど詳しくなくて構いませんが、空欄を防ぎ、概略程度はを書いておきましょう。

④入社・退社の年月に間違いがないか
経歴詐称などの大事を防ぐためにも入社・退社の年月は正確に書きましょう。

⑤アルバイトやパート勤務の期間も記載をしているか
アルバイトやパート勤務の期間も、応募企業に活かせる経験なら履歴書に記載をしておきましょう。

⑥学校名は略さずに正式名称で書いているか
学校名は略さず、正式名称で丁寧に書くことを心がけましょう。

学校名が変更された場合は、変更後の名称で記載をします。

⑦連絡がつく連絡先を書いているか
日中に最も連絡がつきやすい連絡先と時間帯を書いておきます。

携帯電話番号でもOKです。

キャリアコンサルタントは、連絡がつきにくい候補者を嫌います。

転職エージェントから連絡があっても不在にしているときは、必ずその日中に折り返して連絡をするようにしましょう。

⑧日付を忘れずに書いているか
履歴書の日付をいつにするかで悩む人は少なくありません。

履歴書の投函日とすることが一般的となっています。

⑨履歴書を入れる封筒を用意してあるか
面接時に履歴書の持参を求められるケースもあります。

「ご持参頂いた履歴書と御社(転職エージェント)から送ってこられた履歴書が違うんだけど」と、応募企業から問い合わせが入ると、確認に手間が取られてしまいます。

転職エージェントに登録した履歴書と、一言一句同じ履歴書が望ましいでしょう。

⑩ブランクの期間を書いているか
職歴に空白期間が出来てしまった場合は、理由も簡単に記載をしておきます。

もし、理由をネガティブに感じるなら、自己PRの欄で意欲等をアピールしましょう。

同時に、ブランクの期間の状況について、担当のコンサルタントにも伝えておきましょう。ているか。

履歴書を正しく書いて面接に挑みましょう。

いかがでしょうか。皆さんが普段書かれている履歴書のポイントを記載しました。

以上のポイントをチェックしておけばきっと面接までたどり着く可能性がグンと上がるはずです。

履歴書を書く際の参考に、ぜひご利用ください。