女性の転職サイト|女の転職@typeで最適の転職先を見つける100%活用ガイド

「女の転職@type」は、女性に特化した転職専用サイト。すべての求人が女性向けであり、女性の転職に欠かせない検索条件が豊富。

レイアウトの見やすさや豊富なコンテンツも魅力的です。

希望する仕事内容や業種、待遇、条件などからお仕事が検索できるので、さまざまなスタイルで働きたい女性にとって心強い存在。

求人への応募だけではなく、エージェントによる支援やスカウトサービスも活用したいところです。

今回は、「女の転職@type」の求人の探し方を中心に、サイト登録の流れから転職活動の開始までを順に紹介します。

女の転職@typeの求人の探し方

女の転職@typeの検索方法は全部で12パターン。自分に合った方法で検索ができるので、希望の求人に出会いやすくなっています。

検索の他にも「あなたに関心のある企業」「スカウト条件マッチオファー」「検討中フォルダ」「メルマガ」からもそれぞれ求人情報が探せますが、ここでは自分で検索をかける際の方法を紹介します。

検索条件やキーワードを活用

求人検索の機能

  • 志向に合う求人から探す
  • メニュー画面から探す
  • かんたん検索で探す
  • 職種から探す
  • 複数条件から探す
  • 相性から探す
  • 勤務地から探す
  • キーワードから探す
  • 人気の条件から探す
  • 積極採用・ピックアップ求人から探す
  • あなたにおすすめの求人から探す
  • あなたが最近見た求人から探す
  • 会社説明会から探す

志向に合う求人から探す
サイトトップのメニュー項目にある「志向に合う求人ランキング」をクリックし、クリック先の画面の右側にある「あなたの志向を選択する」の画面上でバーを動かしましょう。

いくつかの志向を選ぶと、最適な求人がピックアップされます。転職したい職種が決まっていなくてもおすすめの仕事が一覧で紹介されるので、自分に向いている業界が把握できます。

メニュー画面から探す
サイトの上部にある「仕事を探す」項目の中には、新着求人と「アパレル・コスメ」「営業職」の2種類が取り上げられています。

2つの業種はそれぞれ専門の求人サイトが利用できるので、はじめから転職したい業種が決まっている方はこの検索メニューを使うとスムーズです。

かんたん検索で探す
サイト中央部、水色のプルダウンメニューは、好きな条件を組み合わせて検索できる「かんたん検索」です。

好みの条件を2つ選んで検索ボタンを押せば、検索結果一覧に募集中の求人が表示されます。結果ページの左側に条件を指定できるメニューがあるので、そこで絞り込みをかけると詳細な検索結果が得られます。

職種から探す
かんたん検索の下にある「職種から探す」には、営業・企画・マーケティングをはじめとする代表的な職種が並んでいます。

募集中の求人数が黒い枠の中に書かれているので、どの職種が多く出ているか確認できるのもポイント。希望する職種をクリックしたら、結果ページの左側にあるメニューから、勤務地や雇用形態などで絞り込みをかけていきましょう。

複数条件から探す
職種一覧の横にある「複数条件から探す」の中にあるボタンを押し、遷移先のページで希望職種や勤務地など、複数の条件を指定して検索します。

相性から探す
相性から探すの項目では、「志向に合う求人から探す」と同じページに飛ぶことができます。やりたい事が見つかっていない場合は、ここで相性の良いお仕事をチェックすると良いでしょう。

勤務地から探す
日本列島のイラストが表示されているので、希望する勤務地を直接クリック。結果ページの左側で業種や年収も指定できます。希望の勤務地で、どんな求人が多く出ているのか確認したいときは、まずこの検索から始めましょう。

キーワードから探す
「勤務地から探す」の下部にある項目では、「残業なし」「ボーナス」など、業種を問わず同じキーワードで絞り込みをかけることができます。

人気の条件から探す
サイトの中央下部にある、「人気の条件から探す」の中には女性に人気のある業界や仕事が揃っています。

「PICK UP ファッションの仕事」「語学が活かせる!グローバルなお仕事」など、検索数の多いキーワードをもとにしたダイレクトな検索も可能なので、ぜひチェックしてください。

積極採用・ピックアップ求人から探す
サイト下部にある「積極採用・ピックアップ求人」の項目には、女の転職@typeがおすすめしている求人情報が掲載されています。ここでは常時7社程度の求人が出ており、ジャンルもさまざま。やりたい事が特に決まっていない段階でも参考になるでしょう。

あなたにおすすめの求人から探す
サイトの下部にある「あなたにおすすめの求人」では、志向や閲覧履歴などから自動でおすすめの求人がピックアップされます。左右にスライドしながら募集情報がチェックできるので、興味のあるものをチェックしましょう。

あなたが最近見た求人から探す
同じ求人をもう一度見返したくなったときは、サイト下部にある「あなたが最近見た求人」を使います。「一覧を見る」では、一度目を通した求人がリスト形式で最大20件まで確認可能。

ただし、20件を超えてしまうと古いものから順に消えていき、募集を締め切ったものも同様にリストからなくなります。気になる求人は「検討中フォルダに保存」のボタンを押し、ブックマークをしておくと安心です。

会社説明会から探す
説明会への参加を希望する場合は、「あなたが最近見た求人」の右にある「会社説明会」の項目をチェックしましょう。説明会が予定されている企業のスケジュールが書かれているので、条件に合うものがあれば応募または検討中フォルダへ。

特集コーナーを活用

サイトの右側、ログインボタンの下部にある特集コーナーも忘れずに確認しましょう。ここでは、積極採用中の求人や女性の活躍を応援する企業のほか、IT・Web業界や介護・保育・福祉など人気の業界が特集されています。

スカウト・オファーを活用

女の転職@typeにはスカウトとオファーの2種類のマッチングサービスが提供されています。

「スカウト」とは、企業の採用担当から応募を依頼するメッセージが届くサービスです。興味がなければ返信する必要はありませんが、少しでも興味をもった場合は早めに返信するか、検討中リストに保存を。

「条件マッチオファー」は、登録した情報と企業側の求めている条件がマッチした時にメールが届くサービスです。資格やスキルの取得状況など、登録情報を更新するとマッチング率がアップする可能性もあるため、転職活動中も自分磨きやスキルアップを行い、こまめに登録情報をアップデートすることをおすすめします。

会員登録ですべての機能が利用可能に

サイト内の求人情報はすべて無料で閲覧できますが、会員登録をすると検討中フォルダやスカウトなどの個人サポート機能が利用できるようになります。

ざっと求人を閲覧し、サイト内のコラムなどにも目を通してみて、使い勝手を判断してから会員登録を行うこともできます。

会員登録の手続き

以下の手順にしたがって、会員登録を行います。間違って入力してしまっても、後からマイページで変更が可能です。

1、基本情報の登録
サイト内の「新規会員登録」ボタンを押し、基本情報の登録を行います。

2、性別の入力
性別のボタンを押します。

3、住所の入力
現住所のある都道府県をクリックします。

4、最終学歴の入力
最終学歴をクリックします。

5、現在の職種の入力
現在の職種をクリックします。

6、現在の業種の入力
現在の業種をクリックします。

7、現在の雇用形態の入力
現在の雇用形態をクリックします。

8、サイトを知ったきっかけの入力
サイトを知ったきっかけをクリックします。

9、希望職種の入力
希望職種をクリックします。

10、希望職種の入力(つづき)
希望職種の具体的な内容をクリックします。

11、希望勤務地の入力
希望勤務地をクリックします。

12、会員登録の完了
以上で会員登録は完了です。志向・その他希望を登録すると、サイト内で自分に合ったおすすめ求人がピックアップされます。

マイページの確認
サイトの上部にある「マイページ」のボタンからは、入力した情報が反映され自分専用のページがつくられています。内容が正確に登録されているか、今一度チェックを行いましょう。

基本情報の編集

サイトに登録をしたら、基本情報の編集を行いましょう。会員登録の際に記入していない部分を追記しながら、漏れのないように項目を埋めていきます。

履歴書情報・職務経歴の記入

次に、履歴書と職務経歴を記入しましょう。登録後すぐに記入する必要はありませんが、転職サイトを100%活用するうえでなくてはならない項目なので、早めに書類を完成しておいて損はありません。

サイト上で履歴書と職務経歴書を作成すれば、それを見た企業がオファーをかけてくる可能性が高まります。

エージェントサービスを利用する際にも履歴書と職務経歴書の提出は必須ですから、早めに作成し、準備を整えておきたいところ。

紙の書類よりも簡単に作成できますが、実際に企業の採用担当やエージェントが目にするものなので、経歴に間違いのないよう正しく記入してください。

自己分析を踏まえたうえで、他者と区別できるアピールポイントもしっかりと盛り込みましょう。

転職活動をスタートさせる

サイトへの登録が完了したら、いよいよ転職活動が始まります。人によっては、転職をすぐに考えていない場合もあるかもしれませんが、転職活動はタイミングが重要

説明会の件数が増えてきたところで履歴書や職務経歴書の記入、面接対策などを終わらせておき、いつでも企業面接ができる状態に整えておきたいところです。

自身で求人情報を探しながら比較検討する段階の場合、まだ本格的に転職活動を行っているとはいえません。

しかし履歴書や職務経歴書を書き、それが企業の採用担当の目に触れた瞬間、転職活動はゆっくりと動き出します。

活動を急いでいない方も、だいたいいつ頃から本格的に活動するかを定めておき、採用活動が忙しくなる時期までに転職エージェントとの面談を済ませ、準備を整えるようにすると良いでしょう。

気になる求人は検討中フォルダへ

求人を探しながら、少しでも条件に合うものが見つかったときは「検討中フォルダに保存」のボタンをクリック。見つけたその場で求人を1件ずつブックマークできます。

ブックマークした求人は後から自由に比較・検討ができるほか、それぞれの求人情報のページある「アピールポイント」をいくつ満たしているかで比較することも可能。

条件に合わなければ検討中フォルダから外し、最終的にフォルダ内に残った求人に応募するなど、自分のペースで転職活動が進められます。

応募した企業も一括管理できる

すでに応募した企業にもう一度エントリーすることがないように、「応募管理」のページも役に立ちます。ここでは応募履歴のほか、企業ごとにやり取りをしたメールの管理も可能。応募時の掲載情報や応募書類もここでチェックできるので、自由に見返して転職活動に活かすこともできます。

一度に大量の企業に応募する場合は特にこの機能が活きてきます。いつどこに応募したかを把握し、それぞれの企業の面接日程を調整する際に、応募履歴があると混乱を防げます。

スカウトサービスにこまめに目を通す

スカウトサービスとは、登録情報を見た企業から直接メッセージが届く機能のこと。

企業側が直接自社に合ったスキルや特性をもつ転職希望者を探せるというもので、転職希望者にとっては予期していない企業との出会いが期待できるサービスです。

企業の採用担当が見られる情報は以下の通りです。

採用担当が見られる情報

  • 年齢
  • 性別
  • 住まいのある都道府県
  • 最終学歴(学部学科コード・学校名・学部/学科/専攻・卒業年月・学歴補足事項)
  • 就業状況
  • 経験職種
  • 語学スキル
  • 保有資格
  • 職務経歴(会社名や団体名の公開可否は転職希望者自身で設定できます)
  • スキルシート
  • 自己PR
  • 転居を伴う転職の可否

以上をチェックしたうえで、自社が求める人材かを把握します。反対に、採用担当からは以下の情報は閲覧することができません。

採用担当が閲覧できない情報

  • 氏名
  • 生年月日
  • E-mailアドレス
  • 携帯E-mailアドレス
  • 都道府県以外の現住所
  • 電話番号
  • 携帯電話番号
  • その他希望

スカウトの時点で名前や詳しい住所は公開されないので、安心してサービスを利用できますが、同業他社への就業経験があるかチェックする企業も少なくありません。

この場合、会社名や団体名を公開しておくと、その後の採用活動がスムーズに進む可能性があります。

差し支えがなければ、前の勤め先を名前だけでも公開しておくと良いでしょう。

タイミングをみて応募する

転職活動を本格的に始めるなら、タイミングをみて応募するようにしましょう。

一般的に、企業の採用活動が増えるのは3月から4月にかけての時期と、8月から9月までの2回です。

これは、4月に新年度がスタートし半年後の10月に下半期に入ることから、それぞれのスタート時期に間に合わせて人員を確保しようという動きが出てくるため。

ただし業種によっては時期がずれ込む場合もあるので、希望する職種に応じたタイミングを見極めて応募を行いましょう

万が一タイミングを逃してしまっても問題はありません。4月入社に向けた採用活動が落ちつきをみせる5月頃でも、まだ求人募集をかけている企業はあります。

すでに新年度が始まっているため、企業は不足する人材を早めに補充しようとしていますから、応募をした時点で採用までスムーズに運ぶことがあります。

また、採用活動期間外はライバルの人数もぐっと落ち込むため、面接までに時間をかけずに採用決定に至る可能性も。

「思うように応募が集まらなかったが、早めに人材を入れたい」と考えている企業は、時期に関わらずオファーをかけます。

採用活動が忙しくなる3月と9月以外の時期は、こまめに「スカウト条件マッチオファー」のページに目を通すことをおすすめします。

また、女性のための転職イベントもおすすめ。入場無料・入退場自由・履歴書不要で参加できるので、企業ごとの説明会に出る前に参加しておくと転職活動のモチベーションが高まります。

転職エージェントの利用もおすすめ

企業面接に臨む心構えができたら、頃合いをみて転職エージェントを利用しましょう。女の転職@typeは「type 女性の転職エージェント」とも連携し、年間5000名以上のキャリアカウンセリングを実施しています。

5000名のカウンセリングのうち、数百名の転職サポートを実施しているため、結婚や出産、育児、共働き、セカンドキャリアなどさまざまなライフイベントで悩む方でも安心。専門的な経験とノウハウをもつエージェントが、セカンドキャリアに向けたサポートを行います。

type 女性の転職エージェントでは、サポート実績やノウハウだけにとどまらず、非公開求人も含めた豊富な提案が魅力的。転職サイトならではの成功への秘訣もアドバイスしながら、一人一人の方向性に沿った面談を実施します。

エージェントの利用は具体的な転職活動を始めたタイミングが理想的。必要書類をすべて揃え、転職への決意が固まった時点で面談を行うと良いでしょう。

まとめ

女の転職@typeでは、女性に嬉しい検索条件を豊富に盛り込み、スムーズなサイト内検索が可能。

女性の就労やセカンドキャリアを推進している企業・求人を多数掲載し、検索キーワードと連動させて理想的な就労をサポートしています。

男女兼用の一般的な転職サイトでは女性の希望に合った求人が見つからないケースも少なくありませんが、女の転職@typeでは豊富な検索方法と魅力的な求人の掲載から、理想に近いお仕事が見つけやすくなっています。

転職エージェントのサポートや企業側からのオファー、マッチング機能などの便利なシステムも活用しながら、ぜひ効率的な転職活動を行ってみてはいかがでしょうか。