評判のリクルートエージェントって求人数が豊富は本当?成功率は?

「豊富な求人数」でオススメなのがリクルートエージェント。新しい転職先を見つけるべく、利用を検討する方も多いです。

本記事ではリクルートエージェントの求人数を中心に解説します。

評判のリクルートエージェントは転職支援実績No1の超大手サービス

リクルートエージェントの3つの特徴

  • 転職支援実績No.1(*2019年9月現在)
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーの存在
  • 20万件の非公開求人数

まずはリクルートエージェントのサービス内容について簡単に説明します。リクルートエージェントは転職支援実績No.1を誇る転職エージェントサービスです。(*2019年9月現在/リクルートエージェント調べ)

実際に累計45万人以上の登録者の転職をサポートしています。

リクルートエージェントならではのサービス内容も人気の秘訣です。例えば求人紹介だけでなく、選考対策や内定後のフォローまで受けられます。

内定・退職交渉・入社

内定後も、年収交渉・入社日の調整・円満退社のための手続きやアドバイスなど、最後までサポート。

過去に何人もの転職をサポートしたキャリアアドバイザーが、徹底サポート。各業界に精通しているため、質の高い支援が期待できます。

良い口コミも多いのも特徴です。NTTコムオンラインの調査で「親しい人に最もおすすめしたいエージェントサービス」に選ばれた実績があるほど。

転職エージェントNPS1位はリクルートエージェント、転職関連サイト1位はIndeed(インディード)

転職エージェント6社のうち、NPSのトップはリクルートエージェント(-33.2ポイント)となり、最下位の企業との差は7.7ポイントでした。

また、転職エージェント6社の平均は-37.5ポイントとなり、昨年比+3.7ポイントとなりました。特に、業界全体で求人情報の豊富さや、キャリアアドバイザーへの評価が上がる中、下位企業のNPSが大幅に伸び、業界全体のNPSの向上につながりました。

引用:https://www.nttcoms.com/service/nps/report/agent/

特に「求人数の豊富さ」が評判で、他社では紹介されない非公開求人を紹介してもらえる可能性もあります。

評判のリクルートエージェントの求人数の豊富さは「本当」

リクルートエージェントは「求人数が豊富」は本当?

  • 他社に比べて求人数が多いのは事実
  • 実際に約28万件の求人を抱えている
  • 多くの非公開求人を紹介できる

リクルートエージェントの求人数の豊富さは「本当」です。さまざまな業界の求人が圧倒的なボリュームで用意されています。

2019年8月現在、リクルートエージェントの求人数は約28万件

リクルートエージェントが驚くほど多くの求人を抱えているのが分かりますよね。

圧倒的な求人数を誇る裏には「非公開求人」があり!

特に「非公開求人の豊富さ」が特徴です。「非公開求人」がリクルートエージェントの求人数の約6割を占めています。

非公開求人とはWeb上に公開されていない求人で、リクルートエージェントの登録者しか応募できません。

公開求人に比べて求人内容も詳細で、条件の良い仕事もあります。得意なスキルや今までの経験を活かして、キャリアアップしたい人に向いています。

よって、より自分にマッチした企業を見つけられる可能性が高いのがメリットです。

リクルートエージェントの求人数が桁違いに多い3つの要因

リクルートエージェントの求人数が多いのには、理由があります。具体的な要因は次の3つです。

リクルートエージェントの求人数が多い3つの要因

  • 超大手企業「リクルート」運営する信頼性の高さ
  • 全国に16か所の支社で地方のユーザーも徹底サポート
  • 専門分野に特化した6つの転職サイトで幅広い業種をカバー

超大手企業「リクルート」運営する信頼性の高さ

リクルートエージェントの求人数が多いのは「企業からの信頼が厚いから」です。

信頼性の高さは特に「非公開求人の多さ」につながります。求人が公開されない主な理由は「事業戦略に関わるため」です。

新規プロジェクトへの参加者を募集するケースもあります。

信頼性の高いリクルートエージェントは企業からの評価も高く、多くの非公開求人が集まるのです。

リクルートエージェントを利用する理由の1つとして「知名度」と答える人も少なくありません。

結果的にユーザー数も増え、多くの企業が求人の紹介を委託します。よって、登録者にとっても企業にとっても相乗効果が高くなります。

全国に16か所の支社で地方のユーザーも徹底サポート

リクルートエージェントの求人数が多い理由は「地方のお仕事もカバーしている」のも要因の1つです。全国に16箇所の支店があり幅広く求職者を支援します。

Iターンなど地元で働きたい方や、パートナーの転勤に合わせて仕事を探したい人にも最適と言えます。

サイト内ではエリア別に求人の特徴が紹介され、転職する際のポイントも書かれています。

地方ごとに違ったニーズに合った支援を期待できるため、効率よく転職活動に望めるのがメリットですね。

また希望の地域で開催される会社説明会から合同選考会なども掲載されています。

専門分野に特化した6つの転職サイトで幅広い業種をカバー


リクルートエージェントは6つの専門サイトを運営し、多くの業種をカバーしています。さまざまな種類の求人を集めているため、必然的に求人数が多くなるのです。

具体的に運営しているサイトのジャンルは次のとおりです。

リクルートエージェントの6つの専門サイト

  • エンジニア・IT転職
  • MRの転職
  • 第二新卒の転職
  • 管理職・ハイクラスの転職
  • Uターン、Iターンの転職
  • 外資系・グローバルの転職

例えばエンジニア・IT転職なら、その業界に精通したスタッフが多数在籍しています。

第二新卒の転職であれば、実際に多くの第二新卒を支援する担当者のサポートを受けられます。

デメリットも?リクルートエージェントの悪い3つの噂とは?

「求人数が豊富」と好評のリクルートエージェントですが、悪い噂があるのも事実です。実際にインターネットで検索すると、次の3つのコメントが挙げられました。

リクルートエージェントの3つの悪い噂

  • 求人の質が低い
  • 担当者の連絡が遅い
  • 担当者のサポートがしつこい

求人の質が低いって聞くけど本当は?

リクルートエージェントは紹介される求人の質が低いといった声もあります。

結論を先にお伝えすると、自分にマッチしない求人が紹介されるケースもゼロではありません。

担当者も登録者を100%理解するのは難しいからです。

リクルートエージェントでは事前にキャリアアドバイザーと面談を行います。一人ひとりに対して徹底的にヒアリングしますが、それでもミスマッチは起こります。

場合によっては、求職者自身が自分の希望を理解しきれないケースもあるでしょう。結果的に自分に合わない求人が紹介されてしまう場合も考えられます。

ただし、求人の質は次第に良くなる可能性が高いです。

担当者がユーザーを深く理解すればするほど、よりマッチした求人を紹介できます。

社風や待遇など、さまざまな面で自分に合った会社をピックアップしてもらえるはずです。

そのためにも、担当者とのコミュニケーションで正直な思いを伝え、自分を知ってもらえるように努力しましょう。

担当者の連絡が遅いって聞くけど本当は?

担当者によっては多くの求職者を担当している可能性があるのでコミュニケーションロスは発生しています。

一人ひとりに割ける時間が限られているため、連絡に時間がかかってしまうのは、知名度が登録者も多いクルートエージェントならではのデメリッかもしれません。

ただし、担当者の連絡が遅い要因は登録者にある場合も少なくありません。担当者は転職意欲の高い人を優先的に対応するからです。

「話だけ聞きにきました」と話すユーザーは後回しにせざるを得ない場合があるのも事実です。

担当者から早くレスポンスを受けたいなら、転職意欲の高さをアピールするのも1つの手ですよ。それでも担当者の返事が遅い場合は、直接伝えて相談してみるのも良いでしょう。

担当者のサポートがしつこいって聞くけど本当は?

リクルートエージェントの担当者は「サポートがしつこい」といわれる声もあがります。

担当者によっては積極的に連絡がきます。ただし、押し売りや無理な勧誘といったタイプのものではありません。

「希望の企業に転職をしてほしい」「転職を成功させたい」といった想いが連絡の多さにつながります。

実際に求人情報は凄まじいスピードで変化しており、求職者に合った求人が、数日後にはなくなっているケースも珍しくありません。

「転職は時間勝負」といわれる場合もあるほど、マッチした求人を見つけたらすぐに応募するのが得策です。

リクルートエージェントで成功するには「使いこなせるか」がカギ

リクルートエージェントで成功するには「サービスを使いこなせるか」がポイントです。上手に活用できれば、転職者にとって強い味方となります。

リクルートエージェントは求人数が豊富なだけでなく、転職を加速させるさまざまなコンテンツが多く展開されています。

専任のエージェントがつくだけでなく、選考対策や内定後のフォローまで受けられますからね。

リクルートエージェントにはネガティブな噂があるのも事実ですが、期待できるメリットの方が大きいです。

無料で登録できるので、実際に試してみる価値はあるでしょう。自分のキャリアを大きく前進させるような、魅力的な企業に出会えるかもしれませんよ。

次の項目では、実際に成功率を上げるコツについてご紹介します。

リクルートエージェントを使いこなせば成功率があがる理由

  • 業界でもトップクラスの求人数を誇っている
  • 転職者を支えるコンテンツが充実している
  • 専任のエージェントの選考対策やフォローが受けられる

リクルートエージェントで成功率を劇的にアップさせる3つのコツ

リクルートエージェントで成功率をあげるコツは次の3つです。

リクルートエージェントで成功率をアップさせる3つのコツ

  • 担当者に自分を売り込もう!
  • リクナビNEXTと併用してみよう!
  • サイト内のコンテンツをフル活用しよう!

担当者に自分を売り込もう!

担当者に自分を売りこめば、転職の成功率は劇的に上がる可能性があります。サポート内容の質は、エージェントが受ける印象で変わるからです。

「すぐにでも転職したい」と前向きに話す人であれば、積極的にサポートしてもらえます。事業の売上につながりますからね。

一方で転職意欲の低い人は、優先度が低くなる恐れもゼロではありません。

担当者に評価してもらえるように、魅力的に自分をアピールするのが良いでしょう。具体的には、コミュニケーションを積極的にとるのがおすすめです。

紹介された求人に対する感想を伝えるだけでも、転職意欲が伝わるうえに自分の希望を深く理解してもらえます。

よりマッチした求人を厳選したもらえる可能性が高まり、成功率のアップも期待できますよ。

リクナビNEXTと併用してみよう!


リクルートエージェントで成功率をあげるためには「リクナビNEXT」を使うのも有効的な手段の1つです。

リクルートが運営する転職サイトで、インターネット上で簡単に求人が検索できます。

非公開求人は応募できませんが、条件に合った仕事を瞬時に見つけるのも難しくありません。

リクナビNEXTで求人を探して、リクルートエージェントの担当者に相談するのも可能です。WEB上で求人を眺めて、自分の希望を整理するのも良いでしょう。

進捗管理ツールから庶務経歴書作成ツールまでフル活用しよう!


サイト内のコンテンツを活用するのもおすすめ。転職活動を支えるための情報が、多く公開されています。

選考でのメールのやり取りの方法や、面接時の服装など気になるポイントが丁寧にまとめられていますよ。

他にも選考の進捗管理ツールから庶務経歴書作成ツールまで、転職活動を効率化させるサービスが用意されています。

転職を成功させるための環境は揃っています。上手に活用すれば転職の成功率も必然的にあがりますよ。

リクルートエージェントを上手に使い転職を成功させる

リクルートエージェントはリクルートが運営する転職エージェントサービス。「求人数が豊富」と話題ですが、実際に2019年8月現在28万件以上の求人を抱えています。

業界でもトップクラスの求人数ですので、自分にマッチした企業を効率よく見つけられるはずですよ。圧倒的に多くの求人を抱える理由は次の3つが考えられます。

リクルートエージェントの求人数が多い3つの要因

  • 大手企業「リクルート」運営する信頼性の高さ
  • 全国に16か所の支社で地方のユーザーも徹底サポート
  • 専門分野に特化した6つの転職サイトで幅広い業種をカバー

リクルートが運営しているため、信頼性が高く地方の求人もカバーしています。さまざまな業種にも対応し、独自の専門サイトも運営しているのが特徴です。

転職希望者を支援するサポートも充実しているため、使い方次第で成功率は劇的にアップしますよ。具体的には次の3つを心がけるのがおすすめです。

リクルートエージェントで成功率をアップさせる3つのコツ

  • 担当者に自分を売り込もう!
  • リクナビNEXTと併用してみよう!
  • サイト内のコンテンツをフル活用しよう!

徹底的なサポートを上手に活用すれば、理想の企業に出会えるはずです。