ウズウズカレッジ(ウズカレ)|第二新卒・既卒向け就活教育の評判

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

若い世代に人気がある就職サポートサービスである「ウズカレ」。無料で利用できますが、サポートは充実しており、特に未経験の職種に関するスキルを習得できるのが特徴です。

では、具体的にウズカレとはどのようなサービスなのでしょうか。

この記事では、ウズカレがどのような就職サービスなのか紹介していきます。

ウズカレとは?

株式会社UZUZ(ウズウズ)が提供しているサービスの1つである「ウズカレ」。ウズカレとはウズウズが運営している「カレッジ」、つまり教育や研修を中心に行っているサービスのことです。

では、ウズカレが具体的にどのようなものか見ていきましょう。

若い世代に特化した就活サポート

ウズウズが提供しているサービスは共通して若手を対象としています。特に既卒・第二新卒の利用者をターゲットにしています。ウズウズでは対象とする利用者を絞り込むことによって、専門的な就活サポートを実現しています

一度新卒で就職したものの失敗してすぐに退職してしまったり、大学や高校を卒業してから時間が経っていたりすると、一般的には就職活動が難しくなる傾向があります。

しかし、若い世代のこれからの活躍に期待している企業も多く、特に第二新卒の採用に力を入れている会社も増えています。

そのような会社にしっかりと入社できるように、ウズカレでは充実したサポートを行っているのです。
第二新卒・既卒・フリーター・ニート 20代の就職を徹底サポート!|ウズウズカレッジ

汎用性が高いスキルを学べるスクール

ウズカレは就職サポートの中でも、スキルを身につけるスクールとしての役割がメインとなっています。学ぶことができる内容も営業やIT関連のものが多く、企業が必要としており、汎用性が高いスキルを習得できます。

また、入社してから必要になるスキルだけでなく、既卒・第二新卒として効果的な選考の受け方も学べます。特に既卒・第二新卒の中でも就職関連で失敗した経験を持つ方は、自信が持てず今後の活動が消極的になりがちです。実際に1人で行動すると上手くアピールができず結果が出ないことも多いでしょう。

そこで、ウズカレを利用すれば未経験でも活躍できるようにしっかり実力を身につけて、企業に効果的なアピールをすることで希望する就職先への入社を決めやすくなります

無料で利用できるウズカレのメリット

ウズカレの最大のメリットは、無料で利用できることです。これからウズカレに利用を考えているのであれば、無料で利用できる以外にもどのようなメリットがあるのかよく把握しておきましょう。

ここからはウズカレのメリットを紹介していきます。

ウズカレのメリット

  • 教育にかける時間が長い
  • 入社後の定着率が高い
  • 学校やサークルのような雰囲気で通いやすい

教育にかける時間が長い

ウズカレは他の就職サポートサービスよりも、教育にかける時間が長いのが特徴です。そのため、就職サポートというよりもスクールとして利用している方も多いです。実際にウズウズでは1人あたりにかけるサポート時間の平均は20時間といわれており、他社よりも10倍近くにもなります

1ヶ月近くで希望する企業への入社を実現する人が多いですが、中には半年以上利用している方もいます。利用者が納得できるまで、しっかりサポートしてくれることが魅力の1つです。もしアピールできるようなスキルがなく不安を感じている方でも、しっかり研修することで一定以上の実力を身につけられるので自信になります。

自分が希望する職種に関するスキル以外にも、社会人として必ず必要になるビジネススキルや、面接や入社後に必要なとなるコミュニケーションスキルも習得可能です。

入社後の定着率が高い

ウズカレの大きな魅力は入社後の定着率が高いことです。1人にかける時間が長い分、紹介される求人も利用者本人が納得できるものが多く、選考を受けた企業側にも求職者の情報が共有されているため、両者のミスマッチを防ぎます。

公式サイトでは94.7%と発表しています。無料でも納得した就職サポートを受けられるため、入社前後のギャップが少なく業界最高水準の定着率をキープしています

学校やサークルのような雰囲気で通いやすい

ウズキャリは若い世代に特化した就職サポートであるため、同世代の利用者と会いやすいです。また、就活のサポートは個人と集団で選択でき、集団を選べば同じ内容のサービスを受ける利用者と顔を合わせる機会も多くなるでしょう。

1人で活動すると心細さを感じることもありますが、ウズカレであれば自分とよく似た状況の仲間が多くおり、安心して利用できます。実際に、就職サポートサービスの中でも和気あいあいとした雰囲気であり、学校やサークルのような雰囲気と評判で、通いやすいと感じる方が多いです。

ウズカレ利用のデメリット

メリットや良い評判が多いウズカレですが、デメリットもあるため注意してください。これからウズカレの利用を始めようとしている人はメリットだけではなく、デメリットも押さえておくことが大切です。

では、ウズカレにはどのようなデメリットがあるのか見ていきましょう。

ウズカレ利用のデメリット

  • 首都圏を中心にしたサービスである
  • 利用者に制限がある

首都圏を中心にしたサービスである

ウズカレは西新宿キャンパスに通う形で利用する就職サポートです。つまり、地方にいる方は研修などのサポートを直接受けることはできません。ウズウズが提供しているウズキャリを利用すれば、地方の方でもSkypeを使った個別サポートを受けられます。

しかし、直接研修を受けられるウズカレと比較すると大きな差になるでしょう。また、ウズウズが東京に本社を構えているということもあり、紹介される求人は首都圏エリアに集中しています。中には地方の求人もありますが、選択肢は非常に狭くなってしまいます。

利用者に制限がある

ウズカレには利用制限があり、誰でも利用できるわけではないため注意が必要です。ウズカレを利用する条件は高卒以上の18歳から29歳までの方、そして新宿にあるスクールに通える方です。充実した研修を実施しているため、就職に失敗したり、無職である期間が長かったりする人にとってはありがたいサービスですが、高卒でなかったり西新宿のキャンパスに通えない方は利用できません。

ウズカレの利用登録をする前に、サービスを受けられるのかどうかしっかりと確認してください。

ウズカレの予想と違った点

ウズカレを利用したレビューや感想を検索してみると「予想と違った」といった悪い評判も見受けられました。評判だけで判断せず、実際のサービスを見てみることが大切ですが、どのような評判があるのかは客観的に判断するために見ておいた方が良いでしょう。

ここからは、ウズカレの悪い評判にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

研修内容はITと営業に偏っている


ウズカレでは以下の職種専門カリキュラムが用意されています。

  • 営業・企画職
  • 事務職
  • コンサルタント職
  • SE・プログラマー
  • クラフトエンジニア
  • インフラエンジニア
  • Webマーケター
  • メカトロ・エレクトロエンジニア

この中でも特にウズカレでは営業とエンジニア職に力を入れており、紹介される求人も営業・エンジニアに偏っている傾向があります。

この専門的なカリキュラム以外にも、ビジネスマナーやMicrosoft Office関連の研修なども実施しているため、総合的なビジネススキルを身につけられるものの
思った以上に選択する職種が少なかった。」と感じる人は多いかもしれません。

現在ではさまざまな職種がありますが、決して自分の希望が全て叶うわけではないため注意しましょう。

自習する時間が長い

ウズカレでは学校の授業のように勉強する機会もありますが、全てが集団で講座を受けるわけではありません。むしろ、ウズカレではeラーニングを使った学習するスタイルがメインであり、自習する時間が長く、自発的に学ぼうとしなければ実力は身につきません。実際にeラーニングであれば、自分の好きな時に勉強ができるメリットがあります。

マンツーマンのような個別指導を求めている方にとっては、ガッカリするかもしれないため注意してください。

遠方だと1ヶ月通うのが負担になる

職種専門カリキュラムは、どの職種を選んでも実施期間は約4週間です。その他に共通カリキュラムとなる、ビジネス・ヒューマン研修や面接対策を加えると、1ヶ月以上の歳月が必要になります。同じ都内に暮らしている方であれば通う負担は小さいですが、近隣ではあるものの、キャンパスから距離がある場所に暮らしている方は大変です。

カリキュラムやサポート内容だけでなく、実際に利用したときに継続して通えるかどうかもしっかり考慮してください。

ウズカレに向いている人

ウズカレの良い面と悪い面を見てきたらところで、どのような人がウズカレを利用すると良いのでしょうか。ここからは、ウズカレに向いている人の特徴を紹介していきます。

短期間でスキルを身につけたい人

ウズカレの利用に最も向いているのは、短期間で就職に必要なスキルを身につけたい人です。既卒や第二新卒の方の中には、スムーズに就職した人と比較するとスキルや能力に自信がなく劣等感を抱いている人が多いです。

特に第二新卒の方であれば、勤めていた企業を退職してから時間が空くと不利になる傾向があるため、短期間で自身のマイナス面をカバーしたいと考える人が多いでしょう。ウズカレを利用すれば、未経験の方でも短期間で就職先が見つかるようなスキルが習得できます。

例えば、未経験で文系の方でも約4週間の研修期間しっかりと勉強すれば、エンジニアとして就職可能です。経験がある方でもより深い知識を学べます。就職するために必要なのは仕事をする能力だけではありません。自分を効果的にアピールするための面接対策も充実しているので安心です。

一人ではサボってしまう人


ウズカレで学ぶ内容でも一人で頑張って努力すれば、身につけることはできるでしょう。しかし、就職活動をしながら仕事に役立つスキルを一人で勉強するのは大変です。実際に全て自分で調べる必要があるため効率が悪くなり、自分に甘い方であればサボってしまう人も多いです。

そこで、ウズカレを利用すれば自分の希望に合わせたカリキュラムを受けられます。キャリアアドバイザーから適切な助言を受けられ、効果的に勉強できるだけでなく、計画的にスキルを習得できます。今までに独学で挫折した経験がある人は特に、ウズカレの充実したサポートを受けるのがおすすめです。

求人を紹介して欲しい人

1人で就職活動すると、求人・転職サイトに登録して自分で応募しなければなりません。少しでも内定する確率を上げようと思うと、同時に多くの企業に応募することになり、書類作成や企業研究の時間が取れず、忙しいのに結果が出ないという悪循環に陥りやすいです。

特に目立ったスキルや資格がない既卒や第二新卒の方であれば、効果的な自己PRができず連敗してしまうことも珍しくありません。ウズカレでは専属スタッフによる研修や面接対策だけでなく、キャリアカウンセリングや求人紹介を行っています。

キャリアカウンセリング時に自分の希望を伝えることで、適性や強みなどを考慮して自分にピッタリな求人を紹介してくれます。自分では見つけられない好条件の求人と出会える可能性が広がるでしょう。自分に合う求人を自身で探す必要がないだけでなく、自分が活躍できる求人を紹介してくれるのでおすすめです

実際に入社後1年の定着率は94.7%と非常に高く、納得した就職活動が行えるといえるでしょう。

ウズカレの利用が適しているのは

  • 短期間でスキルを身につけたい人
  • 一人ではサボってしまう人
  • 求人を紹介して欲しい人

ウズカレを利用しない方が良い人

ウズカレに適した人がいるように、あまり使っても効果的でない人もいます。自分はどちらに該当するのか、冷静に判断することが大切です。

そこで、ここからはウズカレを利用しない方が良い人の特徴を見ていきましょう。

年収アップを望んでいる人

ウズカレを利用できる20代の方でも現職で成果を出している人は多くいます。その中でも年収アップを目的に転職活動をしている人に、ウズカレは向きません。ウズカレは就職した経験がない方や働いていた期間が短い方、就職でアピールできるスキルがない方に向いています。

つまり、アピールポイントが多くあり、今よりも好条件を求めて就職活動をしている人からすると、紹介される求人が物足りないと感じてしまうかもしれません。しかし、このように今までに成果を出して実績がある人でも、ITエンジニアなど未経験の職種にチャレンジしたい人であれば、ウズカレはおすすめです。

ビジネスマナーや面接スキルが既卒や第二新卒の方よりも高ければ、短い期間で就職を成功させられるでしょう。

勉強時間などを確保できない人

ウズカレは通学して勉強をするサービスであるため、勉強時間が確保できない方には向きません。例えば、退職すれば第二新卒扱いで就職活動できる人でも、まだ会社を辞めていなければ、ウズカレが研修を実施している平日の10時から17時までの時間を確保できないでしょう。

他にもアルバイトのシフトの都合によっては勉強する時間帯が合わないケースもあります。このような場合の方は、ウズカレが実施している研修のスケジュールを把握して参加できるかどうか判断してください。

ウズカレの公式ホームページでも、ウズカレに通学ができない方は「向かない可能性がある」と案内されています。

自分のペースで転職活動をしたい人

ウズカレは良い意味で、1日のスケジュールを決めて学習できるサービスです。しかし、あくまでもウズカレ主体のスケジュールになるため、利用者がその予定に合わせなければなりません。そのため、自分のペースで転職活動をしたいと考えている人とは合いません。実際に、ウズカレを利用すると行動範囲が制限されるため、自由に転職活動は行えなくなります。

充実したサポートを受けられますが、1人で活動するほど柔軟性はないため注意が必要です。

ウズカレの利用が適さないのは

  • 年収アップを望んでいる人
  • 勉強時間などを確保できない人
  • 自分のペースで転職活動をしたい人

ウズカレの流れ


ウズカレの特徴を知り、利用することが固まったときはどのようにしてサポートを受ければ良いのでしょうか。具体的にどのような流れでウズカレを利用するのか見ていきましょう。

面談

まずは、電話かウズカレのホームページから無料登録を行い、カウンセリング(面談)の予約を行ってください。このキャリアカウンセリングで、自分がどのような仕事に就きたいのかじっくり相談することができます。もし利用するか迷っている人でも、カウンセリングは無料で受けることができ、その後でも実際に利用するかどうかを決められます。

初回面談は約2時間あるため、今後の活動について不安があることを質問でき、悩みや不安を解消できます。

電話:03-5333-0802
受付時間:平日9:00〜19:00
お申込みフォーム

トレーニング

トレーニングを受ける場合は、集団研修タイプと個別タイプから自分に合った方を選択します。個別タイプだと時間の融通を利かせやすいですが、受けられるサポートは限定的になり個人学習の割合が多くなります。

集団研修の場合は、カリキュラムが豊富でありしっかりとスキルアップできるのが特徴ですが、各カリキュラムは時間が決まっているため、融通は利かせにくいです。ビジネスマナーなどの基本内容から専門的な職種のトレーニング、面接対策など充実しています。

企業との調整・アフターフォロー

カリキュラムが一通り受け終わると、企業の選考を受けていきます。その際は自分で応募するのではなく、紹介される求人についての説明を受け、調整はウズウズ側が代行してくれます。また、思わしくない結果の場合でも、企業側から何が悪かったのかウズウズを通してフィードバックを受けられます。

選考に合格し、内定した場合でも入社日や条件なども、希望を伝えれば交渉を代行してくれるので便利です。実際に働き始めた後でも、入社後のフォローが充実しており不安があれば何でも相談できます。

スキルを身につけて希望している業界にチャレンジしよう

ウズカレを利用すれば、自分が働いてみたい未経験の業界でも安心して働けるためのスキルを身につけることができます。高卒以上で、18歳から29歳までの方であれば誰でも利用できるので、特に自分の能力や面接対策などに不安がある方におすすめです。

充実したサポートも全て無料で利用できるため、必要なスキルを身につけて希望している業界にチャレンジしてみましょう。

ウズカレの運営会社となる株式会社UZUZの就職サポートサービス、ウズキャリについては以下の記事でご確認ください。

就活・転職活動するならウズキャリ既卒・第二新卒がおすすめ

再就職サイト|ウズキャリ既卒で就職企業選びに失敗しないための100%活用ガイド