第二新卒が転職・再就職前に読んでおきたい失敗しないコツ

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

就活で失敗した、新卒で入った会社を短期間で辞めてしまった第二新卒の方は、転職・再就職する前に失敗しないコツを知ることがとても重要です。

「今度こそ、失敗したくない!」という願いを叶えるためには、企業にとって魅力的な存在である第二新卒のうちに、賢く転職サービスを利用するのが非常におすすめです。

第二新卒が転職・再就職前に読んでおきたい失敗しないコツ要約

3行要約
  • 第二新卒は企業にとってとても魅力的な存在、売り手市場の今がチャンス
  • 第二新卒が転職・再就職を成功させるには、転職サービスの利用が必須
  • 満足感・年収をアップするには、第二新卒向け転職サービスの賢い利用がコツ

第二新卒の就活・再就職は、売り手市場の今がチャンス


第二新卒とは、新卒で入社した会社を3年以内に退職し、転職先を探している若い人材のことです。

転職情報サイトには「第二新卒歓迎」と記載されている求人が多いです。それだけ、第二新卒は業種・職種を問わず転職市場で需要が高まっているのです。

第二新卒は、経験やスキルよりも人柄やポテンシャルを重視されることが多いのが特徴。若い人材は、未経験の業種・職種にも挑戦しやすいので、企業側にも多くのメリットがあるのです。

第二新卒の転職について知っておくべきこと

  • 第二新卒が多くの企業から歓迎される理由
  • 第二新卒のメリットはたった3年! 最大限に活かそう
  • 第二新卒が転職・再就職で失敗しないコツ

第二新卒が多くの企業から歓迎される理由

現在第二新卒が多くの企業から歓迎されるのには、以下の3つの理由があげられます。それぞれの理由について見ていきます。

第二新卒が歓迎される3つの理由

  • 働いていた期間が短い第二新卒は、就職先の社風になじみやすい
  • 基礎があり仕事の覚えが早い第二新卒は教育コストが節約できる
  • 柔軟性・適応力が期待でき未経験の業種・職種にも挑戦しやすい

働いていた期間が短い第二新卒は、就職先の社風になじみやすい

第二新卒は仕事に対する知識が浅い反面、こだわりや先入観が少なく教育しやすいことが企業に歓迎されます。

新しい社風や環境にもなじみやすく、若いうちから自社で経験を積み、戦力として長く活躍してもらいたい企業にとって、魅力的な存在です。

基礎があり仕事の覚えが早い第二新卒は教育コストが節約できる

若く経験が浅い第二新卒は、社会人としても最低限の基礎力はありながら、覚えるのが早いのが特徴です。企業にとっては、教育コストが節約できるというメリットがあります

また、第二新卒は経験年数の長い中途採用と違って、他社での経験が短いため、自社の社風による教育が比較的容易です。そのため同じ自社教育を行う場合、第二新卒は費用対効果が高いと判断されます。

柔軟性・適応力が期待でき未経験の業種・職種にも挑戦しやすい

新卒者の中には、就職してすぐに辞めてしまったり、1年も経たないうちに早期退職してしまう人も少なくありません。

その穴を埋めるため中途採用などに力を入れている企業は多く、第二新卒に大きなチャンスが生まれます。

また第二新卒は新卒と違い、短期間ながら社会人経験があります。そのため新卒にありがちな採用前のイメージと、採用後の現実とのギャップを克服している場合も多く、未経験の業種・職種にも挑戦する第二新卒は、新卒よりアドバンテージがあると考えられます。

第二新卒のメリットはたった3年! 最大限に活かそう

第二新卒の最大のメリットは、ズバリ「若さ」です。第二新卒の多くは20代なので、可能性を秘めたフレッシュな人材として期待されます。また、ポテンシャルの高さも高評価のポイントです。

また、若い人材は柔軟性に優れ、素直に学ぶ姿勢があり、仕事に対する意欲が高いことも企業にとって大きな魅力です。

新卒との一番大きな違いと言えるのが、多少なりとも社会人経験があり基本的なビジネスマナーなどが備わっているという点です。前職で積んだ経験や学んだことを、積極的にアピールするのが良いでしょう。

また、第二新卒は特に採用時期を決めていない企業がほとんどです。新卒採用活動で忙しい人事担当者の負担軽減、必要な時期にスピーディーに採用できるメリットがあります。

また第二新卒は内定から入社まで、あまり間をあけずに入社してもらえる点も歓迎されます。

第二新卒が就活・再就職で失敗しないコツ

第二新卒は、過去の就活の失敗を繰り返さないことが重要です。自己分析のやり直しをしていなかったり企業研究が不十分だと、再度ミスマッチを起こしてしまう可能性が高まります。

また、就職・転職先が決まる前に退職してしまうと、ブランクができてしまうデメリットがあります。

退職後の空白期間が長くなると、転職で不利になるのはもちろん、経済的にも焦りが出る原因になります。在職しながら、就活・転職活動するのが失敗しないコツです。

「こんなはずじゃなかった」第二新卒 転職・再就職の失敗例


第二新卒はかつてないほどの売り手市場。「簡単に就活・再就職できそう」と考えている方もいるかもしれません。

何も知らないまま事前準備をせず、いきなり就活・転職活動を始めると思わぬ壁にぶつかることも多いのが現実です。

そうならないためにも、まずは第二新卒の転職・再就職の失敗の実例をご紹介します。

第二新卒の転職・再就職の失敗実例

  • 新卒時と同じ就活を50社!それでも内定ゼロ
  • ブラック企業に再就職し自信を失い、20代で引きこもりがちに…
  • 年収・やる気が急降下…前職を辞めたことを激しく後悔

新卒時と同じ就活を50社!それでも内定ゼロ

新卒で入社した会社に不満が募り、1年半で退職しました。具体的には、友人・知人に比べて年収・人間関係が悪く、「もっと条件の良い会社があるのでは?」と考えたからです。

新卒の時には、とにかくたくさんの会社にエントリーシートを送って、説明会に参加しました。まだ若いので、再転職でも同じ方法で就活をしました。

20社落ちたあたりから、新卒時の就活方法が全く通用しないことに自信を失くし、焦りが強くなりました。面接でも上手くアピールできなくなり、悪循環に陥りました。

企業のランクを落とし、条件もかなり緩めましたが内定はゼロです。次第に貯金もなくなって、やむを得ず派遣・パート・アルバイトで食いつなぐ毎日です。将来の不安が増し、時々涙が出ます。

自分ひとりで、好条件の仕事を探すのはなかなか難しいということを痛感しています。

失敗の原因

新卒での就職活動と転職活動の違いを把握していなかったことに失敗の原因があるようです。やみくもに転職活動するのではなく、第二新卒ならではのコツを掴んで効率的に活動することが大切です。

ブラック企業に再就職し自信を失い、20代で引きこもりがちに…

朝は7時に出社、休み時間はほぼなし。23時頃業務終了。そこから上司に無理に飲みに連れて行かれ、午前2時頃帰宅。この状況は週2で2年続きました。「ここを辞めたら、再就職できなくなるのでは?」という不安がありました。

新卒で入った社員は次々に辞めていき、数回過労で倒れました。自分は真面目な性格でそれでも出社しようとしましたが、ある日突然起き上がれなくなり心療内科で鬱と診断され、長期休暇を余儀なくされました。

正社員として再々就職をするまでに3年半も掛かってしまい、働けない自分を責め、家族にも当たりました。

あの最悪の経験をしたからこそ、大抵のことは乗り超えられるようになりましたが、当時は本当にキツかったです。

若い意欲のある20代を無駄にしたことを激しく後悔しています。ひとりで転職活動をせず、さまざまなアドバイスやサービスを活用すべきでした。

失敗の原因

転職する前に、ブラック企業か否かきちんと見極める必要がありました。また無理をして働き続けたことで、復職まで時間が掛かりました。事前にプロのカウンセラーに力を借りるなど、転職サービスを有効活用するのも賢い方法です。

年収・やる気が急降下…前職を辞めたことを激しく後悔

人間関係が最悪の会社に就職してしまい、「とにかく今すぐ辞めたい」と転職先が決まる前に退職してしまいました。

3年近く働いていましたが、20代前半で付き合いなども多く貯金はほとんどありません。履歴書を何十枚も書きましたが、7カ月経っても転職先は決まりませんでした。簡単に転職できると思い込んでいただけに、とてもショックでした。

「とにかく稼がないと…」と自宅から近い職場に転職しましたが、今までの営業と違い工場のライン作業が本当に苦痛です。やる気と年収がガクンと下がりました

自分には価値がないのかと毎日落ち込んでいます。退職理由と志望動機に自信が持てないことから、今は、再度転職活動をする意欲も失せました。

失敗の原因

在職中に転職活動をし、退職する前に生活を安定させておくべきでした。また、履歴書や職務経歴書の添削や、退職理由・志望動機を一緒に考えてくれる転職サービスを積極的に利用するのもおすすめです。

「転職・再就職して本当に良かった」第二新卒大満足の成功例


第二新卒で満足感のある転職・再就職をした方の特徴は、転職サービスを上手に利用していることです。

数多くの転職成功実績を誇る転職・転職のプロがあなたのパートナーとなり、さまざまな活動を支援してくれます。悩みや希望などを丁寧にヒアリングし、あなたに最適な仕事を紹介してくれます。

なかなか内定がもらえなくて落ち込んだときも、会社選びだけでなく、面接対策、人生相談などなんでも相談できる味方がいることは非常に心強いです。

第二新卒の就活・再就職の成功例

  • カウンセリングの分析が的確で、将来のビジョンが明確に!
  • 第二新卒の今ならできる!未経験の希望職種にチャレンジ!
  • 28歳で年収150%アップ、人間関係良好の職場に再就職!

カウンセリングの分析が的確で、将来のビジョンが明確に!

「転職活動は絶対にやみくもに始めない方がいい」という先輩のアドバイスから、退職する前に「自分が望む、より良い未来」を転職の目的にしました。

まず考えるべきは5年後、10年後の将来像でしたが、自己分析が独りよがりに思えて将来のビジョンがはっきりしません。

そこで、第二新卒におすすめの転職サービスをネットで見つけ、早速登録しました。入力は5分程。拍子抜けするほど簡単でした。

会社帰りに最寄りの支店に立ち寄ると、専門のキャリアカウンセラーが親身に相談にのってくれました。どういう仕事をしたいのか、またどんな職場で働きたいのかという漠然としていた将来像が明確になり、明るい前向きな気持ちで帰宅できました。

その後、前述の信頼できるカウンセラーと二人三脚で想定以上に好条件の企業にたった3ヵ月で再就職が決まりました。2年後の今も、チームリーダーとして生き生きと働いています。

成功の要因

転職する場合には今後のキャリアをしっかりと見据えて活動することが大切です。経験豊富なキャリアカウンセラーの力を借りて、明確なキャリアビジョンを固めることができたことが成功の要因となりました。

第二新卒の今ならできる!未経験の希望職種にチャレンジ!

女性なので新卒で無難に事務職に就きましたが、どうしても営業への憧れが捨てきれず悶々としていました。

25歳のときに1タップで登録できる転職サイトを見つけ、気軽に応募してみました。「第二新卒」が超売り手市場と知り、第二新卒に特化した転職サービスの面談を思い切って受けてみました。

未経験職種の志望動機や、採用担当者の心を掴むアピールポイントを伝授してもらい、自信を持って面接に挑めました。

結果、天職ではないかという職場に恵まれ、毎日本当に楽しく働いています。

あのとき、ちゅうちょせずに一歩踏み出したことと、転職サービスの親身なサポートのおかげです。

もし今、未経験の業種や職種への転職を悩んでいる方がいたら、「ひとりで悩まずに、まずはプロに相談してみて」と強く勧めます。

成功の要因

「未経験職種への転職は無理かも…」とひとりで悩まず、早い段階でプロに相談したのが奏功しました。未経験の職種にチャレンジする人に特化したサービスを受けられたことも、成功の要因です。

28歳で年収150%アップ、人間関係良好の職場に再就職!

年齢的にも好条件で再就職できる最後のチャンスと思い、複数の転職サービスに登録しました。

今まで、「思っていたのと違う…」というミスマッチで退職を繰り返してきたからです。今思えば、転職理由がネガティブだったり、希望と応募先に矛盾があるなど、自分にも原因がありました。

キーワードは「第二新卒」。数多くの求人を前にどの職場がいいのか分からなくなったり、ピントの外れた会社を受けて、時間や労力を無駄にしないためです。

具体的に譲れない条件を決め、転職サービスのプロにお任せしてみました。私の場合の希望は、年収アップと良好な職場環境です。

結局、自分では思ってもみなかった業界に、望む条件がピッタリ合う企業が見つかり、年収150%アップで再就職できました。将来の可能性を潰さないためには、視野を広く持つことを転職サービスのプロに教えてもらいました。

現職に勤務して1年になりますが、連帯感のある職場が大変気に入っています。第二新卒向けの転職サービスを利用して、本当に良かったです。

成功の要因

第二新卒や自分の生活スタイルにピッタリ合う転職サービスに複数登録することで、「良いとこ取り」ができました。また叶えたい希望を明確にし、具体的な条件にまで落とし込むことも重要です。

第二新卒の就活・再就職を成功させるコツ


ここまで第二新卒の就活・再就職の失敗例・成功例を紹介してきました。第二新卒を採用したい企業は多く転職しやすいですが、成功にはコツがあります。

第二新卒は、就活・再就職前に成功のコツをしっかりおさえれば、失敗しないだけでなく、より良い条件で働くことができます

第二新卒の魅力を最大限引き出す転職サービスを選ぶ

第二新卒の需要は高いですが、応募先企業の求める人物像にマッチしなければ転職は成功しません。

第二新卒には新卒と違う魅力がありますが、「またすぐに辞めるのでは」と思われがちなのも事実。今度は長く働きたいと思っている意思を明確に伝えるのが、ポイントです。

短期間でも社会人として経験したこと、仕事で習得したビジネススキル、実績などは積極的にアピールするのがおすすめです。

とは言っても若い求職者には、自己アピールや具体的なキャリアプランを描くのは難しいものです。転職のプロのアドバイスを大いに活用し、第二新卒の魅力を最大限に引き出してもらいましょう

転職サービスを複数利用して、メリットを使い分ける

第二新卒の転職サービスは複数ありますが、それぞれに特徴やメリットがあります。

たとえば、隙間時間で転職先が探せる、自己分析ツールが充実している、カウンセリングが丁寧、スカウト機能が活用できる、限定・非公開求人に応募できる、面接指導をしてくれるなどです。

新卒でブラック企業に勤めた経験のある方の中には、「再就職しても同じような目に遭うのでは」…と不安かもしれません。

第二新卒を積極的に行う企業は、若手の人材不足に困っています。業績好調で業務拡大のために積極的に若い人材を採りたい企業は問題ありませんが、労働環境が悪く離職者が多い、新入社員の定着率が悪い理由から募集をしていることも考えられます。

転職サービスの中には、アドバイザーが実際に企業に足を運び、目で見たリアルな企業の情報を伝えてくれるところもあります。あらかじめ、法令順守意識の低いブラック企業を排除しているサイトも多いので、安心して転職活動ができます。

在職している方は、業務終了後や休日に転職活動をしたり、仕事と面接日が重なるなど忙しいです。企業とスケジュール調整をしてくれたり、内定後の条件交渉を代行してくれるうれしい転職サービスもあります。

ブランクがあり就職に不安がある方は、セミナーや事前研修が充実している転職サービスを賢く利用して、自信を付けることもできます。

自分の弱い部分を補ってくれる、強みを活かしてくれる転職サービスを利用しない手はありません

プロに任せて、第二新卒の就活・再就職を楽にランクアップ

第二新卒は、新卒に比べて企業説明会やセミナーなどが比較的少ないです。そのため、転職・再就職する際に、自分で情報収集する必要があります。

けれども多くの求人情報に目を通したからといって、自分にピッタリの企業に出会えるとは限りません。自分のメリットに気付かず安売りをして、転職後に後悔するケースも多々あります。

また希望の企業に採用されるためには、効果的な自己アピールが欠かせません。しかし自己アピールをひとりで進めるのは難しいです。挫折しズルズルと30代になり、転職しにくくなる方も少なくありません。

転職サービスを上手く利用すれば、苦労して転職・再就職活動をしなくても、格段に楽に早く、良い職場が見つかります

履歴書や職務経歴書を何枚も書くのは、非常に手間や時間が掛かります。志望動機やアピールポイントを添削してもらえたり、たった1枚作成するだけで、複数の企業にピッタリ合うように応募してくれる転職サービスもあります。

しかも、利用料は完全無料です。

第二新卒は転職サービスを利用して満足度・年収を上げよう


人で不足で新卒採用が難しくなってきていることや、入社3年以内に辞めてしまう若手が急増している背景から、第二新卒の価値は上がっています。

ただし第二新卒のメリットは3年程です。状況を活かして転職・転職を成功させるコツは、自分の希望にピッタリの転職サービスを利用することです。

ひとりで転職・転職活動をするよりも、好条件の職場が見つかる可能性がグッと高まります。

第二新卒におすすめの転職サービスについては以下の記事を参照してください。

20代・第二新卒で成功する転職サイトおすすめ10選【2020年版】