完全版|第二新卒・既卒で転職すべき時期と失敗しない転職方法

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

第二新卒・既卒の転職や就職には、最適な時期があります。

特に企業の求人募集が増える時期に狙いを定めることで、幅広い選択肢から好条件の求人を見つけやすいです。

しかしながら、十分な事前準備ができていなかったり、正しい進め方を知らなければ、転職・失敗に失敗してしまう可能性があります。

そこで、この記事では第二新卒・既卒の転職・就職活動に向いている時期と、おすすめの転職方法について紹介します。

3行要約
  • 転職・就職の時期は求人が増えやすい3月、4月、7〜9月が狙い目
  • 好条件の求人案件は応募が殺到!今すぐ転職・就職活動を始めよう
  • 初めての転職・就職活動なら転職エージェントの利用がおすすめ

第二新卒・既卒を積極採用する企業が増えている!


昨今、企業の課題として増えているのが、20代・若手人材の早期退職や転職問題です。

少子高齢化の影響もあり、採用市場では企業間での若手人材の奪い合いが起こっています。

そのような若手人材を積極採用したい企業から注目されている人材が「第二新卒」「既卒」です。

第二新卒・既卒が企業から歓迎される理由

  • 柔軟性が高く社風に馴染みやすい若手人材を採用したい
  • 基本的なビジネスマナーや社会人スキルを習得している

柔軟性が高く社風に馴染みやすい若手人材を採用したい

企業にとっての第二新卒・既卒の魅力として、仕事への取り組み方や考え方が柔軟であり、社風に馴染みやすいことが挙げられます。

30代や中途採用人材の場合、即戦力としての活躍が期待されますが、こだわりや先入観があり柔軟性に欠ける場合があります。

一方、第二新卒・既卒の若手人材は、積極性や柔軟性が高く、イチから育てることで将来的な戦力として成長することが期待できます。

若いうちから経験を積ませ、戦力として長く活躍してもらいたい企業にとって、第二新卒・既卒は魅力的な人材なのです。

基本的なビジネスマナーや社会人スキルを習得している

第二新卒転職者の場合、勤務中もしくは以前勤めていた企業で新入社員研修やOJTを経験していることが多いです。

そのため、第二新卒はビジネスマナーやパソコンの使い方など基本的な社会人スキルが身についていることが前提とされています。

企業にとって、新入社員の研修・教育コストは莫大です。

そのような採用コストをかけることなく、新入社員同様の第二新卒を採用できることは、企業にとって大きなメリットなのです。

第二新卒・既卒が転職活動すべき時期やタイミング


転職・就職活動は、求人応募が増える時期である3月、4月、7〜9月に狙いを定めるのがおすすめです。

求人が増える時期に転職・就職活動を行うことで、幅広い選択肢から好条件かつ希望条件に合った求人を見つけやすくなります

第二新卒・既卒が転職活動すべき時期やタイミング

  • 企業の決算が落ち着き、求人が増えやすい3月
  • 新卒社員と同じ入社時期である4月
  • 人事異動に伴い人材募集が増える7月から9月

企業の決算が落ち着き、求人が増えやすい3月

第二新卒・既卒にとって、転職・就職時期の一つ目の候補が3月です。

1月・2月は決算で忙しい企業が多く、決算が落ち着く3月のタイミングで採用募集が始まりやすいです。

また、新しい年度に向けて新卒とは別に人員補充をしたいと考えるため、決算が落ち着き次年度の計画がスタートする3月は求人が増えやすくなります。

求人数が多くなれば希望条件に合った求人を見つけられる可能性が高くなります。

新卒社員と同じ入社時期である4月

新年度である4月は、部署の移動や転職・退職が多い時期であり、人員確保のため採用が増える時期です。

企業にとっては、新卒社員と同時期に採用することにより、研修コストが抑えられるというメリットがあります。

一般的に、転職にかかる平均期間は1ヶ月~3ヶ月といわれています。

4月入社を目指すなら、12月・1月の時点では転職活動を開始しておきましょう。

会社に在籍しながら転職活動をする場合、年末年始・決算・新年度と忙しい時期が重なりますので計画的な行動が大切です。

人事異動に伴い人材募集が増える7月から9月

人事異動は6月~7月に行われることが多く、組織編成が変わった後で足りない人材を確保するように計画を立てる企業が多いです。

そのため、新年度に備える3月と同様に7月~9月も求人数が増える傾向にあります。

概ね10月あたりに入社することになり、比較的社内の状況が落ち着いているので、入社してすぐに戦力として活躍する機会が多いです。

第二新卒・既卒が今すぐ転職・就職を始めるべき3つの理由

第二新卒・既卒で転職や就職を検討しているなら、計画を立てながら、出来るだけ早く行動に移すことが大切です。

なぜ、転職・就職活動において行動の早さが求められるのか。その理由について、詳しく解説します。

第二新卒・既卒が今すぐ転職・就職を始めるべき3つの理由

  • 好条件や人気の求人案件は応募者が殺到する
  • 空白期間が長いとネガティブ印象を持たれやすい
  • 貯金が十分にあれば余裕を持って転職活動できる

好条件や人気の求人案件は応募者が殺到する

現在では、ほとんどの企業が求人サイトや転職サイトにて求人募集を行なっています。

多くの求職者もインターネットで求人情報を検索しているため、好条件や人気企業の求人案件はすぐに応募者が殺到してしまうのです。

もし転職活動の開始時期が遅れれば、好条件の求人企業に応募できないばかりか、求人数自体が少なくなってしまう可能性があります。

自分の希望条件に合った求人企業に応募するためにも、できるだけ早く転職・就職活動を開始することが大切です。

空白期間が長いとネガティブな印象を持たれやすい

会社を退職してからの空白期間が長いと、採用担当者から「働く意欲がない」「計画性がない」などネガティブな印象を持たれやすくなります。

また、転職期間が長引いているということは、既にいくつかの企業から不採用になっていると思われる可能性もあります。

企業や採用担当者にネガティブな印象を抱かせないためにも、退職後の空白期間はできるだけ作らないようにしましょう。

貯金が十分にあれば余裕を持って転職活動できる

会社を退職してから転職活動を始めると、無収入期間が発生します。

もし、転職活動が長引き無収入期間が続けば、貯金が徐々に減っていき「早く転職先を決めなければ」と焦りが生まれます。

焦って転職活動をしてしまうと内定獲得だけが目的となりがちで、応募先企業の検討など冷静な判断が難しくなるでしょう。

精神的にも余裕を持ち、自分が希望する仕事に転職するためにも、計画的な転職活動が大切です。

第二新卒・既卒が転職・就職の失敗を防ぐための準備・コツ


転職・就職活動は想像以上に多くの労力を費やすため、できるだけ早く転職・就職の準備を始めましょう。

求人企業の情報収集や自己分析、書類作成などの準備が不十分なままだと、スムーズな転職・就職活動が難しくなります。

以下では、第二新卒・既卒の方に向けて、転職・就職の失敗を防ぐための準備について説明します。

第二新卒・既卒が転職・就職の失敗を防ぐための準備・コツ

  • 転職活動のスケジュール計画を立てる
  • 希望する業界や業種、職種の情報収集を行う
  • 自己分析でアピールポイントや長所・短所を整理する

転職活動のスケジュール計画を立てる

まずは、転職活動のスケジュール・計画を立てることが大切です。

在籍しながら転職活動をする場合は、普段の仕事と両立するためにも計画的に行動しなければなりません。

そのためにも、退職時期や転職先に入社する時期などスケジュールの全体像を決めておくことが重要です。

会社を退職してから転職する場合は、いつまでに転職先を決めるか目標を立てて行動するようにしましょう。

特に貯金に余裕がない人であれば、会社を辞める時点から計画を立てておく必要があります。

他にも新しい仕事を見つけるのに役立つ資格を取得する予定があれば、試験日などを確認して計画的に勉強することが大切です。

希望する業界や業種、職種の情報収集を行う

希望する業界や職種などが決まっている場合、情報収集を行うことが大切です。

特に業界に関するニュースなどは面接でも聞かれることが多く、「本当にこの業界で働く意欲があるのか」どうかを判断されます。

働いていない期間の穴埋めをする目的でも、仕事に関する情報収集を行うことが大切です。

自己分析でアピールポイントや長所を整理する

転職活動・就職活動の場合、自分を採用するメリットを企業側に伝えなければなりません

そのため、十分に自己分析を行い自身の長所やアピールポイントを整理しておきましょう。

また、第二新卒の場合には、転職理由や動機についても聞かれるケースが多いです。

以前の会社や仕事内容に適性が合わなかったことが転職理由である方もいるでしょう。

回答しづらい質問にもスムーズな受け答えができるよう、自己分析を十分に行っておきましょう。

第二新卒・既卒なら転職エージェントがおすすめ


初めて転職・就職活動を行う第二新卒・既卒の方なら、不安や疑問を多く抱えていることでしょう。

そのような初めて転職・就職を行う方におすすめなのが、求人企業の紹介や面接対策などをサポートしてくれる転職エージェントです。

第二新卒・既卒なら転職エージェントがおすすめ

  • メリット1. 希望に合った求人を紹介してくれる
  • メリット2. 応募書類の添削や面接対策を行ってくれる
  • メリット3. 面接日調整や入社日・給与交渉などを代行してくれる

メリット1. 希望に合った求人を紹介してくれる

まず転職・就職活動で行うことは、希望条件に合う求人企業を探すことです。

転職サイトや就職サイトでは多くの求人情報が掲載されています。

しかし、どのような基準・方法で応募先を選定すればよいか悩む方が多いです。

転職エージェントでは、求職者と面談・ヒアリングを行い、希望条件に合う求人企業を紹介してくれます。

また、求職者の適性も考慮して求人情報を紹介してくれますので、ミスマッチを防げることもメリットです。

メリット2. 応募書類の添削や面接対策を行ってくれる

一般的な転職活動では、応募企業に履歴書や職務経歴書を送り、書類選考が通過した企業へ面接に向かうという流れになります。

書類選考が通過しなければ面接機会を得られないため、応募書類の作成は非常に重要なプロセスです。

転職エージェントでは、豊富なデータやノウハウを生かし、書類選考に通りやすい応募書類の作成をサポートしてくれます。

また、書類選考通過後は、各企業の面接傾向に合わせた面接対策も行なってくれます。

十分な面接対策が行えるので、自信を持って採用担当者との面接に臨めます。

メリット3. 面接日調整や入社日・給料交渉などを代行してくれる

一般的な転職サイトを利用して企業に応募する場合、企業との面接日の調整は求職者自身が行います。

一方、転職エージェントでは、担当者が求職者のスケジュールに合わせて企業と面接日を調整。

「この日でないと時間が取れない」という場合でも、担当者が企業と調整してくれます。

また内定決定後も、入社日や給料交渉なども転職エージェントの担当者が代行してくれます。

第二新卒・既卒の転職・就職が成功する転職エージェントの選び方


転職エージェントにもさまざまな種類があるので、自分の目的に合ったサービスを選ばなければなりません。

自分に最適な転職エージェントを見つけるためには、どのようなポイントを確認すれば良いか説明します。

第二新卒・既卒の転職・就職が成功する転職エージェントの選び方

  • 第二新卒・既卒専門の転職エージェントであるか
  • 求人件数や転職サポート実績が豊富であるか
  • キャリアアドバイザーの対応は評判か

第二新卒・既卒専門の転職エージェントであるか

まず確認すべきポイントは、第二新卒・既卒専門の転職エージェントかどうかです。

第二新卒・既卒の方の場合、職歴が短く目立ったスキルやアピールポイントが少ない傾向にあります。

第二新卒・既卒を専門とする転職エージェントでは、未経験OKの求人が多くあり、職歴や就業経験を問わない求人企業も多いです。

また、第二新卒・既卒を採用したい企業を紹介してもらえるので、一般的な転職エージェントと比較し内定獲得率が高まります

求人件数や転職サポート実績が豊富であるか

転職エージェントには公開求人と非公開求人があります。

転職エージェントを選ぶときは、公開求人数と非公開求人数を合わせた総求人数数をチェックするのがおすすめです。

候補となる求人数が多いほど、自身の希望条件に合った求人が見つかりやすくなります

また、ほとんどの転職エージェントサイトでは、利用者数や転職成功率、サポート実績に関するデータが記載されています。

転職エージェント選びに失敗しないためにも、利用者数や転職サポート実績が豊富な信頼できるサービスを利用しましょう。

キャリアアドバイザーの対応は評判か

転職エージェントを選ぶうえで欠かせないポイントが、キャリアアドバイザーの対応に関する評判・口コミです。

転職エージェントの中には、「担当者が高圧的」「希望に合わない求人を押し付けてくる」といった悪い評判のサービスもあります。

キャリアアドバイザーの対応が悪い転職エージェントだと、細かな相談もしづらく納得いく転職・就職は難しいです。

転職エージェントを利用する際には、抱えている求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの対応評判も参考にしましょう。

第二新卒・既卒は転職エージェントで転職・就職を成功させよう!

第二新卒・既卒で転職・就職を成功させる方法

  • 第二新卒・既卒を積極的に採用する企業が増えている
  • 転職時期は採用が増える3月、4月、7〜9月がおすすめ
  • 転職・就職サポートのプロである転職エージェントを利用しよう

ここまでは、第二新卒・既卒の転職・就職者が転職に向いている時期とおすすめの転職方法を紹介してきました。

採用市場において求人が増えやすい時期は、3月、4月、7〜9月です。求人数が多いほど、希望条件に合う求人が見つかりやすくなります。

上記3つの時期に狙いを定め、計画的な転職・就職準備を行うようにしましょう。

また、初めて転職・就職活動を行う方なら、内定獲得までの一貫したサポートを受けられる転職エージェントがおすすめです。

サービス内容や特徴とともに、利用者の評判や口コミも参考にしながら転職エージェントの利用を検討してみてください。