冬の面接|乾燥肌を予防する事前・直前のオススメお肌対策

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

湿度が下がり乾燥しがちな冬の季節。多くの人と対面で話す転職活動においては、肌の乾燥も対策するのが大切です。

赤く手や顔が荒れてしまえば、第一印象も悪くなりかねません。今回は乾燥肌を予防するための事前・直前の対策方法をご紹介します。

冬の転職を検討中の方はぜひ参考にしてみてください。肌のコンディションを整えて選考に臨みましょう。

乾燥肌はバリア機能の低下が原因!湿疹のリスクもある

乾燥肌の対策の必要性を理解するためにも、まずは乾燥肌の原因とリスクを把握しておきましょう。肌が乾燥する要因は「バリア機能」の低下といわれています。

バリア機能は肌の水分をキープしつつ外部からの刺激から守る働きです。空気の乾燥により肌の脂質が減ることで、バリア機能も弱まる可能性があります。

最終的に水分が外へ逃げ、肌のうるおいがなくなるのが冬に乾燥肌になる主な原因です。

肌が乾燥するとかゆみが生じる場合だけでなく、ひび割れや表皮のはがれ、湿疹がでる恐れもあります。

肌荒れを起こしてしまえば、外見にも影響する可能性も考えられます。

第一印象が重要視される転職活動において、面接官に清潔感をアピールするためにも、あらかじめ対策しておくのが重要です。

乾燥肌の対策は基本的に「事前」に行うものがほとんど。習慣的に予防することで、健康的な肌を保てる可能性があります。

洗顔や食生活など、日頃から注意しつつ対策しましょう。ただし「美容液を用いた保湿」はすぐに効果が期待できます。面接の直前に対策し準備するのがおすすめです。

普段から実践!冬に乾燥肌を防ぐために洗顔するときの3つのポイント

乾燥肌を防ぐために洗顔するときの3つのポイント

  • 洗顔フォームは洗浄力が低く保湿力が高いものを選ぼう
  • 熱いお湯はNG!ぬるいお湯で濡らしてから始めよう
  • 洗顔するときは「Tゾーン」から始めよう

転職活動の事前にできる乾燥肌対策の1つは「洗顔」です。入浴中や朝起きたタイミングに正しい方法で顔を洗い、肌を健康的に保ちましょう。

気をつけるべきポイントは上記の3つ。それぞれの内容について、くわしく説明します。

洗顔フォームは洗浄力が低く保湿力が高いものを選ぼう

乾燥肌を防ぐためには、洗浄力が低いものを選ぶのをおすすめします。洗浄力が高く刺激が強いものは、肌にダメージを与えてしまう恐れがあるからです。

傷ついてしまえば、肌が荒れてしまう恐れもゼロではありません。できるだけ肌に優しい商品を選びましょう。

選ぶときの基準の1つは「界面活性剤を使っているかどうか」です。界面活性剤は汚れを落とすために効果があるされるもので、洗浄力が高く肌への負担も大きいといわれています。乾燥肌を引き起こす原因にもなりかねません。

洗顔フォームを選ぶときは界面活性剤ができるだけ使われていないものを選ぶのがおすすめです。

また「保湿力」も欠かせません。セラミドやアミノ酸などの保湿剤が含まれている商品であれば、肌のうるおいを保ちながら洗顔できます。

商品のパッケージに書かれている表記をチェックして、自分に合った洗顔フォームを選ぶのが良いでしょう。

熱いお湯はNG!ぬるいお湯で濡らしてから始めよう

洗顔するときは熱いお湯で行ってはいけません。肌のうるおいを余計に奪ってしまう恐れがあるからです。乾燥肌の原因となるだけでなく、肌がすでに乾燥している場合はより悪化させてしまう可能性もあります。

洗顔は「ぬるま湯」で行いましょう。

肌の温度に近いこともあり、自然に毛穴がひらくといわれています。顔の筋肉もやわらかくなるため、洗顔フォームの効果がより発揮しやすいそうです。

洗顔フォームを落とすときは、強くこするのも避けてください。

肌にダメージを与えてしまうリスクがあります。手で優しく肌を覆って、汚れを落とすのがおすすすめです。

洗顔するときは「Tゾーン」から始めよう


洗顔するときは「Tゾーン」から行いましょう。Tゾーンはおでこから鼻にかけたライン。

他の箇所に比べて皮脂量が多く汚れが溜まっている可能性があります。先に洗うことによって泡が肌に浸透する時間に差がうまれ、効率的に洗顔できます。

Tゾーンの次は頬から顎にかけたラインのUゾーン、皮膚が薄い目元や口元の順に洗うのがおすすめです。

皮膚が薄い部分は最小限の洗浄で済むため、ダメージも軽減されます。

泡をのせ終えたら、前述したとおりぬるま湯で洗い流しましょう。激しく洗い流すと肌に負担がかかるため、ていねいに優しく水ですすぐのがベストです。

最後は綺麗に洗ってあるタオルで、顔を優しく顔を覆って水を拭き取ります。肌との摩擦を起きないようにするのがポイントです。どうしても摩擦が起きてしまう場合は、ティッシュを使うのも良いでしょう。

食事から乾燥肌を予防する3つのポイント

乾燥肌を予防するために気をつけたい食事の3つのポイント

  • タンパク質・必須脂肪酸・ビタミンを含む食材を意識しよう
  • 1日3食!食材は少しずつ複数のものを食べよう
  • 積極的に水分をとろう!コーヒーはNG

肌の乾燥を防ぐべく事前に対策するには食事にも気を使うのが大切です。摂取する栄養素によって、肌のコンディションは変わります。

具体的には上記の3つのポイントを意識しましょう。それぞれの内容について、くわしく説明します。

タンパク質・必須脂肪酸・ビタミンを含む食材を意識しよう

乾燥肌を予防するために摂りたい3つの栄養素

  • タンパク質
  • 必須脂肪酸
  • ビタミン

乾燥肌になるのを防ぐためには、上記の3つの栄養素を積極的に摂るように心がけましょう。

タンパク質は細胞をつくるために使われます。健康的な肌を生成しキープするためには欠かせません。

タンパク質を摂るためには鶏むね肉やかつおなどの肉や魚、納豆をはじめとした大豆を用いた食材を食べるのがおすすめです。

必須脂肪酸とは体内でつくれず摂取が必要な脂肪酸。肌の細胞となる「細細胞」をつくる働きがあります。サバやイワシ、くるみなどに含まれる栄養素です。

最後にビタミンは保湿や肌の再生を促す効果が期待できます。ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンEなどを意識して摂取すると良いでしょう。

それぞれを効率的に摂取したい場合は、レバーや卵黄、アボカドなどを摂るのがおすすめです。

反対に偏った食事を繰り返すと、代謝が悪くなり乾燥肌になる可能性もあります。

また体調管理にも影響が出ますので、カップラーメンなどのインスタント食品や、ハンバーガーなどのファストフードばかりを食べるのは避けるのが無難です。

1日3食!食材は少しずつ複数のものを食べよう

肌の乾燥を防ぐなら、1日3食は食べましょう。タンパク質をはじめとした栄養素が不足するのを防ぐためです。毎日規則正しい食事をすることで、代謝も良くなり肌のコンディションにも良い影響を与える可能性があります。

食事の内容や摂取する栄養を偏らせないためにも、食材は少しずつ複数のものを食べるのがおすすめです。

タンパク質を摂るにしても肉や魚、大豆などを順番に食べて、バランスよく栄養を摂取するのが良いでしょう。

摂取が必要な栄養素のなかでもビタミンは、タンパク質などに比べて摂取しづらい可能性があります。効率的に摂りたい場合は、野菜ジュースを飲むのも1つの方法です。調理せずとも短時間で摂取できる場合があります。

積極的に水分をとろう!コーヒーはNG

乾燥肌の対策の1つとして「水分を摂る」のも有効的な手段の1つです。乾燥肌は、体内の水分の低下も要因として挙げられます。運動して汗をかいたまま過ごせば、脱水になり体調を崩しやすいのと同じです。

肌も体の水分が足りなくなれば、乾燥しコンディションも悪くなります。特に冬場はエアコンなどで肌の水分がなくなりやすいうえに、気温が低く水分摂取量が減りがちです。他の季節に比べても、一層水分補給を心がける必要があります。

ただし、コーヒーは避けてください。コーヒーやお茶に含まれるカフェインには利尿作用があるからです。どれだけ飲んでもすぐに排泄されてしまうため、水分補給にはなりません。

ですので、冬場に水分を摂りたい場合はカフェインが含まれていないドリンクを選ぶのが良いでしょう。もしコーヒーなどを飲む場合は、水も合わせて飲むのがおすすめです。

乾燥肌を防ぐために気をつけたい3つの習慣

乾燥肌を防ぐために気をつけたい3つの習慣

  • 暖房を使うときは加湿器で湿度をキープしよう
  • 毎日十分な睡眠をとって肌を再生させよう
  • 軽い運動をして肌に栄養素を届けよう

乾燥肌にならないようにする事前の対策では「習慣」も重要です。日常的に注意し継続的にケアすることによって、健康的でうるおった肌をキープできます。

具体的には上記の3つを試してみてください。それぞれについて、具体的な内容をご紹介します。

暖房を使うときは加湿器で湿度をキープしよう

冬に暖房を使うときは加湿器を同時につけるのがおすすめです。部屋のなかの湿度を高めて調整することができます。

暖房にすると室温が上昇しますが、相対的に湿度は下がります。結果的に部屋全体が乾燥してしまい、肌の水分も奪いかねません。

また、湿度を高めながら暖房をつけると通常より暖かく感じることができるため、体が冷えるリスクも軽減されます。40%以上の湿度にすると、ウイルスは死ぬとされていることもあり風邪の予防も期待できます。

肌にうるおいをキープしつつ、感染対策するためにも加湿器を併用しましょう。

加湿器がない場合は、洗濯物を部屋のなかで干すのも有効的な手段といえます。

ただし部屋干しで転職に使用するシャツに臭いがついてしまう恐れもあるため、部屋干し用の洗剤を使用するのが安心です。

毎日十分な睡眠をとって肌を再生させよう

肌を健康的に保つためには睡眠も欠かせません。肌の細胞は寝ている間に再生するからです。睡眠時間が足りていなければ、きちんと再生されず肌のトラブルにつながる恐れがあります。

にきびができるだけでなく、くすみがでて周囲に暗い印象を与えてしまいかねません。面接官と顔を合わせる転職活動においては、避けたいポイントです。

肌の健康を意識する場合は「22時までに」寝るのがおすすめ。

肌の再生は22時から深夜2時にかけて行われるといわれているからです。特に眠りについてから3時間は成長ホルモンの分泌も活発になるため、肌の再生にも大きく影響する可能性があります。

すぐに目が覚めないように、睡眠の質を高める心掛けをするのが大切です。具体的には「40度以下の湯に浸かる」「寝る3時間前までに食事を済ませる」と良い睡眠がとれるといわれています。

軽い運動をして肌に栄養素を届けよう

肌を乾燥させないためには、軽い運動をするのもおすすめです。体を動かすことによって、血流が良くなり栄養素が体に行き届きやすくなるといわれています。反対に運動不足の場合は栄養素が届かないため、肌の再生が乱れてしまう恐れがあります。

結果的に肌に古い角質が残り、乾燥だけでなく肌のトラブルを引き起こすリスクも少なくありません。肌を健康的に保つためにも、まずはウォーキングやストレッチから挑戦してみるのが良いでしょう。

ウォーキングの場合は1日1時間程度、足を大きく動かしてスピーディーに歩くのを心がけてください。ストレッチは深呼吸をしながら、ゆっくりと行うのがポイントです。

特に顔のマッサージをしたい方は、次の動画を参考にするのをおすすめします。小顔効果も期待できるそうなので、ぜひ試してみてください。

直前にも効果的!乾燥肌の予防のために保湿するときの3つのポイント

乾燥肌の予防のために保湿するときの3つのポイント

  • 自分に合った保湿化粧品を選んで塗ろう
  • 「化粧水→乳液→クリーム」の順番に使おう
  • 美容液は適切な量を顔のギリギリまでつけよう

乾燥肌にならないためには保湿が最も重要といっても過言ではありません。美容液を使うことによって、直接はうるおいを与えられます。転職活動の事前の対策はもちろん、直前にも重要なケアです。

主に上記の3つのポイントをおさえて保湿しましょう。それぞれの内容について、くわしく説明します。

自分に合った保湿化粧品を選んで塗ろう

肌の乾燥を防ぐためには保湿化粧品を使うのが大切です。具体的には次の3つの効果が期待できます。

保湿化粧品によって期待できる3つの効果

  • 湿潤作用
  • 柔軟作用
  • 蒸散抑制作用

湿潤作用は肌に含まれている水分をカバーする作用です。うるおいのある肌をキープすることで、肌を柔らかくする柔軟作用が働きます。水分や保湿成分の蒸散を防ぐ蒸散抑制作用によって、健康的な肌が保たれる仕組みです。

バリア機能が低下し水分が逃げてしまう乾燥肌になるのを防ぐには、欠かせないアイテムといえます。乾燥対策をするなら、次の4つの商品を用意しましょう。

肌の乾燥対策に必要な4つの保湿化粧品と役割

  • 化粧水…肌に水分を与える
  • 保湿美容液…肌に保湿成分を与える
  • 乳液…肌の水分と保湿成分をキープする
  • クリーム…肌の水分を閉じ込める

化粧水は「肌に水分を与えるもの」保湿美容液は「肌に保湿成分を与えるもの」です。乳液は肌に水分と保湿成分をキープさせ、クリームは水分を閉じ込めます。

それぞれ役割が異なるため、使用する際も上記の順番で使いましょう。化粧水と保湿美容液でうるおいを与えてから、乳液とクリームで閉じ込めます。

順番がバラバラでは正しく効果が発揮されない恐れがあるので注意してください。

保湿するタイミングは「洗顔後」か「お風呂上り」がおすすめです。肌の細胞が出て乾燥しやすくなります。顔を洗ったあとはスキンケアをするのを習慣づけておくと良いでしょう。

また、使用する保湿化粧品は自分に合ったものを選ぶのも大切です。人によって肌の性質は同じではありません。すでに乾燥肌の人もいれば、べたつきやすい脂性肌の人もいます。自分の肌のタイプに合わせて商品を選びましょう。

もしすでに乾燥肌の場合は、洗顔フォームと同様に刺激が少なく保湿性が高い商品を選ぶのをおすすめします。

保湿化粧品は適切な量を顔のギリギリまでつけよう

保湿化粧品は適切な量を塗るのがポイントです。特に量が足りない場合は保湿効果が薄れてしまう可能性もあります。それぞれ次のような目安で使用するのがおすすめです。

保湿化粧品と適量

  • 化粧水…500円玉の大きさ
  • 保湿美容液…1円玉以上の大きさ
  • 乳液…10円玉の大きさ
  • クリーム…10円玉の大きさ

上記はあくまで目安です。商品ごとに適量の記載がある場合は従ってください。

保湿化粧品は顔全体にムラなく塗りましょう。髪の毛の生え際から耳もと、首回りまですべてカバーするように意識するのがポイントです。

特に首回りはタートルネックなどを着た場合に、繊維が触れて乾燥している可能性があります。忘れないように入念に塗ると安心です。

面接直前なら「美容液パック」も活用しよう


選考の当日に「すぐに肌の乾燥を防ぎたい」といった場合は美容液パックを使用するのも1つの手です。

保湿成分がふくまれたシートを顔全体にあてることで、短時間で肌にうるおいを与えられる可能性があります。

面接の日の朝にパックをすれば、一時的に乾燥肌を防ぐことができるはずです。肌が乾燥しなければ化粧ののりも良くなり、第一印象を良く見せられれるかもしれません。

肌にうるおいを持たせて健康な状態で面接に臨もう

冬の転職活動において乾燥肌は天敵です。肌が荒れてしまえば、面接官からの第一印象も悪くなりかねません。事前に防止するためには、日常的な対策が必要です。具体的には次のような対策をしましょう。

乾燥肌にならないための対策まとめ

  • 洗浄力が弱く保湿性が高い洗顔フォームを使って、ぬるま湯で洗顔する
  • タンパク質やビタミンを摂取しつつ水分補給を欠かさない
  • 十分な睡眠と軽い運動をして肌をしっかりと再生させる
  • 保湿化粧品を正しい量、正しい順番で使う

特に「洗顔」と「保湿化粧品の使用」は肌に直接影響を与えるので、正しい方法で自分に合った商品を使うのがおすすめです。

どうしても選考の直前で乾燥肌を防ぎたい場合は「美容液パック」を試してみてください。短時間で肌にうるおいを与えられる可能性があります。

今回ご紹介した内容を参考にしながら、健康的な肌をキープして面接に臨んでください。