就活・転職成功の鍵は企業情報の収集と面接対策で決まる

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

就活・転職活動において、企業情報の収集と面接対策は非常に重要です。

求人情報だけを頼りに入社してしまうと「こんなはずじゃなかった」と後悔する人もいます。

就職・転職は、人生の大きな転機。成功を収めるために、事前準備はしっかり行いましょう。もしスキルや経験に自信がなくても、企業情報の収集と面接対策次第では、希望を叶えるチャンスもあります。

就活・転職成功の鍵は企業情報の収集と面接対策で決まるポイント解説要約

3行要約
  • 企業情報収集・面接対策が合否の分かれ目
  • やり方いろいろ、賢い『企業情報の収集方法』
  • 効果的・好印象な『面接対策の方法』

就活・転職は情報戦!企業研究・面接を制する者が成功する


就職・転職活動中の限られた時間の中、企業情報を収集し面接対策をするのは大変で、後回しになりがちです。

けれども自分に合った会社で生き生きと働くために、これらは欠かせません。

効率良く必要な情報を得るコツは、企業情報収集と面接対策の重要性と正しい方法を知ることです。有益な情報が多いほど会社選びや面接は有利になります。

就活・転職は情報戦!企業研究・面接を制する者が成功する

  • 企業情報を収集しないと就活・転職の面接で不利な理由
  • 就活・転職中の企業研究で押さえておくべきポイント
  • 情報収集を徹底すれば、面接で自信が持てて好印象が狙える

企業情報を収集しないと就活・転職の面接で不利な理由

応募先企業の情報収集が不十分なまま書類選考や面接を受ける人は、これから登る山の標高もわからず、装備も不完全な状態で決行するようなもの。

「時間がない」「調べ方がわからない」という理由で、企業情報の収集をおろそかにすると、以下のようなデメリットがあります。

企業情報収集が不十分だとこんなデメリットがある
  • 自分の希望に合致した求人を見逃し、妥協して応募してしまう
  • 情報不足によって面接で低評価を受け、内定がもらえない
  • 就職・転職後に実情を知り、ミスマッチから入社を後悔する

面接では、必ずと言っていいほど「志望動機」が聞かれます。これは志望企業についてどれだけ情報収集ができているかを試す質問でもあります。この質問には当然、他の応募者も事前に準備をしてきます。

ですから、自信を持って答えられない、あるいは的外れな返答をすれば、それだけで不採用になる可能性は十分あります。

たとえ入社後にできることややりたいことを熱心に語っても、「企業研究が浅いのに適当なことを言っている」と思われ、面接での印象が悪くなりがちだからです。

企業研究や面接対策がしっかりできていれば、将来性、自分に合っているか、企業が求める人物像などがわかり、効率的な活動にもつながります。また、就職・転職の成功率・満足度を高めることにもなります。

就活・転職中の企業研究で押さえておくべきポイント

就活・転職中のほとんどの応募者が企業研究をしてくる中、ライバルに差を付けるには一般的な基礎情報に加え、次に紹介するポイントも押さえておくことをおすすめします。

競合との違い

企業情報は、企業理念、事業内容、経営方針などが一般的ですが、必要な場面で応募企業と競合との比較が語れるとなお良いです。

面接時には、応募企業が他社より優れている、または自分に合っていることを強調することで、志望動機に説得力が増すことになり、企業研究がしっかりできていることもアピールできます

企業ニュースのチェック

ホームページやFacebookは随時更新されます。ですから、面接前に確認しておくことをおすすめします。

たとえば、プレスリリースなどをチェックしておけば新製品の発表や、海外拠点の新設などの情報を得ることができます。

さらに検索サイトでも企業ニュースのチェックをしておきましょう。大きなニュースは社内でも話題になります。

面接で「今朝ニュースになっていましたが、当社の○○についてご存知ですか?」などと質問されても慌てずに済みます。

業界・経済関連ニュースのチェック

銀行なら金融業界、百貨店なら流通業界に特化した専門誌やニュースサイトなども存在します。

自分が希望する業界に関連するニュースをチェックしておくと最新事情や業界動向をより深く知ることができます。

情報収集を徹底すれば、面接で自信が持てて好印象が狙える

市場の動向、同業他社との比較などは難しいと思われがちですが、わかりやすい書籍や雑誌も多く出版されています。

代表的な書店や図書館で、気になったビジネス誌をチェックしてみるのもおすすめです。

代表的なビジネス誌であれば、オンラインサイトも充実しています。定期的に見ておきましょう。

PRESIDENT Online
週刊ダイヤモンド
日経ビジネス

企業への理解が深まれば、志望動機がより明確になります。業界や企業に関する質問にも自分の言葉で落ち着いて答えることができるので、信頼感が生まれます。

企業の情報収集は、応募する就活・転職者の誰もがひと通り行うものです。ですから、質問を想定してしっかり事前準備をし、他の応募者よりも好印象を狙いましょう。

面接は、堂々と自信を持って臨むことがポイントです。情報収集を徹底して面接対策に活かすことが、就活・転職成功の鍵です。

知らないと損をする!『企業情報の収集方法』


企業情報の収集は、求人広告や応募先企業のホームページなどを見るのが一般的です。

けれどもそれだけでわかるのは、その企業の良い部分だけです。悪い部分もあえて知ることで、入社してからのリスクを減らすことができます。

また、面接では応募者の熱意を試すために、企業情報について質問してくる場合もあります。特に転職では、熱意を重視している企業は多いです。

一般的な企業情報をスラスラ言えるように努力するよりおすすめの、最新の賢い情報収集方法をご紹介します。

知らないと損をする!最新の賢い『企業情報の収集方法』

  • 面接対策の基本!企業のホームページを読み込む
  • 経営状況・年収も!効率良く企業情報が収集できる四季報・IR情報
  • 口コミサイトをチェックして就職・転職後のミスマッチを防ぐ
  • フェア・イベントに参加して最新の企業情報を一気に複数入手
  • 転職サービスを賢く利用して企業のリアルな内部情報を得よう

面接対策の基本!企業のホームページを読み込む

気になる企業のホームページをチェックするのは、就活・転職活動の基本です。事業内容・企業理念・代表メッセージ・資本金・業績など、多くの情報から企業の全体像がわかります。

共感する部分があるか、自分の理想のキャリアビジョンにマッチしているかも大切なポイントです。給与や待遇が良くても、会社の雰囲気やカラーが自分に合っていないと楽しく働くことは難しいからです。

ホームページで特にチェックすべきところは、以下の通りです。自問自答しながら読み込んでみてください。

ホームページで確認しておべき項目チェックリスト

1.経営理念
どんな使命、ビジョンを持っているか? 自分が目指す方向性に合っているか?

2.社長のメッセージ
経営者はどのような考えを持っているのか? 社長の考えに共感できるか?

3.社員の声
先輩社員は、どんなやりがいを感じながら仕事をしているか? それは自分の求めるものか?

4.製品・サービス情報
応募先の企業が扱っている商材に興味を持てるか? 競合他社よりも魅力があるか?

5.業績・財務状況
企業の経営状態は良好か? 将来性は?

経営状況・年収も!効率良く企業情報が収集できる四季報・IR情報

会社四季報には、企業の財務データ、業績予想、事業状況などが記載されており、中小企業版も発行されています。

会社四季報
会社四季報・未上場会社版

四季報の中で、特に会社の安定性をチェックするのに重要な指標は、自己資本比率です。

一般的に自己資本比率が10%以下になると、健全な経営状態ではないと判断されます。

30%を超えると健全、40%以上なら優良企業と認識されます。自己資本比率が高いほど借金が少なく、経営にゆとりがあることを意味します。

長く安心して勤めるためには、経営状態の確認は必須です。

就職四季報には、試験情報、採用人数、初任給、昇給率、離職率、残業時間などがまとめられています。必要な情報を効率良く入手し、比較できるという点に優れています。

就職四季報 総合版
就職四季報 優良・中堅企業版
就職四季報 企業研究・インターンシップ版

さらにIR情報もチェックしておくと良いでしょう。

IR情報とは、財務状況や事業戦略など、投資に必要な情報を公開したものです。経営状況・事業展開・社員の平均年収・平均年齢などを知ることができます。

「IRポケット」という上場企業四半期毎の過去3年分の売上・粗利・営利のデータを完全無料で閲覧することができるアプリもあります。

データ更新時にはプッシュ通知でお知らせを受け取れるので、活用してみてください。

IRポケット

口コミサイトをチェックして就職・転職後のミスマッチを防ぐ

ネットで検索すれば、大抵の情報が手に入る時代。

最近の就活・転職者向け口コミサイトは登録が必要なサービスが増えているので、信ぴょう性が高まっています。社員や元社員の
リアルな声をチェックしてみるのも、内情を知るにはおすすめです。

企業のホームページや求人情報などは基本的に良いことしか書かれていないので、悪い情報を目にする機会はなかなかありません。

選考がうまくいっていると、「スムーズに進んでいるし、この企業は自分にぴったり!」と高揚しがちです。

ネガティブな情報を事前に知ることは、時に冷静さを取り戻させる効果もあります。

ただし口コミサイトに掲載されている情報は、個人的な主観が大きいという特徴があります。情報を信用するかどうか慎重に判断しましょう。

フェア・イベントに参加して最新の企業情報を一気に複数入手

就活・転職フェアやイベント、転職・会社説明会などに参加すると、応募先に関するさまざまな情報を得ることができます。定期的に無料で開催されていることが多いので、積極的に活用してください。

中・小・ベンチャー企業などは、大々的にイベントを開催することは少ないですが、その分応募前から直接話が聞ける機会を設けているところもあります。上手に利用して生の情報を収集し、担当者と懇親を深めるのもおすすめです。

フェア・イベント・説明会に参加する際は、以下のような質問をしてみましょう。

イベントで確認しておくべき項目

  • 職種・仕事内容
  • 求めている人物像
  • 入社後役立つスキル
  • 社風や人間関係
  • 労働環境

そのほか気になることは積極的に聞いて、複数の企業を比較し、納得して応募しましょう。入社後のミスマッチを防ぎます。

ただし、限られた時間を有効に使うために、質問内容はあらかじめまとめておくとよいでしょう。

転職サービスを賢く利用して企業のリアルな内部情報を得よう

いくら時間を掛けて熱心に調べても、個人には限界があり表面的な情報がほとんどです。

理想的な会社だと思っていたのに、「入社してみたら全然違っていて、ガッカリした」という話はよく聞きます。

楽に信頼できる有益な情報をたくさん得るには、就活・転職サービスに登録するのがおすすめです。

プロのキャリアアドバイザーからさまざまな内部情報を無料で教えてもらえるので、企業情報収集にとても役に立ちます。

キャリアアドバイザーは、企業の採用担当者と直接面談をしているので、社風、職場の人間関係、残業など、一般に公開されていないリアルな情報を持っています。

就活・転職サービスは、求人情報や就職に関する相談しかできないと思われがちですが、多くの場合、業界や企業の最新動向、今後の展開など採用情報以外にもさまざまな情報を提供してくれます。

また、就活・転職サービスは複数登録するのがおすすめです。

理由は、サイトやエージェントによって、特徴や強み、アドバイザーの力量が違うからです。自分にとって有益な情報を賢く取り入れ、上手く活用するのがコツです。

面接は自分をプレゼンする場 効果的な『面接対策の方法』


企業の情報が入手できたら、次は応募、書類選考、面接などのプロセスを経ることになります。

面接は、就職・転職の合否を決める、非常に重要なポイントです。しっかり対策すれば、上手に自分をアピールできます。

ただし、面接で何が重要なのかわかっていないと、せっかく書類選考を通過しても採用につながりません。

収集した情報をうまく生かして、効果的な面接対策を行いましょう。

面接は自分をプレゼンする場 効果的な『面接対策の方法』

  • プロに頼るのが近道!転職サービスを大いに活用する
  • 面接を成功させる最大のポイント「自分の強み」を明確にする
  • 企業によって違う 求める人物像・面接重視ポイントを把握する
  • マニュアル・志望動機の丸暗記ではない!必要なのは好意・聞く・自分の言葉
  • 見落としがちな面接の基本を改めてチェック

プロに頼るのが成功への近道!転職サービスを大いに活用する

面接対策はズバリ、プロに頼るのがおすすめです。なぜなら、個人でできる面接対策には限界があるからです。

たとえば、自己分析が独りよがりで長所のアピールになっていない、志望動機がありきたりで説得力に欠けるなどの問題点が挙げられます。

就活・転職サービスは、登録するだけで質の高いサービスが無料で利用でき、自己流の面接対策をすぐに改善できるものも多いです。大いに活用しましょう。

20代におすすめの転職サービスは以下の記事で紹介していますので、参考にしてください。

20代の第二新卒・既卒で成功する転職サイトおすすめ10選【2020年】

面接を成功させる最大のポイント「自分の強み」を明確にする

面接の問題点を洗い出し、改善できたら、自分のスキル・経験などの強みを明確にしていきましょう。

経験・実績・スキル・長所・得意なこと、苦労したこと、改善したこと、周囲に評価されたことなどは、アピールの仕方次第であなたの強みや魅力になります。

自己分析は、条件に合った求人を見つけるため、自分に合った職場で生き生きと働くために必要な作業です。じっくり取り組むことが、将来のキャリア・満足感アップにも繋がります

就活・転職活動の面接対策は、想定質問・模範回答などテクニックに頼りがちになりますが、相手は面接のプロです。その場しのぎはすぐに見抜かれてしまいます。

自分の強みをしっかり把握して堂々としていれば、信頼できそう、頼もしいという印象を与えられます。

自分の強みを絞り込んでおき、過去の具体的な事例を面接で話せるようにしておくのもおすすめです。

面接対策は、職務経歴書を作成する時から始まっています

明確にした強みや事例を職務経歴書の中に散りばめておけば、面接でアピール材料になります。

企業によって違う 求める人物像・面接重視ポイントを把握する

あなたは、給料や待遇を確認するためだけに募集要項や、求人広告を見ていませんか? 募集要項・求人広告をじっくり読み込んでみてください。それ以外にも求める人物像や面接で重視しているポイントなどが書かれています。

たとえば、経験○年以上、○○資格保有者などの条件が明記されていれば、企業は経験豊富な即戦力を求めています。面接で該当する条件に合致する、または近いことをアピールすることで内定率が大幅にアップします。

専門スキル・経験・マネジメント力など、応募先企業によって求める人物像は違います。求める人物像がわかれば、面接で自分の引出しの中から企業のニーズに合っている部分を強調すれば良いのです。

マニュアル・志望動機の丸暗記ではない!必要なのは好意・聞く・自分の言葉

面接では、短時間で好印象を与えられるかが合否を分けます。そのためには、マニュアルや志望動機の丸暗記よりも重要なポイントがあります。

好意

面接官は、貴重な時間を割いてくれています。そのことに感謝し、好感を持つと、その気持ちは面接官にも伝わります。まずは笑顔を心掛けてください。好意的に受け入れてもらえ、面接が終始和やかな雰囲気で進むでしょう。

聞く

相手の話はきちんと最後まで聞き、質問に合った答えをしましょう。アピールしたいことを一方的に話したり、質問と違う回答をするのはマイナスです。

自分の言葉

マニュアル本や志望動機の丸暗記では、あなたの魅力や個性が伝わりません。面接官は、人物像や本音を知りたいのです。

面接官の心を動かすためには、下手でも「会話」しようと努力するのがコツです。相手の反応を見ながら、自分の言葉で話しましょう。

スキルや経歴については、応募書類に目を通せばわかります。
面接官は、それよりも入社後のキャリアプランや、仕事に対する姿勢など、あなた自身を伝える言葉が欲しいのです。

面接でそれらがわかるエピソードが話せると、より説得力・魅力が増します。

見落としがちな面接の基本を改めてチェック

せっかく企業情報収集し、面接対策にも時間をかけたのに、面接では不採用の連絡が。「緊張して、うまくしゃべれなかったせいでは…」と落ち込む人は多いです。

面接について振り返るとき、内容だけでなく以下にあげる「面接の基本」が守れていたかを今一度チェックしましょう。

意外と見落としがち!面接の基本チェックリスト

1.遅刻・早過ぎ
遅刻は、もちろんNGです。公共交通機関などの遅延によりやむを得ず少々遅れる場合でも、事前に電話を入れるのがマナーです。

また心配のあまり、時間よりかなり早く着き過ぎる人がいますが、担当者が面接の準備をしながら対応することになるのでNGです。

2.はっきりと話をする
挨拶の声が小さい、目を見て話をしないなどは、就職・転職のやる気を疑われます。明るく元気よく挨拶をして、好印象を与えましょう。

また、退室・帰り際の挨拶も忘れずに。最後まで見られています。

3.身だしなみにも気を付ける
清潔感がない、だらしない人は、一目で不利になります。

おろそかになりがちなのは、足元。靴が汚れていたり、履き方に癖があるとマイナスです。メイク、ピアス、香水なども面接官感覚で要チェック

4.適切な言葉遣いと話し方を
面接の雰囲気が良いからといって、友達と話すような話し方はNGです。立場や状況に合った正しい言葉遣いは基本です。

また、語尾を伸ばす、質問が終わる前に答えるなども、マイナスポイントです。

企業情報収集と面接対策が就業後の満足度もアップさせる!


就活・転職活動を通して知ったこと、努力したこと、壁を乗り越えたことは、将来必ず役に立ちます。

就活・転職成功の鍵は、ポイントを効率良く押さえて、ひとつひとつ実行していくことが大切です。

理想的な求人を見つけたら、企業情報の収集と面接対策を万全にして臨みましょう。

面接対策に関しては以下の記事も参考にしてください。

徹底攻略|就活・転職の個人面接で合格を勝ち取るための30の手順

面接時に聞かれる志望動機:受け答えかたと事前準備の方法