紹介予定派遣で正社員へ転職成功させるステップとおすすめ転職サイト

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

紹介予定派遣とは、派遣労働者が派遣先企業で将来的に直接雇用されることを前提とする派遣形態です。

派遣が正社員になる条件としては一般の派遣よりも可能性が高く、正社員の求人に応募をして転職成功する以外での正社員ルートとしても有力です。

この記事では紹介予定派遣のメリットやデメリットのほか、紹介予定派遣でおすすめの転職エージェントや転職サイトについても紹介していきます。

紹介予定派遣で正社員へ転職成功させるステップとおすすめ転職サイトの要約

3行要約
  • 紹介予定派遣は将来的な直接雇用を前提にした派遣形態である
  • 派遣期間中に仕事や職場の把握ができるメリットがある
  • 紹介予定派遣なら大手転職サービスを利用するのがおすすめ

紹介予定派遣の概要

紹介予定派遣の概要

  • 紹介予定派遣とは
  • 通常の派遣社員との違い
  • 紹介予定派遣で直接雇用になるステップ

紹介予定派遣とは

紹介予定派遣とは、労働者派遣の一形態であり、紹介予定派遣とは、派遣期間終了後、本人と派遣先企業双方合意のもとに直接雇用となる働き方です。

具体的には、派遣労働者が派遣先の企業に将来的に直接雇用されることを前提として、一定期間(最長で6ヶ月まで)の労働者派遣が行われます

実際に派遣先企業で数ヶ月ほど従事するため、派遣労働者と派遣先企業がお互いに仕事への適性や相性を見極められることになり、結果としてミスマッチが少なくなるというメリットがあります。

予定された派遣契約期間の終了後に派遣労働者側と企業側双方で話し合い、両者の間で合意できれば直接雇用契約が締結され、合意に至らなければ単に派遣契約を終了することになります。

なお、派遣先企業での直接雇用のかたちとして、正社員ではなく契約社員での採用となることもあります。

紹介予定派遣がおすすめの人

紹介予定派遣は派遣からスタートして将来的に直接雇用を目指していくという働き方です。

次の条件にいくつも当てはまれば、紹介予定派遣の利用がおすすめです。

紹介予定派遣の利用がおすすめの人

  • 現在は派遣で就業中だが将来は正社員になりたい
  • 入社する前に業務の内容や会社との相性を確認したい
  • 直接正社員として入社する面接にはあまり自信が持てない
  • 若年層で実務経験が乏しい、または未経験である
  • なんとかして志望する業界や企業に入りたい

法的な定義と厚生労働省による解説

労働者派遣法に、紹介予定派遣の用語の意義が定義されてます。

第二条 この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
四 紹介予定派遣 労働者派遣のうち、第五条第一項の許可を受けた者(以下「派遣元事業主」という。)が労働者派遣の役務の提供の開始前又は開始後に、当該労働者派遣に係る派遣労働者及び当該派遣労働者に係る労働者派遣の役務の提供を受ける者(第三章第四節を除き、以下「派遣先」という。)について、職業安定法その他の法律の規定による許可を受けて、又は届出をして、職業紹介を行い、又は行うことを予定してするものをいい、当該職業紹介により、当該派遣労働者が当該派遣先に雇用される旨が、当該労働者派遣の役務の提供の終了前に当該派遣労働者と当該派遣先との間で約されるものを含むものとする。

労働者派遣法(労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律)

紹介予定派遣は2004年の法改正によって、派遣制度として正式に法制化されました。

厚生労働省による紹介予定派遣について解説は以下で確認いただけます。

厚生労働省|紹介予定派遣とは

通常の派遣社員との違い

派遣会社と契約し派遣先企業で働くことは、紹介予定派遣でも通常の派遣(一般派遣、登録型派遣)でも同じですが、紹介予定派遣では将来的に派遣先企業に直接雇用されることを前提としているところが、登録型派遣と大きく異なります。

そのほかにもいくつかの違いがあります。

紹介予定派遣 登録型派遣
派遣雇用契約の相手方 派遣会社 派遣会社
派遣の前提条件 将来的な直接雇用
派遣先による事前面接 許可 禁止
派遣期間 最長で6ヶ月 最長で3年
派遣期間終了時 双方が合意すれば派遣先で直接雇用 単に派遣契約が終了
直接雇用契約の相手方 派遣先企業

派遣先による事前面接等がある

登録型派遣では派遣先による事前面接等は禁止されていますが、紹介予定派遣では可能です(派遣先が派遣労働者を特定することを目的とする行為)。

紹介予定派遣での派遣労働者は将来的に直接雇用される可能性が高いことから、能力や人柄や適性などについて、正社員採用に準じた審査が派遣先企業によって行われることになります(書類審査、筆記試験、面接等)。

派遣期間は最長6ヶ月

派遣期間は、登録型派遣では3年が限度ですが、紹介予定派遣では6ヶ月までとなっています(3ヶ月から6ヶ月が一般的)。

これは、互いの相性や直接雇用契約に対する意思の見極めに3年もの長い期間をかける必要がないことが理由と考えられます。

紹介予定派遣で直接雇用になるステップ

紹介予定派遣を利用して派遣先企業に直接雇用されるには、以下のようなステップを経ることになります。

紹介予定派遣で直接雇用になるステップ

  • 紹介予定派遣の取扱いがある派遣会社に登録する
  • 派遣会社の担当者に紹介予定派遣の利用希望を伝える
  • 紹介された中から紹介予定派遣先の候補を選ぶ
  • 派遣先企業で事前面接等を受ける
  • 合格すれば派遣先企業で実際に就業する(最長6ヶ月)
  • 双方が合意すれば派遣先企業で直接雇用となる

取扱い資格のある派遣会社に登録する

紹介予定派遣では職業紹介を行うことになるため、厚生労働大臣による職業紹介事業の許可または届出が必要になります。

この許可または届出が済んでおり、紹介予定派遣を扱っている派遣会社に登録することが大前提です。

事前面接や就業期間で直接雇用の可否が決まる

紹介予定派遣に申込みさえすれば、誰でも直接雇用にまで到達できるわけではありません。

まず派遣前に事前面接等(書類審査や筆記試験を含む)により、紹介予定派遣労働者として受け入れるか審査が行われます。

紹介予定派遣での派遣が決まったとしてもまだゴールではなく、派遣就業期間中には職務能力や勤務態度なども評価されることになります。

紹介予定派遣の約半分が直接雇用に

厚生労働省が紹介予定派遣などについて調査したデータを見てみましょう。

表10 紹介予定派遣の状況

平成28年度 平成29年度
紹介予定派遣実施事業所数 2,845箇所 2,488箇所
紹介予定派遣に係る労働者派遣契約の派遣先からの申込人数 205,060人 149,818人
紹介予定派遣により労働者派遣された労働者数 45,560人 38,239人
紹介予定派遣において職業紹介を実施した労働者数 34,505人 27,892人
紹介予定派遣で職業紹介を経て直接雇用に結びついた労働者数 24,394人 19,008人

厚生労働省|平成29年度 労働者派遣事業報告書の集計結果

このデータによれば、最終的に直接雇用に結びついたのは、紹介予定派遣で派遣された人の約半数前後となっています

  • 平成28年度:45,560人中の24,394人(53.5%
  • 平成29年度:38,239人中の19,008人(49.7%

紹介予定派遣のメリットとデメリット

紹介予定派遣のメリットとデメリット

  • 紹介予定派遣のメリット
  • 紹介予定派遣のデメリット

紹介予定派遣のメリット

紹介予定派遣のメリット

  • 仕事内容を把握できる
  • 職場の雰囲気を経験できる
  • ミスマッチの可能性を減らせる
  • 直接雇用される可能性が高い
  • 必ずしも直接雇用を選ばなくてもよい

仕事内容を把握できる

紹介予定派遣では直接雇用契約の前に、最長6ヶ月にわたって実際に現場で就業することになります。

この間に与えられた職務に関するひととおりの基本スキルを身につけられるはずですし、実務経験を通じて次のような項目を把握することができます。

  • 仕事の内容
  • 仕事の進め方
  • 責任範囲
  • 必要なスキル
  • 難易度
  • 所要時間
  • 協同する関係者

職場の雰囲気を経験できる

派遣先企業の職場を体験できるのも大きなメリットです。

派遣期間が数ヶ月もあるので、これらの項目の確認や習熟には十分でしょう。

  • 派遣先企業の社風
  • 部署や職場の雰囲気
  • 上司や同僚の顔ぶれ、性格など
  • 職場のルールや慣習
  • 時間割
  • 通勤手段
  • 職場内環境
  • 職場周辺環境

ミスマッチの可能性を減らせる

紹介予定派遣が終了して直接雇用された場合、その後長期にわたってその企業での仕事をすることになります。。

そのため、本当にその仕事に対する適性が自分にあるのかどうかや、その企業が自分に合っているのかどうかを見極めて判断しなければなりません

その点で紹介予定派遣の派遣期間は判断のための貴重な猶予期間ともいえます。

履歴書と数回の面接だけでなく、数ヶ月に渡って実際に派遣先企業で就業することで、ミスマッチの可能性を減らすことができます

派遣会社が条件の調整や交渉などを行ってくれる

紹介予定派遣の期間中は、派遣会社が派遣先企業との条件の調整や交渉を行ってくれます。

面と向かって聞きづらかったり、自分では時間がなかったり、内容が専門的で難しかったりするとき、派遣会社の営業担当者などが派遣先企業との間に入ってくれるのです。

派遣中のことについてだけでなく、たとえば直接雇用の条件を再確認したり、直接雇用に関する要望を伝えたりなども相談できます。

直接雇用される可能性が高い

一般の登録型派遣でも派遣先企業に直接雇用される可能性が全くなくはないのですが、可能性は高いとはいえません。

それに対し、紹介予定派遣ではそもそも直接雇用を前提としており、結果的にもほぼ半数が直接雇用に結びついています。

また、紹介予定派遣の派遣先には、大手企業や人気企業の求人案件が含まれていることもあります。

直接応募して選考を受けて正社員になるルートのほかに、紹介予定派遣を経由するルートで直接雇用の正社員になることが可能なのです。

さらに、未経験でもポテンシャルがあれば数ヶ月間の派遣期間中に経験を通じて成長してもらえるという考え方から、未経験からでも挑戦できる派遣先企業もあります。

紹介予定派遣によって、直接雇用のチャンスが大きく広がったといえます。

必ずしも直接雇用を選ばなくてもよい

紹介予定派遣を利用したからといって、その後に派遣先企業との直接雇用を義務付けられるわけではありません。

直接雇用してもよいと派遣先企業から判断してもらったとしても、必ずしも申し出を受ける必要はなく、断ることも可能なのです。

  • 実際に就業してみて希望と異なる部分があった
  • 仕事が難しすぎたり量的に多すぎたりした
  • 職場や人間関係に馴染めなかった
  • 直接雇用の条件に不満な点があった

このようなケースで無理に直接雇用になったとしてもお互いにあまりメリットがありませんので、NOという選択肢があるのも紹介予定派遣のメリットといえます。

直接雇用を断っても、単に派遣契約が終わったのと変わらないので、職歴に退職歴がつくことはありません。

紹介予定派遣のデメリット

紹介予定派遣のデメリット

  • 紹介予定派遣の求人は少なめ
  • 事前面接で不合格になることがある
  • 直接雇用されないことがある
  • 正社員ではなく契約社員のことがある
  • 直接雇用になると給与が減ることがある
  • 派遣特有の自由がほぼなくなる

紹介予定派遣の求人は少なめ

派遣の求人案件は、大手であれば全体で数万件はあることが普通で、地域や職種などの選択肢が豊富に揃っています。

しかし紹介予定派遣になりますと、派遣求人案件全体の1/10、数千件ほどしかなくなってしまいます

求人の選択肢が狭まるため、なかなか希望する条件に近いものに出会えなくなるおそれがあります。

1つだけでなく、複数の派遣会社に登録しておく必要があるでしょう。

事前面接で不採用になることがある

なんとか希望する案件が見つかっても、実際に紹介予定派遣での就業には、まだ壁があります。

派遣先となる企業で行われる事前面接等の審査に通過しなければなりません。

企業によっても異なりますが、将来的に直接雇用となる可能性が高いため、正社員の採用並みに厳しく適性などをチェックされることになります。

直接雇用されないことがある

紹介予定派遣が終わった時点で、派遣先企業に派遣労働者を直接雇用する義務があるわけではありません。

職務能力が不足している、勤務態度が悪い、周囲と馴染めていないなどの場合は、直接雇用に合意されない可能性があります。

派遣期間中は、日々の業務も緊張感をもって行う必要があります。

正社員ではなく契約社員のことがある

直接雇用というのは間接雇用(派遣労働)に対するものであり、労働者との雇用関係の相対性を表現したものに過ぎません。

直接雇用の中には、期間の定めのないもの(無期雇用)と、期間の定めのあるもの(有期雇用)があります。

つまり、直接雇用といっても正社員ではなく、契約社員のことがあることを意識しておきましょう。

一般的に契約社員の待遇は、派遣社員と比べれば勝っている部分が多いですが、正社員と比べれば劣っている部分があるのは否めません。

紹介予定派遣への応募の際や直接雇用契約を結ぶ際には、派遣先企業の直接雇用が正社員なのか契約社員なのかについて充分注意しておく必要があります。

直接雇用になると給与が減ることがある

派遣社員などの間接雇用では時給制のほうが多いですが、直接雇用では月給制のほうが多くなります。

月給制に変わった結果、派遣先企業がみなし残業制を採用しているような場合、時給制のときよりも給与額が下がる可能性があります。

このあたりの労働条件に関しても、事前にしっかり確認しておく必要があります。

また、雇用される企業の就業規則にもよりますが、有給休暇が取得可能になるのは、直接雇用になってから半年以降になる場合があることにも注意が必要です。

派遣特有の自由がほぼなくなる

派遣で働く場合は、自分の希望やライフスタイルに合わせて、いつどの派遣先で働くかをある程度自分の意思で決められる自由があります。

しかし直接雇用になると、なかなか自分の意思が通ることは少なくなります。

ライフスタイルが変化しても簡単に辞めづらかったり、さまざまな業種の企業の職種を経験する機会が失われたりします。

直接雇用の安定を得た分、派遣特有の自由を失うことは覚悟しなければなりません。

紹介予定派遣を探す際に活用すべき転職サービス

紹介予定派遣を探す際に活用すべき転職サービス

  • 大手転職サービスがおすすめ
  • 複数の転職サイトに登録しておく

大手転職サービスがおすすめ

紹介予定派遣を扱っている派遣会社は全体の一部で、紹介予定派遣の案件数もあまり多くはありません。

紹介予定派遣の案件を探すなら、それでも比較的多くの案件を扱っている大手の転職サービスがおすすめになります。

多くの案件を扱っていることから、紹介予定派遣の手続きなどに慣れており、マッチングの精度が高いことなども期待できます。

紹介予定派遣を扱っている主な大手転職サービスについて、50音順でまとめました。

紹介予定派遣の説明 求人検索 紹介予定派遣の求人案件数
(2020年2月末時点)
アデコ 紹介予定派遣 お仕事検索 1,476件
スタッフサービス 紹介予定派遣について 紹介予定派遣の求人一覧 6,553件
テンプスタッフ テンプスタッフの紹介予定派遣 求人検索ジョブチェキ 3,574件
パソナ 紹介予定派遣で正社員を目指す 仕事検索 1,218件
マンパワー 紹介予定派遣 ~正社員を目指す~ お仕事詳細検索 2,349件
リクルートスタッフィング 紹介予定派遣で働く お仕事検索 1,112件

複数の転職サイトに登録しておく

これらの転職サービスはそれぞれ得意な地域や業種や職種が異なりますので、順位をつけてどこが1位か2位かなどとしていくのは難しいです。

また、サービスを利用する人によって、どこを利用するのがベストなのかは変わってきます。

そこで、転職サービスには1つだけでなく、3つほど登録しておくことをおすすめします

求人のカバー範囲を広げておけば、選択肢が増え、良い派遣先を見逃さないことにもつながるからです。

登録だけなら基本的に無料ですし、それほど時間もかかりません。

登録した後は、時間のあるときに紹介予定派遣の求人を探したりして、積極的に活用していきましょう。

紹介予定派遣を経由して正社員をめざそう

紹介予定派遣やおすすめ転職サービスについて紹介してきました。

以下がこの記事のまとめです。

まとめ

  • 紹介予定派遣は将来的な直接雇用を前提にした派遣形態である
  • 派遣期間中に仕事や職場の把握などができるメリットがある
  • 必ず直接雇用(正社員)になれるとはかぎらないのがデメリット
  • 複数の大手転職サービスに登録するのがおすすめ

紹介予定派遣は将来的に直接雇用の正社員になるための有力な方法です

派遣先企業にとってもメリットがあるので、紹介予定派遣の利用は今後も広がっていく可能性があります。

紹介予定派遣のしくみやメリット・デメリットを把握した上で、選択肢のひとつに加えるとよいでしょう。

派遣社員から正社員への転職については以下の記事でも解説していますので、参考にしてください。

派遣社員から正社員へ 待遇・給与・将来のメリットとデメリット