社会貢献度の高い国家資格「社会福祉士」の仕事内容を解説

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

超高齢化社会に直面している日本では、介護や医療の仕事への需要が増加しています。その中でも社会貢献度の高い職業として注目を集めているのが国家資格でもある「社会福祉士」。でも社会福祉士って具体的にどのような仕事をしているのかイメージを描きにくいですよね。

実は社会福祉士は様々な職場で働くことが可能な職業なのです。この記事では社会福祉士の仕事や職場について詳しく解説しています。

社会福祉士とは?

まずは社会福祉士がどのような仕事をしているのかを紹介します。

福祉に関して様々な相談を受ける仕事

社会福祉士は、障害や病気などの理由により日常生活に困難が生じている人の相談に乗り、困難の軽減や解決を図るのが主な仕事です。社会福祉士が受ける相談内容は「高齢者福祉」「障害者福祉」「児童福祉」「生活保護」など多岐にわたり、福祉分野全般を扱っています。

相談者の日常生活の様々な悩みを聞き適切な解決策を提示する必要があるため、保険や補助金などの制度的な知識や入居施設などの地域的なサービスの情報などをしっかりと持っておかねばなりません。

社会福祉士は資格所持者のみ名乗ること可能な「名称独占資格」

社会福祉士の資格を得るためには国家試験に合格する必要があります。そして、相談業務自体は社会福祉士の資格を取得していなくても行うことはできるのですが、資格を取得していないと社会福祉士と名乗ることはできません。このような資格を「名称独占資格」といいます。

社会福祉士とよく混同される言葉に「ソーシャルワーカー」がありますが、一般的には社会福祉士の有資格者のことをソーシャルワーカーと呼ぶことが多いです。社会福祉士は働く職場によっては、ケースワーカーや生活相談員、児童相談員と呼ばれることもあります。

社会福祉士の活躍の場

社会福祉士の大きな特徴は働き先が多くあることです。福祉全般という幅広い業務を担当するため、様々な職場で活躍することが可能なのです。この章では、具体的にどのような職場で社会福祉士が活躍可能なのか、ひとつつずつ見ていきましょう。

病院

社会福祉士の活躍の場としてはまずは病院が考えられます。入院患者やその家族の方に対して、お金や退院後の生活面など様々な不安を聞きだし適切なサポートを行います。

ありがちなのは「入院費用が工面できない」という相談者に対して利用できる保険制度を教えてあげたり、「今まで1人で暮らしていたため退院後の生活が不安だ」と訴える相談者に対して派遣介護の職員を紹介するなどのケースが考えられます。

病院で働く社会福祉士は「医療ケースワーカー」と呼ばれることが多いです。

児童福祉施設

児童福祉施設において、保護者や子供が抱える様々な悩みに対しアドバイスを行うのも仕事です。児童福祉施設の例としては「保育所」「認定こども園」「母子生活支援施設」「児童養護施設」「児童更生施設」などが挙げられます。

社会福祉士はこうした場所で、子育ての悩みや虐待や非行といった問題と向き合います。例えば、児童養護施設では諸事情により家族と一緒に生活ができない子どもたちがやってくるのでメンタルのケアなどを行い、保護者と今後の生活をどうするのか話し合います。

老人介護施設

老人ホームなどの介護施設において、利用者の生活に関わる相談に応じたり、家族との連絡調整を行います。また、施設内での出来事だけでなく施設を退去した後の生活をどうするのかといった相談にも乗ります。

例えば、在宅介護への移行を希望する利用者に対し、連絡調整やアドバイスを行います。場合によっては、相談業務だけでなく身体介護も行うこともあるそうです。

日本は世界一の超高齢化社会

超高齢化社会とは、65歳以上の人口が全体の21%を占めている社会のことをいいます。
日本は2015年時点で高齢化率が26.6%に達し世界一の高齢化率となっています。日本だけでなく世界的に高齢化の傾向は高まっていて、同年の2位はスウェーデン19.6%、3位はドイツ21.1といずれも増加傾向にあります。

このように高齢者が徐々に増えていく社会において、社会福祉士はますます欠かせない存在になっていくことが容易に予想されます。
参考:令和元年版高齢社会白書(内閣府)

障害者施設

知的障害者施設や障害者自立支援センターなどで、利用者の相談のサポート、家族との連絡調整、施設の入退去手続といった業務を行います。障害者施設で働く社会福祉士のことを「生活指導員」や「生活相談員」などと呼ぶことがあります。食事や入浴などの生活援助、退所後の生活サポートまで行うこともあります。

地方公共団体

各都道府県や市役所等の地方公共団体の福祉事務所などで働きます。管轄の地域の福祉サービスを全般的に扱うため、児童福祉、高齢者福祉、障害者福祉、生活保護など幅広く携わることになります。地方公共団体で公務員として働くため、不祥事を起こさない限りクビになることがなく安定しているのがメリットです。

公務員は採用年齢の上限があるため、事前に募集要項で自分が受けることができるか確認しておきましょう。ケースワーカーとして生活保護の支給決定に携わるので、住民とのトラブルが発生する確率も高く大変な仕事だといえるでしょう。

地域包括支援センター

各市町村に設置された地域包括支援センターにおいて、高齢者やその家族に対して生活上の様々な悩みの相談に乗ります。

地域包括支援センターは市町村が運営している場合と、市町村が民間業者に委託している場合があります。前者の場合、地域包括支援センターで働く職員は自治体から派遣される公務員ですが、後者の場合は委託先の民間企業の職員が地域包括支援センターで働くことが多いです。

公務員の場合安定した環境が得られますが、民間企業の職員の場合は企業によって待遇が異なってきます。具体的な業務内容としては、利用者のケアプランの作成、関係機関の紹介などがあります。

社会福祉士の労働事情を紹介

ここまでの説明で、社会福祉士の仕事内容や働き先についてご理解頂けたと思います。ここからは「社会福祉士になろうかな」と考えている方向けに、社会福祉士の様々な労働事情を紹介していきます。

未経験でも転職可能?

社会福祉士は未経験からでも転職は可能です。少子高齢化の波を受け、医療業界や介護業界は深刻な人材不足に直面しています。このため、高齢者や病人の相談に乗ることも多い社会福祉士の数も不足しているのです。

また、障害者の社会復帰促進や児童虐待件数の増加など、少子高齢化以外にも社会福祉士を必要とする場面は増えています。実際、未経験可の社会福祉士の求人も見かけるのでぜひ応募してみてください。

社会福祉士の資格取得の難易度はどれくらい?

社会福祉士の資格は簡単に取得できる資格ではありません。ここ数年の合格率は30%を下回っています。

3大福祉国家資格と言われる介護福祉士や精神衛生福祉士と比べても、群を抜いて合格率は低いです。試験で得点をするのが難しいというのもありますが、社会福祉は受験資格を得る条件もなかなか厳しい職種です。

受験資格を得るためには、大学で指定科目の履修(左記に加えて実務経験要)を受けるか養成施設に入る必要があります。上述した通り、相談業務自体は資格を取得していなくともできるため、働きながら資格取得を目指してもいいかもしれません。

社会福祉士の年収は?

社会福祉士は年収が高い職業とはいえません。公務員の場合は別として、平均年収は300万円代だと言われています。

国税庁の調査によると会社員の平均年収が約430万円なので、一般的な会社員と比べ社会福祉士は年収が低い職業だと言えるでしょう。介護職からキャリアアップを目指して社会福祉士の資格を取ったが、年収アップには結びつかなかったというケースもあると聞きます。

社会福祉士として年収アップを目指すのであれば、公務員になるのが鉄板です。また、独立して高年収を達成することも可能です。介護事業の運営者や講演会などで幅広く活動している人の中には1,000万円近くの年収を獲得している人もいるようです。

社会福祉士の需要・将来性は?

これまでも述べてきたように、社会福祉士の需要は増大しているため将来性は非常に高い職業です。高齢化が進展しているのはもちろんのこと、心身ともに問題を抱える人の数は増えています。

近年は、学校で勤務し児童の心身の健康を担う「スクールソーシャルワーカー」や刑務所などの矯正施設においても社会福祉士が求められるようになっています。

このように業務分野も更なる広がりを見せているため、社会福祉士になれば就職先に困ることはないといえるでしょう。ただ、需要が増えているということは、すなわち業務量が多いということでもあります。激務になりがちなので、その点覚悟しておきましょう。

社会福祉士に求められる能力は?

社会福祉士に最も求められるのは「コミュニケーション力」でしょう。困っている方の相談に乗るのがメインの業務ですから、高い傾聴力が求められます。

悩み事を人に打ち明けるだけで満足する人も少なくないため、話を聞くことは重要です。もちろん悩みに対して解決策も提示する必要もあるため、福祉分野における様々な知識を習得しておかねばなりません。

1人で黙々と勉強することも大切ですが、福祉分野の知識や情報は幅広いため、1人で知識を身に付けるのには限界があります。そのため、同僚や行政などの外部機関とも積極的に情報交換を行う必要があるのです。他人から情報を得るためには良好な人間関係を構築しておかねばなりません。

利用者だけでなく職場の内部や外部においてもコミュニケーションを取ることが求められるため、高いコミュニケーション力が必要となります。つまり、向上心やネットワークづくりが上手い人に向いていると言えるでしょう。

社会福祉士のやりがいは?

相談者の日常生活に関する相談に乗るため、必然的に相談者と深くかかわることになります。親身になって相談にのった相手から「ありがとうございます。おかげさまで今問題なく生活することができています」などと感謝の言葉を掛けてもらえた時に、この上ない充実感を得られることでしょう。

社会福祉士は相談者を生活の深いレベルからサポートするやりがいのある仕事です。
社会の役に立ちたい、人の役に立ちたいと思う人にとって魅力的な仕事であるといえるでしょう。

社会福祉士は将来性と「やりがい」があるオススメの職業

社会福祉士の仕事内容や働き先など解説してきました。社会福祉士は一言でいえば福祉全般の様々な相談を受ける仕事です。社会福祉士への需要はこれからも増え続けると見込まれているため、非常に将来性の高い仕事です。相談者と深くかかわることもできるため、大変な一面もありますが、その分やりがいを感じやすい仕事です。

したがって、社会福祉士は非常にお勧めの職業であるといえるでしょう。目指す価値は大いにあるので、キャリアの選択肢に入れみてはいかがでしょうか。