厳選!転職サイトの第2新卒Agent neoで担当者に自分を高く売り込むポイント

厳選!転職サイトの第2新卒Agent neoで担当者に自分を高く売り込むポイント

「第2新卒Agent neoは担当者の使い方が成功のカギ」と言われるケースもあるように、担当者からの評価が転職の結果を左右するといっても過言ではありません。

実際に第2新卒Agent neoの担当者を上手に活用して、転職を成功させた第2新卒は多いです。とはいえ、自分をどのようにアピールすればいいか分からないと不安になる方もいますよね。

そこで今回は第2新卒Agent neoで、担当者に自分を売り込むポイントをご紹介します。「面談前」「面談中」「転職活動中」の3つのシーンにわけてまとめました。

10分程度で読めるうえに、担当者に自分をアピールし転職を成功させるヒントが見つかるはずです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

第2新卒Agent neoで面談前に準備すべき3つのポイント

  • 履歴書と職務経歴書を持参しよう
  • スキルや経歴をまとめておこう
  • アピールポイントを考えておこう

第2新卒Agent neoの面談中に注意すべき5つのポイント

  • 嘘をつかず本音で話そう
  • 転職活動の状況を正確に伝えよう
  • ネガティブな退職理由でも正直に伝えよう
  • ポジティブな内容の相談を心掛けよう
  • スキルや実績を積極的にアピールしよう

第2新卒Agent neoの転職活動中に気をつけるべき3つのポイント

  • 積極的に選考対策を相談しよう
  • 転職活動の状況を定期的に相談しよう
  • 不安や改善してほしい点があれば伝えよう

担当者のモチベーションをあげるのが転職成功のカギ

第2新卒Agent neoで転職を成功させるなら、担当者のモチベーションを上げるのが一番の近道。求人を紹介するのは「担当者」自身だからです。

担当者が「積極的に転職をサポートしたい」と思わなければ、希望の会社を見つけるのは簡単ではありません。反対に担当者をやる気をあげれば、自分にぴったりの非公開求人を紹介してもらえる可能性もあります。

第2新卒Agent neoの担当者は一人で複数人の求職者を担当します。そのため見込みのある人材の対応に、注力してしまうケースも少なくありません。

多くの人を企業に紹介すればするほど、企業自体の売上はあがりますからね。だからこそ自分自身を魅力的にアピールし、担当者をやる気にさせる必要があります。

担当者が考える魅力的な人材は、次のような特徴が挙げられます。

担当者が考える魅力的な人材

  • 高いスキルを持っている
  • アピールポイントがはっきりしている
  • 相性の良い企業が複数ある
  • 意欲的に転職活動にのぞんでいる
  • コミュニケーションがとりやすい

担当者にとって優秀な人材と思わせるためには「紹介しやすい」と思わせることが大切。高いスキルを持ちアピールポイントがはっきりしていれば、マッチする企業を探すのも難しくありません。

コミュニケーションが取りやすく転職活動に意欲的な人であれば、転職をサポートしたいといった気持ちも沸くはずです。

第2新卒Agent neoで転職を成功させたいなら、担当者に上手にアピールし魅力的な人材と思われる努力をしましょう。

第2新卒Agent neoで面談前に準備すべき3つのポイント

第2新卒Agent neoでは最初に担当者と面談を行います。しっかりと求職者をヒアリングしたうえで、マッチした求人を紹介するためです。

一方で登録者の第一印象が決まる場と言っても過言ではありません。「面談前の準備が万全にされているか」は担当者のモチベーションを大きく左右します。

第2新卒Agent neoを利用する前に、面談前に準備すべきポイントをしっかりと把握しておきましょう。

気をつけるべき内容は、次の3つです。

第2新卒Agent neoで面談前に準備すべき3つのポイント

  • 履歴書と職務経歴書を持参しよう
  • スキルや経歴をまとめておこう
  • アピールポイントを考えておこう

それぞれのポイントを簡潔にご説明します。参考にしながら第2新卒Agent neoの面談に臨むと良いですよ。

履歴書と職務経歴書を持参しよう

第2新卒Agent neoの面談に参加する際は、履歴書と職務経歴書は合わせて持っていくのをおすすめします。ヒアリング中に、自分とマッチした求人を紹介してもらうためです。

履歴書と職務経歴書は担当者が求人を探す際に、大きな手がかりとなります。「どのような経験を積んだ人なのか」が一目で分かりますからね。

履歴書や職務経歴書を持っていない場合、ゼロから求職者に質問をしなければなりません。複数の転職希望者を担当して忙しいにも関わらず、余計な時間をとられてしまいます。

担当者のモチベーションも下がってしまいますよね。担当者のやる気をあげるためにも、事前に履歴書と職務経歴書は内容を充実させて用意しておきましょう。

より担当者に自分を売り込みたい場合は、面談前に書類を郵送するのも1つの手です。あらかじめ自分に合った求人を用意してもらえる可能性があります。

担当者も仕事のスケジュールが組みやすく、求職者の印象が良くなることでしょう。

スキルや経歴をまとめておこう

スキルや経歴や事前にまとめておくのが大切です。面談の際に考えながら話してしまうと、担当者の時間を奪ってしまいかねません。

サポート時間が長いことで人気の第2新卒Agent neoであっても、1回の面談に数時間つかうのは難しいです。担当者も1日で何十人もの求職者と面談する必要がありますからね。

短い時間で効率的に相談ができるように、スキルや経験はまとめておきましょう。

履歴書や職務経歴書に記載するのはもちろん、スムーズに話せるように頭の中でも考えを用意しておくと安心です。

自分が持っている能力や体験してきた経験をスムーズに伝えられれば、担当者もより求職者について知れますからね。

ヒアリング内容が充実しているほど、マッチした求人を紹介してもらえる可能性がアップします。

アピールポイントを考えておこう

あらかじめアピールポイントは考えておきましょう。自分の魅力をわかりやすく伝えられれば、担当者自身も求職者に興味が湧いてきます。

強い関心をもってもらえれば、おのずと転職サポートへのモチベーションがあがるはずです。第2新卒Agent neoで面談を行う際は、面接を受ける気持ちでのぞむと安心ですよ。

想定外の質問をされて言葉に詰まってしまう心配が減りますからね。

アピールポイントがはっきりしていれば、求職者に合った求人も探しやすくなります。企業の求めている人材と、求職者のもつ強みを照らし合わせられるからです。

求職者のアピールポイントが「実務経験」であるならば、即戦力を求めている企業にマッチします。強みが明確であればあるほど、自分に合った求人を見つけてもらえますよ。

転職活動も早く終えられる可能性もあるので、あらかじめ自分の強みや得意なことは考えておくと良いでしょう。次の項目では、第2新卒Agent neoの面談中の注意点について説明します。

第2新卒Agent neoの面談中に注意すべき5つのポイント

第2新卒Agent neoの面談中は、担当者に自分を売り込む最大のチャンスといっても過言ではりません。面談の内容をふまえて、求人を紹介してもらえるからです。

魅力的な人材だと感じられれば、担当者のやる気もあがりマッチした求人に出会える可能性が高くなります。反対に面談中の印象が悪ければ、担当者のモチベーションが下がってしまう恐れもゼロではありません。

しっかりと注意点を把握したうえでのぞみましょう。

具体的に注意すべきポイントは次の5つ。

第2新卒Agent neoの面談中に注意すべき5つのポイント

  • 嘘をつかず本音で話そう
  • 転職活動の状況を正確に伝えよう
  • ネガティブな退職理由でも正直に伝えよう
  • ポジティブな内容の相談を心掛けよう
  • スキルや実績を積極的にアピールしよう

それぞれ簡潔に説明しますね。

嘘をつかず本音で話そう

面談中は本音で話すように心がけましょう。嘘をついてしまうと、マッチした求人を紹介してもらえない恐れがあるからです。担当者は求職者を信じて企業を探します。

誤った内容を伝えてしまうと希望とちがう求人を紹介されるかもしれません。特別な能力がないからといって、持ってもいないスキルを伝えてしまうと選考時点でトラブルにつながります。

誤った経歴を企業に伝えてしまえば、担当者自身も嘘をつくはめになるのです。企業間の信頼関係を壊してしまう可能性もゼロではありません。

事前の登録内容と面談時に話した内容がちがっていれば、嘘はすぐに分かります。転職を成功させたいなら、担当者を信じて本音で話すのがコツですよ。

転職活動の状況を正確に伝えよう

転職活動の状況は正しく伝えるのが重要です。他社の選考状況を把握できれば、よりマッチした求人を紹介してもらえる可能性があります。

志望している企業の特徴をおさえて、似た条件で募集している会社を見つけてもらえるかもしれません。場合によっては、選考中の企業より魅力的な求人を紹介される可能性もあります。

別の転職エージェントを利用している場合も、正直に伝えるのをおすすめします。転職に意欲的であるとアピールできるからです。やる気が伝われば、担当者のモチベーションのアップが期待できます。

他の第2新卒向け転職エージェントを利用して転職しまうリスクもゼロではありませんからね。

より魅力的な求人を紹介してもらうために、転職活動の状況は正しく報告しましょう。担当者と二人三脚で選考に臨むのが成功の秘訣ですよ。

ネガティブな退職理由でも正直に伝えよう

ネガティブな退職理由でも正直に伝えるのをおすすめします。本当の理由を話した方が、担当者も求職者に寄り添った提案ができるからです。

労働時間が長く1ヵ月で辞めてしまった人であれば、残業時間の少ない企業を紹介してもらえるかもしれません。仮に正しい退職理由を言わずあいまいな返答をしてしまうと、勤務時間の長い企業を紹介される可能性もゼロではないです。

正しい退職理由を伝えると「企業選びの軸」が定まり、マッチした求人の紹介が期待できます。第2新卒Agent neoはキャリアアドバイザーが、実際に足を運んだ企業のみを提案してもらえるので、紹介される求人の信頼度は高いですよ。

転職して同じ苦労をしないためにも、転職理由を正直に伝えるのが良いでしょう。

ポジティブな内容の相談を心掛けよう

第2新卒Agent neoの面談では、ポジティブな相談を心掛けましょう。ネガティブな内容の話ばかりすると、担当者も疲れてしまう可能性があります。

前職での苦労話や愚痴を聞き続けて、気分が良い人はいませんよね。担当者のモチベーションが下がる要因となりかねません。ですので、担当者に相談する際は前向きな質問をするのがおすすめです。

今後の転職活動の方針や、企業選びに関する悩みはていねいに対応してもらえるはずです。第2新卒Agent neoは日本マーケティング機構の調査で「就職転職相談しやすさNo1」を獲得するほど、スタッフの質は魅力ですからね。

不安点があれば積極的に相談すると良いでしょう。ポジティブな内容の相談が多い求職者は、転職の意思が強いとみなされます。優先的に対応し、魅力的な非公開求人を紹介してもらえる場合もありますよ。

スキルや実績を積極的にアピールしよう

事前に準備した、スキルや実績をアピールしましょう。伝えるときのポイントは「具体的に」伝えること。持っているスキルも、根拠に基づいて説明すると説得力が増します。

数字を用いて伝えると、よりイメージがつきやすくなるのでおすすめです。「営業を頑張りました」と伝えるよりも「入社2年で営業成績が部署で1番になりました」と伝える方が、魅力的に感じますよね。

優秀な求職者だと伝えられれば、担当者からの評価もあがり積極的に対応してもらえる可能性があります。

スキルや実績が魅力的な人材は、担当者も企業に紹介しやすくなります。担当者が紹介先の企業に推薦文を作成するときも、スムーズに書けるはずです。

結果的に希望の会社に転職できる可能性もあがるので、スキルや実績は積極的にアピールするのが良いでしょう。次の項目では、第2新卒Agent neoの転職活動中に気をつけるべきポイントをご紹介します。

第2新卒Agent neoの転職活動中に気をつけるべき3つのポイント

第2新卒Agent neoは面談が終わると、求人を紹介され選考のステップにうつります。選考中の行動も担当者に自分を売り込むチャンスです。次の3つを心がけてのぞみましょう。

第2新卒Agent neoの転職活動中に気をつけるべき3つのポイント

  • 積極的に選考対策を相談しよう
  • 転職活動の状況を定期的に相談しよう
  • 不安や改善してほしい点があれば伝えよう

それぞれポイントをおさえてご説明しますね。

積極的に選考対策を相談しよう

担当者には積極的に選考対策を相談しましょう。第2新卒Agent neoのエージェントは一人ひとりに合わせて、徹底的にサポートしてくれます。具体的に受けられるサービスは次のとおり。

第2新卒Agent neoで受けられるサービス

  • 自己PRの添削
  • 志望動機の添削
  • 模擬面接

第2新卒Agent neoでは自己PRや志望動機を添削してもらえます。数百人の第2新卒を対応してきたキャリアドバイザーが、フィードバックをするのです。採用担当者の目線に立って、さまざまなアドバイスがもらえますよ。

模擬面接をしてもらえるのも、第2新卒Agent neoの特徴の1つ。担当者が面接官となり実践的なシミュレーションを体験できます。当日の選考に不安を感じている人には、ぴったりですね。

第2新卒Agent neoは1名あたりのサポート時間が平均8時間と、他社に比べて圧倒的に長いです。手厚いサポートを思う存分活用するのが、転職を成功させるカギといえます。

積極的に選考対策の相談をする求職者は、担当者からの評価のアップが期待できます。転職活動に意欲的な様子が伝わるからです。自分を売り込むためにも、担当者をたくさん頼りましょう。

転職活動の状況を定期的に報告しよう

転職活動の状況は、定期的に報告するのをおすすめします。現状をふまえて、的確なアドバイスをもらえる可能性があるからです。

面接で何度も落ちてしまっているのであれば、面接の練習をしてフィードバックがもらえるかもしれません。選考を受けた企業がマッチしていなかった場合、より自分に合った求人を紹介してもられるケースもあります。

転職活動の進捗を細かく報告すればするほど、担当者も求職者を具体的に知れますからね。転職の意思の強さも伝わり、積極的にサポートしてもらえるかもしれません。

第2新卒Agent neoの担当者に自分をアピールするためにも、有効的な手段の1つです。

不満や改善してほしい点があれば伝えよう

担当者に不満や改善してほしい点があれば、遠慮せずに相談しましょう。より自分に合ったサポートを受けられる可能性があります。

紹介してもらう求人が自分にマッチしていないと伝えたら、自分の希望を改めてヒアリングしてもらえるかもしれません。担当者の連絡の頻度が多い場合は、減らしてもらえる場合もあります。

担当者も指摘されなければ、求職者が抱える悩みに気づけないケースも多いです。良好な関係を築くためにも、不満があれば随時伝えましょう。担当者の信頼関係を気づくのが転職を成功させるポイントですよ。

担当者は最強のパートナー!積極的に自分を売り込もう

第2新卒Agent neoの担当者は、転職活動をすすめるうえで心強いパートナーです。希望や転職活動の状況を把握し、マッチした求人を紹介してもらえる可能性があります。

1名あたりのサポート時間も平均8時間と、対応は手厚いです。とはいえ、自分を売り込まなければ転職に苦労するケースも少なくありません。

担当者も転職に意欲的な魅力のある人材に対し、積極的にサポートするからです。転職を成功させたいなら、自分自身を上手にアピールしましょう。

最後にこの記事のまとめを記載しますね。

第2新卒Agent neoで担当者に自分を高く売り込むポイントまとめ

  • スキルや経歴を履歴書と職務経歴書にまとめて、面談に持っていく
  • 自分のアピールポイントを事前に考えて、スキルや実績と一緒に伝える
  • 退職理由や転職活動の状況は嘘をつかず本音で話す
  • 選考対策は積極的に相談し、担当者を活用する
  • 担当者に不満や改善してほしい点があれば伝える

ぜひ今回ご紹介した内容を参考に、第2新卒Agent neoを利用してみてください。担当者からの評価もあがり、質の良い求人を紹介してもらえるはずですよ。