第二新卒の時期はいつまで?意味や定義、転職成功のポイントを解説

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

第二新卒枠なら転職しやすいと聞いたことはありませんか?

第二新卒は社会人のマナーなど基礎的なスキルを持ち、年齢も若いため、多くの企業から求められています。

しかし、自分は第二新卒として選考してもらえるのか、そもそも第二新卒はいつまでなのか等、さまざまな疑問が湧いてくるでしょう。

本記事では、第二新卒の意味や定義、転職を成功に導く秘訣などをご紹介します。第二新卒で転職を目指す人にとっては有意義な内容なので、ぜひご一読ください。

3行要約
  • 第二新卒の意味や定義
  • 企業が第二新卒を積極的に受け入れる理由
  • 第二新卒におすすめの転職エージェント

第二新卒とはいつまで?既卒との違いも解説

第二新卒はいつまでか解説
まず、第二新卒はいつまでなのか意味や定義を紹介します。

また、混同しやすい言葉に「既卒」があります。既卒と第二新卒には明確な違いがあるので、その違いに関しても解説します。

第二新卒はいつまで?

  • 第二新卒とは|意味・定義について
  • 第二新卒と既卒の違いについて
  • 20代のフリーターやニートは第二新卒に含まれる?

第二新卒とは|意味・定義について

第二新卒とは、新卒で入社後1~3年以内に離職し、再就職を目指して転職活動を行っている若者を指す言葉です。

年齢でいうと、23~25歳までと言えるでしょう。ただ、第二新卒は明確に定義づけられた言葉ではありません。

社会人経験が3年を越えたり、年齢が25歳を超えていても、企業によっては第二新卒で受け入れてくれるケースもあります。

社会人経験はあるにも関わらず、新卒と年齢が変わらないため、第二新卒と呼ばれています。

第二新卒と既卒の違いについて

第二新卒と既卒の違いは、社会人経験の有無です。

第二新卒は短期間とはいえども社会人経験が求められますが、既卒は学校を卒業した後、正社員としての職歴が無い求職者を指します。

例えば、就職浪人してフリーターで働いている人は、第二新卒ではなく既卒に該当します。

また、新卒で正社員に入社したとしても職歴が1年に満たない場合、第二新卒とは認めない企業もあるので、ご注意ください。

既卒だとしても卒業後数年以内であれば、新卒の枠内で採用活動を行う企業もあります。

20代のフリーターやニートは第二新卒に含まれる?

20代のフリーターやニートが第二新卒に含まれるかという点についても、正社員として働いた経験の有無が判断基準になります。

現在はフリーターやニートでも、過去に一度でも正社員として働いた経験があれば、第二新卒として受け入れてくれる可能性も高いです。

社会人経験がある分、既卒より第二新卒の方が採用される可能性が高まるので、基準を満たすと思われるなら、第二新卒枠を狙いましょう。

20代の第二新卒を企業が積極採用する理由と背景

第二新卒はいつまでか解説
第二新卒を積極的に採用する企業は増えています。

有名な例だと、2016年、広告大手「博報堂」が第二新卒の採用をこれまでの2倍に増やすと発表しました。

また、マイナビが行った調査では、第二新卒の採用見通しについて「積極的」と答えた企業の割合は62.2%と過半数を超えています。

なぜ、企業は第二新卒を求めているのでしょうか?

第二新卒を企業が積極的に採用する理由と背景

  • 20代若手人材の早期退職や転職が増えている
  • 少子高齢化の影響による新卒社員の採用難
  • 新卒同様の若手人材を採用できることが企業のメリット

20代若手人材の早期退職や転職が増えている

厚生労働省の「新規学卒就職者の離職状況(平成28年3月卒業者の状況)」によると、大学卒業後3年以内の離職者の割合は、32.2%でした。(事業所規模100~499人)

つまり、せっかく新卒で採用したのに、10人中3人は離職してしまう状況です。

辞めた若手社員の補填のため、第二新卒を採用する企業が増えているわけです。

第二新卒は基本的なビジネスマナーが備わっているため、新卒研修の必要がなく、コスト削減・即戦力の育成の観点から優れています。

少子高齢化の影響による新卒社員の採用難

少子高齢化の影響でこれまでと同等数の新卒社員の採用が難しくなっています。

つまり、人手不足の解消を目的として、第二新卒を採用するのです。

第二新卒は前職での挫折や失敗経験を経て、より自己分析が正確にできている人が多いです。

自分の適性を踏まえて転職先を選定するケースが多く、入社後のギャップがそこまで生じないだろうと期待されます。

新卒同様の若手人材を採用できることが企業のメリット

第二新卒は20代前半が多く、年齢的には新卒とほぼ変わりません。

しかも、社会人経験が短いことから前職の会社にそこまで染まっておらず、新しい環境にも馴染みやすいと考えられます。

新卒の代わりに第二新卒を採用するのは、企業側にとってほぼデメリットはないといえるでしょう。

第二新卒として転職する20代社会人に多い転職理由

第二新卒はいつまでか解説
日本的雇用慣行の一つである終身雇用が崩壊に向かい、躊躇なく転職活動を行う20代が増えてきました。

彼らは今の会社のどこに不満を感じ、転職を決意するのでしょうか?

転職理由として多いものをまとめたので、ぜひ参考にしてください。

第二新卒の代表的な転職理由

  • 給料・年収が低く待遇に不満を感じている
  • 残業や休日出社が多くプライベートが少ない
  • 仕事内容や企業文化に馴染めない
  • 職場での人間関係に悩みを抱いている

給料・年収が低く待遇に不満を感じている

ボーナスがでなかったり、生活が成り立たないほどの低給与だったりと、お金の不満から転職を志すケースが多いです。

労働を生活費を稼ぐための手段として捉える若者は少なくありません。

お金のために働く人にとって、一生懸命働いているのに対価に見合わない金額の報酬しか受けられないと、意欲が大きく下がります。

なかには評価制度が不透明で、成果を挙げ会社に貢献しているのに全く給料が上がらない企業もあります。

残業や休日出社が多くプライベートが少ない

業務量が多すぎて時間内に終わらず、残業や休日出勤が慢性的な体質の会社に嫌気がさし、転職を志すケースも少なくありません。

社会人なら、休日に出かけたり趣味を楽しんだりして、仕事の疲れをリフレッシュする人がほとんどです。

プライベートな時間が取れなくては、何のために働くのか分からなくなります。

また、労働時間が多すぎるとうつ病などの精神疾患を発症する危険もあります。

体調不良が生じているなら、一刻も早く、休職や転職など対策を講じなくてはいけません。

仕事内容や企業文化に馴染めない

仕事内容や企業文化になじめないのも、代表的な転職理由のひとつ。

人には向き不向きがあります。

向いてない環境だと、思うように力を発揮できず、仕事が嫌になるのは自然な感情です。

例えば、コミュニケーションが苦手なのに営業職に就いてしまうと、ミスマッチが生じやすいです。

また、周りと協力して仕事したいのに個人プレーが求められる会社に入社してしまったなど、社風が合わないパターンもあります。

職場での人間関係に悩みを抱いている

上司や同僚など職場での人間関係に悩みを抱き、転職するパターンは非常に多いです。

自分の失敗を部下に押し付ける上司がいたり、周りは大変なのに自分の仕事が終わるとさっさと帰ってしまう同僚に怒りを感じるのは致し方ありません。

元々コミュニケーションが苦手なタイプで、社内で孤立してしまうケースなどもあるでしょう。

人間関係の問題は状況が悪化すると、いじめやパワハラなど大事に発展する可能性もあります。

人間関係による転職は「逃げ」だと囚われがちですが、環境が変われば改善することも多いので、転職は悪い選択ではありません。

第二新卒の転職を失敗しないための注意点3つ

第二新卒はいつまでか解説
第二新卒の転職では、再度短期で離職してしまわないよう、気を付ける必要があります。

転職回数が増えると、忍耐力やメンタルに不安を抱かれ、受け入れてくれる企業が少なくなるためです。

前職での経験を考慮し、自分に合う企業を見つけるための注意点を3つご紹介します。

第二新卒が転職に失敗しないための注意点

  • 給料や年収の高さだけで転職先を決めない
  • 転職前に自己分析を行い適性や強みを整理する
  • 転職目的や叶えたい目標・ビジョンを明確にする

給料や年収の高さだけで転職先を決めない

給与や年収の高さだけしか判断するのは避けてください。

給料や年収は考慮すべき重要な事項であるのは事実ですが、福利厚生の充実さや仕事へのやりがいなど転職先に求めるものは一つではないでしょう。

「初年度から年収500万可能」などの謳い文句は、一見魅力的に思えます。

しかし、仕事内容や企業文化などが自分に合わなければ、またミスマッチが生じる危険が高いです。

特に前職での給料に不満があった人はお金だけで決めがちなので、注意してください。

転職前に自己分析を行い適性や強みを整理する

自己分析は新卒の就活時でも行ったはずですが、転職前に改めて行いましょう。

前職での経験を踏まえ考えることで、新たな自分を発見できる可能性もあるためです。

実際に業務を経験して感じた「やってて楽しいな」「この業務はスムーズにできるな」というのがあれば、整理してください。

強みを発揮できたり適正ある仕事に就いた方が、楽しく働ける可能性は高まります。

入念な自己分析によって、あなたの本当の適性や強みを見つけましょう。

転職目的や叶えたい目標・ビジョンを明確にする

転職目的や叶えたい目標など、将来のキャリアプランを明確にしてください。

明確な目標があると意欲的に転職活動に臨めますし、入社後もモチベーションを維持したまた働ける可能性が高いです。

企業側は、第二新卒の採用では短期離職を最も心配します。

採用コストが無駄になりますし、一度退職した人は退職を経験していない人に比べ、辞めることへのハードルが低くなるのは確かです。

この企業が抱く不安を払しょくするには、転職の目的や入社後のビジョンを明確に説明する必要があるのです。

5年後や10年後の目指す姿まできちんと説明できれば、採用担当者も安心し、転職成功率が高まります。

20代・第二新卒で転職するなら転職エージェントがおすすめ

第二新卒はいつまでか解説
20代・第二新卒で転職を目指す場合、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントとは、求職者1人1人にキャリアアドバイザーが付き、応募書類添削や面接対策など、転職活動に関するさまざまなサポートを受けられるサービスです。

孤独に陥りがちな転職活動の心強い味方になってくれるでしょう。

20代・第二新卒が転職エージェントを利用するメリット

第二新卒や20代は転職がはじめての人も多く、転職活動をどう進めて良いかも分からなくなりがちです。

この状態で1人で転職活動を進めると、失敗する確率が高いです。

これまで何人もの求職者のサポートを行ってきたキャリアアドバイザーからアドバイス等してもらい、二人三脚で活動した方が確実でしょう。

また、働きながら転職活動を進める人にとって大きな問題は「時間」です。

日々の仕事で疲れていることもあり、なかなか思うように活動が進められません。

エージェントを利用すれば、キャリアアドバイザーが、希望条件や適性などから判断した求人を紹介してくれるため、求人検索の手間が省けます。さらに、面接の日程調整まで代行してくれます。

負担がかなり軽くなるのは間違いないので、ぜひ利用を検討してください。

転職エージェントの利用の流れ【登録から内定獲得まで】

転職エージェントの利用の流れは、以下の通りです。

転職エージェントの利用の流れ

  1. サイトから転職エージェントに登録
  2. 担当者と連絡を取り、面談の日程調整
  3. 面談を受ける
  4. 担当者から求人の提案を受ける
  5. 応募書類添削・面接対策
  6. 企業へ応募
  7. 面接など選考を受ける
  8. 内定獲得(担当者に条件交渉してもらう)

エージェントに登録すると、担当者から電話やメールが来て、面談の日程調整を行います。

面談は基本的に対面ですが、遠方に住んでいるなど事情があれば、電話やWEBによる面談に応じてるエージェントも少なくありません。

面談では、希望条件やこれまでのキャリアなどヒアリングを行います。

空白期間が長いなど職歴に不安があったとしても、嘘をつくのはやめましょう。最悪、内定取り消しになる可能性があります。

求人提案の際は、転職エージェント各自が保有する非公開案件の紹介を受けられる可能性もあります。

非公開求人は条件が多い求人が多く、転職エージェントを利用するメリットのひとつだといえるでしょう。

また、面接対策や応募書類対策などのサービスは無料で受けられます。

内定獲得後の給与交渉や入社日の調整などもエージェントの担当者が代行してくれます。

20代・第二新卒におすすめの転職エージェント5選【比較】

第二新卒はいつまでか解説
転職エージェントといっても、さまざまな種類があります。

それぞれのエージェントで強みや特徴も異なるので、自分に合ったエージェントを利用できるかが勝負の分かれ目です。

ここでは、20代や第二新卒におすすめの転職エージェントを5つ紹介します。

第二新卒におすすめの転職エージェント

  • おすすめ1. 第二新卒エージェントneo
  • おすすめ2. ハタラクティブ
  • おすすめ3. 就職Shop
  • おすすめ4. マイナビジョブ20’s
  • おすすめ5. DYM就職

おすすめ1. 第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneoは未経験可の求人が5,000件以上と多く、新たな業界・職種に転職したい第二新卒や既卒におすすめです。

また、自らも第二新卒での転職経験があるキャリアアドバイザーばかりなので、第二新卒の求職者に寄り添ったサポートが可能な点も強みです。

未経験でも転職を成功できるようにサポート体制は手厚いので、転職に不安がある方はぜひ利用してください。

おすすめ2. ハタラクティブ

ハタラクティブ

レバレジーズ株式会社が運営する、第二新卒や20代の既卒に特化した転職エージェントです。

ハタラクティブの強みは、利用開始から内定が決まるまでのスピードです。最短だと1週間で転職が決まります。

また、経験やスキルよりも人柄や意欲を重視する案件が多いのも特徴です。

そのため、経歴に自信が無い方でも利用しやすいでしょう。

おすすめ3. 就職Shop

就職Shop

就職Shopは人材大手リクルートが運営する、20代向けの転職エージェントです。

内情をしっかり調査した上で案件を掲載しているため、ブラック企業がほぼ存在しないのが強みです。

紹介される企業は従業員100人未満の中小企業ばかりとはいえ、ブラック企業を除外できるのは大きなメリットでしょう。

おすすめ4. マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20's

マイナビが運営する20代向けの転職エージェント。

マイナビジョブ20,sでは、担当者との面談の前に、適性検査を受検します。

強みや適性を事前に把握した上の面談なので、自分にマッチする求人の紹介を受けられる確率が高まります。

また、紹介を受けられる求人は非公開求人が多く、思いがけない優良企業の求人を見つけられるかもしれません。

マイナビは新卒就活サイトとしても名高く、若手の求職者向けのノウハウが蓄積しています。

マイナビジョブ20,sを利用すれば、マイナビのノウハウの恩恵を受けられる可能性も高いです。

おすすめ5. DYM就職

DYM就職

DYM就職は、就職率96%という圧倒的な数字を誇るエージェント。

書類選考が無くいきなり面接に臨めるので、経歴に自信が無い方におすすめです。

また、札幌・東京・大阪・福岡・名古屋と拠点が全国に展開しているため、地方の方でも利用しやすいのもメリットです。

第二新卒はいつまでか|意味・定義を改めて整理


第二新卒は、新卒で入社してから1~3年以内に離職し、転職活動を行っている求職者を指します。

明確な定義はありませんが、年齢的には23~25歳がボリューム層です。社会人経験の有無が既卒との決定的な違いです。

基本的なビジネスマナーを備えている上に、年齢が若く吸収の速さや成長性が期待できるため、企業は積極的に採用しています。

前職の経験を活かし、自分の適性や強みを意識した活動を行えば、転職によるキャリアアップを実現することも可能です。

優良企業へ転職を成功させるには、転職エージェントの利用をおすすめします。

上記に挙げた5つの転職エージェントを参考に、理想の企業を見つけてください。