第二新卒の転職は本当にオススメなのか?リスクとデメリット

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

新卒で入社した年など会社を早期に辞めてしまい転職をする場合は、「第二新卒」と呼ばれます。

第二新卒は企業側のニーズが高いですが、場合によってはリスクやデメリットにもなるので注意する必要があります。

今回の記事では、転職で成功するポイントを掴むために、第二新卒の転職は本当におすすめなのかリスクやデメリットを紹介します。

第二新卒の転職は本当にオススメなのか?リスクとデメリット要約

3行要約
  • 第二新卒を積極的に採用しようとしている企業は多い
  • 「すぐに辞める」など悪い印象を与えてしまうことがある
  • リスク・デメリットを知り、転職活動をする必要がある

第二新卒とは?


転職をする前に自身が第二新卒に該当するのか、確認することが大切です。既卒、新卒などと同様に、第二新卒は募集要項に記載されることもあります。

まずはどのような人が「第二新卒」に該当し、どのような立ち位置なのか押さえておくのが大切です。

第二新卒とは?

  • 卒業後3年以内で転職する人のこと
  • 第二新卒を積極採用する企業は多い
  • 社会人経験があるものと認識されている

卒業後3年以内で転職する人のこと

新卒は「その年に新しく学校(大学や専門学校など)卒業する者」と定義が決まっていますが、第二新卒は新卒のように明確な定義はありません。

一般的には「新卒で入社し、数年以内に転職活動を行っている人」を意味することが多いです。

つまり、採用する企業によって捉えている意味合いが変わるかもしれないので注意する必要があります。

多くの企業がイメージしている第二新卒は「新卒で入社してから3年以内に転職している人」であるため、1つの目安にするのがおすすめです。

基本的に大学などの学校を卒業してから長い期間が経過していないため、若い人材を求めている企業のニーズが高いです。

社会人経験があるものと認識されている

第二新卒に関する企業側のメリットは、ある程度社会人経験を積んだ若手社員を採用できることです。

新卒で入社した社員は、最初にビジネスマナーや仕事の進め方など、基本的な社会人スキルを身につけるために研修を行います。

新人社員に実施する研修コストは大きくなりやすいですが、第二新卒の人材を採用すれば入社後に必要な研修を省略できます。

「即戦力」とまではいかなくとも、同じタイミングで入社した新卒社員よりも早い活躍が見込めるのです。

同じ分野で活躍しており経験をある程度積んでいる人材であれば、即戦力として活躍できる場合もあります。

第二新卒を積極採用する企業は多い

第二新卒は企業側にとって「研修コストを抑えられる」「新卒社員よりも早期の活躍が期待できる」の2点以外にもメリットがあります。

新卒採用で入社してから3年以内で退職した社員であれば、社会人経験が少ない分柔軟性があり新しい環境に順応しやすく、自社の企業風土に染まりやすいため、能力開発の余地が大きいと判断できます。

このようなことから、第二新卒の採用に積極的な企業が増えている傾向にあります。

リクルートキャリアの就職みらい研究所による就職白書2019によると、2019年度卒の採用数が充足している企業は47.0%であり、充足していない企業が半数以上という結果になりました。

また、リクルートワークス研究所による2018年度の中途採用実態調査による、中途採用実績は前年度と比較すると10.5%と増加しており、10代・20代の若手が52.0%を占めています。

こういった背景からも、新卒採用で不足した分は第二新卒で人員補充したいと考える企業は多いと言えるでしょう。

転職活動を決めるときは、自身が第二新卒に該当するのか、企業側は第二新卒をどのように考えているのか、自分の希望する企業の採用の充足度などを把握しておくことが大切です。

第二新卒で転職するリスク


第二新卒は積極的に採用する企業が多いなど、メリットと感じることが多いですが、第二新卒で転職することにはデメリットもあるので注意する必要があります。

第二新卒で転職するリスク

  • 「すぐに辞める」人材だと思われてしまう
  • 新卒ほど研修が充実していないことがある
  • 新卒が多い職場だと馴染めない可能性がある

「すぐに辞める」人材だと思われてしまう

第二新卒ということは、新卒で入社した会社を早く退職していることを意味します。

「とりあえず3年」という言葉を耳にする機会も多く、仕事を3年ほど続けないと「継続力」がないという印象を与えてしまいます

「将来の幹部候補を育てたい」という目的で若手社員を獲得する採用活動を行っている企業もあり、すぐに辞めてしまう人材だと採用する意味がありません。

例えば入社後の研修を行った社員が早期に辞めてしまうと、企業側はコストしか発生しないため、新卒採用の選考のときよりも、「長続きするのかどうか」という評価が厳しくなります。

第二新卒を積極的に採用している企業でも、同様の印象を持っていることもあるので、転職活動をするときは、筋が通っている退職理由を伝える必要があります

新卒ほど研修が充実していないことがある

新卒採用で入社した場合、社会人経験がないため業務に関係するスキルを身につけるために、充実した手厚い研修を受けることが多くあります。

第二新卒の場合、既に社会人経験があるため基本的な研修はカットされているケースが多く、経験が少なくても入社してからすぐに仕事をお願いされるケースも少なくありません。

全く異なる業界に転職したとき場合でも、新卒社員よりも研修が充実していないこともあるため、仕事の勝手が分からず転職した後に苦労することもあります。

気になる人は入社する前に研修制度などについて確認しておくことがおすすめです。

新卒が多い職場だと馴染めない可能性がある

規模が大きく新卒で入社した社員が多い職場の場合、第二新卒で採用されると、新卒時のように同期社員が多いわけではないため上手く馴染めない可能性があります。

入社する会社によっては、第二新卒は疎外感があるケースもあるので、注意が必要です。

第二新卒で転職するデメリット


第二新卒で転職活動をする際には、デメリットと感じることもあるので注意が必要です。

第二新卒で転職するデメリット

  • 不安を抱えた状態で仕事をする可能性がある
  • 即戦力を求める企業には向かない
  • 新卒の倍率が高い大手や人気企業への入社は難しい

不安を抱えた状態で仕事をする可能性がある

第二新卒枠で採用された場合、「社会人経験がある人材」として「新卒扱い」ではなく「中途採用扱い」になる企業が多い傾向にあります。

入社1年目で社会人経験が浅いのにも関わらず、中途採用で入社した社員と同じ扱いを受ければ研修などが少なく、仕事の進め方などが分からず不安を抱えた状態で仕事を始めることになります。

新しいことにチャレンジしようとして転職を試みても、入社してから苦労するケースは多く再度転職を試みるといった、マイナスのサイクルに陥ることがあります。

第二新卒で転職をする場合、自分が既に社会人であるという自覚が大切です。

即戦力を求める企業には向かない

第二新卒は、中途採用で即戦力を求める企業には向かない特性があります。

一般的に経験者を採用する場合、3年以上の業務経験を求めている傾向にあります

業務の経験はあっても経験が浅いことで、募集条件を満たせないこともあります。

入社したい企業が即戦力を求めていれば、転職が成功する可能性が低くなるので注意が必要です。

自分が入社したい会社があったとしても、新卒の就職活動時よりもハードルが高くなっている場合もあるかもしれません。

新卒の倍率が高い大手や人気企業への入社は難しい

一般的に第二新卒は大手企業や人気企業への入社は難しいという見方もあります。その理由は、新卒採用で入社する人数も多く、2若手層の人材が充足しているからです。

しかし、最近では大手や有名企業でも第二新卒を積極的に採用する企業も増えてきています。

例えば、コンサルティング業を行っている「アクセンチュア」や、IT業界では「サイボウズ」、大手電機メーカーの「富士通」などは第二新卒を受け入れたり、採用に力を入れています。

アクセンチュア

アクセンチュアでは、「社会人経験が半年以上4年未満の方」を対象に第二新卒採用を行っています。
第二新卒 採用情報|アクセンチュア

サイボウズ

サイボウズでは、「ポテンシャル採用」を行っており、キャリア採用の募集要項を満たしていない第二新卒でもチャレンジできます。
ポテンシャル採用 | サイボウズ 採用情報(新卒・キャリア)

富士通

富士通では、将来の成長率を重視して第二新卒の採用に力を入れています。入社後は新卒入社者と同水準のIT関連の業務知識を習得するための研修を実施しています。
第二新卒採用 CAREER RECRUITING 富士通株式会社採用ホームページ

大手企業・人気企業でも第二新卒を積極的に受け入れてはいますが、「全ての大手企業が第二新卒を積極的に採用しているわけではない」「第二新卒を募集していない人気企業・大手企業もある」ということを意識して転職活動することが大切です

その会社の情報を知り戦略を考えて行動しましょう。

第二新卒の転職で上手く行かない人の特徴


第二新卒の転職はリスクやデメリットがあるため、上手く行かないケースも多くあるため、注意して転職活動を行う必要があります。

これから第二新卒の転職を考えている人は、上手く行かない人の特徴を知り、参考にするのがおすすめです。

第二新卒の転職で上手く行かない人の特徴

  • 退職理由がネガティブなものである
  • 志望理由やキャリアに一貫性がない
  • 退職してから転職先を探す

退職理由がネガティブなものである

第二新卒の場合、まだ仕事の面白さや楽しさを感じられていない時期に退職することが多いです。

第二新卒で転職を考える人の多くは、仕事内容や会社、人間関係に不満や悩みを抱えています。

つまり、「会社を辞めるために転職を考える」ため、退職内容がネガティブなものになりやすいです。

例えば、「残業が多くて嫌になった」「思っていた仕事と違う」「職場の人間関係に馴染めなくてストレスになる」といった理由です。

ネガティブな退職理由を面接で伝えてしまうと、「同じような理由で、また辞めてしまう」と判断されてしまいます

退職後のビジョンが明確でないと、相手には熱意ややる気などが伝わりにくくなり、内定をもらえにくくなります。

志望理由やキャリアに一貫性がない

退職するのが理由になっていると、魅力的な志望理由を伝えられにくくなります。

立派な志望理由を伝えたとしても、今後のキャリアに繋がっていなければ熱意は伝わりにくいです。

ポジティブな理由で退職をしていないと、志望理由やキャリアに一貫性が生まれないため、企業にエントリーする前に時間をかけて考えることが大切です。

退職してから転職先を探す

辞めることが目的になっている場合、とりあえず会社を辞めることが一番の目的になってしまいます。

このような人は、「退職してから転職先を探す」ことが多くあります。

この場合、転職活動をする時間を十分に確保できるため、忙しくて在籍中に転職活動ができなかった場合にメリットがあります。

しかし、転職活動の期間が長引いてしまうと「計画性がない」と評価されてしまいます。

会社を辞めると無収入になるため、転職活動に難航すると、時間の経過に比例して「焦り」が強くなっていきます

焦って転職活動をしてしまうと、労働時間や賃金などの条件面が課題で会社を辞めたのに、以前の職場よりも条件が悪い企業に入社を決めてしまうことがあるのです。

計画的に転職活動をしなければ、無収入期間が長くなるだけでなく、納得できない転職活動になり後悔することになります。

第二新卒で転職を成功させるポイント


第二新卒で転職する際は、効率を考えて行動することが大切です。

そのためにも、転職を成功させるポイントを押さえておく必要があります。

第二新卒で転職を成功させるポイント

  • 転職理由をポジティブなものにする
  • 応募する企業の幅を広げる
  • 転職エージェントを利用する

転職理由をポジティブなものにする

転職活動をするときは、転職理由をポジティブなものにすることが大切です。

例え前職に不満があって辞めた場合でも、転職理由・志望同期・今後のキャリアを関連付けて、将来のビジョンを前面に出すことが大切です。

将来のビジョンが明確であれば、面接官にも魅力が伝わりやすくなります。

社会人経験が少なく、新卒の就職活動時の志望動機と近くなる傾向があるため、新卒の就職活動と変わっているのか、聞かれることがあります。

もちろん、新卒で入社して社会人になることで気づくことや勉強になったことがあるので、その内容を盛り込むのがおすすめです。

第二新卒としてカウントされるギリギリである3年目の人材の場合は、仕事の経験で得たものをしっかり伝えることが大切です。

応募する企業の幅を広げる

第二新卒関係なく、中途採用の転職活動でも上手く行かない人は、視野が狭く応募する企業の種類が少ない傾向にあります。

転職活動で上手くいかない場合、自分と相性が悪い業界を中心に応募していることが原因である可能性があります

専門職を希望している企業への転職は難しいですが、興味がある企業や業界のことを調べてチャレンジするのがおすすめです。

自分と相性が良い業界や企業が見つかれば、転職活動は上手くいく可能性が高くなります。

転職エージェントを利用する

第二新卒として転職する人の多くは、転職活動自体が初めての人がほとんどです。

第二新卒の転職活動は新卒の就職活動とはやり方が異なるため、新卒のときと同じように転職活動をすると上手くいかない可能性が高いです。

効率が悪い転職活動をすれば、結果として望まない企業へ入社してしまい、後悔する人も少なくありません

また、初めての転職活動に不安を感じる人も多くいます。

そこで、転職エージェントを利用すれば、1人で転職活動をするよりも効率を高められます。

通常の転職活動だと、転職サイトなどを利用して自分で求人を探し、応募しなければなりません。

転職エージェントを利用すると、担当のコンサルタントやアドバイザーがつき、希望する転職条件などを相談できます。

相談の結果、自身の希望条件に合った求人を見つけて提案してくれます。

それだけでなく、面接の日程調整や内定後の条件交渉も代わりに行ってくれるため、効率良く転職活動ができます

他にも履歴書や職務経歴書などの書類や面接などの対策を行ってくれるサービスもあります。

会社を辞めずに転職活動をする場合でも、少ない時間を有効活用して活動できるのでおすすめです。

第二新卒のリスクとデメリットを知り、転職活動をしよう!

第二新卒で転職するリスクとデメリット

  • 「すぐに辞める」人材だと思われてしまう
  • 新卒ほど研修が充実していないことがある
  • 新卒が多い職場だと馴染めない可能性がある
  • 手厚く教育されない会社もある
  • 即戦力を求める企業には向かない
  • 新卒の倍率が高い大手や人気企業への入社はハードルが高い場合もある

第二新卒としての転職活動にはメリットもありますが、同じくらいリスクやデメリットがあります。

転職をする目的や希望、将来の展望などを明確にしておくことが必要です。

第二新卒のデメリットは視点を変えれば売りになることもあるため、戦略的に活動するのがおすすめです。

人によって目的や求める物は変わるので、メリットとデメリット、リスクを比較してから転職するかどうかを決めるのが有効です。

近年では大手企業でも第二新卒の採用に力を入れている傾向があるため、転職エージェントなどを活用して効率良く転職活動をするのが効果的です。

第二新卒におすすめの転職サービスは以下の記事で紹介していますので、参考にしてください。

20代・第二新卒で成功する転職サイトおすすめ10選【2020年版】