【評判】転職「type」の利用方法と人気の理由・口コミ

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

転職活動中で、転職サイトはどこを利用していいのかわからない方も多いのではないでしょうか。多くの転職サイトの中でも、転職「type」をご存知ですか?

転職「type」は、大手転職サイトとは違い、弱点もあるものの、転職「type」ならではのサポートや特徴で支持を集めています

今回は、そんな転職「type」について、実際に利用した経験のある方の口コミをもとに人気な理由、良い点や、悪い点。更に、転職「type」を利用するのに向いている人の特徴をお伝えしたいと思います。

転職「type」が気になっているけども、使ったことのない方や、転職「type」を知らないけれど自分に合っている転職サイトを探している方はぜひ、最後までご覧ください。

口コミ・評判から分析!転職「type」が人気な4つの理由とは?

大手転職サイトではないにも関わらず、転職「type」を活用して転職活動をした人はどのような点に惹かれていたのでしょうか?アンケート結果から4つの理由が見えてきました。

転職「type」が人気な4つの理由

  • 転職希望者に寄り添った転職サイト「アクセス数No1」
  • 独自の検索システムが充実
  • AIによる自動マッチング機能搭載
  • 条件絞り込みの内容にこだわり有り

順番にご説明します。

転職希望者に寄り添った転職サイト「アクセス数No1」

転職「type」の最大の特徴は、転職希望者にどこまでも寄り添ったサイトであることです。

その証明として、転職「type」はアクセス者数No1を獲得しています。(ニールセン2018年9月度データ《自宅と職場のパソコンからのアクセス数調べ》)

このことからも転職「type」は、業界初の独自の試みを多くしており、常にユーザーにとってためになるサイトを目指し、成長しているサイトと言えます。

独自の検索システムが充実

独自の試みでも注目なのが、検索システムの充実です。

AIがマッチングをしてくれたり、検索条件がかなり細かく設定されていたりと、はじめての利用者でもわかりやすいです。

自分が理想と思っている検索条件がなかなか絞れずに使い勝手の悪さを感じている人には特におすすめです。

痒い所に手が届くような細かい検索のしやすさが人気の秘密なのかもしれません。

更に、独自の取材によるリアルな会社情報も注目したいところ。

表面上の良いところだけではなく、向いている人と、向いていない人がはっきりと書いてあります。会社に入社してからのミスマッチも防ぎやすいでしょう。

AIによる自動マッチング機能搭載

検索機能の中でも、AIによるマッチング機能がついているのも転職「type」の特徴です。

キャリボと呼ばれるAIロボが質問をしてきます。質問内容は多数あり、希望最低年収、働くうえで重要と思っているワードなどまで確認してくれます。

質問が終わると、マッチングした企業が表示。気になる企業情報があったら検討中に追加していきます。

検討中に追加した求人内容を元に、更に自動マッチングし、合っていると思うものや興味がありそうなものをおすすめしてくれます。

こちらで特に指定することはほぼなく、自動学習して修正してくれるので、大幅に検索時間が短縮できます

時間がない中で転職活動している人は、快適に感じること間違いなしの機能です。

条件絞り込みの内容にこだわり有り

転職「type」は、条件の内容にも他サイトにはない工夫が見えます。まずは、「こだわり検索条件の細かさ」です。

雇用形態、企業の特徴、福利厚生などのかなり細かい点まで設定ができます。

仕事の特徴には「ノルマがきつくない」などまであるので驚きです。他の項目も企業目線ではなく、転職者の本音に寄り添っている項目が多いように感じます。

次に条件の絞り込みや、検索結果の表示順を見てみましょう。

年収や、目安残業時間も設定が可能です。

しっかりと働いて仕事で充実させ、お金を稼ぎたいのか、ライフワークバランスを重視して残業は少ないところで働くのかなど、自分の理想としているイメージを検索に反映できるのは嬉しいところ。

絞ったあとの表示でも、「年収順」や、「自分が受かりやすい順」など、それぞれの考えに合わせた表示順が可能です。

転職エージェントサービスの丁寧な対応も評判

画像は、転職「type」転職エージェントで「求人サイトと転職エージェントの違い」について説明したものです。

転職「type」は、株式会社キャリアデザインセンターが運営しています。

幅広い領域へ特化したサービスが揃っていますが、その中でも転職エージェントサービスの活用で成功した内容の良い口コミも多かったです。

転職サイトと、転職エージェントの良いところを活かし、より最適な企業と出会えるのもユーザーにとっては嬉しいポイントではないでしょうか。

転職エージェントサービスでは転職サイトを超える求人案件数がある上に、全体求人数の80%を非公開求人が占めています。数ある中から利用者の希望に合わせて紹介してくれるだけではなく、転職セミナーや、面接対策まで個別にサポートが受けられます。

転職「type」の評判・口コミから満足度を調査!

独自の使い勝手で人気のある転職「type」ですが、実際に利用した人の口コミは気になるところではないでしょうか。

今回は、「type」転職エージェントも含め、良い口コミと悪い口コミをそれぞれご紹介します。

よりリアルに転職「type」の情報を得る参考としてご覧ください。

良い口コミ

IT関係希望 22歳男性

常に新しくしていくという概念が素晴らしく、自分のような社会経験の浅い年齢の方でも、同じ土俵に立って勝負できる場を提供してくれたことに感謝しています。
具体的に良かったと感じる部分は、第二新卒として就職する際の武器を教えてくれたことです。特に履歴書や面接です。他社でも必ず転職前にサービスで教えてもらうのですが、こちらは企業を自分で分析し将来像を明確にしてから対応してくれる感じなので、他の受験者と差別化でき、採用してもらいやすくなるのが非常に満足できた点です。

スタッフの方も同じような将来像を持っている方でいたので、信頼関係を保ちながら転職活動に取り組めたと思います。

運送業希望 26歳男性

大手の転職エージェントに複数登録したのですが、個人的には「コンタクトの質は転職「type」の方がいいな」と感じました。大手転職エージェントの場合は、企業側の担当者と転職側の担当者が別々のところが多い中、転職「type」のコンタクトは一人で企業側も転職者側も担当しているので、過去の内定や入社実績、企業側の採用のクセなど転職者側が聞きたいことを教えてくれるので、とても助かりました。
転職も無事でき、いい企業につけたので転職「type」を選んで良かったなと思いました。

悪い口コミ

海外営業希望 28歳男性

とにかく求人数が少なかった。2019年8月から2-3か月利用したが、常に求人数は1-2件のみで、求人のアップデートも無し。例えば、リクナビネクスト等の他の転職サイトでももっと充実した求人数なのに、転職「type」は良い求人が見つかりにくかった。また、AIを活用して、転職「type」利用者の興味にあった求人を紹介するサービスがあるのだが、それも的外れな求人しか紹介してくれなかった。

転職「type」が悪いと言われるポイントとは?

案件数が少ない

実際に登録して確認したところ、転職「type」で掲載されている求人数は2710件(2019年12月1日時点)でした。業界大手のリクルートが運営している転職サイト「リクナビネクスト」では、同じ時点で求人数約3万件を確認しています。

比較すると求人件数はかなり少ない印象なのも仕方はありません。

案件数が少なければ、選択の自由も少なくなるのは当然。

希望と合致している求人が見つかれば探しやすいですが、多くの案件の中から選り好みしたい人は満足できない可能性もあります。

案件に偏りがある

転職「type」の案件は、かなりIT・通信・エンジニア系に偏っています。2710件中で、IT関係の案件数は1000件と半数近くの割合を占めていました。

検索する条件によっては、ほんの数件しかヒットせず、そもそもの選択肢がかなり限られることも。

探したい方向性を考えて、他のジャンルのほうが多い場合は他サイトと一緒に利用するのがいいかもしれません。

地方の求人情報は少なめ

転職「type」の案件は、首都圏を中心としています。首都圏だけで2000件を超える案件があり、その偏りは一目瞭然です。

Typeトップページ「勤務地から探す」で表示される地方別求人件数(2019年12月1日現在)をグラフにしてみました。

グラフの通り、首都圏での案件に集中しており、他の地域は全体的に少ないのが解ります。転職「type」を活用して地方の良い求人に出会うのは、難しい人もいる可能性があると言えるでしょう。

転職「type」は満足度でどれくらいになるのかまとめ

満足度調査の項目

紹介案件数:目的を達成するのに充分な案件が確保されていたと感じるか?他のエージェントやサイトと比較してどうだったのか?
探しやすさ(操作性):案件を探す際に不便なことはなかったか? 操作で難しい点はなかったか?
見やすさ(デザイン性):サイト全体的に探している情報が見やすいか?
総合満足度:転職「type」を利用してみて満足したかの総合評価

アンケートの回答内容と回答者データ
上記4項目の満足度、性別、年齢、希望職種を質問しました。

回答者男女比は男性33名、女性17名です。

案件数の満足度

まず案件数の満足度です。大手転職サイトと比較すると少ないので、満足が少ないかと予想していた方も多いかもしれません。結果は、ご覧の通りです。

驚くことに、普通以上の回答がほとんどです。「やや満足」が一番多い比率とはなりますが、概ねのアンケート回答者は案件数に不足感を感じていなかったようです。

探しやすさ(操作性)の満足度

次に、操作性に関してです。人気の理由にもある通り、操作のしにくさを感じて「不満」と回答した人は50人の中ではゼロでした。
「非常に満足」と「やや満足」を合わせて、7割の方は転職「type」のサイトは探しやすいと感じている結果となりました。

見やすさ(デザイン性)の満足度

サイトの見やすさについても、普通以上の回答が大半を占めています。

様々な条件検索の追加などもあり、細かい検索が可能なのにも関わらず、見やすさは不便に感じていません。

今回のアンケート結果から、サイト全体を通して見やすさや操作性など、利用しているユーザーの検索に対するストレスはほぼないようです。

総合満足度

最後に総合満足度を見てみましょう。

総合的な評価についても、「やや満足」が多い結果です。中でもIT・エンジニア系を就職希望している回答者は全員が「やや満足」以上と回答していました。

だからと言って、他職種の満足度が低いかと言えばそういったことはありません。今回の回答者は、事務系や、営業、土木作業系、不動産関係が希望の方まで様々でした。

ここまでの集計結果は以下の通りです。

満足度が低い方を細かく見てみると、希望条件がかなり絞られており、一般転職サイトでも案件数はあまりなさそうな職種を希望している方が多かったです。

案件数が多いサイトのほうが、希望職種が限定的な場合は選択肢の増える可能性は高いかもしれません。

口コミ・評判から判明した転職「type」がおすすめな人とは?

今回のアンケートや、人気の理由の分析を通じて、転職「type」が合っている人が見えてきました。

転職「type」がおすすめな3つのタイプ

  • IT・通信・WEBエンジニア業界に転職したい
  • 年収アップを目指したい
  • 首都圏近郊で仕事を探している

順番に説明していきます。

IT・通信・WEBエンジニア業界に転職したい

細かい検索条件に満足

職種にて選ぶ事ができたのがよかったです。特に、職種から探す場合に私にとってぴったりの、電子・電気技術に特化して仕事が選べるのがよかったです。(通信系希望 37歳男性)

技術者向け求人が多い

基本的に技術者向けの求人が多く、理系の学部を卒業した人や技術職を経験してきた人にとっては良い求人を見つけやすいと感じる。また希望やプロフィール登録しておくとスカウトメールが来るので、こちらから申し込む手間が省ける事がある。(電気・機械系希望 26歳男性)

上記のように、IT・通信・エンジニア系を希望している方が絶賛している声が多くありました。
職種だけではなく、登録条件で細かく指定もできます。

案件数の豊富さもあり、転職エージェントサービスと転職サイトのダブル活用で理想的な転職先が見つかった人は多いようです。

年収アップを目指したい

給料アップに加え、職場環境が改善!

前職がアプリ開発エンジニアでしたが、努力している割に給料がイマイチだったので転職をすることにしました。転職サイト「type」で活動して転職先をエージェントの方に見つけていただきました。手当などが手厚い会社に転職することができて給料も微増ながらアップしました。職場環境も良いところでしたし今はそれなりに満足しています。質の良い求人と優秀なエージェントのいる会社だなと思います。(IT関係希望 35歳男性)

転職「type」の宣伝文句は、「ひとつ上のキャリアを目指す人のキャリア転職サイト」です。

検索条件でも年収順や、年収〇万円以上での絞り込みなど、年収を重視した検索が多いのも特徴だと言えます。

掲載求人の内容も、500万円以上の案件が2000件以上と、比率的に見てもかなり多く取り扱っています

転職の叶えたい条件のひとつに年収アップを掲げている人には探しやすく、魅力的な案件が多数見つかるでしょう。

首都圏近郊で仕事を探している

転職「type」の求人情報は、神奈川、東京、千葉を中心に取り扱っています

アンケートの回答内容を見ても、首都圏の取り扱い件数であれば、どの職種でも変わらず不満の声はほとんどありませんでした。

むしろ「紹介件数は多い」という意見もあったほどです。

現在首都圏に住んでいる人は勿論ですが、働き先として卒業後は上京して働きたい人なども有益な情報が得られる可能性は高そうです。

転職「type」をより活用するためのポイント

人気の理由もありますが、弱点も見えてきた転職「type」。サイトをより一層活用するために利用する人ができることとは何なのでしょうか。

転職「type」転職エージェントサービスを併用して利用する

転職「type」には、転職エージェントサービスがあります。

転職「type」には掲載されていない非公開求人も含めた求人情報を手に入れられるうえ、面倒な交渉や対応、調整は全てお任せすることも可能です。

非公開求人の中には大手の企業もあり、転職「type」だからこその紹介案件があることも

非公開求人もあるからこそ、転職「type」の強みである年収アップも約70%の人が叶えています

他転職エージェントサービスを併用する

転職サイトや、転職エージェントは併用が出来ます。

案件数や、求人ジャンルの一致に不安がある人はリクルートエージェントなどの大手転職エージェントサービスも活用してみましょう。

転職の成功はエージェントとの相性によって変わると言えます。

より多くの転職エージェントと関わることで、自分自身の価値観についての物差しが出来るかもしれません。

大手転職サービスが優秀かといえば、100%という訳ではありません。アンケートの結果からも、実際に利用した多くの人が転職「type」で満足しているのも事実です。

女性は女性の転職「type」を使用する

転職「type」には、多くの特化転職サイトがあります。その中でも、女性から多く支持されているのが女性の転職「type」です。

女性ならではの悩みや、叶えたい希望に沿った内容を探しやすく掲載されています。女性向けの転職サイトも活用してみれば、より一層満足のいく転職先の見つかる可能性が上がるでしょう。

実際に女性の転職「type」に関して以下の口コミも見られました。

希望職種の絞り込みがしやすい

条件検索が細かく設定でき自分が希望する職業に絞り込みやすく見つけやすかった。(事務職希望 24歳女性)

女性の転職「type」には、正社員雇用のものが多く取り揃っています。女性だから派遣社員や、契約社員だと決まっている訳ではありません。覗いてみると、自分の中の考えが広がるかもしれません。

転職「type」の登録から利用方法をご紹介

転職「type」の新規登録の手順をご説明

https://type.jp/と検索し、右側上部をクリックする

入力画面で個人情報とメールアドレスを入力する

※登録方法は、メールアドレス以外にもLINE、Yahoo!ID、facebookもあります。
お好きなところからご利用可能。登録後の追加連携も可能です。

細かい検索条件を入力して完了

転職「type」登録の際の質問事項

就業状況
転職回数
生年月日
お住まいの都道府県
現在(直近)の職種
経験年数
最終学歴
希望の勤務地(最大5つ)
希望の職種(最大5つ)
その他、希望条件

登録が完了すると、スカウト機能や、エージェントからのオファーなどの機能が使用できるようになります。

AIのキャリボをクリックして話しかけると、自動マッチングが始まりますし、スカウトを待つだけなど使い方は様々です。

応募した際には、必ず履歴書の登録内容や入力項目に漏れがないのかを確認しましょう。

利用者に寄り添った転職サイト、特にエンジニアには強い味方

転職「type」の評判・口コミまとめ

  • 転職「type」の良いところは「ユーザーファーストの検索のしやすさと条件の探しやすさ」
  • 転職「type」の悪いところは「案件の少なさ」と「地方案件の少なさ」
  • 転職「type」は「IT・エンジニア希望」と「首都圏」就職希望の人には強い
  • 転職「type」を有効活用するなら「type」転職エージェントや他サービスを併用する

転職「type」は、大手と比べると案件数で言えば少ないかもしれません。

ですが、それをカバーするだけの充実した中身があります。特にIT・エンジニア希望の方であれば、案件数的にも不満を感じていなかった人がほとんどです。

小規模な転職サイトが何もかも劣っているのではありません。

転職サイトにはそれぞれの強みがあり、活かしていければ、思いもよらない出会いがある可能性を秘めています。

アンケートの結果を見ても、案件数が少ないから不満と思った人が少なかったのは事実です。

条件に当てはまったらぜひ、登録してみてください。