転職サイトは転職する気がなくても登録して良い?|素朴な転職の疑問

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

転職するときにすることとしてまず思いつくのが、転職サイトへの登録です。

しかし、転職する気がなくても転職サイトに登録しても大丈夫なのでしょうか。

この記事では転職サイトへの登録とそのメリット、さらに登録時の注意点などについて紹介していきます。

現時点で転職するつもりでなくても登録しても良い

最初に結論をお伝えしてしまうと、転職サイトへの登録は、現時点で転職する気がなくても登録しても良いところがほとんどです。

利用規約などに「転職するつもりがないなら登録しないでください」と明記してある転職サイトはありません。

サービス提供側にとっては転職希望者という「潜在顧客」が増えるため、積極的に禁止する理由がないためと考えられます。

いたずら目的などでないかぎり、登録しても問題ないと言えます。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトでは自分で求人情報を検索し、良い案件があれば応募していくというのが基本的な利用スタイルになります。

終始自分のペースで転職活動をすすめることができ、転職サイト側から転職を急かされることはありません。

一方、転職サイトと似たサービスに転職エージェントがあります。

転職エージェントに登録すると、一人ひとりに担当のキャリアコンサルタントがつきます。

転職活動はマイペースというよりは、担当キャリアコンサルタントと適宜相談しながら進めていくところが多いです。

つまり、転職エージェントはどちらかといえば明確な転職意思がある人向けのサービスであるといえるでしょう。

将来的にいつか転職するかもしれないという人であれば、あまり気負わずに登録できる転職サイトのほうがおすすめです。

転職サイトに登録するメリット

転職サイトへの登録は基本的に無料ですし、5分程度の時間があればすぐできます。

登録すると、以下のようなさまざまなメリットが期待できます。

転職サイトに登録するメリット

  • 転職のチャンスにめぐり合える可能性がある
  • 会社や仕事への視野が広まる
  • 自分の市場価値を把握できる

転職のチャンスにめぐり合える可能性がある

求人情報を検索できる

転職サイトに登録すれば、その転職サイトに掲載されている求人情報を自由に検索できるようになります。

企業名、職種、年収帯などを指定して検索すれば、すぐに条件に適合する検索結果を閲覧することができます。

現在の会社で働くことにある程度満足していても、より理想に近い条件の会社があるかもしれません。

転職サイトに登録して日頃から積極的に情報収集を行えば、自分に本当に向いている仕事に出会える確率を高めることが期待できます。

求人情報に応募できる

もちろん求人情報を検索してただ眺めるだけでなく、良さそうな求人案件が見つかれば応募することもできます。

検索までなら登録しなくてもできるところも多いですが、登録していないと応募できないところがほとんどです。

ここで、転職サイトへの登録の際に、氏名住所をはじめ学歴・職歴や保有資格などの情報を登録します。

わざわざ1社ごとに履歴書や職務経歴書などを手書きして郵送する必要はなく、かんたんな手続きでエントリーできるところが多いです。

多くの企業の1次選考は書類審査ですので、応募手続きの負担が少ないことは転職サイト登録の大きなメリットといえます。

会社や仕事への視野が広まる

同業他社や他業種の情報が得られる

求人情報からは、求人以外の情報を読み取ることもできます。

その会社がどんな人材を求めているのか、どんな仕事であればどのくらいの給与が得られるのかなどです。

友人知人との会話の中で、お互いの給与額や年収などは話しづらいものです。

転職サイトに登録すれば、多種多様な企業の求人情報から給与額などを知ることができるようになります。

あまり興味のなかった業界が意外と高待遇だったりするのに気付くかもしれませんし、今と同じような仕事内容で、同業他社がより良い待遇を提示していることを発見できる可能性もあるでしょう。

自社を見直すことにもつながる

多くの求人情報を通じて他社の情報を知ることは、現在勤務している会社を見直すことにもつながります。

比較材料が得られたことで、自分が働いている会社を客観的に見られるようになります

他社のほうが条件が良さそうなので転職したほうがいいかもとなることもあれば、自社の良いところに気付かされることもあるかもしれません。

いずれにせよ、当面はこれまでどおり今の会社に在籍するとしても、会社や仕事に対する意識が大きく変わってきます。

自分の市場価値を把握できる

自己分析ツールがある

自己分析に使えるツールが用意されている転職サイトがあります。

例えば、自分の性格がいくつかのパターンの中のどれに近いか、自分の強みや弱みはどんなところなのか、そして自分に向いている仕事はどんな仕事なのか、などの項目を分析ができます。

いくつかのテストや質問に答えることで結果が表示され、転職サイトへの登録後はいつでも何度でも利用できることが多いです。

このようなツールを利用することで、自分に対する理解をより深めることができるでしょう。

自分が把握できていなかった強み・弱みや適性を発見できることは、転職するかどうかや転職先の選択に役立つだけではありません。

今後の中長期的なキャリアプランを考える契機となり、策定する上においても有用になるはずです。

学生時代と比べて自分が成長できたことを実感できる機会になるかもしれません。

スカウト機能がある

こちらも転職サイトによりますが、一般的にスカウト機能と呼ばれている機能を提供しているところが多いです。

これは、公開された自分のプロフィールに合った求人情報を転職サイトが選んでメールで送ってきてくれたり、または興味を持った企業からメールでアプローチされたりするというものです。

このスカウト機能のメリットは、自分で条件を考えて検索していたときには発見できなかった求人を知らせてくれるところです。

また、スカウトメールに掲載されている求人案件の内容には、その時点での自分の転職市場における評価であると考えられる部分があります。

その求人の仕事内容が転職市場から自分に期待されている仕事であり、その給与額が転職市場からの金額的な評価に近いともいえます。

登録したことが会社に知られる可能性は?

転職サイトに登録する際に気になるのが、転職サイトへの登録したという情報がが会社や周囲に漏れることはないか、というところです。

転職に対してオープンな職場もあるかもしれませんが、転職サイトに登録したことがばれてしまっただけで、その後会社に居づらくなる職場もまだ存在するはずです。

しかし、転職サイトに登録したという情報が、その転職サイト側から会社側に伝わることはありません。

転職サイト側からのではなく、転職サイトの使い方に注意すべきかもしれません。

登録時の注意点

転職サイトに登録するとき、連絡用のメールアドレスが必要になります。

当然ですが登録する際に会社のメールアドレスを使用してはいけません。

個人のメールアドレスを持っていない場合は、Gmailなどのフリーメールのアドレスを転職活動用に作っておくとよいでしょう。

また、転職サイトへの登録作業を会社のパソコンで行うことは控えてください。

転職活動用のメールアドレスを用意した上で、自分用のパソコンやスマホなどで行うようにしましょう。

各種個人情報の登録時に、ウェブブラウザ上部のアドレス欄で、アドレスの先頭に鍵マークがあることと、アドレスがhttpではなくhttpsで始まっていることの2点を確認してから入力するようにすると、さらに安全です。

スカウト機能に要注意

スカウト機能は上述のとおり、求人募集をしている企業側が登録された求職者のデータを見てアプローチするという機能です。

言い換えると、公開されている求職者の登録データを企業側が見ることができる機能でもあります。

自分が勤務している会社がその転職サイトでスカウトメールを出そうとした場合、個人が特定される可能性がないわけではありません。

スカウト機能がある転職サイトでの登録には、細心の注意が求められます。スカウト機能を利用するときには以下の点に留意してください。

ブロック機能を使う

スカウト機能によって会社に転職サイトに登録したことが伝わってしまうリスクを減らすため、転職サイトにはブロック機能が導入されています。

ブロック機能は、ブロックの対象になった企業からは自分の情報を見られなくする機能です。

勤務している会社だけでなく、関連会社や取引先の会社など、個人が特定されては困る会社をすべてブロック対象にしておけば、リスクを低減させることができます。

プロフィールの書き方に注意する

一般にスカウト機能で参照されるデータは、職務内容や経歴の部分になります。

氏名、生年月日、都道府県より下の住所、電話番号、メールアドレス、それに勤務先会社名は、見られなかったり、または公開か非公開か選べたりすることが多いです。

そこで、職務内容や経歴を記入するときに、個人を特定されないように注意する必要があります。

就業していた事業所、製品名やプロジェクト名、保有している特殊資格などは、細かく具体的に記入すればするほど、特定されることになります。

また、社内用語のほか、業界でのみ通用する専門用語などもできるだけ使用を避けることが必要です。

スカウトの精度とリスクが、ベストなバランスになるように調整して活用してください。

スカウト機能を使わない

とくに転職を急いでいるなどの事情がなければ、あえてこの機能を使わないという選択肢もあります。

その場合、登録や設定をする画面で、スカウト機能をオフにしておけばよいというところが多いです。

利用中の注意点

登録や初期設定までは終わっても、個人が特定されないためにはその後の利用でも注意が必要です。

閲覧端末と場所に注意

会社のパソコンで転職サイトにアクセスするとそのアクセス記録が残りますので、閲覧は控えるべきです。

すぐ転職するつもりはないものの、とりあえず登録したというようなケースでは会社で転職サイトを見る機会は少ないかもしれませんが、気になる人は用心すべきです。

同僚との会話に注意

同僚との会話の中で、転職サイトに登録したことを話してしまうと、噂が広がる可能性もありますので気を付けるべきでしょう。

転職サイトへの登録は早い方が良い

基本的にいつ登録してもかまわないのが転職サイトです。

転職サイト登録のタイミングは早めのほうがよい理由について見ていきます。

転職活動をせざるを得ない状況になる前に

焦った心理状態のときには冷静な判断をするのは難しくなるものです。

どうしても転職したいという状態になったときには、転職サイトの求人案件の全てが好条件に見えることもあるかもしれません。

現在の会社に満足しているが少し転職を考えているくらいのタイミングで転職サイトに登録し、日頃から情報収集しておくほうが良案件に出会う確率は高くなるでしょう。

選択肢を残しておくために

昨今は「ブラック」と呼ばれるような企業は減りつつあるものの、未だに長時間過重労働を強いられるような職場が、残念ながら存在します。

このような職場だと認識しながら働き続けると、精神的にも疲労してしまうこともあるはずです。

転職サイトに登録していろいろな求人を眺めていると、さまざまな選択肢があることに気付くことができます。

ストレスや疲労が限界を超えて転職という当たり前の選択肢を考えられなくなる前に、転職サイトに登録しておくことをおすすめします。

将来に備えるためにも転職サイトへ登録しよう

転職サイトは転職する気がなくても登録して良いかについて見てきました。

まとめ

  • 転職サイトは転職する気がなくても登録してよいところが大半
  • 登録のメリットは情報収集や自己分析などができるようになること
  • 転職活動をせざるを得ない状況になる前に登録しおくのがおすすめ

複数の転職サイトに登録しておくと、より多くの求人情報を集められるようになるでしょう。

自分の長期的なプランを考える上でも、転職サイトの特性を理解した上で、活用することをおすすめします。

代表的な転職サイトや転職サイトについてまとめた以下の記事も参考にしてください。

転職サイトのリクナビNEXTへ登録して転職を成功させる方法

doda(デューダ)へ登録して転職を成功させる方法

まとめ|20代の転職で失敗したくない人が選ぶ評判の良い転職サイト5選