20代・第二新卒に強い転職エージェントおすすめ5選【徹底比較】

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

せっかく新卒として入社したものの、仕事内容や社風が合わず転職を検討する20代の方は少なくありません。

しかし、初めての転職活動は不安がつきもの。何から始めるべきか、どのように転職先を見つければよいのか、など多くの不安・疑問が生じます。

そんな転職者の心強いサポーターとなってくれるのが転職エージェントです。

この記事では、20代・第二新卒の転職におすすめの転職エージェントをメリットや利用方法とともにご紹介します。

20代・第二新卒に強い転職エージェントおすすめ5選の要約

三行要約
  • 20代・第二新卒向け転職エージェントを利用すべき理由やメリットを知る
  • 20代・第二新卒向け転職エージェントの失敗しない選び方を知る
  • 20代・第二新卒に強いおすすめの5つの転職エージェントの特徴を知る

第二新卒向け転職エージェントとは

第二新卒向け転職エージェント

求職者の転職活動において、求人企業の紹介や書類作成、面接対策などをサポートしてくれるサービスが転職エージェントです。

転職エージェントには様々なサービスがありますが、その中には20代・第二新卒の転職者に特化した転職エージェントもあります。

第二新卒向け転職エージェントとは

  • 第二新卒向け転職エージェントの特徴
  • 転職エージェントと転職サイトの違い

第二新卒向け転職エージェントの特徴

第二新卒向けの転職エージェントの特徴は、その対象である第二新卒に特化して転職先を探してくれるところにあります。

経験者のみを対象にしておらず、「未経験可能」「各種マニュアル完備」「研修充実」をキーワードにしている企業や、一から習得する気持ちのある方の採用を積極的に望んでいる企業などの情報を持ち、多くの転職成功実績があります。

第二新卒向け転職エージェントでは、各企業の状況をしっかりとリサーチし企業の内情を踏まえて厳選した転職先を紹介してくれます。

転職エージェントと転職サイトの違い

転職活動をした場合に、転職エージェントの他に転職サイトという言葉を目にします。

転職エージェントと転職サイトの違いは、アドバイザーなどの人の関与があるか否かです。

転職サイトは、インターネット上の転職に関する情報をご自身でリサーチすることができ、誰にも干渉されずに企業を見つけられますが、その企業のことはサイト上の情報しか得られません。

一方、転職エージェントは、専任のアドバイザーが転職者の希望を把握した上で、希望条件や適正にマッチした仕事・企業を提案してくれます。

第二新卒が転職エージェントを利用すべき理由・メリット

第二新卒向け転職エージェント

初めての転職活動なら、「どのように転職活動を進めるべきか」「本当に転職先を見つけられるか」など不安がつきもの。

そんな初めて転職活動を行う第二新卒の方をサポートしてくれる存在が転職エージェントです。

以下では、第二新卒の方が転職エージェントを利用すべき理由やメリットをご紹介します。

第二新卒が転職エージェントを利用すべき理由・メリット

  • 第二新卒転職ならではの転職ノウハウが豊富
  • 20代の第二新卒を積極採用したい求人企業を紹介
  • 職歴やスキル不問!未経験OKの求人案件も見つかる

第二新卒転職ならではの転職ノウハウが豊富

第二新卒が転職エージェントを利用すべき理由・メリットの1つ目は、転職エージェントは数多くの転職を支援していることから、第二新卒の転職に関する豊富なノウハウを持っていることです。

各転職エージェントには複数のアドバイザーが在籍し、それぞれのアドバイザーが支援した転職成功事例を集約した適切な応対が受けられます。

20代の第二新卒を積極採用したい求人企業を紹介

第二新卒が転職エージェントを利用すべき理由・メリットの2つ目は、20代の第二新卒を積極的に採用したいと考えている企業を紹介してくれることです。

転職エージェントは、転職先を探している方とのコンタクトだけではなく、採用側の企業とも十分なコンタクトを行っていますので、企業側が望む人物像をしっかりと把握しています。

そのため、20代や第二新卒の採用に前向きなのか否かを説明してくれます。

職歴やスキル不問!未経験OKの求人案件も見つかる

第二新卒が転職エージェントを利用すべき理由・メリットの3つ目は、一見不利だと思える職歴やスキルがなくても応募できる企業、未経験でもOKな企業などの求人案件が見つかることです。

企業が求めている人物像の詳細な情報を提供してくれますので、転職後のミスマッチを防ぐことができます。

求人票ではスキル不問や未経験OKなどの記載がある場合でも、実際には合格しにくい企業がありますので、企業が求めている人物像を事前に確認できるのは大きなメリットと言えます。

第二新卒転職エージェントの失敗しない選び方

第二新卒向け転職エージェント

転職エージェントは数多くありますが、サポート対応や支援実績などは各サービスによって異なります。

以下では、第二新卒の方に向けて転職エージェントの選び方のポイントを3つご紹介します。

第二新卒転職エージェントの失敗しない選び方

  • 第二新卒向け求人数が豊富であるか
  • 20代第二新卒の転職サポート実績や内定率
  • 第二新卒転職者の評判・口コミ【利用満足度】

第二新卒向け求人数が豊富であるか

失敗しない転職エージェントの選び方の1つ目は、第二新卒向け求人数が豊富であるところを選ぶことです。

各転職エージェントには数多くの求人情報があり、その転職エージェントだけの限定求人やサイトなどには出ていない非公開求人などがあります。

ただし、求人案件のすべてが第二新卒を対象にしているわけではありません。

全体の求人数で転職エージェントを決定するのではなく、第二新卒向けの求人数が豊富な転職エージェントを選びましょう。

20代第二新卒の転職サポート実績や内定率

失敗しない転職エージェントの選び方の2つ目は、20代・第二新卒の転職サポート実績や内定率を参考にすることです。

各転職エージェントの実績や内定率はホームページなどで確認できますが、実績の対象が20代や第二新卒のことだけなのか、30代や40代などの転職も含まれたものなのかによって、その転職エージェントの得意分野が違ってきます。

同じ転職でも、20代や第二新卒と30代や40代などの場合とではアプローチが違いますので、20代や第二新卒での実績や内定率が高い転職エージェントを選びましょう。

第二新卒転職者の評判・口コミ【利用満足度】

失敗しない転職エージェントの選び方の3つ目は、転職者からの評判や口コミが良いエージェントを選ぶことです。

まずは、各転職エージェントの評判や口コミ、利用満足度をインターネットなどで検索して見てみましょう。

ただ、この評判や口コミを鵜呑みにするのではなく、あくまでも参考とし、自身と相性の良さそうな転職エージェントへアプローチしてみましょう。

第二新卒に強い転職エージェントおすすめ5選

第二新卒向け転職エージェント

第二新卒に強い転職エージェントおすすめ5選

  • おすすめ1.第二新卒エージェントneo
  • おすすめ2.ハタラクティブ
  • おすすめ3.就職Shop
  • おすすめ4.マイナビジョブ20’s
  • おすすめ5.DYM就職

ここからは、第二新卒に強いおすすめの転職エージェントを5つご紹介します。

複数の転職エージェントへ登録するなどして、自身と相性の良い転職エージェントを見つけましょう。

おすすめ1. 第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneo

第二新卒に強いおすすめ転職エージェントの1つ目は、第二新卒エージェントneoです。

第二新卒エージェントneoは、人材関連事業を行う株式会社ネオキャリアが運営する20代・第二新卒向けの転職支援サービスです。

名前に第二新卒と銘打っている通り、20代・第二新卒を対象とした数多くの転職支援実績と未経験者でも応募できる求人を多数保有していることが特徴です。

第二新卒エージェントneoのアドバイザーは、ブラック企業ではないことなど、転職先企業の実情を詳しく説明してくれますので、安心してお任せできます。

第二新卒となる転職者のニーズと迎え入れる企業のニーズをしっかりとマッチングした企業の紹介が受けられます。

転職サイト名 第二新卒エージェントneo
運営企業 株式会社ネオキャリア
求人件数 5,000件以上(2020年2月現在)
主な求人業種 IT/サービス/小売/不動産
主な求人職種 営業/企画/販売/接客/事務/エンジニア
求人対応エリア 日本全国
公式サイト 「第二新卒エージェントneo」公式サイト

おすすめ2. ハタラクティブ

ハタラクティブ

第二新卒に強いおすすめ転職エージェント2つ目は、ハタラクティブです。

人材派遣などを行っているレバレジーズ株式会社が運営する転職エージェントで、未経験層に特化した転職支援を展開していることが特徴です。

ハタラクティブでは、アドバイザーが実際に企業を訪問して状況を確認した企業が数多く登録されています。

また、ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングにより、自身に向いている仕事や求められている仕事がわかります。

未経験が求められる職種や業種の中からプロ目線で企業を選んでくれますので、ハタラクティブでは高い書類審査通過率や内定率を実現しています。

転職サイト名 ハタラクティブ
運営企業 レバレジーズ株式会社
求人件数 非公開
主な求人業種 メーカー/人材紹介・人材派遣/IT・通信/美容・利用/流通・小売/アウトソーシング/コンサルティング/外食/商社/介護
主な求人職種 営業/事務・アシスタント/企画・管理・クリエイティブ/IT・通信系エンジニア/モノづくり系エンジニア/建築・土木系エンジニア/販売・サービス
求人対応エリア 日本全国
公式サイト 「ハタラクティブ」公式サイト

おすすめ3. 就職Shop

就職Shop

第二新卒に強いおすすめ転職エージェント3つ目は、就職Shopです。

就職Shopは、人材紹介大手リクルートのグループ企業である「株式会社リクルートキャリア」が運営する転職エージェントです。

就職Shopのキャリアコーディネーターは、転職者だけではなく企業の人事担当者とも面談を行っていますので、双方の求めているものをしっかりと把握してマッチングし、長く勤められる企業をおすすめしてくれます。

単に「転職できれば良い」という考え方ではなく、転職者が大きく成長できる企業への転職をサポートしたいというコンセプトで、転職活動に自信がない転職者に寄り添った個別のサポートをしてくれます。

転職サイト名 就職Shop
運営企業 株式会社リクルートキャリア
求人件数 8,500件以上(2020年2月現在)
主な求人業種 メーカー/IT・通信/商社/サービス/不動産・建設/流通・小売
主な求人職種 営業/事務・企画/技術系(IT・製造・その他)/サービス・販売
求人対応エリア 日本全国
公式サイト 「就職Shop」公式サイト

おすすめ4. マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20's

第二新卒に強いおすすめ転職エージェント4つ目は、マイナビジョブ20’sです。

株式会社マイナビの関連企業である株式会社マイナビワークスが、20代や第二新卒向けに展開している転職エージェントです。

全求人が20代や第二新卒者を対象にしていることが特徴で、未経験の職種や業種であっても応募できる求人が多数あります。

マイナビジョブ20’sでは、20代や第二新卒の転職市場を熟知した専任アドバイザーがマンツーマンで、「転職の始まりから内定」までのすべてをサポートしてくれます。

マイナビジョブ20’sでは、親会社のマイナビが所有している豊富な転職や就職に関するノウハウを活かしたアドバイスが受けられます。

サービス名 マイナビジョブ20’s
運営企業 株式会社マイナビワークス
求人件数 約2,500件(2020年3月現在)
主な求人業種 IT・通信・インターネット/メーカー/商社/サービス・レジャー/流通・小売・フード/マスコミ・広告・デザイン/金融・保険/コンサルティング/不動産・建設・設備/運輸・交通・物流・倉庫/環境・エネルギー/公的機関
主な求人職種 営業/事務・管理・企画・経営/販売・フード・アミューズメント/美容・ブライダル・ホテル・交通/WEB・インターネット・ゲーム/クリエイティブ/ITエンジニア/電気・電子・機械・半導体/医薬・食品・化学・素材/建築・土木/コンサルタント/金融・不動産専門職・士業/医療・福祉/保育・教育・通訳
求人対応エリア 首都圏(東京・埼玉・千葉・神奈川)/東海(愛知・岐阜・三重)/関西(大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀)
公式サイト 「マイナビジョブ20’s」公式サイト

おすすめ5. DYM就職

DYM就職

第二新卒に強いおすすめ転職エージェント5つ目は、DYM就職です。

DYM就職は、第二新卒や未経験から正社員になる方を対象とした転職エージェントで、企業との太いパイプにより、採用担当者や社長に直接交渉しながら転職先とのマッチングを進めています。

大手や優良企業の求人が多いことが特徴で、DYM就職のエージェントと呼ばれるアドバイザーが、二人三脚で転職できるまでサポートしてくれます。

DYM就職では、書類選考がなく面接から就職活動が始まりますので、書類選考による不合格という挫折を味わうことがありません。

転職サイト名 DYM就職
運営企業 株式会社DYM
求人件数 2000件(2020年2月現在)
主な求人業種 メーカー/IT・情報通信/医療・製薬・福祉/コンサルティング/商社/マスコミ・広告・出版/運輸・交通・物流・倉庫/インフラ・エネルギー/百貨店・小売/金融/建設・不動産・住宅/サービス
主な求人職種 商品企画・プランニング/人事・労務・総務・法務/貿易事務・国際事務/営業(企業向け)/スーパーバイザー/プログラマー/機械・電機・電子機器設計/建築・土木技術者/講師・インストラクター/介護・ 社会福祉士
求人対応エリア 日本全国
公式サイト 「DYM就職」公式サイト

第二新卒向け転職エージェントの利用方法【内定までの流れ】

第二新卒向け転職エージェント

第二新卒向け転職エージェントの利用方法について、最初に行う転職エージェントへの会員登録から内定に至るまで詳しくご紹介していきます。

第二新卒向け転職エージェントの利用方法【内定までの流れ】

  • ステップ1. 転職エージェントの公式サイトから会員登録
  • ステップ2. キャリアアドバイザーと面談・ヒアリング
  • ステップ3. 希望条件や適正に合った求人企業の紹介
  • ステップ4. 経歴書・職務経歴書の作成や面接対策
  • ステップ5. 内定獲得!入社日や給与条件の交渉も代行

ステップ1. 転職エージェントの公式サイトから会員登録

転職エージェントを利用するには、その転職エージェントに会員登録することが必要です。

各転職エージェントの公式サイトにアクセスし、新規登録を行います。

転職エージェントによって多少違いはありますが、氏名や生年月日などの基本情報や学歴や職歴など、1分程度で入力できるものとなっています。

ステップ2. キャリアアドバイザーと面談・ヒアリング

転職エージェントの会員登録が終了すると、転職エージェントから連絡が来ますので、面談方法や面談日を決定します。

その面談やヒアリングで経歴や転職先企業として考えている条件や待遇、転職に対する思いや悩みを伝えます。

面談・ヒアリング前には、希望条件や自己アピールポイントなどを整理しておき、細かな内容も相談・依頼できるようにしておきましょう。

ステップ3. 希望条件や適正に合った求人企業の紹介

面談やヒアリングの内容を元に、希望条件や適性に合った求人企業を紹介してもらいます。

紹介のあった企業に必ず応募する必要はありませんので、納得いくまでアドバイザーとやりとりしましょう。

すべてが希望条件に合致することは稀ですが、細かなことでも徹底的にアドバイザーに確認していきましょう。

ステップ4. 経歴書・職務経歴書の作成や面接対策

応募する企業が決定したら、履歴書や経歴書・職務経歴書を作成します。

書類選考における重要な書類ですが、転職エージェントのアドバイザーがしっかりと添削をしてくれますので安心です。

同時に、面接試験対策を模擬面接の形で行ってくれる転職エージェントもありますので、積極的に活用しましょう。

転職エージェントでは、相手企業の求めている人物像を把握した上で書類作成や面接応対のアドバイスをしてくれます。

ステップ5. 内定獲得!入社日や給与条件の交渉も代行

内定の連絡は、転職エージェントのアドバイザーから来るのが一般的です。

内定の連絡に対して、内定先企業に転職するのか否かを返答しましょう。

内定獲得後もアドバイザーには、入社日や給与条件の交渉の代行や退職手続きなど、細かなことまで相談できます。

第二新卒転職エージェントの効果的な活用方法ポイント3つ

第二新卒向け転職エージェント

ここからは、第二新卒向け転職エージェントの効果的な活用方法のポイントを3つご紹介します。

第二新卒転職エージェントの効果的な活用方法ポイント3つ

  • 1. キャリアアドバイザーとはこまめに連絡(2週に1回程度)
  • 2. キャリアアドバイザーが作成した推薦文を確認させてもらう
  • 3. 対応やサポートに不満がある場合は担当変更を依頼する

1. キャリアアドバイザーとはこまめに連絡(2週に1回程度)

第二新卒が転職エージェントを効果的に活用するポイントの1つ目は、キャリアアドバイザーと定期的に連絡を取ることです。

キャリアアドバイザーには、目標としている転職成功数があります。そのため、転職活動に積極的な転職者に対して、求人の紹介を優先するという実態があります。

キャリアアドバイザーとは2週に1回程度を目安に連絡を取り、転職活動に対して意欲的な姿勢を示すようにしましょう。

2. キャリアアドバイザーが作成した推薦文を確認させてもらう

第二新卒が転職エージェントを効果的に活用するポイントの2つ目は、企業に渡っている自身の情報を確認することです。

キャリアアドバイザーは、転職者との面談やヒアリングから得た情報をもとに企業への推薦文を作成します。

推薦文は企業が転職者に興味を持つきっかけとなる重要な書類です。

しかし、転職エージェントのキャリアアドバイザーによっては、履歴書を転記しただけのような内容になっていることがあります。

このような内容では、転職者の魅力が十分に企業へ伝わりません。

推薦文の内容によって有利な転職活動につながらない可能性がありますので、推薦文を確認させてもらうようにしましょう。

3. 対応やサポートに不満がある場合は担当変更を依頼する

第二新卒が転職エージェントを効果的に活用するポイントの3つ目は、転職活動に対して親身に応対してくれるかどうかを判断することです。

キャリアアドバイザーにもいろいろなタイプの方がいますので、必ずしも相性が合うとは限りません。

対応やサポートに不満がある場合は、遠慮せずに担当キャリアアドバイザーの変更を依頼しましょう。

【FAQ】第二新卒の転職エージェントについて多い質問

第二新卒向け転職エージェント

第二新卒の転職者が転職エージェントを利用するときに悩んでいることは、どのようなことなのでしょうか。

第二新卒の転職エージェントに関して、第二新卒の転職者から多く寄せられる質問を3つご紹介します。

【FAQ】第二新卒の転職エージェントについて多い質問

  • Q1. 求人紹介や内定獲得時に成功報酬の料金が発生する?
  • Q2. 内定獲得までの平均期間や目安はどれくらい?
  • Q3. 第二新卒転職エージェントは在職中でも登録できる?

Q1. 求人紹介や内定獲得時に成功報酬の料金が発生する?

転職エージェントを利用して求人の紹介や内定を獲得したとしても、成功報酬などの料金は発生しません。

これらの費用はすべて転職者を受け入れる企業が負担していますので、あなたが転職エージェントに支払うものはありません。

Q2. 内定獲得までの平均期間や目安はどれくらい?

転職エージェントを利用した転職者の内定獲得までにかかる期間は、概ね3ヶ月から6ヶ月であることが多いです。

転職者のキャリアや希望条件などによって、転職活動にかかる期間は異なります。転職活動においては、早めの準備とスタートを心がけましょう。

Q3. 第二新卒転職エージェントは在職中でも登録できる?

在職中でも転職エージェントへの会員登録は可能です。

また、転職エージェントに登録したことが在職企業に伝わることはありません。

転職を考え始めたときから転職エージェントへ登録するなど、転職に関する準備を早めに行うようにしましょう。

第二新卒は転職エージェントを利用して転職を成功させよう!

第二新卒向け転職エージェント

ここまでは第二新卒の方に向けて、転職エージェントの利用メリットやおすすめの転職エージェントについて紹介してきました。

転職活動には不安がつきものですが、転職エージェントを利用することにより、ひとりで現状を抱え込まずに心強く進めていくことができます。

応募に必要な履歴書・職務経歴書の作成や面接対策も行ってくれるため、現職で忙しい転職者にとっては心強いサポーターとなってくれます。

これから転職を検討されている第二新卒の方は、ぜひ本記事を参考にしながら転職活動の第一歩をスタートさせてください。