無期雇用派遣とは?正社員・登録型派遣の違いとメリット・デメリット

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

無期雇用派遣になると、派遣されていない期間がなくなり収入が安定するため、登録型派遣社員よりも正社員に近い働き方ができるようになります。

36協定の締結対象となるような残業があることは少なく、家庭との両立がしやすいなどのメリットがあります。

その一方で、派遣先となる企業の選択自由がほぼなくなったり、あまり昇給しにくいなどのデメリットもあります。

この記事では無期雇用派遣について登録型派遣や正社員と比べたメリットおよびデメリットに着目しながら説明します。

無期雇用派遣とは?正社員・登録型派遣の違いとメリット・デメリット要約

3行要約
  • 派遣会社との間で無期労働契約を締結するのが無期雇用派遣である
  • 登録型派遣と比べて収入面や雇用面で安定するが、派遣特有の自由を失う
  • 同じ無期雇用といっても、正社員より下回っている面も多い

無期雇用派遣とは

無期雇用派遣とは

  • 無期雇用派遣の概要
  • 無期雇用派遣になる2つのルート

無期雇用派遣の概要

派遣で働く形態としては、「登録型派遣」と「常用型派遣」の2つがあります。

○労働者派遣の形態について(登録型、常用型)
労働者派遣事業を行う派遣元事業主は、一般的に労働者派遣を行う労働者の雇用形態によって、登録型派遣と常用型派遣に分けられます。

労働者派遣される労働者が、派遣元に常用雇用される方のみである場合を「常用型派遣」、派遣労働を希望する労働者があらかじめ派遣元事業主に登録しておき、派遣時に一定の期間を定めて派遣労働者を雇用する場合を「登録型派遣」と呼ばれています。

厚生労働省|労働者派遣制度について

常用型派遣が正式名称ですが、一般には「無期雇用型派遣」や「特定派遣」や「正社員型派遣」などとも呼ばれています(この記事では無期雇用派遣で統一します)。

契約期間が無期なので安定

無期雇用派遣では、派遣会社との間で無期雇用の契約を結んだうえで、派遣先に派遣されて就業することになります。

その後、派遣先での派遣期間が終了しても、派遣会社との契約が継続していれば収入が途切れることはありません

また、原則として派遣では同じ派遣先の同じ部署で3年を超えて働くことはできませんが、無期雇用派遣にはこのルールが適用されないため、同一の派遣先で長期間継続して働くこともできるようになります。

このような安定した働き方が可能になるのが無期雇用派遣です。

無期雇用派遣での仕事内容

無期雇用派遣は、専門性がある優秀な理系人材を柔軟に活用したいという企業を中心に広く利用されています。

たとえば、ITエンジニアやプログラマなどの情報技術職系、中長期のプロジェクトを抱える研究・開発部門職系、生産管理や工事管理などの技術職系です。

これら理系の専門分野だけではなく、一般事務や総務事務などの事務職系、営業・販売職系、さらに介護・福祉職系などでも無期雇用派遣が活発に行われるようになってきました

とくに事務職系では、未経験からでも始められるように研修を行ったりサポート体制を整えたりしている派遣会社もみられます。

無期雇用派遣になる2つのルート

無期雇用派遣になるには、派遣会社での選考・採用を経て当初から無期雇用契約を結ぶ方法と、通算有期契約期間5年超で無期転換を申し出る方法の2つがあります。

派遣会社での選考を経て採用される

派遣会社では無期雇用派遣の選考を行っていることがあります。

この選考は派遣会社との間で無期雇用契約を締結する人を選ぶためのもので、一般の会社で行う正社員の選考とほぼ同様です。

書類審査、筆記試験、面接などを経て、もし採用されれば始めから派遣会社と無期雇用契約を結ぶことができます。

その後は派遣会社に所属する立場で、さまざまな派遣先に派遣されて働くことになります。

有期契約期間5年超で無期転換権を行使する

平成25年(2013年)4月1日に改正労働契約法が施行され、有期雇用の登録型派遣で働き始めても、継続して契約を更新して通算で5年を超えて働けば、無期雇用転換権を得られることになりました。

第十八条 同一の使用者との間で締結された二以上の有期労働契約(契約期間の始期の到来前のものを除く。以下この条において同じ。)の契約期間を通算した期間(次項において「通算契約期間」という。)が五年を超える労働者が、当該使用者に対し、現に締結している有期労働契約の契約期間が満了する日までの間に、当該満了する日の翌日から労務が提供される期間の定めのない労働契約の締結の申込みをしたときは、使用者は当該申込みを承諾したものとみなす。この場合において、当該申込みに係る期間の定めのない労働契約の内容である労働条件は、現に締結している有期労働契約の内容である労働条件(契約期間を除く。)と同一の労働条件(当該労働条件(契約期間を除く。)について別段の定めがある部分を除く。)とする。

eGov|労働契約法

無期雇用転換権を得るための主な条件は、以下のとおりです。

無期雇用転換権を得るための主な条件

  • 契約開始日が2013年4月1日以降の有期雇用契約期間が、通算で5年を超えていること(5年では不足)
  • 同一の使用者(派遣会社)との間で、2以上の雇用契約(つまり契約更新回数が1回以上)があること
  • 無期転換への申し込みの時点において、上記同一の使用者との間で有期雇用契約を締結していること

無期雇用転換権が得られた場合、権利の行使として無期転換を申し込めばその時点で無期雇用契約が成立し、使用者はこれを拒むことができません。

なお、無期転換を申し込むかどうかは労働者側の意思で自由に選択することができますので、無期雇用にならず有期雇用のままでいることも可能です。

詳しくは無期転換に関する厚生労働省のサイトを参考にしてください。

厚生労働省|有期契約労働者の無期転換ポータルサイト

待機期間が一定期間続くと通算有期雇用契約期間がゼロになってしまうクーリングや、無期転換後の労働条件などについても述べられています。

無期雇用派遣と登録型派遣の比較

無期雇用派遣と登録型派遣の比較

  • 登録型派遣と比較した無期雇用派遣のメリット
  • 登録型派遣と比較した無期雇用派遣のデメリット

無期雇用派遣と登録型派遣で、一般的な項目について比較しまとめたのが次の表です。

無期雇用派遣 登録型派遣
働くためには 選考・採用または通算5年超 登録のみ
雇用契約の相手方 派遣会社 派遣会社
雇用期間の定め なし(無期) あり(有期、派遣先が決まる都度)
給与 月給制(固定) 時給制(派遣先により異なる)
労働者の派遣先選択権 ほぼなし あり
派遣先3年ルール 適用されない 適用される
派遣契約終了時点 派遣会社との雇用契約は継続 契約終了

登録型派遣と比較した無期雇用派遣のメリット

登録型派遣と比較した無期雇用派遣のメリット

  • 収入が途切れなくなる
  • 月給制であるため収入の変動がなくなる
  • 派遣先が途切れなくなる
  • 3年を超えて同一派遣先で働くことができる
  • 派遣会社の福利厚生を享受できる
  • スキルアップしやすい

収入が途切れなくなる

登録型派遣では、派遣会社に派遣希望をあらかじめ登録しておき、派遣のたびに派遣会社と有期雇用契約を締結し、派遣期間終了により契約も終了します。

契約が終了すれば派遣会社との間には登録関係しか残らないため、給与が支給されることはありません。

しかし無期雇用派遣では、派遣会社との無期雇用契約が継続しているかぎり、ある派遣先との派遣契約が終わっても(派遣先で働いていない待機期間でも)、毎月決まった額の給与が安定して支給されることになります。

月給制であるため収入の変動がなくなる

登録型派遣では時給制が採用されていることが多く、休日には給与が発生しません。

たとえば、ゴールデンウィークや年末年始であったり、派遣先が何らかの理由で数日間の休業期間を設けたりすると、その期間中は無給ということになってしまいます。

そのため、もし継続して働いていたとしても、月によって収入に数万円程度の変動があることが珍しくありません。

これに対し、無期雇用派遣では月給制が一般的です。

月給制なので、その月の土日や祝日の日数が何日であっても、1ヶ月の勤務日数や時間によらず、支給額は変わらず一定です。

派遣先が途切れなくなる

登録型派遣では、派遣先での就業期間が終わると、収入だけでなくキャリアが途絶えてしまう可能性があります。

無期雇用派遣では派遣会社が次の派遣先を指示してくれるため、このような不安を持つことなく安心して働けます。

また、年齢を重ねていくと就業先が減ってしまうのではないかという不安から開放されることにもつながりますし、就業を継続することで、長期的な観点でキャリアを磨くことができるようになります。

3年を超えて同一派遣先で働くことができる

第三十五条の三 派遣元事業主は、派遣先の事業所その他派遣就業の場所における組織単位ごとの業務について、三年を超える期間継続して同一の派遣労働者に係る労働者派遣(第四十条の二第一項各号のいずれかに該当するものを除く。)を行つてはならない。

第四十条の二 派遣先は、当該派遣先の事業所その他派遣就業の場所ごとの業務について、派遣元事業主から派遣可能期間を超える期間継続して労働者派遣の役務の提供を受けてはならない。ただし、当該労働者派遣が次の各号のいずれかに該当するものであるときは、この限りでない。
一 無期雇用派遣労働者に係る労働者派遣

eGov|労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律

労働者派遣法には「3年を超えて同一の派遣先の同一の業務で働いてはならない」という制限があり、登録型派遣では3年目を迎える日が「抵触日」とも呼ばれています。

しかし、無期雇用派遣にはこの制限は適用されず、期間の上限なしに同一の派遣先で働き続けることができます

短期間でいくつもの派遣先を転々とした場合、業務を覚えたり職場や人間関係に馴染んだりするのに苦労することが多いです。

無期雇用派遣ではこのようなことに煩わされず、長期的に安定して就業できる可能性があります。

派遣会社の福利厚生を享受できる

無期雇用の派遣社員になると、派遣会社から提供される福利厚生の恩恵を享受することができます。

法的に義務のある健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金はもちろん、各社独自の手当や施設・サービスの割引などがあります。

産休や育休のほか、ベビーシッター割引サービスなどがあれば、若い世代にとって心強い味方になりえます。

スキルアップしやすい

登録型派遣は基本的にその場その場での単発の雇用契約となることが多く、派遣会社としては派遣社員を長期的に育成するという動機がはたらきにくいです。

これに対し、無期雇用派遣では派遣会社が長期的に雇用することになるため、研修制度があったり、キャリアアドバイザーが相談に乗ったりといったことが行われているところがあります。

同一の派遣先で長期間継続して働くこともスキルアップしやすい要因であることは、すでに述べたとおりです。

登録型派遣と比較した無期雇用派遣のデメリット

登録型派遣と比較した無期雇用派遣のデメリット

  • 派遣先を選ぶ自由があまりない
  • 休みがとりにくい
  • すぐには無期雇用派遣になれない
  • 給与額が登録型派遣より低くなることがある

派遣先を選ぶ自由があまりない

登録型派遣では自分が働きたい派遣先を自分で選ぶことができ、気が進まない派遣先を紹介されても断ることも可能です。

しかし無期雇用派遣では、基本的に派遣会社から指定された派遣先に派遣されることになり、自分では選べない可能性が高くなります。

  • 希望する仕事内容と異なる
  • 勤務地が遠いため通勤時間が長くなる(転居の必要性も)
  • 労働条件が良くない(残業が多いなど)
  • 短期間で派遣先が次々変わる

このような場合でも断ることはできず、途中で派遣先を変更してもらうことも容易ではありません。

つまり、派遣で働く上での最大のメリットともいえる、いつどこで働くかを決める自由をほぼ失ってしまうことになります。

選択権を完全に失うわけではないかもしれませんが、いつどこに派遣するかの主導権を派遣会社側に握られるわけです。

休みがとりにくい

登録型派遣では、ある派遣契約が終了してから次の派遣契約までに間がある場合、長期の旅行をしたり趣味を楽しんだり家族との時間をとったり資格取得の勉強をしたりと、休みの期間を自由に過ごすことができます。

一方、無期雇用派遣では、基本的に週5日以上のフルタイム勤務となり、正社員などと同様に土日祝以外に休日はなくなるケースが多いです。

また、派遣会社は派遣契約の切れ目を作らないためのつなぎの業務を用意するなどするので、派遣契約の間で休みをとることは難しくなります

すぐには無期雇用派遣になれない

派遣会社に登録さえすれば派遣先を紹介してもらえるので、登録型派遣として働くのは比較的容易です。

しかし、すでに紹介したように、無期雇用派遣になるのは登録型派遣ほど簡単ではありません。

選考や通算5年超ルールがあるため、今すぐに誰でも無期雇用派遣になれるわけではないのです。

選考では、一般的な就職試験のような書類選考や筆記試験、数度におよぶ面接などの採用試験をすべて通過する必要があります。

そのうえ、無期雇用派遣の選考だからといって正社員の選考よりも基準が緩いわけではありません。

学歴や職歴、保有資格などの一般的な選考基準に加え、働くモチベーションの高さや新しい環境への対応力などを徹底してチェックされ、むしろ正社員の選考よりも厳しいとさえ言える部分もあります。

また、通算5年超ルールの適用対象となり無期転換権を得るためには、有期雇用派遣で継続して契約してもらえるだけの実績や信頼を積み重ねていくことが求められます。

給与額が登録型派遣より低くなることがある

無期雇用派遣では月給制なので毎月ほぼ安定した支給額が得られますが、派遣先が変わっても月給額が変わりません

そのため、高い時給額が設定されている派遣先の場合、登録型派遣よりもの支給額が少なくなることがあります。

また、いったん月給額が決まってしまうと、あまり昇給額は大きくないといわれています。

無期雇用派遣と正社員の比較

無期雇用派遣と正社員の比較

  • 正社員と比較した無期雇用派遣のメリット
  • 正社員と比較した無期雇用派遣のデメリット

無期雇用派遣と正社員の比較してみると、似ている部分が多いように見えますが、実際にはさまざまな点で異なります

無期雇用派遣 正社員
雇用主 派遣会社(派遣先ではない) 勤務先
雇用形態 直接雇用(派遣会社と) 直接雇用
雇用期間 無期 無期
給与制度 月給制 月給制
賞与制度 あり あり

正社員と比較した無期雇用派遣のメリット

正社員と比較した無期雇用派遣のメリット

  • サービス残業がない
  • 業務外での付き合いを強要されにくい

サービス残業がない

正社員の残業代については、

  • 残業した分だけきちんと支払われる
  • みなし残業として一定額が支払われる
  • サービス残業が常態化していて支払われない

など会社によってさまざまですが、働く立場としてはサービス残業だけは避けたいところです。

無期雇用派遣では、派遣会社と派遣先が派遣契約を締結し、残業代も含めて働いた分の派遣料金を請求することになります。

派遣社員の労働時間(残業時間を含む)は派遣会社と派遣先の双方で管理することになっていますので、過度な残業を命じられるリスクは少ないといえます。

業務外での付き合いを強要されにくい

正社員で働いている場合、新年会や歓送迎会や忘年会、そしてゴルフコンペや社内旅行など、仕事を離れたところでも社内での付き合いの延長があります。

これらへの参加は正社員であればほぼ強制であることが多いですが、無期雇用派遣では参加を強制されることは少なめです。

そこにある種の疎外感を感じる人もいるかもしれませんが、仕事上の人間関係をプライベートと切り離したい人には好都合な部分でもあります。

正社員と比較した無期雇用派遣のデメリット

正社員と比較した無期雇用派遣のデメリット

  • 無期雇用の中身が劣るところがある
  • キャリアアップしにくい
  • 無期雇用派遣から正社員になるのは難しい
  • 無期雇用派遣でも解雇されないわけではない

無期雇用の中身が劣るところがある

無期雇用派遣と正社員の比較表で、

  • 雇用期間が無期
  • 給与制度が月給制
  • 賞与制度がある

などの共通点がありました。

ただし、無期雇用派遣と正社員では、無期雇用の中身が異なります。

派遣先の正社員に比べると、

  • 月給が低めである
  • 賞与は少なめである
  • 退職金も少なめである
  • 昇給幅が小さめである
  • 福利厚生の内容が薄めである

など、同じ無期雇用という雇用形態でも、内容で明らかに下回っています(派遣先の正社員と同じ仕事をしているなら、同一労働同一賃金の導入によって不合理な待遇差が縮まる可能性はあります)。

さらに言えば、派遣先の正社員だけでなく、派遣会社の正社員と比べても低い場合もあります

なお、利用できる福利厚生は派遣会社のものであり、派遣先のものは基本的に利用できませんし、無期転換によって正社員になれるわけではありません。

キャリアアップしにくい

無期雇用派遣は、登録型派遣と比べればキャリアアップしやすくても、正社員と比べるとキャリアアップしにくいといわざるを得ません。

無期であれ有期であれ派遣は派遣なので、派遣先で任される仕事は責任のある仕事よりも雑務が多めですし、課長や部長などへと役職的に昇進することはありません。

長期間働くことで個人的にスキルを伸ばすことは不可能ではありませんが、やはり正社員と比べると頭打ちになる傾向は否めないところです。

新卒派遣や第二新卒で無期雇用派遣を選んだ若手世代の人なら、次第に「派遣のままでいいのか」と不安になり、「やはり正社員にならなくては」と考えるようになる可能性があります。

無期雇用派遣から正社員になるのは難しい

比較の観点からはやや外れますが、無期雇用派遣の派遣先で正社員になるのはかなり困難です。

派遣先に直接雇用制度があれば可能性が全くないわけではありませんが、相当に優秀な派遣社員でなければ難しいでしょう。

正社員をめざす派遣なら紹介予定派遣のほうが可能性は高いですし、転職サイトや転職エージェントを活用して転職活動したほうが早いことが多いです。

無期雇用派遣でも解雇されないわけではない

これも比較の観点からは外れますが、無期雇用派遣であってもつねに雇用の保障がされているわけではありません

  • 新たな派遣先が見つからなかった
  • 指示された派遣先への派遣を拒否した
  • 派遣会社の経営状態が悪化した
  • その他やむを得ない事情があった

このような場合、無期雇用派遣でも解雇されることがあります。

無期雇用派遣を選ぶなら特徴を理解してから

無期雇用派遣について紹介してきました。

以下がこの記事のまとめです。

まとめ

  • 派遣会社と無期労働契約を締結するのが無期雇用派遣
  • 無期雇用派遣へのルートは選考・採用または有期通算5年超の2つ
  • 収入面や雇用面で登録型派遣よりも安定するが、いつどこで働くかを選べる自由度はほぼなくなる
  • 同じ無期雇用といっても、正社員に比べると待遇がほぼ全面的に劣っている

働き方には正社員と登録型派遣だけでなく、その中間的な選択肢として無期雇用派遣があります。

さまざまな働き方の特徴やメリット・デメリットなどを理解したうえで、自分に合った働き方を選ぶことが大切です。