プログラム初心者が最初に覚えたい開発言語ランキング

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

現在では、さまざまな業務がシステム化しておりIT人材が重宝されています。

実際にIT業界では人手不足で悩んでいる企業が多く、エンジニアは求められています。

転職を有利に進めるためにプログラミングに挑戦する人も増えていますが、まずは自分に適したプログラミング言語を選ぶことが大切です。

ここからは、プログラミングの初心者が最初に覚えたい開発言語を紹介します。

プログラミング言語を覚えるときの注意点


プログラミング言語の習得は簡単なことではありません。覚えるときには注意点を押さえておくことが大切です。

プログラミング言語を覚えるときの注意点

  • 目標がないと挫折しやすい
  • 覚えることが多い
  • 実践する必要がある

目標がないと挫折しやすい

プログラミング言語の習得に挑戦する人は多いですが、同時に挫折する人も多いです。それは基礎・基本を覚えてプログラミングに慣れるまでに時間がかかるからです。

特に経験がない人であれば、何から始めれば良いのか分からないケースが多くあります。他にも、プログラミングは基本的に英語なので、そもそも英語が苦手な方は覚えにくいと感じることが多くあります。

実際に、インターネットなどで調べてプログラミングを勉強しようとしても情報が溢れていて、どのように勉強すれば良いか分かりにくいです。「プログラミング」と一言で表現しても、目的や種類によって内容は大きくことなります。

まずは、「何のために」プログラミングを勉強するのか、自分の目的を明確にすることが大切です。挫折しないためには目標を立てることも重要です。

「ただ、なんとなく」で始めた人の大半は、ハードルが高いプログラミングの内容を越えられません。「転職に成功したい」「〇〇系のシステム・アプリを作りたい」など、目標を立てることで学習のモチベーションに繋がり勉強を継続しやすくなります。

プログラミング言語は覚えることが多い

プログラミングの学習が挫折しやすい最大の理由は、覚えることが多いことです。プログラミング業界の中では、短期間で新しい情報が生まれます。もちろん基本となるコードなどは覚えないといけませんが、全てのコードや情報を覚えるのは難しいです。

仕事としてプログラミングを行っているプロの人でも、全く何も見ずにコードを記述する方は多くありません。

実践的なプログラミングを行うためには、どのようにすれば効率良くプログラムを組めるか自分なりにルールを決め、少しずつ記述するスピードを上げていくことが求められます。

プログラムを実践する必要がある

プログラミングの勉強を進めるときに必要なことは、実際にコードを書いてみることです。知識だけ身につけても実際に開発現場ではあまり使えません。

それは、プログラミングは少しでもミスがあるとエラーが発生します。初心者の方は特にエラーの量が多く、何を間違えているのか分からないと感じる人も多くいます。

これは仕事としてプログラミングをするときも同様ですが、エラーが発生するとプログラムは正常に動かないため、エラーの原因を探さなければなりません。

初心者の方はこのエラーを見つけることができず、挫折してしまうこともあります

このエラーを検索して解決する能力が、エンジニアに求められます。もし、参考書だけで知識を深めた方であれば、実践経験がないためエラーに対処できないです。エラーの対処は経験値による部分が大きいです。

プログラムの学習を始める前に、実践する必要があることを押さえるのが大事です。

初心者におすすめのプログラム言語の習得方法


プログラミングの学習はハードルが高いので、自分に合った方法で学習するのがポイントです。

一般的には参考書などを見て学習する人が多いですが、独学で勉強すると分からない部分を質問できないので、問題を解決できずに挫折してしまうことも多いです。

まずは、初心者におすすめのプログラミング言語を習得する方法を押さえるのが有効です。

初心者におすすめのプログラム言語の習得方法

  • プログラミングスクール
  • オンラインスクール
  • 就職サポートサービス

プログラミングスクール

確実性を重視してプログラミングの勉強をする際には、オフライン型のプログラミングスクールに通うのがおすすめです。オフラインとは、実際に教室があり講義がある時間に合わせて通って学ぶ、学習塾スタイルのことです。

プログラミングのことで不明点があれば、講師にそのまま質問できるので、問題を解決しながら着実に実力を身につけられます。パソコンを使って実際にコードを書いていく教室が多いので実践もできるのでおすすめです。

しかし、講義を実施している時間が固定で通いにくかったり、他の方法と比較すると費用が高いのがデメリットです。

オンラインスクール

最近、主流になっているのがインターネット上で講義を行っているオンラインスクールです。これは、今までオフラインのプログラミングスクールがオンラインに対応していることが多きな要因になっています。

オンラインスクールはリアルタイムで講義をやっているだけでなく、録画している講義を視聴できるので、自分の好きな時間に講義を受けられます

在職中で忙しい方でも、勉強する時間を確保しやすく、オフラインのスクールよりも費用は安いので取り組みやすいです。講師がネット上に常駐している時間帯であれば、ネットを通じて質問できます。

就職サポートサービス

最近では、プログラミング教室を実施している転職エージェントなどの就職サポートサービスが増えています。

この就職サポートサービスは、プログラミングスクールに近い内容のサービスを受けられますが、費用がかからないことが多いです。これはプログラミングの講座を受ける代わりに、決まった企業へ紹介されるからです。

このような就職サポートサービスは企業に優秀な人材を紹介し、その紹介料で運営が成り立っているため、ITエンジニアを目指して、スムーズに転職したい方にはピッタリです。

しかし、サービスによりますが、企業への紹介は断れなかったり、企業を選べなかったりするケースがあるのが注意点です。他にも就職活動が制限される場合もあるので、事前にサービス内容などをよく確認するのが大事です。

第8位:Swift


SwiftはiPhoneやiPadでお馴染みのApple社が開発したプログラミングです。

「Swift」という言葉は「速い」「迅速な」「即座の」という意味があるだけでなく「アマツバメ」という意味もあり、ロゴマークはツバメの形をしています。

Swift – Apple Developer

特徴

Swiftは名前の意味の通り、実行速度が非常に速く便利に利用できます。他のプログラミング言語の仕組みや特徴を取り入れており、現代のプログラムに合わせて開発された言語です。

iOS系のアプリを開発する際に使われることが多いプログラミング言語なので、iPhoneやiPad用のアプリ開発を目指す人にとっては必要性が高いです。

「Playground」と呼ばれる機能を搭載しており、コーディングの途中でも動作を確認することが可能です。他のプログラミング言語だと、システムやアプリケーションを実行する必要がありましたが、リアルタイムで確認して修正できるので開発時間を短縮できます。

おすすめの理由

Swiftは従来のiOSやMacの開発で使われていた、Objective-Cとの互換性があり、C++やC言語との混在が可能です。

そもそもSwiftはObjective-C、Ruby、Python、Javaといったプログラミング言語の特徴を少しずつ取り入れており、分かりやすく学習できます。

第7位:Scala


Scalaは2001年に開発された比較的新しいプログラミングです。Javaの後継言語として開発されており、関係が深いです。
The Scala Programming Language

特徴

ScalaはJavaとの親和性が高いだけでなく、Javaの豊富なライブラリを全て使えるのが特徴です。オブジェクト指向言語と関数型言語の特徴を統合しているため、幅広い開発に利用可能です。

比較的簡潔なコードを記述できるのも特徴であり、開発効率も高いです。

おすすめの理由

現在では、企業の規模を問わずScalaを使ってシステム開発を進めることが多いです。オブジェクト指向言語と関数型言語の2つの特徴を持つため、初心者には難しいかもしれません。

人気がある言語のJavaとの関係が深いので、同時に学習するのもおすすめです。

第6位:Python


Pythonは1991年に開発されたプログラミング言語であり、現在でも幅広い分野で使われています。
Welcome to Python.org

特徴

Pythonの特徴は、コードの量が少ないので分かりやすく読みやすいことです。比較的シンプルなプログラミング言語なので、初心者にも人気があります。最近では、人工知能やWeb開発の分野で使われることが多いです。

他にも計算や統計処理に関するシステムやアプリを開発する際に、使用できるライブラリが豊富なこと大きな特徴であり、開発をサポートしてくれます。FacebookやYouTubeなどの有名なアプリの開発にもPythonが使われています。

おすすめの理由

Pythonはソースコードがシンプルで読みやすいので、一般的な開発で使われるC言語やJavaよりも難易度は低いと言われています。

国内ではまだ認知度は低いですが、対応している開発分野が広いことから、今後ニーズが高くなってくると予想されています。

人工知能やWeb開発など、自分の興味がある分野の開発で使われることが多いので、学習するモチベーションも高められます。

第5位:Ruby


Rubyは日本生まれのプログラミング言語であり、1992年に誕生しました。国内だけでなく海外でも人気があり、規模に関係なくWeb開発の分野で使われることが多いです。
オブジェクト指向スクリプト言語 Ruby

特徴

Rubyは他のプログラミング言語と比較すると、コードの記述量が少ないのが特徴であり、初心者でも取り組めます。

柔軟性が高いプログラミング言語なので、幅広い開発に対応。少ないソースコードでも多くの機能を追加できるので、開発効率に優れた言語といえます。

おすすめの理由

コードを記述する量が少ないことから、システムの開発期間を短縮できるため、今では多くの企業が開発に採用しています。

プログラミングを学習するハードルが低いだけでなく、Webアプリ開発・スマホアプリ開発など幅広い分野で使えるため、習得した後で実践しやすいです。

第4位:PHP


PHPは1996年に誕生したWebサービス・Webアプリの開発に使われるプログラミングに使われるプログラミング言語です。
PHP: Hypertext Preprocessor

特徴

PHPは世界中で使われているプログラミング言語であり、国内でもPHPを扱えるエンジニアの数は非常に多いです。

有名なWebサービスやWebアプリの開発で使われていることも多く、小規模から大規模なシステムにも対応しています。Webサイトの構築を考えている方であれば必須の言語といえます。

おすすめの理由

PHPは学習する難易度が低く、初心者が最初に学ぶ言語としても人気があります。

世界的に人気があるため、独学で勉強していたとしても情報サイトが多数あるため、一人でも問題を解決できます。

第3位:JavaScript


JavaScripは1990年代に登場したプログラミング言語であり、多くのWebサイトやWebサービスで使われています。

特徴

JavaScripが使われていると、特定のOSに依存することなく表示したWebページに動的な表現を行えます。

動きがあるWebページのほとんどでJavaScripが使われています。このJavaScripの処理は、ユーザー側のデバイス上で行うため、アクセスしているサーバを待たずに処理できます。

おすすめの理由

JavaScripも使われる機会が多いプログラミング言語であり、Web開発の現場で活躍しています。

難しいプログラミング言語ではないため、初心者でも比較的学習しやすいです。しかし、表示するブラウザごとに細かい違いがある点に注意することが大切です。

第2位:Java


JavaもJavaScript同様に1990年代に生まれた、代表的なプログラミング言語です。国内だけでなく世界中で使われることが多く、人気があります。
無料Javaソフトウェアをダウンロード

特徴

Javaは古くから使われる機会が多い人気のプログラミングであり、対応している環境が幅広く、システム開発以外にもWeb開発やアプリケーション開発などに対応しています。

現在では大規模なシステム開発やAndroidアプリの開発で使われる機会が増えています。

おすすめの理由

ここまでの説明の通り、Javaは今でも使われる機会が多く習得することで今後のシステム開発の役に立ちます。

学習の難易度はPHPなどよりも高いですが、自分が実現したいことに対応しているプログラミング言語なので、学習のモチベーションは保てます。

第1位:C言語


C言語は最も認知度が高いと言われており、1972年に開発された比較的古いプログラミング言語です。歴史は古いですが今でも世界中で使われています。

特徴

C言語の最大の特徴は対応している開発の種類の多さです。システム開発だけでなく機械系の開発にも対応しています。

例えば、機械を制御するプログラムに使われていたり、OSの開発も可能です。

おすすめの理由

C言語はPHPなど他のプログラミング言語と比較すると習得難易度は高いです。しかし、幅広く活用できる点と、実際の開発現場で使われていることが多いため、習得するのがおすすめでし。

C言語が難しく感じたら、PHPなど難易度が低いプログラミング言語から始めてみるのもおすすめです。

初心者向けのプログラミング言語をしっかり覚えよう!

初心者向けのプログラミング言語

  • 第1位:C言語
  • 第2位:Java
  • 第3位:JavaScript
  • 第4位:PHP
  • 第5位:Ruby
  • 第6位:Python
  • 第7位:Scala
  • 第8位:Swift

プログラミング言語にはいくつもの種類があります。初心者の場合は、勉強を始める前にプログラミング言語の種類と特徴を押さえることが大切です。

自分が将来開発したい内容に対応しているかどうか確認し、まずは習得難易度が低いものを選んでください。自分にピッタリな言語を選んでプログラミングを習得すると効率的です。