プレゼン資料に必須グラフを上手に使い分けよう プレゼン資料の作り方

プレゼンの準備として欠かせないスライド資料作り。
スライドのラフを描いてプレゼンの全体像を把握する|5分でプレゼンの達人

スライド作成の際には強調したい内容によって、さまざまな種類のスライドを使用することになるでしょう。
種類別にそのスライド構成を解説していきます。

今回はグラフや統計データを示す場合のスライドについて解説します。

一覧化する

一覧化する

数値データを一覧化する一番シンプルな方法はマトリクス。
グラフ化する前の基本データですが、数値の量を感覚的につかむのが難しいのが弱点。
数字が細かくなると聞き手はストレスを感じます。

分岐点を示す

分岐点を示す

損益分岐点、需給曲線など、複数の方程式の交点によって、均衡するポイントを見つけるのが、このグラフ。
傾きや交点の位置を感覚的に把握できるのがメリットです。

シェア( 構成比)を示す

【円グラフ】
シェアを示す(円グラフ)

主にパーセンテージ( 百分率) によって構成比を示す代表格が円グラフ。
円の一周で100%となるため、構成要素の角度でおおよその比率がイメージできる点が優れています。

【棒グラフ】
シェアを示す(棒グラフ)

円グラフの構成比と同じことを棒グラフで示すパターン。
円グラフが相対的な値しか示さないのに比べ、縦軸に目盛りをとることで絶対値も示すことができるのが利点。

時系列変化を示す

【折れ線グラフ】
時系列を示す(折れ線グラフ)

変化の激しい時系列変化を示すには折れ線グラフが適切。
また、棒グラフやほかの折れ線グラフとの混在も比較的見やすいのが特徴。

【棒グラフ】
時系列を示す(棒グラフ)

時系列の変化を棒グラフで示した場合。
1つの日時に複数の数値を示す場合には、このような複数棒グラフを並べるほうがわかりやすいでしょう。

分布を示す(バラツキ)

分布を示す(バラツキ)

標準偏差や分散など、平均的な値に対してどれくらいバラツキがあるかを示す分布にはこうしたグラフが適しています。

分布を示す(ポジショニング)

【ポジショニングマップ】
分布を示す(ポジショニング)

縦軸、横軸に任意の項目を設定し、その数量を円の大きさで示す分布図。
1つのデータに対して、3つの値(X軸、Y軸、円の面積) を示すことができます。

ギャップ(不足分)を示す

【2つの数量の差分を示す】
ギャップを示す(ウォータープルーフ図)

目標に対しての不足分あるいは余剰分などを示す場合に便利なウォーターフォール図。
例えば、この図であれば、売上、経費1、経費2、経費3、そして斜線部が利益・・・といった具合に使えます。

ギャップを示す(比較)

2つの数量を比較する場合に便利。
例えば、目標と実績の差、2つの事業者間の差など……。ギャップの大きさが強調され、明確になります。

グラフ活用の改善例

同じ時系列なら1つのグラフに共存させよう

【NG】
同じ時系列変化なのにグラフが2つに分かれてしまうと視点が分かれて関連性が把握しづらい。
1つのグラフに共存させる

【OK】
グラフを1つに、左右で異なる目盛りを持たせれば、わかりやすい。
例えば「3 期目の売上が上がったのになぜ利益率が下がったのか」というように問題点を発見しやすい。

 

2者を項目ごとに比較するなら左右対称に

【NG】
円グラフは構成比しか表せません。
また、複数のデータを比較するのには不向きです。

【OK】
2つのデータを項目ごとに比較するのであれば、左右対称の横棒グラフが適しています。
項目ごとに左右の長さを比べれば一目瞭然です。

 

変化の大きな部分にフォーカスしよう

【NG】
変化量が同じであっても、絶対値が大きい場合は、その変化量が相対的に小さくなるため把握できづらい場合もあります。
違いにフォーカスする

【OK】
変化している部分にフィーチャーしたければ、目盛りのとり方は柔軟に考えるべきです。
変化のない部分は省略し、変化のあるところに意識が向くように工夫しましょう。

 

関連するものは近くに置こう

【NG】
「商品 A が大ヒットして売上が大幅に伸びた」など数値と解説を結びつけたい場合があります。
しかし、レイアウトする際に分離させてしまうと、視線が泳ぎ、理解を妨げます。
関連する情報は近くに置く

【OK】
メッセージを伝える場合に、同時に理解すべき情報は必ず、物理的にも同じ場所にあるべきです。
図のように、吹き出しと棒グラフがセットになれば、一目で数値結果と関連情報を把握することができます。

参考図書