アイデアを発展させる道具、 マトリクス、MindMap、ブレスト プレゼン上手な人になる

criped images

アイデアには2種類のアプローチがあるという話をしました。

イノベーションの発想は「逆転」と「異種混合」

今回はアイデアの発想のツールを紹介します。

アイデアを呼び込む発想手段

問題点の改善に集中するのか、まったく新しい価値を提供するのかの違いはあります。
けれど、アイデアを効率的に作るためのツールは変わりません。

発想の道具として重宝するものとしてマトリクス、マインドマップ、ブレストがあります。

アイデア発想法は世の中に400種類以上あるとされていますが、根本的な部分はさほど変わりません。

アイデアはいきなり生まれてくるものではありません。
何かに触発されて連想したり、何かの組み合わせによって新しいイメージができたりするものです。

ですから、連想や組み合わせによる新しいイメージを促進させるための発想ツールを持っておくとなにかと便利です。
それが、前述したマトリクス、マインドマップ、ブレストなのです。

3つの発想ツールの使い方

3つの発想ツールの使い方

  • マトリクスでアイデアを組み合わせる
  • マインドマップで自由に連想する
  • ブレストで他人のアイデアに触発される

マトリクスでは、縦軸・横軸に異なる要素をセットします。
その交点のセルに、組み合わせから発想されるアイデアを描き込んでいきます。

マインドマップは、逆に、1つのアイデアやテーマから、連想するものをどんどんツリー状に描き加えて、放射状に展開するものです。

ブレストは、少人数によるアイデアミーティングです。
他人のアイデアをさらに発展させたり、他人のアイデアに触発されて自分のアイデアを磨き上げる。

この点が、1人で考えるよりも新しい可能性を秘めています。

3つの発想ツール

3つのアイデア発想ツール

突拍子のないアイデアが生まれる可能性が高い

マトリクスは、縦軸と横軸の要素の組み合わせから発想します。
そのため、自由な発想より限定される反面、アイデアを思いつきやすいというメリットがあります。

マインドマップが自由な連想による発想ツールだとすると、マトリクスは強制発想的なツールです。

また、組み合わせる要素に意外性があればあるほど、従来にはない発想も可能となり、面白いアイデアが出てきます。

異種混合によるアイデアアプローチにはマトリクスが適しています。

例えば、あなたがドラマの脚本家なら……?

主演俳優と主演女優が決まっているドラマがあるとします。
木村拓哉と柴咲コウとしましょう。

このとき、各々の役柄が「刑事とその同僚」「若手実業家と恋人」などではありきたりで面白くありません。

そこで、脚本家のあなたはマトリクスを使います。

縦軸に俳優名、横軸に意外性のあるテーマを置き、そこから浮かんだ役柄を交差するセル上に描き込んでいくのです。

テーマも適当に新聞のニュースや雑誌記事から抜いてくればよいのです。

「つぶれかかった老舗のラーメン屋」
「ロケットを飛ばそうとする町工場」
「大病院が医療ミスで謝罪」
「証券会社が誤発注」
なんでもありです。

新作ドラマの役どころをマトリクスで考えてみる

たとえば、こんな筋書きはどうでしょうか?
証券会社の元エリートサラリーマンで過去の忌まわしい出来事によってパニックに陥って誤発注し、会社を追われた男。
その事件の背後にある会社ぐるみの問題を取材する女性記者……。

結構面白いと思うんですが、いかがでしょうか?

自由な連想をどんどん放射状に伸ばしていく

マインドマップは、メインのトピックから連想するサブトピックをどんどん樹形図的に展開していく思考ツール。

すでにで解説した現在、未来、提案のメイントピックをドリルダウンして詳細トピックを枝分かれさせるやり方に似ています。

どのように連想するのも自由ですから、どんどんいろんなアイデアが浮かんできます。

イメージをさらに沸き立たせるために、要所要所でアイコンやイラストを加えて、楽しさを増していきます。
完成図が脳のニューラルネットワークに似ているのは大変興味深いですね。

ブレインストーミングと同様に、ほかのトピック(アイデア)に触発されて新しいアイデアを思いつくというものです。
頭にランダムに浮かんだアイデアを書き連ねていくよりも、短時間で大量のアイデアを生むことができます

1つのテーマから四方八方にアイデアを展開するということから、拡散型のアプローチとも言えます。

大量生産は得意だが、まとめるのは苦手な発想法

大量のアイデアを生むというメリットの反面、それを1つのコンセプトとしてまとめるのは苦手です。

マインドマップ上に出てきたアイデアに関連するアイデアやグループ化すべきアイデアがマップのいろんなところに出現します。
収拾がつかなくなることもしばしばです。

マインドマップで出てきたアイデアは、後から関連づけてグルーピングしたり、シンプルなコンセプトにまとめる作業が必要です。

2つの発想アプローチをMind Mapで展開

2つの発想アプローチをMind Mapで展開

マインドマップは自由に連想するツールです。
この図ではあえて、カイゼン型とイノベーション型のアプローチによるアイデア発想方法をマインドマップを使ってやってみました。