イノベーション発想のカギは「逆転」と「異種混合」 プレゼン上手の思考法

プレゼンテーションには魅力的なアイデアが必要であること、そのアイデアを生み出す二つの方法を説明しました。

アイデアの答えは聞き手が知っている!

今回の記事ではイノベーション型のアプローチについて詳しく説明していきます。

逆転の発想はしばしば短期間に巨大なビジネスを創り上げる

イノベーションは従来とは異なるやり方、逆転の発想で、新しい価値を生み出すことです。

DELLは、BTOという従来とは異なる方法でパソコン販売に革新をもたらしました。
BuildToOrder=在庫を持たない受注時生産方式です。

BTO(Build to Order、ビルド・トゥ・オーダー)とは製造業のビジネスモデルの一つである。パソコンや自動車などの製造販売で実現されている、サプライチェーン・マネジメントによる企業の分類形態の一つである。同義語として、CTO(注文仕様生産。configure to order(コンフィギュア・トゥ・オーダー)またはcustom to order(カスタム・トゥ・オーダー)の略称)も用いられている。

初めは自ら組み立てるコンピューターを販売している販売店や業務用のコンピューターを発注する際に、その用途に合わせて部品を選択し販売を行っていた。通信販売はかなり前からあったが、日本メーカーのソーテック、アメリカ合衆国のコンピューターメーカー・デルが一般顧客向けに通信販売でカスタマイズを行える形で直販を行うようになり、この事が一般顧客を中心に広く受け入れられるようになる。
引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/BTO

生産→在庫→販売という一般的な商品の流れからすると、まさに逆転の発想です。

それを実現するために、サプライチェーンマネジメントを構築しました。
部品1つ1つまで受注システムと連携させたのです。

最先端 パソコンメーカーの挑戦
デル型パソコン生産のしくみなどを解説
『最先端 パソコンメーカーの挑戦―パソコン工場のしくみから学ぶ経営効率化の最先端モデル』

グーグルは、それまで商売にならないと思われていた「検索」という行為を一大ビジネスに仕立て上げました。

スタンフォードの2人の大学生が「ほかのサイトからより多くのリンクをもらっているサイトは優良 サイトである」というアルゴリズムを考えました。
この独自のアルゴリズムと巨大な分散型コンピュータインフラを武器に、時価総額1500億ドルの世界企業へと成長したのです。

How Google Works
グーグル会長が新時代のビジネス成功術を伝授する一冊
『How Google Works』

パズルの組み合わせを変えてみよう

こうした革新的なアイデアは、なかなかカイゼン型のアプローチでは実現できません。

問題点を細かく分解してとり組むというよりは、問題を逆から読む異能の発想が必要です。

イノベーション型のアイデアを生み出すためには、運にまかせるのも1つの方法です。
ですが、図解プロットを見ながら、逆にしてみる、異なる何かと組み合わせてみるという試みも有効です。

従来の生産方法や検索ロジックをフローチャートにしてみて逆にするとどうなるか。
異業種、自然界、異国などカテゴリの異なる分野で、ヒントにできるものはないか。
こういったことを考え、探してみましょう。

二つの発送法:従来にはないイノベーションを生み出す

逆転の発想

あえて常識の逆から考えてみるというアプローチ。大ブレイクとなったビジネスはしばしばこのアプローチから生み出されています。
逆転の発想

異質なものとの組み合わせによる発想

元テーマと離れた異質なものと組み合わせることで、意外性のあるものを発想する。
異質な組み合わせによる発想

とりあえず、逆から考えてみる

実際のビジネスに置き換えて考えてみましょう。
イノベーション型のアプローチでやってみてほしいのは、まず、逆を考えてみるということです。
もちろん具体化が難しい場合もあります。

ですが、利用者価値に根ざしたアイデアであれば、実現すると大きなヒットにつながる可能性があります。
あなたは動物園の企画担当です。

低迷する入場者数に歯止めをかけ、起死回生するために、新しいコンセプトの動物展示を考えています。

逆転の発想を使って、従来の動物園に対して新しいコンセプトを打ち出してみて下さい。

逆転の発想をするためには、まず、従来の常識とは何かを探ることです。

例えば、動物園なら、「檻に入れられたいろんな動物を昼間観察する」というようなコンセプトです。
そしてコンセプトを構成する要素の逆を次々に考えてみるのです。

逆転の発想の中から、利用者ニーズに沿って、面白いものを残します。
例えば、「檻に入ってない」「夜間観察する」をピックアップし、「ナイトサファリ」というコンセプトにまとめます。

そして、危険を回避するため人間のほうが檻に入る、夜間に活気が出る夜行性動物を中心とする、など具体的な実現方法を練っていきます。

実際、1994年にシンガポールに世界初のナイトサファリができて、大変人気のスポットとなりました。

イノベーション型アプローチ例

このように、とりあえず現在の常識を定義し、逆転させたアイデアを出します。
そして、価値の高いもの、面白いものをコンセプトにまとめて、具体的な手段をさらに検討するのが、逆転の発想です。

異なる要素の掛け算で、新しい価値を発見しよう

もう一例見ていきましょう。

あなたは大手百貨店の経営企画担当だとします。
これまで、さまざまなカイゼンを行なってきましたが、どれも決め手に欠け、売上低下に歯止めがかかりません。

そこであなたはまったく新しい百貨店の価値を生み出すべく、従来にはないサービスを提供しようと考えています。

イノベーション型のアイデアアプローチでは、なるべく異質のものを組み合わせることで、意外な面白さや新味が出てくるものです。

あなたなら、以下の掛け算からどのような新しいサービスや店舗のあり方をイメージできますか?

イ百貨店のノベーション型アプローチ例

例えば、①なら、ガンプラやアニメ商品ばかりを集めた特化型百貨店はどうでしょう?

実物大のガンプラが話題になるなど人気の衰えないロボットものをテーマにします。
そうすれば、遠路はるばるからでも来客が見込めそうです。

また、②のようにMBAのケーススタディで自社の百貨店の企画アイデアを募集するというのはどうでしょう?

若い優秀な人材が新しい百貨店のスタイルのヒントをもたらしてくれるかもしれませんよ。

さらに、③は、百貨店の外商部の新規ビジネスとなるアイデアです。

顧客の家族で要介護の老人宅へ日用品を届け、顧客に家族の様子を報告するサービスなんてことも考えられます。

これに限らず、みなさんもいろんなアイデアが思いつくと思います。
さあ、今後は、あなた自身で、組み合わせを作ってみてください。

ポイントはなるべく遠い存在のもの、異質な世界、異業種、異なる対象顧客などを組み合わせることです。
あなたなら、空いている枠の中に何を入れますか?

百貨店のイノベーション型アプローチブランク