派遣社員の職場見学(顔合わせ)とは?内容とポイントを解説

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

期間限定で雇用される派遣社員も、就業前に職場見学を行うことができます。

しかし職場見学は労働者派遣法によって内容が制限されており、取り決めに従って注意しておきたいポイントがあります。

ここでは派遣社員が職場見学をする際の内容や注意点、メリットなどのポイントを解説します。

派遣社員の職場見学(顔合わせ)とは?内容とポイントを解説の要約

派遣社員が職場見学をする際の内容・注意点をチェック
  • 派遣の職場見学は労働者派遣法によって禁止事項が決められている
  • 見学にふさわしい服装・マナーで臨む
  • 職場見学では環境や現場の雰囲気をチェックする

派遣社員の職場見学内容

派遣会社に登録を行うと、登録会もしくは後日に派遣会社から仕事を紹介してもらえます。

この段階で、職場見学(顔合わせ)の案内があれば参加することができます。

職場見学は必須ではありませんが、できれば事前に参加をしておいたほうが安心です。

実際に働き始めてから「想像と違った」ことにならないように、ミスマッチを防ぐ意味でもスケジュールを空けて参加するようにしましょう。

派遣社員の職場見学内容

  • 業務の説明
  • 自己紹介
  • 職場見学
  • 質疑応答

業務の説明

派遣会社に登録した後は派遣先から業務についての説明と、職場見学についての打診を受けます。

求人だけではわからない業務内容や実際の就業例について口頭で確認してから、職場見学を行うかどうかを決めます。

見学に行くと決めたら、派遣会社の担当者(営業スタッフなど)と期日を決めてから指定の場所で待ち合わせて、打ち合わせを行います。

打ち合わせに時間をとらないケースでは、職場見学に行く道中で打ち合わせを行います。

ここで、職場見学の簡単な流れの確認と当日の注意事項などについて説明を受けます。

それぞれの職場ごとに守らなければならないルールについても説明を受ける場合もありますので、諸注意を踏まえて見学に臨んでください。

自己紹介

派遣先に到着したら、派遣先の担当者や派遣元の営業スタッフが出迎えますので、挨拶をして自己紹介を行いましょう。

今までの職歴や派遣歴について、可能な範囲で説明をします。ただし自己紹介では「特定行為」を避けるため、年齢や家族構成などのプライベートな内容を言う必要はありません

特定行為とは、派遣労働者を特定することを目的とする行為であり、具体的には以下の項目について質問し、派遣社員に回答させる行為です。

特定行為に該当する質問内容

  • 住所
  • 家族構成
  • 家族に関する質問(職業など)
  • 学歴
  • 前職の退職理由
  • 結婚・離婚・出産に関する質問
  • 宗教・信仰の有無

万が一これらの内容を尋ねられた場合、派遣法第26条第6項の禁止事項に当たるため回答する必要はありません。

労働者派遣(紹介予定派遣を除く。)の役務の提供を受けようとする者は、労働者派遣契約の締結に際し、当該労働者派遣契約に基づく労働者派遣に係る派遣労働者を特定することを目的とする行為をしないように努めなければならない。
引用:労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律

職場見学

自己紹介を終えたら、職場の中を見学します。事前に情報収集をしているとはいっても、やはり実際の現場を見れば印象が変わってくるかもしれません。

「ここで働けそうか」、「イメージに合っているか」「社員の雰囲気や全体の雰囲気はどうか」など、思い描いているイメージに実際の現場を照らし合わせて見学を進めていきましょう。

業務内容の説明も同時に行われます。担当者の説明以外にも、DVDや紙の資料を見ながら説明を受けるケースもあります。

商品を紹介してもらったり、IT企業の場合は使用するソフトウェアや開発環境を見せてもらえることもあります。

質疑応答

見学の後は、職務上質問しておきたいことを質疑応答します。業務内容について不明点があれば、このタイミングで質問をしましょう

次に、派遣社員側のスキルを確認する質問も行われます。応募時点で保持しているスキルのチェックと考えてください。

業務に一定レベルのスキルが必要であれば、担当者からその旨を質問されますので、スキルを持っていればそのことを伝えましょう。

さらに、派遣先での業務に関連する資格の有無を確認される場合もあります。

職務経歴で決定するわけではありませんが、派遣先での仕事に関する知識がある場合はそのことを伝えられると良いでしょう。

後日、派遣会社から採用・不採用にかかわらず採用結果の連絡が来ます。

無事に採用が決まったら、就業開始日を調整します。不採用の場合は、次の求人応募に備えましょう。

職場見学を行う際の注意点

職場見学は、派遣労働者等自らの判断の下に行われるものであり、強制ではありません。ただ最近は、派遣時における必須項目となっているケースも多くみられます。

ここからは、職場見学を行う際に注意しておきたいポイントをまとめました。

職場見学を行う際の注意点

  • 労働者派遣法を把握しておく
  • 返答を遅らせるのはNG
  • キャンセル時の方法
  • TPOに合う服装で訪問する
  • 時間厳守と挨拶を心掛ける

労働者派遣法を把握する

既に説明したように、労働者派遣法では事前の面接や個人を特定する行為は禁止されており、派遣先企業が以下のような行為を行っている場合は注意が必要です。

履歴書の提出

履歴書は派遣社員の個人情報が把握できるものなので、届け出や提出は禁止されています。

ただし紹介予定派遣は履歴書の提出が認められています。

限定的な募集

「29歳まで応募可」「30代限定」など、年齢を限定した採用は禁止されています。

適正検査

いわゆるSPIのようなテストや、会社独自の適正検査は面接と同じものとして扱われます。

適性検査を行うことで社員の受け入れを判断してはならないと決められています。

家族構成やその他の質問

家族が何人いるのか、世帯収入や家族の職業に関する質問は禁止されています。

ただし、派遣社員として就業開始した後は労務管理のため、社会保険の有無について伝えなければならないケースがあります。

退職理由

前職をなぜ退職したのか、職務期間が短い理由などを尋ねられても、禁止事項のため答える必要はありません。

学歴

派遣の仕事は、業務に必要なスキルさえあれば学歴だけで区別されることはありません。

したがって、大学名や学歴を尋ねられても回答する必要はありません。

個人情報に関する質問

年齢や住所のような、個人情報に関する質問は禁止されています。

特に、本籍地・人種・民族・思想および信条・宗教・労働組合への加入の有無については業務に必要のない情報であり、派遣先の担当者から質問することは禁じられています(平成11年労働省告示第141号)。

しかし、派遣会社も必要な人材を的確に募集したいと考えているため、職場の雰囲気を伝えるための面談(対話)は可能となっています。

その他のポイントとして、職場見学は派遣会社の担当者から強制されるべきものではなく、「職場見学をしなければ採用させない」といった対応は禁じられています。

ただし、現在では面接に類する行為を行う場面は少なくありません。

もしも個人を特定されるような質問や、その他の禁止事項にかかる内容を尋ねられたときは、業務にふさわしくない環境として拒否することが可能であるということを理解しておきましょう。

返答を遅らせるのはNG

紹介された仕事に関して、その場で即決する必要はありません。しかし派遣会社と応募先企業それぞれにスケジュールの都合があるため、返答までの期限を延ばしすぎないように注意ましょう。

即決せずに一度持ち帰って検討し、いつまでに返答するかを派遣会社の担当者に伝えておくとスムーズです。

回答を保留したまま連絡を行わなかったり、他の仕事に決まったまま返答をしないでいると、見学先への応募は取り消しになります。

また、見学先だけではなく派遣会社にとっても「信頼のできない人」というイメージを与えてしまいますので、その後の仕事紹介に支障が出てしまう可能性も考慮してください。

キャンセル時の方法

応募そのものを取りやめたい、職場見学に行けない、別の日に振り替えてほしいといった要望は、見学先ではなく派遣会社に行います。

万が一見学先にキャンセルの旨を伝えてしまうと派遣会社が仲介に入る原則を無視した行為になってしまうため、必ず派遣会社を間に入れましょう。

キャンセルの連絡は電話(またはメール)で行い、急を要する状況ほど電話を使って連絡をしましょう。変更の相談もなるべく早い段階で行ってください。

TPOに合う服装で訪問する

正社員のOB・OG訪問や職場見学のようにスーツを着用する必要はありませんが、そのまま業務に入れるような清潔感のある服装を心掛けましょう。

普段着や装飾の多い服装は避け、ジーンズなどのデニム素材もカジュアルすぎる印象を受けるため控えます。

ネイルや香水などは職業に直結しないケースが多いため、過剰になりすぎない程度に抑えましょう。

「ジーンズOK」「ビジネスカジュアル」など、職場ごとに服装の規定が決まっている場合があるため、事前に応募要項や派遣会社の担当者との打ち合わせで服装をチェックしておきましょう。

時間厳守と挨拶を心掛ける

見学先には早めに到着し、最低でも10分前に現場に入るようにしましょう。

遅刻はビジネスマナーに違反しますし、交通事情によって遅延する可能性がある場合にはゆとりをもって出発してください。

顔合わせの前に身だしなみもチェックし、質疑応答ができるように準備をしましょう。見学先に到着したら受付や事務所を訪れ、見学にやってきた旨を伝えてください。

派遣先のスタッフや担当者と話す際には、最低限の挨拶を心掛けましょう。「こんにちは」「よろしくお願いします」「ありがとうございます」など、気持ちよく挨拶が交わせれば印象も良くなります。

派遣社員が職場見学をするメリット

職場見学では、実際の働き方や業務内容を事前に知ることができます。しかしそれ以外にも、事前に現場を訪れておくことで得られるメリットがいくつかあります。

職場見学のメリット

  • 実際の業務がイメージできる
  • 細かい点まで質問できる
  • 職場との相性がチェックできる

実際の業務がイメージできる

インターネットや派遣のお仕事が掲載されている情報媒体を見ていても、実際の現場がどのようになっているかはわかりません。

何もわからない状態で応募をするよりも、やはり実際の業務をイメージするために職場見学を行っておくのが間違いないでしょう。

事前に職場見学をしておくと、そこに自分が入ったときにどう動くべきか、どんな人と接するのかがイメージしやすくなります。

細かい点まで質問できる

見学中の質疑応答では、応募要項に載っていない細かい点まで質問することができます。

IT企業では複数名で開発を担当し、前任者からの引き継ぎが必須になる場合もあるため、業務内容だけではなく現場のチーム編成や引き継ぎについても尋ねておくと安心です。

業務に関する質問は歓迎されますが、逆に待遇や給与などの質問は最低限に絞ったほうが良いでしょう。

「残業はどのくらいあるのか」と尋ねた場合、相手によっては「残業をしたくない=業務に積極的ではない」と判断される可能性も。

また、「残業はたまにありますが、できない理由があるのですか」と逆質問で返されるケースもありますので、逆質問に適した答えも用意しておくと安心です。

職場との相性がチェックできる

派遣先との顔合わせでは、派遣会社の担当者が同行し自分の代わりにやり取りを進めてくれることもありますが、質疑応答は派遣先と自分自身の一対一で進めていかなければなりません。

答えにくい質問をされる可能性もありますが、質疑応答も含めて応募先の職場環境や担当者の雰囲気を総合し、相性をチェックできます。

なんとなく「この職場には向いていないかも」と思えば辞退ができますし、その場で判断せず保留にしてじっくりと相性を判断しても良いでしょう。

相性チェックの際には、以下に紹介するチェックポイントも参考にしてください。

職場見学(顔合わせ)でチェックしておきたいポイント

職場見学・顔合わせの段階で本採用になるとは限りませんが、あらかじめチェックしておきたいポイントもあります。ここからは、職場見学の現場で意識しておきたいポイントを紹介します。

職場見学(顔合わせ)でのチェックポイント

  • 職場の環境や雰囲気
  • 社員・スタッフの対応や姿勢
  • 業務内容がイメージに合っているか

職場の環境や雰囲気

職場の立地・環境・雰囲気は実際に見学に行かなければわかりませんし、肌で体感することが大切です。

スタッフ一人ひとりについても、とっつきにくい雰囲気なのか話しやすいのかによって職場全体の雰囲気は大きく変わってきますし、長く勤める予定であれば一度は必ず職場見学に訪れておきたいところです。

訪問の際には、自宅から見学先まで実際に出勤する感覚で向かうと、よりリアルで満足度の高い見学になります。

社員・スタッフの対応や姿勢

一定期間付き合うことになる社員やスタッフの対応も要チェックです。

業務内容によっては多忙を極め、コミュニケーションが十分にとれない場合もありますが、「報告・連絡・相談」がしっかりとできる相手かを見極めたいところです。

直接コミュニケーションをとっていく社員やスタッフの対応力はしっかりとチェックするようにしましょう。

業務内容がイメージに合っているか

具体的な業務内容をイメージするために、一日のスケジュールから業務の流れ、扱っているサービスや商品などをチェックしましょう。

派遣期間についても、応募要項にある「長期」だけではわからないため、半年なのか1年以上なのか、具体的な期間を確認しなければなりません。

工場のように、危険物や食品を扱う環境では環境面や衛生面に注意が必要です。室温・音・空調・臭いなどの環境面を重点的にチェックし、安全に労働ができるかを判断しましょう。

オフィスワークも含めて、すべての派遣労働には期間が決められています。短い派遣期間でも、期間を終えてから再雇用となり長く働き続けられる可能性もあります。

そのため、業務内容が自分の抱いているイメージとかけ離れすぎていないかをチェックすることは非常に重要なポイントとなります。

職場見学で業務内容を把握する

職場見学の顔合わせでは、派遣社員が実際の業務に入る前にイメージを膨らませて、仕事を選びやすくするメリットがあります。

面接または面接に準じる行為は禁止されていますが、顔合わせ自体が面接のような機能を果たしていることもあり、線引きが難しい側面もあります。

特定行為の禁止が派遣労働を妨げているのではないかという意見もありますが、労働者派遣法が改正されるまでは現行の決まり事に従わなければなりません。

上記で紹介した注意点や見学のポイントを踏まえて、現場の雰囲気を肌で感じ取りながら顔合わせの機会をフルに活用してください。

また派遣社員の待遇に関しては、2020年4月改正労働者派遣法の施行が決定しています。ポイントを押さえて派遣社員として充実した働き方を実現させましょう。

2020年労働者派遣法改正で想定されるリスクとデメリット

2020年から派遣社員も退職金支給|改正労働者派遣法のポイント解説