異色の経歴を持つ外国人が 日本感を語る(後編)|ノリトモの天職チャンネル

異色の経歴を持つ外国人が 日本感を語る(後編)

ノリトモの天職チャンネルは転職に悩んでいる方にもう一押しをアドバイスする動画チャンネルです。第8回目は「異色の経歴を持つ外国人が 日本感を語る(後編)」です。

ノリトモ: じゃあ今ニックさんは日本で働かれて今合計で何年くらいになるんですか?

ニック: 5年くらい。

ノリトモ: この5年で日本企業ここがいかんよみたいなあると思うんですよね。いやいやもっとこうしないと日本やばいですよみたいな。やっぱ僕も日本を良くしたいっていう気持ちは我々はあるので、もっと物申すじゃないですけど。

あかね: 聞きたい。

ニック: 企業じゃないかもしれないけど、若い人は危機感を感じてないと思う。

ノリトモ: すみません。ごめんなさい。

あかね: ごめんなさい。

ノリトモ: 危機感を感じてない。

ニック: 市場としてすごい大きい市場だし、まあまあうまくいってますし失業率も低いし、そこまで日常生活で困ってる人はいないと思うんですけど。例えば年金の問題とか必ず問題が無いわけじゃないし。でも、僕が今まで日本に来てから5年働いて若い人はほとんどそうゆう問題に興味がない。あまり考えてない。

ノリトモ: そうですね。

ニック: 他の国だったら、例えば僕がイギリスにいた時、みんなそうゆう話毎日してたんですよ。

ノリトモ: そうなんですね。

ニック: オックスフォードだったからかもしれないですけど、みんなもちろん優秀な方が多いんですけど、やっぱりみんなそうゆう自分の国がどうなるんだみたいな話をほぼ毎日してたんですよ。

ノリトモ: 六本木の外見てくださいよ。今日どこ飲みに行くしか話してないですからね。

ニック: 僕が勉強したときにちょうどイギリスのEU離脱の投票があったんですよ。
その次の日みんな街を普通に歩いて知らない人と話して、どうなったんだみたいな話をみんなしてたんですよ。

ノリトモ: 僕知らない人としゃべったら通報されちゃうので。

ニック: もっとみんなそうゆう興味をもってほしい。

ノリトモ: もっと政治とか経済の変化っていうのにもっと興味を。

ニック: 僕の性格だけかもしれないんですけど、僕も子供の頃そうゆう事についてすごい興味があって、お父さんが毎日新聞とか読んでたから僕もそれを読み始めて、そうゆう事に興味をもって。親ともそうゆう話をしてたし学校で先生とそうゆう話もしてたんです。日本の高校生そうゆう事に全く興味がなさそうで。そうゆう話もしないし、もしかしたらそうゆう話をしたらやばいなとかっていう感じもあるんですけど。

ノリトモ: うわ、意識高い系だみたいな。あれですよね。

ニック: 海外は国によると思うんですけど、もっと自由に人がそうゆう事についてしゃべれるから。

ノリトモ: たしかに僕の父も新聞は読んでましたけど、競馬の欄でしたね。カットでお願いします。
結構、南アフリカとイギリスの若者っていうのはどんどん日本よりはもっと能動的にビジネスやったりとか啓発活動してたりとかっていうのをしてるっていう事なんですかね。

ニック: まあある意味で日本もそんなに大きな問題がないから逆に自分の毎日の生活でこうゆうことあまり気にしなくて良いっていう人が多いと思いますよ。普通に仕事行ってお給料もらって何もしなくて良いっていう人も多いと思うんですよ。それは別に批判じゃなくて日本の良いところだと思って。

でも逆にこうゆう状態がずっと続いたら日本は変わらないから。こうゆうところを改善したいとか、絶対誰でもあるから。今の状態だとそれは変わらないから、そうゆう風にもう少し考えた方がいいんじゃないかなと感じました。

ノリトモ: たしかにそうですね。どうですかあかねさん、毎日何を思って生きてますか?

あかね: 毎日ちょっと近い周りの事しか考えてないからこうやってもっと国を見たりとか政治とか見た方がいいですよって言われると、見てないやばい。

ノリトモ: ほんとにお説教をされている。

あかね: そうゆう気持ちです。

ノリトモ: ほんとにそうですよね。たしかに。なるほど。

■ノリトモのTwitter

■ノリトモの天職チャンネルはキャリアに悩んでいる若手ビジネスパーソンの課題を解決する為に
教育、キャリア、テクノロジー、3つの視点から解決に導くチャンネルです。

■ノリトモのプロフィール

中山 賀智 (ナカヤマ ノリトモ)

大学卒業後、就職せず2017年7月創業期の(株)レーザービームへ参画。

BPOサービス、人事支援サービス、キャリア教育サービス、計3事業の立ち上げ→グロースに従事。

上記サービスはローンチ8ヶ月で2017年12月東証一部上場企業(株)ショーケースへ事業、株式譲渡に至る。翌年2018年4月、(株)ショーケースへ参画。

(株)ショーケース参画後は、人事本部、経営企画本部に兼務就任した後、(株)レーザービームにて総合人事支援サービスの立ち上げに従事。若手ビジネスパーソンに向けたメディア「Career Growth」の発足を始め、キャリアプロデューサーとして延べ1200名以上のキャリア支援に携わる。

2019年、株式会社RYOMAを創業、代表取締役に就任。

Career Growth 編集部

ニュース編集 担当

株式会社ショーケースと株式会社レーザービームが共同運営・提供しているCareer Growthの編集部提供コンテンツ。

主として第2新卒、20代前半から30代後半までを主とした、グローバルな仕事・就職・転職の情報を扱う。