転職意識は自分の市場価値を意識するきっかけになる|キャリアニュース

転職意識は自分の市場価値を意識するきっかけになる

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

今市場でどの程度の価値が自分にあるのか意識しながら仕事に臨むことの重要性を、一貫して伝えているニュースです。

終身雇用されるとは限らない現代の雇用事情で、転職をまったく視野に入れない働き方はナンセンスだといわざるをえません。

どこかで転職しなければいけないタイミングは、確実に訪れると思っていたほうが良いです。

日頃から市場価値を意識して仕事に臨むことが、仕事の質を高めるにも転職をするにも大切だとわかるニュースです。

あなたは今、「いくら」で「誰」に買ってもらえるのか? 時代に左右されないキャリア思考法

自分の市場価値、すなわち人材市場での自分の「値段」を意識したことがあるだろうか。

以前に比べればジョブチェンジが当たり前となってきた今では、自分の人材市場での価値を気にする人は多くなっていると思う。「何社から年収いくらでオファーがもらえるか」を、プロフィールと経歴を入力すればはじき出してくれる転職アプリもあるくらいだ。
続きはーあなたは今、「いくら」で「誰」に買ってもらえるのか? 時代に左右されないキャリア思考法|朝日新聞

企業の中にいると視野が狭くなりやすい

企業に所属して日々仕事に取り組むのはサラリーマンやOLなら当たり前ですが、この当たり前の日々を続けることにはデメリットがあります。

それは企業の中で働いていると、視野が狭くなりやすいということです。

企業の中で働くとなれば周りの人間関係を構築するのに労力を割いたり、出世を目指した働き方をしたりなど、その企業内で活躍することばかりを考えてしまいます。

それはもちろん悪いことではありませんし、企業内で働いているのですから当然の意識です。

ですが視野狭窄に陥ることで仕事へのやりがいや楽しさが失われてしまい、精神的に苦しくなってしまう人が後を絶ちません。

企業の中だけが自らの居場所だといつの間にか勘違いしてしまい、仕事をするのが苦しくなってしまうケースはよくあります。

そんな企業の中で働いて苦しんでいる人に向け「もう少し視野を広げて働いてみてはどうか」と提唱しているのがこのニュースの方向性です。

ニュースでは執筆者が実際に経験したことを踏まえ、市場価値を常に意識して仕事に取り組むことの重要性についてうったえかけています。

つまり転職を意識した働き方をすることが、企業内のルールにとらわれた仕事から脱却するためのヒントになると主張しているのです。

市場価値を常に意識して働けば、日々の仕事で自分がどうあるべきなのかが見えてきます。

今現在働くことに迷っている人に、自分の市場価値を高めることの重要性を説くニュースです。

転職ありきで働くのが当たり前の社会環境

このニュースが報じられる理由は、現在の仕事を取り巻く環境が転職ありきになりつつあるからです。

昔のように終身雇用が既定路線で他の企業へと転職する可能性がほとんどないのであれば、自分自身の市場価値云々をそれほど深く考える必要はありません。

市場にとって価値があるかどうかよりも、勤めている企業にとって価値があるかどうかを重要視すべきです。転職の可能性が低いなら、市場価値のことを意識してもしかたありません。

ですが時代はすでに移り変わっていて、転職する可能性が誰でも等しくあります。

この傾向は老若男女を問わないですから、むしろ転職をまったく考えない人のほうが珍しくなってきています。

こうした社会環境になっているので、普段の仕事から転職について意識を向けておくのは非常に重要です。

今転職を希望したらどんな企業からどれぐらいの待遇でオファーがあるのか、自分自身の価値についてなるべく客観的に見極めれば、どういう仕事をするのが正解なのか見えてきます。

時には企業の方向性と考え方が違ってしまうこともあっておかしくないですが、それでも市場価値を高める意識を忘れずに働いたほうが将来のためになります。

企業に所属して働いているのは確かなので、企業の推進する働き方とまったく真逆のことはできません。

ただそれでも企業のためだけに働こうとするのではなく市場価値を高められるように働くことがとても大切だと、ニュースでは伝えています。

市場価値を高めておいて損をすることはない

もしも市場価値を意識して働いていれば、いざ転職をするタイミングになっても慌てないです。転職時に通用するようなスキルやノウハウは、一朝一夕で簡単に身につけられるものではありません。

転職活動をし始めてから強みを身につけようと思ってもそれでは遅いですから、まだ転職を具体的に考えていない段階から市場価値を意識して仕事に取り組む必要があります。

そうして働けばいざ転職をする際に自分のどんなところが強みなのか、はっきりと自覚したうえでアピールできます。

強みがあるなら企業としても採用を検討しやすいですし、たとえ転職することになったとしても手間取りません。

社会の変化がとても早くなっている現代は、転職したくなくても転職せざるをえない場合があります。

その時になって慌てて転職について本格的に考えるようでは、どうしても後手後手になってしまいます。

また普段の仕事の取り組み方についても疑問を持たなくなり、その企業で活躍することだけを考えるようになってしまいます。

それでは能力を発揮できる場所がどうしても限定的になってしまいますから、他の企業で働いた時まったく通用せず愕然とすることになってしまいかねません。

市場価値を高めておいて損をすることはありませんので、普段から市場価値を高められるよう意識して働くことはとても大事です。

その意識を忘れないことが実際の転職で役立ちますし、日々の仕事の取り組み方にも好影響を与えるとニュースから読み取れます。

この記事のライター

  • ダッフルコート
  • 男性・39歳
  • ウェブライター