ディズニーやスタバのバイト経験は就活で評価されるか?|キャリアニュース

スターバックス_アルバイト

ディズニーやスタバのバイト経験は就活で評価されるか?|

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

2019年マイナビは、「大学生のアルバイト実態調査」を行っていますが、大学生の3人に1人は「就職活動を意識」してアルバイトを探しているという結果が出ています。

かつて、スターバックス・ディズニーランド・ユニクロでアルバイト経験がある学生は就職に有利だという噂がありました。

しかし、「接客業の経験があり明るくコミュニケーションを取れる」「大手企業ため人事に伝わり易い」などの点はアピールできるものの、就職に有利かどうかは微々たるものです。

スタバのバイト経験は「就活で有利」になるか。ディズニー、ユニクロのバイトは?

就職活動で「学生時代一番頑張ったことは?」という質問に対し、「アルバイトの内容」を答える学生は多いと思います。自由に使えるお金が増えることが楽しくて熱心にアルバイトをする人もいますし、ご両親の仕送りだけではやっていけず「生活のため」多くの時間をアルバイトに費やす人も多いと思います。

 筆者も既卒やフリーターの就職支援を行なっていますが、「学生時代、頑張ったことはアルバイトです」という話をよく聞きます。

続きはースタバのバイト経験は「就活で有利」になるか。ディズニー、ユニクロのバイトは?|Yahoo!ニュース

スターバックスで働くと就活に有利というわけではない

スターバックス・ディズニーランド・ユニクロでのアルバイトがなぜ、就活に有利だと噂されるようになったのでしょうか。

例えば、ユニクロではアルバイトも社員と同様に「経営者視点」を持つように指導され、その日の売り上げをどうすれば目標できるか考えて仕事に励む環境です。

スターバックスの場合も、「どのような目標を持って仕事するか?」という面接が定期的に行われています。

ディズニーリゾートでは、全員が「キャスト」として最高のサービスを提供されるよう指導され、「ディズニーランドが好き」というスタッフが大半なため、「主体的」に動くことで多くのことを得られると考えられます。

これらの有名企業では教育制度が整っており、主体的に働くことができる環境が整えられています。

その結果、「主体的に働く環境の中で伸びた学生がいた」ことで、就職に有利に働くと噂されたのではないかと考えられています。

一方で、教育制度が整っている環境とは全く逆の環境でのアルバイトでも、就職で面白いアピールができるでしょう。

例えば、新しい店舗の立ち上げスタッフなどです。
アルバイトに集客・接客改善案などを考えさせてくれるような環境でも、多くの気づきを得られるでしょう。

スターバックス・ディズニーランド・ユニクロなどといったアルバイト先が、就職に有利なのではなく、アルバイトで「どれだけ多くの気づきを得たのか」が最も重要だということです。

もし、就職活動を見据えてアルバイトを選ぶのであれば、そういった視点で仕事を選ぶと良いでしょう。

実際に面接で有利に働くアルバイトの内容とは?

では、実際に面接で有利に働くアルバイトというのはないのでしょうか。

人事は、「タイピング・メールなどオフィススキルの経験がある」「言葉遣いなどのビジネスマナーを学んでいる」「自分で数字を追うような経験をしている」「ITツールが駆使できる」「業務のスピード感が身に付く環境での経験がある」といった要素に注目します。

例えば、コールセンターなどのアルバイトは、オフィスで使うスキルに直結しており人事の評価が高いです。

また、コミュニケーションスキルや言葉遣いなどの基本的なビジネスマナーを抑えていることをアピールできます。

次にテレアポなどの営業系のアルバイトでは、「数字を追う」「売り上げ実績」などが評価されます。

こういったアルバイトをすることで、ストレス体制や、売れるためにどうすればいいのか考える思考スキルなどが得られます。

ITベンチャー企業でのアルバイトでは、ペーパーレスな文化の企業が多く、ITリテラシーが高くなる、事業が展開していく様子を間近で見たりり、オペレーション改善なども早いため対応力が身に付くなどのメリットがあるのです。

ベンチャー企業ということで、アルバイトの領域を超えて、いろいろな業務を任されることもあるでしょう。

このように面接の場では、オフィス系のスキルがある・ビジネスマナーの基礎ができている・ITツールが使える・スピード感に対応できる・自分で考えて営業した経験があるといった要素は、評価されることが多い傾向です。

将来を見据えてアルバイトを選ぼう

離職をしてしまうと働く感覚がどんどん薄れていくため、いざ再就職をしようと思っても期待より不安の方がどうしても大きくなってしまいます。

どんなにビジネススキルやコミュニケーションスキルがアルバイトで身に付いたからと言って、内定が決定されるわけではありません。

しかし、アルバイトで得た経験や身に付けたマナー・知識などは評価される傾向が強いということです。

就職活動を見据えてアルバイトを選ぶ場合には、まず自分がどのような企業で働きたいのか・どのような仕事に付きたいのか明確にする事です。

将来、自分が働きたい仕事と同じような業務内容のアルバイトを選ぶことが出来れば、それだけ業務への対応力が期待され評価に繋がるケースもあるでしょう。

例えば、営業マンを目指すのであればテレアポや営業系のアルバイト、ホテルなどの接客業を目指すのなら、スタバなど接客力を鍛えられる環境が整っている場所が良い事もあります。

将来、なりたいものがまだ分からない学生の場合は、ビジネススキル・オフィススキルを学べる環境であれば、面接事にアピールすることが出来ます。

万一、面接で有利に働くような要素がないように思われるアルバイトであっても、社会で働いた経験があることには違いありません。

アルバイトをしていく中で、いろいろな世代の人とコミュニケーションを取ったり、先輩にマナーなどを教えてもらうことによって、社会人としての基礎的なマナーなどが身に付いている学生も少なくありません。

あなたがアルバイト経験があるのなら、必ず面接でアピールできる点があるはずです。

必ずしもアルバイト経験が有利に働くとは言えませんが、その経験から学んだ点をしっかり伝えることが出来れば、人事にしっかりアピールすることができるでしょう。

この記事のライター

  • MY
  • 女性・37歳
  • WEB制作