女性の再就職歓迎のムード、支援も徐々に増加している|キャリアニュース

女性の再就職歓迎のムード、支援も徐々に増加している

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

各地で再就職を希望する女性への支援策が行われています。以前働いていた女性が結婚及び出産を機に離職するケースは珍しくありません。

特に小さな子どもの面倒をみる子育ては、仕事と両立させることが難しいため離職せざるをえない場合が多いです。

ですが離職したからといって、もう働けなくなったわけではありません。離職した女性の中には、再就職を希望する人がいます。そんな再就職希望者が離職しやすい支援策を、秋田県が行っています。

秋田で再就職を目指す女性向け就職説明会 県内企業10社参加

女性向け就活支援事業「SHE project AKITA」の合同就職説明会が2月25日、秋田市中央市民サービスセンター(秋田市山王1)で開かれる。

県内企業の職場見学ツアーや採用担当者とのマッチング座談会のほか、ファッション講座やメークアップ講座など、離職中の女性の就活支援が目的のイベントを、昨年から10回ほど開いてきた同プロジェクト。秋田県が、結婚・出産などをきっかけに離職中の女性の再就職支援や企業の人材不足の解消を目指して取り組む。

続きはー秋田で再就職を目指す女性向け就職説明会 県内企業10社参加|Yahoo!ニュース

離職してから再就職を希望する女性が多い

結婚や子育てを機に離職しても、再就職する女性は増加しています。

男女の性差なく、仕事に意欲的な人は基本的に歓迎されるからです。

加えて女性ならではの機知や目配りを求められる風潮にもあるので、以前よりも女性は働きやすくなっています。

ただ1度離職して仕事の現場を離れた女性は、どのように再就職を果たせば良いのかわからない不安を抱えています。

以前の離職からブランクが長ければ長いほど、その不安は増幅されます。

今の職場の雰囲気はどうなのか、短時間勤務は可能なのか、週何回ぐらい働けるのかなど、再就職を希望する女性の不安は尽きません。

そこで再就職を希望する女性への具体的な支援策として、再就職希望の女性と再就職希望の女性の採用に興味がある企業との合同イベントが開かれています。

その様子をニュースは伝えています。

たとえ再就職希望の女性に内に秘めたる思いがあったとしても、そう簡単に再就職のための行動をおこせるわけではありません。

そこで支援事業が間に入って企業との仲介をしますが、そうすることでお互いの状況確認ができます。

こうした具体的な支援策が活発的に行われれば、再就職希望の女性が実際に再就職しやすくなります。このようなことがニュースからわかります。

再就職を支援する取り組みは珍しくなくなった

ニュースでは秋田県の女性に対する再就職支援の取り組みが紹介されていますが、このような再就職支援の取り組みは決して珍しくありません。

人手不足が深刻な社会問題になっていますので、働きたい意欲があるならぜひとも雇用したいと考えている企業は多いです。

たとえば再就職とは少し異なりますが、今までアルバイトでしか働いたことがない人を積極採用する会社があります。

アルバイト経験のみの既卒社会人が社会復帰働けるための育成プログラムを用意し、将来的に戦力となる人材を育成しようとするかなり革新的な考え方です。

またすでに退職した人を支援する取り組みだったり、中途採用希望者を支援する取り組みなど、再就職に関連した取り組みはかなり活発に行われています。

働く気持ちさえあれば働ける環境を用意するために支援しようという動きが、全国各地でみられています。

こうした再就職を支援する取り組みは、社会全体も歓迎ムードです。

働きたければ雇用先が出す求人に応募すれば良いのですが、1度離職しているとなかなかスムーズに再就職のための活動ができません。

それは再就職、社会リズムの再獲得への不安が大きいからです。

すでに働いていて転職するのとは、その点が大きく違います。そもそも離職者は、働くこと自体への不安があります。

よって、再就職支援の取り組みはきっかけと勇気を与えることになります。

再就職に特化した支援は常識となるべき

離職をしてしまうと働く感覚がどんどん薄れていくため、いざ再就職をしようと思っても期待より不安の方がどうしても大きくなってしまいます。

たとえ以前フルタイムでバリバリ働いていたとしても、仕事の現場を長く離れれば働くことへの自信を失ってしまいます。

場合によっては自分のことを過小評価してしまい、再就職がとても厳しいのではないかと諦めてしまうことにもなりかねません。

そのように再就職を希望する気持ちはあるのに前へと進めない人には、再就職支援のイベント、特に特定の背景を持つ人たちには歓迎されるでしょう。

企業担当者と実際に会って不安な点を相談してみたり、職場見学をして現場の雰囲気を感じ取ったり、講座を受けて再就職しやすいようスキルアップを図ったりなどできれば、働く感覚を少しずつ取り戻すことができます。

その実感の先に「働ける」という確かな自信が生まれますから、その状態になれば再就職を果たすのはもう目前です。

特に子育てなどを機に女性はやむをえず離職してしまいがちですが、その女性の再就職をターゲットにした支援があれば女性は再就職を格段にしやすくなります。

また雇用する側から見れば貴重な人材を確保できるわけですし、双方にとって魅力的な試みであることは疑いようがありません。

この記事のライター

  • ダッフルコート
  • 男性・39歳
  • ウェブライター