新型コロナにはリモートワークの社内制度化が急務|キャリアニュース

テレコミュニケーション

新型コロナにはリモートワークの社内制度化が急務

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

新型コロナの影響から、様々なイベントが中止されるなど経済面にも影響が出はじめています。

また、社員の安全確保などの観点からリモートワークを推し進め、出社不要な労働環境を構築する企業なども増えています。

リモートワークに注目が集まりメリットを見出す人がいる一方で、実際にリモートワークで働く場合には注意が必要です。

会社のフォロー体制やどのように仕事を管理するかは特に重要で、よく考えずに仕事を進めようとすれば収入が下がることもありえるからです。

新型コロナは「働き方改革」の黒船、リモートワークで成果重視へ…労働者に厳しい面も

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、自宅での「リモートワーク(テレワーク)」が広がりつつある。

出勤の必要がなくなれば、満員電車に揺られることもないし、睡眠や余暇の時間をもっと長くとれるだろう。労働者から待望の声が多くあがっている。
続きはー新型コロナは「働き方改革」の黒船、リモートワークで成果重視へ…労働者に厳しい面も|Yahoo!ニュース

リモートワークにすることで仕事の成果が可視化される

リモートワークはメリットが注目されがちですが、デメリットも存在します。

これは雇用側と雇用される側の信頼関係や成果が可視化されることです。

例えば、サボりを防ぐために勤務時間中にWebカメラを利用し、社員を監視をすることは可能です。

ネット環境の構築やWebカメラの設置を誰が負担するかという問題もでてきます。

社員の負担が大きければ信頼関係が損なわれ、リモートワークのメリットよりもデメリットが目立つ可能性が高くなります。

リモートワークを導入している企業に就職や転職を目指す場合は、どのような運用がされているかも確認することが大切です。
また、導入からどれくらい期間がたっているかも重要です。

リモートワークは成果が可視化されるのも特徴になります。

自分自身で仕事の効率化を進めなければ、思うような成果が出ないケースが増えます。

裁量が大きいほどサボってしまう人と、効率化を進めて仕事ができる人の差が広がる可能性があるからです。

無意識にやっている作業が無駄やサボりとしてみなされる可能性もあるため、どこまで会社側と意識が共有できかが課題となります。

評価基準が偏れば、仕事ができる人が基準になり過剰な成果を求められる可能性もあります。

正当な評価を受けられていないと感じ、人が離れる原因にもなりかねないのです。

純粋な成果量だけで報酬を決定する企業であれば、リモートワークの導入で人によって収入が減る可能性すらあります。

評価基準も含めたシステム導入は意外とハードルが高く、デメリットも知っておく必要があります。

テレワークの課題を発信するメディアも多い

新型コロナの影響でテレワークが注目を集める一方、課題の発信を行うメディアも増えています。

また、切り替えの成功事例も報じられていますが、成功事例は新型コロナ以前からテレワーク導入を進めていた企業が多いのが特徴です。

事前の準備や意識共有があったからスムーズな移行が可能だっただけで、意識の共有などができずに切り替えることは難しいからです。

実際に大規模なテレワークの切り替えを行った企業の情報は重要で、今後テレワークで働きたい人の参考事例にもなります。

参考:新型コロナ対策でNTTが約20万人の従業員に“テレワーク”推奨…業務への影響や課題を聞いた
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200221-00010003-fnnprimev-soci

ポイントになるのがあくまで推奨であり、全面的な切り替えに踏み切った企業はまだ少ない点です。

出社する人間と、テレワークの人間で作業の分担ができるから可能な部分もあるからです。

テレワークで課題になりやすいのが、連絡をどのように行うかになります。

NTTの事例では、テレワークの人材が連絡を遠慮してしまいがちなことが課題としてあげられています。

出社していればすぐに話しかけられる場合があるだけでなく、社内ネットワークを通じて連絡をするハードルが下がるからです。

必要な連絡が滞れば業務にも影響を及ぼします。

大きな影響が出なくても効率化に影響するようであれば、緊急時以外は出社した方が業務面でプラスということになりかねません。

業務の効率化にはコミュニケーションが必須であり、成功例に思える企業でも課題として挙げられることがあるのです。

リモートワークこそシビアに考えなければならない面がある

リモートワークは楽な面や効率の良さが注目されがちですが、だからこそシビアに見られる面があります。

業務委託ではなく社員としての雇用であれば、どの程度の拘束が許されるかという問題もでてきます。

業務の効率化を目指す中で課題が見つかることもあるため、導入して日が浅い企業ほど問題が出る可能性が高いことに理解が必要です。

問題が発生した場合の相談窓口があるかも重要です。

不満などを伝える窓口がなければ転職した方がストレスが少ないということになりかねません。

就職や転職でリモートワークを目指すのであれば、長所も短所も知った上で働く必要があります。

事前の調査不足があれば、それだけ不満に繋がる可能性も高いからです。

また、キャリアアップなどを目指すのであれば、仕事は常に効率化していくことが前提になります。

リモートワークであるからこそ他の社員と成果が比較される可能性が高く、成果が出せなければ評価が下がる恐れがでてきます。

出社して退社まで時間をやり過ごせば良いという働き方が難しいからこそ、何が会社に求められるのか、どのように能力を磨けばいいかも考えることが大切です。

評価制度の不備などがあれば、不満を伝えることが重要になる場合もあります。

新しい働き方こそバランスの調整が難しく、自分自身で考え、決断しなければならないことが増えるのです。

裁量がほしいのであれば独立・起業も視野に入る場合があるため、比較するのも方法です。

この記事のライター

  • しらたま。
  • 男性・37歳
  • フリーライター