日本でも浸透するリファラル採用。コネ入社との違いは?|キャリアニュース

日本でも浸透するリファラル採用。コネ入社との違いは?|キャリアニュース

日本でも浸透するリファラル採用。コネ入社との違いは?

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

就職から3年以内に離職する若者は多く、統計的にも大卒で3割程度の人材が退職や転職を選択しています。

企業側の条件提示に問題があるケースや、働く側の新卒社会人の意識のズレなどが課題で、様々な企業がミスマッチを防ぐ工夫を行っています。

少しずつ普及をはじめているのがリファラル採用で、社員に友人や知人などを紹介、推薦して貰う採用活動に結びつけるのが特徴です。

リファラル採用のためのプラットフォームも誕生していて、就職を希望する人は実際に働いた人から話しを聞けることが大きなメリットになっています。

採用に対してオープンな雰囲気を作ることが可能で、働く前の不安の解消にも役立ちます。

「就職してもすぐに辞めてしまう」日本の就職市場の問題点と解決策

 新卒で就職してから3年以内で約3割が会社を辞めてしまう。人口減、人手不足が問題となっている今、せっかく採用した人材が辞めてしまうのは企業としても大きなダメージを負うことになる。

 ではなぜ、このような状況となってしまっているのか。
続きはー「就職してもすぐに辞めてしまう」日本の就職市場の問題点と解決策|Yahoo!ニュース

リファラルは推薦や紹介を意味している

リファラル採用は人事にだけ採用を任せるのではなく、企業全体が採用活動に取り組むのが特徴になります。

社員一人一人が推薦の権利を持ち、友人や知人などの人脈を通じて働きたい人を推薦します。

人事ではなく現場の人間が人柄や能力を知った上で推薦ができるため、ミスマッチが起きにくいのがメリットです。

結果的に採用コストが下がったという事例も多く、一部に採用の労力が集中するというデメリットも防げます。

リファラル採用のためのプラットフォームも存在し、企業ごとにどのように取り入れるかが違うのも特徴です。

ただし、日本ではまだ普及の途上にあり、実際にリファラル採用を取り入れている企業が少ないのも現実になります。

冒頭記事では富士通の中途採用やモスバーガーのアルバイトで採用されていることが紹介されている他、トゥモローランド、ベイクルーズ、ユナイテッドアローズ三社合同の「日本初ファッション業界リファラルミートアップ」が開催されたことも紹介されています。

リファラル採用は現場の温度感を知るのに役立つ

リファラル採用を取り入れている企業はまだ少ないものの、希望企業以外からの情報をうまく取り入れて就職や転職に生かす方法もあります。

同じ職種や同じ業界の人材を通して情報を収集し、参考にすることが可能だからです。

給与水準や季節ごとの忙しさ、やりがいなどはチェックしやすいポイントであり、求人情報に載らないリアルな情報に触れられる場合が増えます。

OB・OG訪問で情報を収集する人もいますが、より広い範囲の情報を収集するのに役立ちます。

重要なのは情報を仕入れるルートを複数確保し、自分で選択できる状態を作ることです。

採用面接の際に不明点を聞いてイメージを修正する方法もありますが、面接で希望条件が満たせないことがわかって辞退する場合は時間の無駄が生じます。

複数の情報を仕入れて突き合せなければわからないことや、直接働いている人に聞いておいた方が手間が省けることもあります。

ちょっとした手間を惜しまない方がプラスになることも多いのです。

希望する就職先のライバル会社の情報や、業界大手の情報など、様々な角度で情報を分析すれば働くイメージもつかみやすくなります。

リファラル採用を進める企業自体が取り組みについて発信するケースも増えているため、実際にどんなものか知っていくことも大切です。

リファラル採用企業のメリットは情報がオープンなこと

就職・転職する側が注目したいのは、リファラル採用を行う企業の情報の扱いです。

有能な人材を確保するためには情報をある程度オープンにし、仕事に興味を持って貰う必要があります。

企業で働く人間一人一人が推薦権など持っているため、ある程度の情報公開権限も持ち合わせていることになります。

もちろん守秘義務などは存在しますが、会社について話すことができる人材と接点を持てるということは大きなアドバンテージになるのです。

ブラックな企業や社員の囲い込みをしようとする企業はリファラル採用を取り入れづらいのもポイントになります。

自社の情報を発信されると困るため、社員にも権限を与えない傾向があるからです。

社員を信用すること、人材確保のための情報共有をすることがリファラル採用の前提になります。

社員のリテラシー向上のための教育などもセットになるため、情報がなかなか確認できない企業よりも信用しやすい面があります。

リファラル採用を取り入れているからイコールで信用できる企業とは限りませんが、情報が多い分メリットとデメリットの整理も簡単です。

企業にオープンな雰囲気を求める場合、指標の一つとしても利用することが可能です。

明確な目標設定を行い、働きたい業界や職種、やりたい仕事について発信することで企業側から声がかかることもありえます。

SNSなどの繋がりからリファラル採用の声がかかることも珍しくないため、自分が声をかけられやすい存在になることも大切です。

自分の情報もオープンにして信用を得ることは、人脈構築の面でもプラスです。

いざ働きはじめてイメージと違う部分があり、転職活動をすれば時間を無駄にする可能性も出てきます。

ミスマッチを防ぐことにも役立つため、企業側だけでなく自分の発信もセットで考えることも重要で、選択肢を増やす面で役立つのです。

この記事のライター

  • しらたま。
  • 男性・37歳
  • フリーライター