年功序列終了。実力主義でいかに年収を上げていくか|キャリアニュース

年功序列終了。実力主義でいかに年収を上げていくか

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

年功序列型の賃金の見直しが進んでおり、今後は更に成果型賃金の導入を推し進める企業が増えると見られています。

トヨタ労組が一律の賃金アップではなく、賃上げ率に差が出る方法を提案しているのはその象徴と言えます。

若手や専門性の高い技術や能力の高い人材の確保に力を入れなければ、企業自体が競争力を失ってしまうという危機感もあるからです。

年齢が上がれば給与が上がるのが当然ではなくなれば、転職も含めていかに収入を高めていくかも重要になります。

社内でのキャリアの積み重ね方や、各種研修の充実など長期視点で就職先、転職先を決める重要性が増しているのです。

焦点:格差拡大前提の成果型賃金、賃金カーブ消滅で中高年冬の時代

今年の春闘は、かつての一律賃上げ交渉に替わり、成果を反映した賃金体系への移行をより強く反映するものとなりそうだ。これまでも一部に成果型賃金を取り入れてきた企業は多いが、今年は春闘の先頭を走るトヨタ労組が賃上げ率に差が出る方法を提案。ひと握りの優秀な人材や人口減の著しい若手への配分が厚くなるなかで、中高年にとっては厳しい状況となりそうだ。
続きはー焦点:格差拡大前提の成果型賃金、賃金カーブ消滅で中高年冬の時代|Yahoo!ニュース

若手の給与が増えやすい環境になっている

成果型賃金が進む背景の一つが中高年の給与の高さです。

経営が安定していても大規模なリストラを断行する企業があるのは、中高年の人件費の高さが経営を圧迫する一因になっている短です。

年齢が上がるほど給与が上がりやすい仕組みを作っていた企業は多く、終身雇用とあわせて日本企業の魅力になっていました。

しかし、少子高齢化が進むことで若手の人材の確保が困難になり、日本の経済成長も見込み辛いことから構造自体を見直さざるをえなくなっています。

今後は人材確保が更に難しくなることが予測されることから、企業体力があるうちに構造改革を行い、若手や能力の高い人材の分配率を高める方向に調整が行われているのです。

これは新人を含めた若手の給与水準が上がることも意味しています。

売り手市場で仕事を選べる若者が増えているからこそ、基本給を含めた待遇の良さをアピールする企業が増えているのです。

新人であっても条件交渉などがしやすく、働きやすい環境を作りやすいといえます。

第二新卒など実務経験が浅い人の転職をサポートするサービスも増えていて、就職に失敗したと思ってもキャリアのやりなおしがききやすい時代が来ています。

能力を磨かなければ収入が上がりにくいのも特徴になる

成果型の報酬を採用するということは、能力を磨かなければ収入が上がりづらいということでもあります。

人材を育てる必要性から若手や能力の高い人材の給与を上げざるを得ず、成果が出せなければ給与が上がらない状況が続く可能性もあるからです。

経営環境が厳しくなれば更にシビアに成果が求められる可能性もあります。

成果が型報酬が中高年に厳しいといわれているのは、新しい技術などを学び、成果を出すハードルも高くなるからです。

役職に見合った仕事を求められるのが常識になり、自己投資を行わなかった人は給与面で冷遇される可能性もあります。

中長期で給与を上げるためには仕事の効率を考えて意識的に改善することや、必要に応じて学びなおすことも大切になります。

社内の研修や学びなおしの制度が充実しているかだけでなく、自発的に投資していく感覚も必要です。

会社任せにしては給与が上がらない可能性があること、人口減少と経済規模の縮小が続けば更に状況が悪化する可能性も視野に入れる必要があります。

会社の経営環境も変わっていくことを前提に、必要に応じて転職することや、転職時に評価されるキャリアを意識することも求められます。

年収をあげ続けることがますます難しくなるからこそ、収入アップを目指すのであれば意識的に行動する癖をつけることが重要です。

給与は経済と結びついていることを忘れないこと

給与は企業の経済活動と結びついていて、業績が良い企業であれば高い傾向があり、悪ければ安くなる傾向があります。

しかし、人手不足を補うために賃金が上昇が続けざるを得ない業界も存在し、人件費の高騰から倒産する企業も存在します。

労力に対する収益性の高さなども関わっているため、企業の経営状況だけでは判断できないケースも部分もあるのです。

儲かる業界は変化を続けていくため、企業がその波に乗れるかも重要です。

経営者の手腕が問われる面がある一方で、その手腕を信じて会社と命運をともにできるかは考える必要があります。

キャリアチェンジを含めた転職や、副業に注目が集まるのはそれだけ順調に企業が成長し続けるという将来像を描き辛いためです。

世界の経済が成長し続けるというビジョンも描けないからこそ、リスクはある程度自分でコントロールする意識が大切になります。

新しい技術や産業に注目し、将来を予測するのも方法です。

産業が育つことで新しいお金の流れが生まれるからです。

関連産業にお金が流入することも、逆にお金が流出することもあります。

AI産業の発達で単純労働の仕事が減る可能性があることや、専門性の高い技術者などの賃金が上昇傾向にあるのはわかりやすい事例です。

介護や医療関連などの少子高齢化関連、人手不足で人件費が高騰する輸送関連、インフラの整備と維持に必要な建築関連などは将来を予測しやすい業界になります。

経済の流れを読みつつ、自分の仕事がどうなるのか、リスクに備えて新しいことを学ぶなど工夫をした方が良いのかは一考の価値があります。

業界や職種が変わっても共通して求められるスキルもあるため、自分はどこでどう働けるのか、どう能力を生かせば収入が安定するか考えてスキルアップをする人材も珍しくないのです。

この記事のライター

  • しらたま。
  • 男性・37歳
  • フリーライター