情報セキュリティ人材のマッチングサービス「vCISO(virtual CISO)」|キャリアニュース

情報セキュリティ人材のマッチングサービス「vCISO(virtual CISO)」

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

現代のほとんどの企業は、何らかの形でネット環境にアクセスしているといっても過言ではありません。

企業が事業を運営していくのに、ネット環境は必要不可欠です。そんなネット環境への依存によってもたらされているのが、情報セキュリティに関するリスクです。

特に規模がそれほど大きくない中小企業は、情報セキュリティ関連の人材が明らかに不足しています。

そんな情報セキュリティに対処する人材を探しやすくしてくれる、マッチングサービスのリリースに関するニュースです。

現代の企業が抱える情報セキュリティ対策の現状がわかります。

外部の情報セキュリティ人材に仕事を依頼可能――、GSXがマッチングサービス「vCISO」を提供

グローバルセキュリティエキスパート株式会社(以下、GSX)は12日、情報セキュリティ人材のマッチングサービス「vCISO(virtual CISO)」を正式リリースしたと発表した。

 今回提供する「vCISO」は、中堅・中小企業が抱える情報セキュリティの課題と、情報セキュリティの専門家(情報/サイバーセキュリティ業界における著名な有識者、GSXコンサルタントも含む)のセキュリティスキルをマッチングさせ、企業が抱える情報セキュリティ上の課題解決を支援するサービス。

情報セキュリティのさまざまな分野の専門家に対してマッチング依頼をかけたり、検索で探し出したりして、案件単位で仕事を依頼できる。
続きはー外部の情報セキュリティ人材に仕事を依頼可能――、GSXがマッチングサービス「vCISO」を提供|Yahoo!ニュース

企業の情報セキュリティに詳しい人材が不足

ニュースの背景には、企業の情報セキュリティに詳しい人材の不足が深く関係しています。

企業はネット環境への接続や情報管理をデーターベース化することが広く普及していますが、その反面情報セキュリティに詳しい人材の不足にも悩んでいます。

企業の情報セキュリティは、極めて専門的な知識とノウハウが求められます。

今はプライバシーの保護やコンプライアンスが声高に叫ばれている時代ですので、企業としても情報セキュリティ対策に力を入れようとはしています。

ただ現実問題として情報セキュリティ対策に詳しい人材が圧倒的に不足しており、どうすれば良いのか手をこまねているのが現状です。

特に中小企業はもともと情報セキュリティの分野に限らず人材が不足しているため、人材確保には力を注がなければいけません。

その人材確保の手助けとなるサービスとして期待をかけられているのが、ニュースで紹介されているマッチングサービスの「vCISO」です。

この「vCISO」は自社の情報セキュリティレベルを向上させるためにどんな人材が必要なのかを、適材適所でマッチングするサービスです。

ですので情報セキュリティ対策に手を焼いている中小企業は、サービスの利用を前向きに検討しているはずです。

情報セキュリティ対策を疎かにすれば、深刻な被害を被る可能性があります。

情報漏洩が発覚すれば企業の信頼は失墜しますし、場合によっては企業が立ち行かなくなる恐れすらあります。

現在の深刻な情報セキュリティ人材不足の現状と解決策を報じているニュースです。

マッチングサービスを利用して人材を確保

マッチングサービスを利用して人材を確保しようとする動きは、情報セキュリティの人材探しだけでなく多種多様な分野で顕著になってきています。

企業としてはここぞというタイミングで無駄なく人材を投入したいため、マッチングサービスを利用した人材確保を適宜行っています。

マッチングサービスを利用して人材を確保する方法なら、正式な採用ではなく案件ごとの短期的な依頼が可能です。

そのほうが企業は人的コストを節約できますし、依頼される側は企業の面倒なしがらみを気にせずに仕事ができます。

そのためウインウインの関係になりやすいのが、マッチングサービスを利用した人材の確保です。現代の働き方にマッチしているといえます。

ニュースにあるマッチングサービスを利用して情報セキュリティ人材を確保しようとする動きは、

今後ますます顕著になっていくことが容易に推測できます。

なぜならとある統計では2020年に情報セキュリティ人材が20万に近く不足するというデータが発表されていて、その不足した人材を補うのにマッチングサービスが役立つからに他なりません。

情報セキュリティ人材の確保は、企業が今後も抱えていく大きな問題の1つです。

情報セキュリティ対策の専門家がまったくいない、コスト面から正社員では雇えない、トラブル対応ができないなど、中小企業からは情報セキュリティ対策の人材を求める悲痛な叫び声があがっています。

その要望に応えてくれるのを期待されているのが「vCISO」だと、ニュースを読めば理解できます。

情報セキュリティ対策を疎かにはできない

もしも企業が情報セキュリティ対策を疎かにすれば、企業の命運を左右するような深刻な問題になる可能性があります。

仮に情報セキュリティ対策を万全にしていたとしても、リスクをすべて排除できるわけではありません。

情報漏洩が発覚すれば世間から厳しく非難されるのは目に見えていますし、関係している取引先からの信頼を一気に失ってしまうこともありえます。

ですから企業が情報セキュリティ対策をできる限り強化することはとても大切です。

情報セキュリティ対策を疎かにせず強化するためには、とにもかくにも人材の確保が急務です。

特に中小企業は脆い一面がありますので、情報セキュリティ対策を疎かにするわけにはいきません。

そんな中小企業の要望を汲み取ってリリースされたのが、ニュースで紹介されているマッチングサービスの「vCISO」です。

情報セキュリティ対策の強化は実現したいけれどもコストはそれほどかけられない、そんな中小企業にとって待ちに待ったサービスです。

実際に利用すれば、このサービスのメリットやデメリットが浮き彫りになります。

ですからまだサービスがしっかり行き届いているかどうか未知数な面はありますが、それでも中小企業が情報セキュリティ対策のための人材を探し出すのに役立つ可能性が高いサービスであることは否定のしようがありません。

企業が生き残っていくのに情報セキュリティ対策ができる人材は必要不可欠ですし、今後の情報セキュリティ対策の人材確保の方法を知らせるのに役立っているニュースです。
創造性と数値化できない「何か」を必要とする3つのプロ領域、伸ばしてみてはいかかだろうか。

この記事のライター

  • Mari Tsuyuki
  • 女性・39歳
  • 翻訳家