以前の職場に再入社する即戦力のリスタート組が増加|キャリアニュース

以前の職場に再就職するリスタート組が増加

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

1度退社した社員に再入社してもらって人材を確保する動きが、大会社を中心に活発化しているという内容のニュースです。

会社を退社したらその会社に再度就職するのは、これまでなら稀なパターンでした。

何かしらの事情があって退社の決断を下しているのですから、そう簡単には戻れません。

ですが昨今の人材不足により、会社側は再入社希望の社員を歓迎しています。

その理由は、会社側がすぐに働ける即戦力を求めているからです。再入社の雇用事情についてわかるニュースです。

制度化することが「再入社」を加速させる【「再入社制度」が、人と組織のあり方を変える 第1回】

近年、退職して他社で働いたり、独立したりしていた人が、元の会社に復職する「再入社制度」が注目されています。「即戦力となる人材」を確保できることを、多くの企業がメリットとして捉えているようです。

元社員を受け入れるため、社内の仕組みを整える企業も増えてきました。人材の流動化が進む中、「再入社制度」をどのように考えていけばいいのでしょうか。
続きはー制度化することが「再入社」を加速させる【「再入社制度」が、人と組織のあり方を変える 第1回】|Yahoo!ニュース

再入社の社員は勝手知ったる即戦力

まずニュースの背景にあるのは、会社の人手不足です。仕事はあっても人が足りない状況に、多くの会社は手を焼いています。

そんな人手不足の状況に四苦八苦する会社が喉から手が出るほど欲しいのは、現場に出てすぐに通用する即戦力です。

たとえ新しい人材を確保できたとしても、新人では即戦力になりません。新人はまず現場に慣れなければいけないですし、地道に経験を積まないことにはなかなか現場で通用しないです。

その点再入社の社員は、勝手知ったる即戦力の人材です。

会社を退社してから何年も経っていれば、働いていた頃と様子が大きく様変わりしていてもおかしくありません。

働いていた頃と仕事のやり方が変わっていたり方針が変わっていれば、前のやり方から修正を行う必要があります。

それでもまったくの新人と比べれば会社のことをよくわかっていますし、もともと仕事ができる人材ならたとえ修正を行うにしてもそれほど時間はかかりません。

会社にとってこれほど魅力に感じられる人材はそういないですから、人手不足で困っている会社にとってはまさしく救世主です。

会社側が再入社希望の社員を雇用する最大の理由は即戦力になるからだと、ニュースは伝えています。

面倒な育成プロセスを省略して現場に出られるのが再入社した社員の最大の強みで、会社の求める理想の人材像にぴったりと合うのは間違いありません。

それだけ強く求められているのが再入社希望の社員であると、ニュースを読めばわかります。

さまざまな業界で再入社希望の人材を雇用

1度退職した人の再入社を歓迎する動きは、さまざまな業界で顕著になってきています。

たとえば美容師業界でも、結婚や出産を機に美容師の仕事から離れてしまった女性を再雇用する動きが活発化しています。

美容師の仕事は腕さえなまっていなければ、現場に出て十分即戦力になります。

また場合によっては感覚を取り戻すための準備期間を設けてまで、美容師としての復帰を促す取り組みを行っている会社もあります。

この再入社を歓迎する動きが社会全体でみられるのは、やはり人手の足りなさが大きく影響しています。

人材を育成するのは時間がかかりますから、それなら即通用の人材を再入社させて活躍させたほうが合理的だと考える会社は多いです。

新人の育成をすべて放棄してしまうわけではないものの、現場で通用する人材がすぐに育つわけではありません。

新人の育成は別に行いつつも即戦力となる人材も求めていくのが、現代の会社の一般的な雇用スタイルになりつつあります。

ただ日本人は職場の空気や雰囲気を過敏に気にする傾向がありますので、再入社を希望して同じ会社にもう1度勤めるのは勇気を必要とします。

ですから再入社しやすい制度を作り、再入社を希望している人がスムーズに再入社しやすくすることを怠ってはいけません。

再入社するために会社は何をすべきなのか、ニュースでは再入社における課題と解決策についてもしっかり報じています。再入社に関する今の実態が伝わってきます。

仕事の能力がある人は再入社で活躍できる

たとえ何かしらの事情があって勤めていた会社を1度退職した人でも、仕事の能力さえあれば再入社によって再度活躍の場が与えられます。これまでの日本は「1度退職したのにまた戻って働きたいと思うのは虫の良い考えだ」と、とらえられていたのかもしれません。

ですが現場の深刻な人手不足を解消するなら、そんな狭量な考え方をしている場合ではなくなりました。

そもそも子育てや親の介護など、働きたくてもやむをえない事情で退職の決断を下さなければならなかった人もいるはずです。

そうしてやむをえない事情で退職した人は、働ける状況になれば働きたい意欲を強く持っていることが多いです。

そんな人に対して再入社は渡りに船ですし、再入社しやすい制度で希望者を迎え入れるのはとても良いことです。

たとえ退職した人でも会社にとっては1度は縁があった人だととらえる傾向が強くなっていて、希望するならもう1度働いてもらうことに異論はまったくないはずです。

そうでなければ、再入社がこれほど活発に行われるはずがありません。

会社にとっては育成のために時間やコストをかけることなく労働力を提供してくれる貴重な人材ですから、再入社を希望する人がいるなら諸手を挙げて歓迎のスタンスです。

今は全体的にみて日本人の健康寿命は長くなり働ける年齢が上がってきていますし、再入社歓迎の流れはこれからもっと加速する見込みです。現代の再入社事情について深く切り込んでいるニュースです。

この記事のライター

  • ダッフルコート
  • 男性・39歳
  • ウェブライター