訪日客に専門技能を英語でガイドできるスタッフが必須になる|キャリアニュース

訪日客に専門技能を英語でガイドできるスタッフが必須になる

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

観光大国として世界中に名前が知れ渡っている日本は、これからも外国からの観光客の増加が見込まれます。

その観光客の増加にともない需要が高まっているのが、英語でのガイドが可能な人材です。

最近では日本語を覚えたうえで来日する外国人の観光客がいるとはいえ、まだまだその数は多くありません。

日本の文化や名所を外国人に正しく伝えるためには、専門的な英語を話せる人材の育成が急務です。

ニュースでは酒蔵を一例に取り上げ、その重要性をうったえかけています。

日本酒の魅力を訪日客に発信へ酒蔵見学の英語対応を強化

日本酒業界が酒蔵を英語で案内する取組みに力を入れているが、インバウンド(訪日外国人)の増加が続く中、専門知識を備え英語で案内できる人材が不足している。

業界団体の日本酒造組合中央会はこのほど、プロの通訳案内士を対象に酒蔵での実地研修を初めて開催。今後は研修エリアをさらに広げ、インバウンドの受け入れ体制を強化する。
続きはー日本酒の魅力を訪日客に発信へ酒蔵見学の英語対応を強化|Yahoo!ニュース

外国人観光客の急激な増加

インターネットなどを通じて日本の文化や名所の魅力が、世界へと発信されています。

風光明媚で季節を肌で感じられる観光名所はもちろんのこと、日本酒、着物、アニメ、忍者、舞妓、日本庭園など、日本独特の文化に興味を持って日本へと観光に訪れる外国人観光客は枚挙に暇がありません。

インバウンドによる経済効果はとても大きいですから、日本にとってそれはとてもありがたいことです。

ただこの外国人観光客の急激な増加に追いついていないのが、英語での観光案内ガイドができるスタッフです。

しかもただ英会話ができるだけではなく、ガイドするものの文化について専門的な英語を話せるスタッフは決して多くないのが現状です。

今はスマホで情報を簡単に調べられるのはもちろんのこと、翻訳に関する機能も以前と比べてかなり充実しています。

ただやはり観光に来ている以上は現地のスタッフから説明を受けたいでしょうから、日本人のスタッフが英語を使ってガイドするのが最も理想的であることは否定しようがありません。

ただそれは簡単にできることではないため、この背景を受けてニュースにあるような英語で専門的なガイドができるよう研修が行われているのです。

いくら英会話ができたとしても、それだけでは不十分であることがニュースからわかります。

よりいっそうレベルが高いガイドを実現させるためには、職場が求めている状況に特化した人材の育成や採用が必要不可欠だとよくわかります。

専門的な英会話ができるガイドの人材が不足

観光業界において専門的な英会話ができる人材が不足しているのは、やはり外国人観光客の急増に対応が追いついていないからに他なりません。

今までもガイドのスタッフはそれなりの数いたはずですし、もしも外国人観光客の数が徐々に増えていったのであれば対応も遅れなかったはずです。

ですがここ数年で急激に増えたことにより、専門的な英会話ができるガイドの人材が不足してしまっています。

現代はグローバル化の動きがスタンダードになりつつありますから、英語学習への重要性はもちろん高まってきています。

ただそれでも英会話をマスターするまでにはどうしても時間がかかりますし、そう簡単に日本人の誰もが英語をスラスラと話せるようになるわけではありません。

こうした時代背景や社会環境が、専門的な英会話ができるガイドの人材が不足している一因です。

また観光業界で働くガイドですから、観光に精通していないといけないのも人材不足に拍車をかけてしまっています。

たとえばニュースで取り上げられているのは酒蔵の事例で、酒蔵で使われやすい英語に特化しているガイドでなければ満足のいくガイドはできません。

ガイドにはより深い専門性が求められますので、ただ英会話ができるというだけで勤まる仕事ではないのがネックになっています。

想像するよりもずっと難しい仕事であることは明白で、この業界が人材不足になるのはしかたありません。

それだけ専門的な英会話が、今の日本の観光業界では求められているとわかるニュースです。

観光業界でガイドの専門性が求められている

観光スポットに合った英会話ができるガイドの人材は、これからの観光業界でとても重宝されることがこのニュースから容易に想像できます。

かなりピンポイントで専門性が求められるので、普通にこなせるだけでも十分価値があるのは改めて言うまでもありません。

そしてよほどのことがない限り今の日本人気はとどまることを知りませんから、これからも観光スポットに合った英会話ができるガイドは引っ張りだこになるはずです。

英話でのガイドがスムーズに行えれば、そのことはSNSなどのネットを通じてたちまち話題になります。

その話題性があれば外国人観光客を安定的に呼び込むことにつながりますから、観光スポットに合った英会話ができるガイドの存在意義は経済的にみても非常に大きいです。

また単純に日本や日本文化の良さが伝わりやすいという点も、もちろん優秀なガイドがいることの強みに他なりません。

今後もこの傾向はしばらく続く見込みですから、英会話がスムーズにこなせてなおかつ観光スポットに合ったガイドができる人材への需要は今以上に高まるはずです。

だいぶ限定的なスキルですから当面は採用よりは育成に力を入れていくのかもしれませんが、これが今の時代の流れであるとニュースからよくわかります。

英語対応をしっかり行っていればいるほど観光地としての魅力も自然と高まっていくのは目に見えていますし、専門的な英会話ができるガイドの存在感はこれからもっと増していくはずです。

この記事のライター

  • ダッフルコート
  • 男性・39歳
  • ウェブライター