40代の転職理由はやりがいや人生のキャリアのために|キャリアニュース

山の上からの眺め

40代の転職理由はやりがいや人生のキャリアのために

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

この記事では40代の転職理由について注目しています。そのなかで、転職者がお金を理由に転職するとうまくいなかい、よくない結果になるということを話しています。

では40代が転職する場合は何を目的にすればいいのか。

それはキャリアアップや自己開拓、将来への方向変換などとなります。さらに、それ以外の年代ではどのような理由が理想的なということについても説明しています。 

40代は「お金目的の転職」をしてはいけない理由

20代、30代と比べて、40代の転職は難易度が数段階高まる。理由は簡単だ。40代に期待している会社が少ないのだ。

求人元の会社が転職希望者に求めているのは、新たな職場環境でこれまで以上に力を発揮する人材である。しかし、残念ながら、40代に伸びしろはほとんどないうえに、環境順応性も低い。したがって、40代を迎えたなら、転職するよりも現在の会社にとどまることを第1に考え、そこで自分の能力を伸ばすこと、あるいはこれまで身に付けてきた知識やスキルを維持することに注力したほうがいい。
続きはー40代は「お金目的の転職」をしてはいけない理由|Livedoorニュース

40代で転職する人はお金の理由が多い

40代といえば、職場ではどのような年代かといいますと、中堅、そこそこのキャリア、マネージャークラスというところでしょうか。

ポジション的にはそろそろ役職などがつく、うまくいっている人はマネージャークラスになっているといえます。

年代的にもそこそこのキャリアが培われ中堅の社員ということになります。仕事の面ではある程度の仕事を任され、周りからも期待される存在ということになります。

ですが、まだトップマネージャークラスではいかず、主任やサブマネージャー、係長というところでとどまっている方が多いかと思います。

つまり、そこそこの仕事を任され、周りからプレッシャーもある存在なのですが、お金面でいうと、主任手当、係長手当など、平社員に少し色がついた程度ということがほとんどです。

そこで不満に感じた方の転職が増える。それが今回のニュースの背景です。

また家庭面では、中高校、大学へ進学する年代の子供をもつ年代の人が多く、教育費が要る年代でもあります。

まだ子供が大きくなって広い家がひつようになったのでマイホームを購入するなどの人も多いことでしょう。

教育費と住宅費などで出費がかさんでくるのがこの年代です。そこでもっと給与がいいところへ転職したい。そう希望する人が増えてくるのがもう一つの理由でもあります。

さらに50代になる前に転職しておかないとますます転職がむずかしくなるので今のうちにと思う人も多いかもしれません。

40代の転職をお金を理由にしないほうがいい理由

では40代でお金を理由に転職しないほうがいいとこの時期で言われているのはなぜかということです。
それには次のような理由があります。

一つ目は、金を理由に転職する場合、次の仕事をさがすのに時間がかかるということがあります。

お金を理由に転職するなら、当然以前の年収より2割、3割アップを望むことでしょう。そうすると、やはり転職活動に時間がかかってくるはずです。

エージェントに申し込んだり、面接をしたり、それなりに時間と労力が必要になるので、在職中に転職活動は難しくなってきます。

先ほどお話しましたように、40代といえば大きな子供を抱えて教育費も必要ですし、住宅ローンも余儀なく支払わなければいけません。

その点で、お金を理由とした転職はかなりリスクが高いくなります。

二つ目は、お金を理由とした転職は必ず転職がうまくいくとは限らないということです。

給与のアップを目論んで退職したけど、大して変わらなかったということになると、せっかく積んできた職場でのキャリアや信頼はまた降り出しです。

ですので確実に賃金アップが確約されているならいいですが、給与が悪いからといって辞めても必ずしもいいいところがなかったときは転職の意味がありません。

40代の転職の理由はどんな理由がいい?

では、どのような転職理由なら40代の転職がうまくいくのでしょうか?

一つ目としては、お金以外の目的を明確にしておくことです。例えば、自分のこれまで積んできたキャリアをさらにアップさせる職場が見つかったとか、キャリアチェンジする相応の理由があるなどです。

キャリアアップという点では、当然あとから給与面もそれに付随してくるので、一義的な目的はキャリアアップだったとしても、給与もそれに準じてアップしたということはあります。

お金を第一義的な目的とするのは、よくないといはいうものの、それでもそういった可能性はあるはずです。

そしてキャリアチェンジという点では、キャリアを方向転換して、先をしっかり見据えるということです。それには事前の相当な準備が必要になります。何か新しい資格を得る、起業するなど、転職前に転職後に進む道を明確にしておく必要があります。

二つ目は、今後の人生についてしっかりと見据えたうえで転職をするということです。

40代といえば、まだ未成年の子供を抱えている場合がおおいので、先の見通しのないのに転職に踏み切るべきではありません。また自分個人の人生というか考えにおいても、まだ20年近く働き続けないといけないので、ただやみくもに転職すべきではないということです。

これから先の人生全力でできる仕事を探すというのが40代転職のキーワードで、目的にもなるのです。

40代は若くはないとはいえ、まだまだ働き盛りの年代ですので、自分の適職をよく考慮して転職活動をスタートするとよい結果に繋がります。

この記事のライター

  • きよ
  • 女性・33歳
  • フリーライター