キャリアアップや転職はストレス耐性や未知への慣れが必要|キャリアニュース

雇用のミスマッチから来る人手不足・転職は甘くない

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

仕事、プライベートに限らず、すぐに行動をしないことが後悔の原因になることがあります。環境などが原因ですぐに行動しない癖がついてしまうこともあるため、思い切った転職や引越しによって状況が変わるケースもあります。

重要なのは行動しない癖がついてしまうと後からしわ寄せが来ることが多く、行動しようとしても選択肢が狭まることがある点です。

結果的に強いストレスをためてしまう人もいるため、積極的に環境を変える意識や、チャレンジすることで自信をつけていくことも大切になっています。

すぐ行動に移せないのはなぜ? 原因と対策を紹介

理想の自分と現状の自分のギャップがあまりに多い場合は、ストレスフルになるものです。

先日、ある場所で会ったGさん(30代前半男性)は、「今の時代、未来は自分で切り開くしかないと思うんです」と言います。そして、以下のような話をたくさん紹介してきました。
続きはーすぐ行動に移せないのはなぜ? 原因と対策を紹介|Yahoo!ニュース

すぐに行動する癖をつけないと世の中の変化についていけなくなる

行動することを癖にすることは重要で、行動をせずに我慢する癖をつけてしまうとストレスをためやすくなってしまいます。

状況の改善までも人任せになってしまうと、キャリアにも大きな影響を与える可能性があります。

チャレンジをすること自体が億劫になってしまうと必要なスキルが身につかず、思うように収入が伸びないといった自体にも陥りがちだからです。

冒頭記事では自己効力感の重要性と実際の高め方が書かれていて、どのように行動ができるようになるか詳しく触れられています。

重要なのは世の中の変化が早くなっており、積極的に行動する癖をつけないと世の中の変化についていけなくなる可能性もあることです。

収入が伸びなくても生活に十分な収入が得られれば問題がないという考えもあります。

しかし、その働く会社自体がなくなるような自体もありえるため、転職しなければならなくなった際の備えも大切になっています。

同じ会社でも経営が厳しくなればリストラなどもありえるからこそ、必要な人材となるためのチャレンジは必須です。

技術の進歩や経済の変化が激しいからこそ、すぐに行動して環境に適応することが大切になります。

失敗できる環境や状況を作るのも方法

すぐに行動をできない人は失敗を極端に恐れるケースが多く、失敗がゆるされない環境に自分を置いてしまうこともあります。

行動には失敗がつき物であり、失敗ができる環境や失敗を許してくれる人のもとで学ぶことも大切になります。

失敗をすることでどのような対策をすれば失敗を防げるのか、成功につなげるために何をすればいいのか学べることも多いからです。

失敗が恐ろしい場合は、普段の環境と全く異なる場所で行動するのも方法です。

勝手がつかめないことで失敗すること不安に思う人もいますが、勝手がつかめないのであれば失敗することも当たり前になります。

自分が良く知らないところでどのように躓くかを確認し、自分を見直すきっかけになることもあります。

また、普段の生活から遠いコミュニティなどで活動した場合は、自分の私生活などへの影響も防ぐことが可能です。

ネットなどを通してコミュニケーションのとり方などを見直す方法や、ネットでできる軽作業などから仕事をつかんでいく方法もあります。

匿名でできる仕事も存在するため、副業をしつつビジネスのノウハウを学ぶなど工夫をしている人も増えているのです。

自分の人生を主導していく意識が大切になってくる

失敗と成功をつみ重ねて自己効力感を高めることは重要で、自分で環境などを変えられるという意識が転職などにも大きな影響を与えます。

与えられた仕事をするのは楽である一方、一までも与えられる側として仕事ができるとは限りません。

行き詰ったときに自分で状況の打開ができなくなるのもネックで、自分が仕事などに影響を与え、人生を主導している感覚がないと不安やストレスにさらされやすくなるのです。

特に収入を増やしたい、生活を安定させたいと思う場合は行動して環境や状況を変えていく意識が大切になります。

不安や不満を口にしても状況は改善せず、悪化するばかりになるケースもあるからです。

不満などをまとめて誰に相談するか、書面などにまとめられるかも大切で、職場の改善のために行動に結び付けるなど具体性が作れるかで影響力がかわります。

全ての人が自己効力感を高められる環境や状況が整っているとは限らず、まずは心の余裕や時間が必要な場合もあります。

転職を長期視点で行い、まず時間を作れるようにしてから自己投資を始める方法や、有給なども使って考える時間や余裕を確保する方法もあります。

また、生活習慣や考え方を変えるのには時間と労力が必要なことにも注意が必要です。

余り詰め込みすぎてもストレスになるため、オーバーワークにならないように調整をすることも大切です。

自分に過度な期待や要求をせずにバランスを取る意識も大切で、失敗を前提にチャレンジをしたり、失敗から学ぶ意識をもつと成長が早くなります。

失敗すると自己否定を始める人もいますが、成功のためには経験が必要になります。

経験を積むための行動やチャレンジに繋げる意識は大切で、失敗自体を否定しまうとチャレンジができなくなってしまうからです。

自己効力感は自信に繋がり、転職時の自己アピールや、仕事で営業や交渉が必要になったときにもプラスに働きます。

仕事以外の場で身につけることも可能で、能力を磨くために一度転職するといった選択肢もありえるのです。

この記事のライター

  • しらたま
  • 男性
  • フリーランス