共働き社会と専業主婦の価値とは|キャリアニュース

共働き社会と専業主婦の価値とは

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

働き方改革が叫ばれる世の中において、「働く」ことへの意識そのものも少しずつですが変わってきたように感じます。

日本は、今大きな節目の最中にあり、今後乗り越えていくべき様々な問題を抱えています。

少子高齢化という時代の中で、人手不足の現状、求人市場は活況です。

時代背景や社会構造の変化により、働き手を日本は必要としていることは事実です。

高齢化は、やがて人口減少に繋がります。そして人口減少は労働力の低下を招きます。

そんな中、働く女性のニーズも非常に高まっています。

なぜ日本は「専業主婦社会」を抜け出せないか

仕事と家庭の両立を望む女性が増える一方で、専業主婦を希望する、あるいはそうせざるを得ないという人も少なくありません。日本は本当に「共働き社会」になっているのか──。家族のあり方を研究する筒井淳也先生に聞きました。
続きはーなぜ日本は「専業主婦社会」を抜け出せないか|Yahoo!ニュース

共働き社会なのか?専業主婦社会なのか?

高齢化の影響により労働人口の不足は、やがては経済全体に影響を及ぼします。

経済活動を活性化させる源は、労働力だからです。

そして、その労働力のリソースとなるのが人間なわけで、働き手となります。

人手不足、人材不足と言われている時代、企業は優秀な人材を求めています。

企業にとっての一番の財産は人材だからです。

つまり、ヒューマンリソースがあるかないかで今後の企業は、変わってきます。

そして時代は変わり、日本経済は、今働き手を求めています。

女性の社会進出に対する認識も当たり前になってきた「雰囲気」があります。

仕事の世界においては、男女の差別というのはないということが社会的認識とされていますが、それはあくまでルールであり実際には男性なら男性の、女性なら女性の役割は能力が変わることはありません。

そんな世の中において、女性における本当の幸せや価値観とは、いったい何なのでしょうか?

もちろんそれは一概に同じとは言えず個々によって幸せの価値観や尺度は全く違ってくるものでしょう。

仕事と家庭の両立を望む女性が増加しているということですが、本当に女性にとっての幸せとは、社会に貢献し公的にも私的にも満たされるなんて忙しいことを本当に望んでいるの微妙です。

日本社会そのもが、そうさせるような雰囲気を作っているだけではないでしょうか?

実際に「共働き社会」が既に日本のスタンダードになっているのか?疑問です。

確かな平均的なデータを検証する必要があるでしょう。

日本社会の実態は、共働き社会?

実際の日本の現状とは、どのような状態なのでしょうか。

本当に現在は「共働き社会」なのでしょうか?

「共働き」かどうかが影響するのは、家族のあり方を考えなければなりません。

まだ小さいお子さんがいらっしゃるご家庭で、共働き世帯の場合、育児は保育園などに預け、仕事をすることになります。

つまり、子育て自体は、他者に任せることになります。

またリアルな現状を言えば、共働き世帯の場合、どちらかの両親が手厚いサポートをしている場合も多く見られます。

実際、子供の面倒は、祖父母が見ている場合もあるのです。

また共働き云々を言う以前に、現代に生きる人々の価値観も変化しています。

昔に比べ「結婚」への価値観が大きく変化しているのです。

若い世代では、結婚への憧れも薄れ、非婚化が増加しています。

このように時代と共に変化する価値観と生き方そのものも変化しているのです。

では、実際に現在は、共働き世帯が圧倒的な割合を占めるのかと言えば、そうとも言い切れないようです。

これには、からくりがあり、共働き世帯の集計方法にも問題があるのです。

共働き世帯と聞くと夫婦共にフルタイム勤務を想像しますが、実際にはそうではありません。

週わずか1時間のパート勤務をしただけでも共働き世帯とカウントされているのです。

確かにパートでも仕事をしていることには、間違いないのです。

例としてあげた週1時間は、大袈裟ですが、このような集計では実態は計り知れないのです。

日本社会の実態は、共働き社会?

働き方改革が叫ばれている現代、日本人の仕事に対する意識と価値観が変わってきたように思われますが、実際のところ、現代は変化の過程にすぎないというのが本当のところでしょう。

実際の日本は、共働き社会ではありません。

専業主婦は今後、減少していくという噂も聞かれますが、実際は、そうでもありません。

日本には、まだまだ専業主婦の方は、数多く存在しています。

実際に職場などで、女性が活躍している姿は、当たり前に見られます。

しかし、男女比率をみれば、やはり仕事をしているのは、圧倒的に男性の方が多いのです。

さらに企業でのポジションで言えば、管理職ともなると、やはり女性の割合は、圧倒的に少ないのです。

このように働き方改革に便乗して、女性の社会進出をよりいっそう促し、労働力として計算したいという算段があるのではないかとも勘ぐってしまいます。

情報にコントロールされないことが大切となりますが、これだけの情報社会、情報を制御できれば、人々の意思さえもコントロールすることができるのです。

そして、一つ忘れてはならないことは、専業主婦は立派な仕事と言えます。

育児、洗濯、掃除、食事の準備など家事という立派な役割があります。

共働き以外の世帯で、働き手である夫が安心して仕事ができるのは、支えてくれる専業主婦という存在がいるからこそなのです。

そこで、主婦の皆さんだけでなく、夫の方にもお聞きしたいのですが、十分な資産があってもあなたは働くのですか?

この記事のライター

  • makiburu
  • 男性・34歳
  • 鉄道会社 営業職