40歳以上のシニア層も「転職」や「キャリアプラン」を|キャリアニュース

40歳以上のシニア層も「転職」や「キャリアプラン」を

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

近年、早期・希望退職を実施する企業が増えてきており、40歳以上のシニア層が「転職」や「キャリアプラン」いついて考えなければいけない状況になっています。

とはいえ、現在のシニア層は1つの会社で長く務めた経験がある人がほとんどで、転職に不慣れな世代だと言えます。

昨今のシニア層の転職は難しいと言われていますが、華麗なキャリアを持っている人よりも、現場で働いていたノンキャリアであるシニア層の方が転職に成功しやすい傾向があります。

現在のシニア層の転職は、どういう状況なのか、また、どうすれば転職が成功するのか詳しく見ていきましょう。

なぜシニアの転職では「無意識に出るシニアの貫禄」が足を引っ張るのか

業績が好調でも「早期・希望退職」を実施する企業が相次いでいる。主な対象は40歳以上のいわゆる「シニア」層。

そうでなくとも「人生100年時代」と言われ、老後のキャリアも考える必要にも迫られている。

これは転職に不慣れな世代が、いきなり不利な転職に挑まなければならない状況と言える。

そして、いきなり転職に挑んだ結果、不可解な評価に落ち込むシニアも少なくない。シニアの転職で待ち受ける、こうした評価の原因と対策を見ていこう。
続きはーなぜシニアの転職では「無意識に出るシニアの貫禄」が足を引っ張るのか|Yahoo!ニュース

管理職など華麗な経歴のシニア層が転職で不利に

シニアの転職では不思議な現象が起きています。

大企業の部長や管理職まで務めたシニアが面接で採用されず、何度か転職をして有名ではない会社の現場に勤務していたシニアが採用されるという事態が起きています。

では、なぜ華麗なキャリアを持つシニアが落とされ、目立った経歴のないシニアが採用されるのでしょうか。

一般の社員やパートなどとして会社にシニアが転職する場合の話ですが、一般的に管理職よりも、現場での即戦力が有利に働くことが少なくないのです。

確かに、管理職であればそれだけ優秀であり、リーダーとしての十分な素質はあるでしょう。

管理職などでの転職であれば、このような華麗な経歴を持つシニアの場合、有利に働くことは目に見えています。

しかし、一般社員として転職する場合はどうでしょうか。
転職先の企業としては、長年、管理職を続けていて現場を忘れてしまったエリートよりも、現場のエースとして経験してきた即戦力となるシニアが欲しいのです。

また、管理職を経験したシニアこそ、面接では醸し出される「貫禄」がマイナスに働いてしまうことも少なくありません。

これまで、管理職などを経験した人は、自分が上の立場だったことから、シニアに悪気がなくても、「偉そう」な雰囲気になりがちです。

このように、エリートシニアこそ、その華やかな経歴や、態度が足かせとなって、転職に失敗してしまうケースが少なくないのです。

では、シニアの転職を成功させるには、どういう点に気をつければ良いのでしょうか。

シニア層の転職では謙虚さと社会人マナーが大切に

まず、管理職など華やかな経歴を持っているシニアほど、意識的に「謙虚」な姿勢で面接に臨む必要があります。

また、面接での言葉遣いだけでなく、「履歴書」にも注意するポイントがあります。

例えば、自分を良く見せようと「表彰歴」を記入するシニア層も多いですが、これは「自慢」ととられてしまう傾向が強く控えておいた方がいいとされています。

また、「社内でも、最高峰の部署で〜」「誰もやりたがらない仕事を率先して〜」などの表現を使うと「自慢気」に思われてしまうため、そのような表現の使用をするのはやめておいた方が賢明です。

また、シニアになれば経歴も膨大になりますが、履歴書の内容は出来るだけ簡潔に記入して、面接で説明する際には、さらに要点を絞って伝えることが大切です。

「貫禄」があるシニア層が転職に不利に働く一方で、転職経験がないシニアの場合は、ヨレヨレの服など一般常識を忘れた状態で面接に挑むシニアもいます。

また、若者の場合であれば、間違いがあれば正してくれる人が周りにいますが、シニアの場合には指摘されることが少なくなるため、誤った認識が定着したままで面接を繰り返して、失敗しているケースも少なくないのです。

このような失敗を避けるためにも、まずは今までの経験・常識は捨てて、1から学ぶという姿勢で転職に挑むことが大切です。

社会人向けのマナー本などをもう一度、読んで勉強してみたり、シニア専門の転職エージェントなどに相談するのも効果的です。

このようにシニアの転職を成功させるには、今までの常識などを捨てて「新人」に戻ったような気持ちで学び、転職に挑むことが重要なポイントとなります。

シニアの転職成功には自己分析・謙虚さ・支援が重要に

シニア層の転職には、転職先の地域に近い方が採用される・家族構成が合否に影響する場合もあります。

例えば、あまりに長距離通勤になれば、会社側は「心配」しますし、労働時間が長めの企業であれば「独身」を、責任感を結び付けて評価する企業では「既婚者」が優遇されるケースが少なくありません。

シニアの転職を成功させるためには、謙虚さや1から学ぶという精神が大切であることはもちろん、自分自身を改めて自己分析し、自分に適した転職先を見つけることが成功のポイントです。

一般的には、部長など管理職の経験があるシニアのほうが、転職には有利であると考えがちです。

また、最もそう思っているのは、華麗な経歴を持つシニア本人でしょう。

しかし、現状はその逆で、現場から長年退いているシニアよりも、ずっと現場でエースとして働いているシニアのほうが好まれているのです。

企業側からすれば、即戦力が欲しいことがほとんどですので、当たり前のことかもしれません。

しかし、転職者本人は、そのことに気づいておらず、さらに今までの常識のままで転職活動を行っています。

管理職であった人は、自分が思うよりも「謙虚さ」に気をつけて、転職活動を行うことが大切です。

また、長年、転職などをしていないシニアの場合は、新卒になったつもりで社会人のマナーから学んで準備しておきましょう。

シニアの転職は簡単ではありませんが、自分の強みを知った上で、相手に良い印象を与える方法を知り、自分に合った会社を見極めることで転職が成功していきます。
まずは自己分析から始め、時には転職エージェントなどの第三者の支援を受けることも大切です。

この記事のライター

  • 藤井誠二
  • 男性・35歳
  • 会社経営者・フリーライター・イラストレーター