岩手の新卒向け就職情報を「LINE」で|キャリアニュース

岩手の新卒向け就職情報を「LINE」で

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

岩手県が県内での就職を促す取り組みの1つとして、無料通信アプリのLINEを活用しているという内容のニュースです。

就職情報の提供は、就職活動者にとって非常に貴重なものです。まず就職に関する情報を得なければ、具体的な就職活動はできません。

岩手県では就職活動に関する情報を、多くの人が利用するLINEを介した提供を開始しました。

このニュースから、就職情報を提供するための媒体が変化してきていることがわかります。

“いわてとつながろう” 就職情報を「LINE」で

無料通信アプリ「LINE(ライン)」で、本県出身の若者向けに県内就職や岩手で働く魅力などを情報配信する県定住推進・雇用労働室は、今春卒業予定の高校生とその保護者に登録を呼び掛けている。

 ラインでの情報配信は若者の県内就職、U・Iターン促進を目的に2018年12月開始。岩手を進学や就職で離れても情報配信で身近に感じてもらい県内就職を考えるきっかけにするのが狙いだ。
続きはー“いわてとつながろう” 就職情報を「LINE」で|Yahoo!ニュース

就活には早めの準備とメンタルケアが必要

今の時代、スマホで情報収集を行うのが普通です。それは学生の就職活動も例外ではなく、一昔前とはまったく違う情報収集をしていることは間違いありません。

スマホで誰もが使うアプリはいくつかありますが、そのうちの1つがLINEです。

無料アプリとしてとても便利なLINEは、あっという間に広く使われるようになりました。

広く使われているなら、何かを発信する時のツールとして最適です。なぜなら日常的に使うツールは、多くの人が身近に感じるからです。

県内での就職を促進したい岩手県は、就職情報を提供する新たなツールにLINEを選びました。

LINEなら学生が身近に使いますし、そのLINEのアカウントから就職情報が発信されるなら自然と興味を持ちやすいです。

東京をはじめとした都会への憧れが強い就職活動中の学生は、岩手県内の就職先になかなか意識が向かないものです。

ただ岩手県で働く魅力をよく理解しないままなのはよくないですから、どうにかして若い人に岩手県のことをもっと知ってもらう意向がありました。

ですから就職活動中の学生にとって有益な情報はもちろんのこと、岩手県そのものの魅力についても伝えるのがLINEで情報を提供することの狙いです。

LINEを使って就職情報や転職情報を提供したからといってすぐさま影響が出るわけではないものの、岩手県での就職を見直すきっかけになる可能性はあります。

若者にとって身近なツールであるLINEを使った情報の発信を、ニュースでは具体的に紹介しています。

今の時代背景に合った情報の提供方法

LINEをはじめとした現代の若者がよく利用するツールを介して情報を発信する事例は、他でもよくみられます。

今の時代がスマホをはじめとしたIT抜きには語れない以上、情報を発信する側としてもその流れに対応していかなければいけません。

それは一企業の情報発信はもちろんのこと、就職情報の提供を行う地方自治体においても同様です。

情報を知ってもらいたいターゲットが若者である以上、若者がよく使うツールに照準を合わせて情報発信を行うのは理に適った考え方です。

古いやり方にとらわれず新しいやり方を実践していく取り組みは、世間からも歓迎されやすいです。

それまでの古いやり方のみの情報発信しかしていなかったら、よっぽど熱心に岩手県内の情報収集をしようと思っている人以外に情報が届かなくなってしまいます。

LINEのような誰もがよく利用している身近なツールを使えば、何の気なしに情報に触れる機会を意図的に作ることができます。

今は目的なくとりあえずスマホを操作する人が非常に多いですから、LINEで情報を発信すれば比較的キャッチしてもらいやすです。

そして情報をストレスなくスムーズに取得できれば、次の行動にもつながりやすいです。

この取り組みによって岩手県で働くことの魅力や岩手県で暮らすことの魅力についても伝えているとニュースにはありますから、これらの情報を知った人が岩手県での就職を前向きに考えることは十分ありえます。今の時代背景に即した情報の提供方法です。

LINEを使った就職情報の発信は当たり前になる

LINEでの就職情報の提供が、今はまだ斬新な取り組みとしてニュースで紹介されています。ですがあと何年かすれば、ニュースとして紹介されないほど当たり前になる可能性が高いです。

今から急にスマホやパソコンなどのデジタルツールが使われなくなるようなことはほぼありえないので、自治体などはもっと積極的にLINEをはじめとしたツールを使って情報発信をしていくはずです。

情報は誰かのもとに届かなければ意味を成しませんから、よく利用されているツールが情報発信に使われるのは当然です。

また高齢化社会に拍車がかかって若者が都会へと流出してしまうのが深刻な問題になっていますので、岩手県としてはその流れを何とか緩やかにしたいと考えているはずです。

そのためにはまず岩手県内で就職して働いてもらうのがベストですし、たとえ1度は都会に出て働いたとしても岩手県のことを忘れずに覚えておいてもらう狙いもあります。

LINEで情報発信していれば、働き先を岩手県に決める若者が出てきておかしくありません。実際にそうなれば岩手県としては狙い通りですから、LINEを使って情報を発信する取り組みが見事に成功したことになります。

情報発信をどうすれば良いのかは悩ましい問題ですが、大切なのは後手後手にならないことです。

ですので岩手県のこの取り組みは、もっと広く知られたほうが良いです。

地方の働き手を増やすためにどう情報発信すれば良いのかを、このニュースは伝えているのです。

この記事のライター

  • ダッフルコート
  • 男性・39歳
  • ウェブライター