農業の超短期求人マッチングで農業に興味を|キャリアニュース

農業の超短期求人マッチングで農業に興味を

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

農業の人手不足は、どこの地域も深刻化しています。高齢になった農業従事者の後継者が誰もおらず、そのまま廃業していくケースは珍しくありません。

また繁忙期に人手が足りなくて重労働を余儀なくされるなど、後継ぎの問題を抜きにしても人手不足の問題は常に立ちはだかっています。

そんな農業の人手不足解消のためITの技術を活用する取り組みについてニュースでは報じています。

農業の超短期求人マッチングサービスが人手不足解決の糸口になるのではないかと、記事は投げかけています。

農業の超短期求人マッチングサービス「シェアグリ」実証実験

宮崎県のこゆ地域づくり推進機構(こゆ財団)がプロデュースするスマート農業推進協会は19年12月29日、農業人材のシェアリングを推進する東京のシェアグリと、農業での超短期求人マッチングサービス「シェアグリ」の実証実験を開始したと発表した。
続きはー農業の超短期求人マッチングサービス「シェアグリ」実証実験|Gooニュース

人手不足が深刻な農業の問題をITで解決

農業を子どもや孫がすんなり引き継いだり移住して農業をやりたい人にタイミング良く引き継げれば良いのですが、必ずしもそう上手くいくとは限りません。

高齢になったにもかかわらず大変な農業をしなければいけない農家は、全国にいくつもあります。

農業は人手不足が深刻で、このまま何も手を打たなければ農家はどんどん少なくなっていく可能性があります。

つまりいかにして多くの人に農業を仕事にしてもらうかが、社会問題の1つになっています。

ただ普通に生活しているだけでは農家の仕事を体験する機会はそうあるものではなく、農業を行うのは途轍もなく高いハードルに感じられてしまいます。

要するに農業をもっと身近に感じられることが、農業に関心を持ってもらうきっかけになります。

人の農業への関心を高めることと人手不足解消の両方に期待できるのが、ニュースで報じられている農業の超短期求人マッチングサービスです。

超短期求人マッチングサービスを有効活用すれば、空いた時間を利用して気軽に農業が体験できます。仕事ですから働けばもちろん収入をもらえますし、農家側にとっては足りない人手を確保できます。繁忙期ともなれば猫の手も借りたいぐらい忙しくなることも珍しくないのが農業ですから、そのタイミングで助っ人が雇えるなら願ったり叶ったりです。

今はITの技術があらゆる分野で活用されていますが、それは農業も変わりありません。最適な人材のマッチングが可能になれば農業の人手不足解消に役立つと、ニュースは伝えています。

農業以外でも超短期求人マッチングサービス

農業の超短期求人マッチングサービスのように、ITを活用して超短期求人を出す業界は他にもあります。

コンビニをはじめとした小売店業界、チェーンの飲食店業界などは、ITを活用した超短期求人の募集を行っています。どちらの業界も、慢性的な人手不足に悩んでいる業界です。

就労希望者のやりたい仕事が都合良く募集されていない、自宅の近くで募集がない、サービスそのものに不親切な点があって使いにくいなど、ITを活用した超短期求人マッチングサービスに対する不満の声がないわけではありません。

ですが裏を返せばそれだけこのサービスに関心を持っている人が多いということで、サービスが改善されれば新しい働き方として十分機能するはずです。

農業も同様で、超短期求人マッチングサービスが定着すれば人手不足の解消を見込めます。

また農業の超短期求人マッチングサービスは単に人手不足を一時的に解消するだけでなく、農業人口の増加と地域の活性化にも期待できます。

どちらも農業を廃れさせないためには必要なことですので、一時的な問題の解決だけが超短期求人マッチングサービスの魅力ではありません。

もっと根本的な部分まで踏み込んでいます。

昔ながらの方法で人材募集をしていても、農業にはなかなか人が集まらないです。

現代はIT社会なのですから、IT技術を駆使して人材募集をするのは理に適っています。これからもIT技術やAIを農業に取り入れる動きがあると、ニュースは伝えています。

農業を気軽に体験できることの重要性

短時間や短期間だけ農業を体験できて給料が得られるのは、農業に興味を持っている人にとって絶好の機会です。

もしも本格的な採用だけしか農業の人材を募集していなかったら、興味本位だけで求人に募集しようとはなかなか思えません。

ですがニュースで報じられているようなIT技術を駆使した超短期求人マッチングサービスなら、それほど気負うことなく農業の求人へと応募できます。

もともと超短期の求人ですので、ちょっとしたバイト感覚で農業が体験できるのは非常に魅力的です。

超短期求人マッチングサービスを使って農業を体験してみて「もっと農業の仕事をしたい」と感じたら、今度は本格的な求人募集に応募します。

その反対に「農業には向かない」と思ったら、それはそれで別の道を探します。

超短期求人マッチングサービスは農業を体験させてもらえる魅力が大きいので、広まれば結果的に農業で働く人が今より増えておかしくありません。

つまり農業の人手不足解消に、超短期求人マッチングサービスが役立つ可能性は十分あります。

どんなに社会が発達しても食べ物がなければ人は生きていけないのですから、農業を衰退させることだけは避けなければいけません。

農業の人手不足をこれ以上深刻化させないためには、IT技術でもAIでも活用できるものは何でも活用したほうが良いです。

これから先の未来ではITとの連携が切っても切れなくなりますので、農業の人手不足を食い止めるためのIT技術やAIには注目が集まっています。

この記事のライター

  • ダッフルコート
  • 男性・39歳
  • ウェブライター