地元の企業交流会で新しい価値の発見を|キャリアニュース

地元の企業交流会で新しい価値の発見を

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

地元企業についてよく知ることは、学生が就職活動を行う上でとても大切です。

社会人になると当たり前の認識になりますが、学生のうちは社会に出て働くことについてまだよくわかっていません。

そもそも地元にどんな企業があってどんな働き方をしているのか、その事実を正確に理解していない学生は多いです。

そこで愛媛県で開催されたのが、地元企業と学生の交流会です。

ニュースでは地元企業と学生の交流会が、就職活動の支援になると報じています。

県内で働く魅力聞く 学生と地元企業の交流会(愛媛県)

県内で働くことの魅力を知ってもらおうと、就職活動を行なう学生を対象にした地元企業との交流会が11日、松山市で開かれた。

松山市宮田町のピュアフル松山で開かれた「企業と学生の交流会」には、県内に拠点をおく企業43社の社員と県内外の大学に通う学生78人が参加した。

この交流会は、学生に県内で働く魅力を知ってもらおうとジョブカフェ愛workが毎年行なっているもの。

続きはー県内で働く魅力聞く 学生と地元企業の交流会(愛媛県)|biglobeニュース

企業を深く知ることが就職先選びの参考に

学生の内からアルバイトをたくさん経験しているなら話は別ですが、そうでなければ企業について知る機会は非常に少ないです。

学生が就職活動をするうえで悩みの種となるのが、企業への漠然とした不安です。

求人票やネットの求人ページに掲載されている情報は、あくまで表面的な情報に過ぎません。

それだけでは企業の全容がわからないですし、イメージもはっきりとは掴めません。それどころか地元にどんな企業があるのかすらも、学生だと正確には把握しきれていないものです。

そんな学生の企業や仕事に対する漠然とした不安を解消するのに効果を発揮するのが、ニュースで紹介されている地元企業と学生の交流会です。

交流会は表面的な情報ではなく、企業担当者が面と向かって企業のことを紹介してくれます。

実際に働いている人の言葉には説得力と重みがあり、どんな企業なのかを知るのに役立つのは間違いありません。また企業のことだけにとどまらず、仕事そのものについて知れるのも地元企業と学生の交流会の魅力です。

学生が企業や社会を知るのに、交流会は絶好の機会です。

このニュースの背景には、就職活動を行う学生の働くことへの不安感があります。

いざ社会に出て働くとなれば、それまでの学生生活とは大きく異なります。その不安感を拭うのに、地元企業と学生の交流会は効果的です。

地元企業について深く知ることが就職先選びの参考になるのはもちろんですし、就職活動そのものや社会に出て働くことへの不安感の払拭にも期待できます。

とても効果的な就職支援方法の一例を、ニュースは紹介しています。

まず地元企業を知ることの大切さ

今は国際化社会への対応が盛んに叫ばれていますが、海外にばかり目を向けて灯台下暗しになるのはよくありません。

海外に目を向けるのもいいですが、まずは地元企業について知らないことには自国の良さを外へと発信できません。

当たり前のように生活していると意識を向けなくなってしまうものなので、学生が就職活動をする段階で地元企業に興味を持てる場を設けるのはとても大きな意味があります。

また地方は若い人が都会へと移住してしまうことに、強い危機感を覚えています。

特に就職すると同時に都会へと移住するケースは多いので、人口の流出を避けるために地元企業への就職を促すのは当然です。

地元にどんな企業があるのかを知ったうえで都会の企業への就職を選ぶなら、それはしたかありません。

ですが地元企業のことを知らないまま何となく都会の企業への就職を決められてしまうのは、できるだけ避ける必要があります。

ニュースでは地元企業と学生の交流会が、県内での就職を考える端緒になるはずだと報じています。

たとえ学生が「地元企業について知りたい」と思っていたとしても、交流の場がなければ企業の表面的な情報しか得られません。

それでは就職先を選ぶ際に迷いが生じやすいですから、交流会が開かれるのと開かれないのでは天と地ほどの差があります。

また国としても大都市への人口一極集中は望んでいないため、学生が地元企業に就職して大都市へと移住しないのは基本的に歓迎するスタンスです。

地元企業への就職の活性化になると、ニュースは伝えています。

企業と学生の交流の場を設けることが大事

企業と学生の交流の場が設けられていれば、学生は企業について詳しく知れるチャンスを得られます。

特に地元企業との交流の場は、就職先の決定を左右しかねません。企業の担当者と実際に会ってコミュニケーションをとることは、それぐらい大きな影響力があります。

もしも企業の担当者が起業の魅力を熱意があふれ出るほどいきいきと語ってくれたら、やりがいを持って働ける企業だと否が応でも伝わってきます。

もしもその様子に心を動かされれば、そのまま地元企業への就職希望を出してもおかしくありません。

単に企業の情報を文字や表で確認するだけではなく実際に働いている人と会って確認することが、地元企業の就職を促す端緒になるとニュースでは報じています。

地元企業に就職することが誰にとってもベストな選択だとは言い切れないものの、就職活動を行っている学生に「地元企業に就職してみてはどうですか」とうったえかける場を設けることに大きな意味があります。

就職活動を行う学生は働くことへの不安を誰でも多かれ少なかれ抱いていますから、直接的に企業のことが知れる場があるのはありがたいです。

学生が本心から働きたいと思える企業を見つけられれば、自信を持って将来への道を歩めます。

地元企業と学生の交流会は、どちらかといえばアナログな試みだといえるかもしれません。

ですが人と人が一緒に働く以上、働く人と交流を持てる交流会は学生にとって良い刺激になります。

企業と学生の交流の場を設けることの大切さが、ニュースから伝わってきます。

この記事のライター

  • ダッフルコート
  • 男性・39歳
  • ウェブライター