50代の転職は以外にも柔軟性が「売り」になるかも|キャリアニュース

50代の転職は以外にも柔軟性が「売り」になるかも

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

たとえどんな大企業でも、現代は終身雇用が約束されていません。

早期退職者募集を行う企業は数多くあり、50代以上でも転職をしなければいけないケースがあります。

ニュースでは50代という特定の年齢にスポットを当て、転職理由のアンケート結果を公開しています。

50代で転職する理由はどんな理由なのか知りたいという世間のニーズに、このニュースは応えています。

ニュースを読むことで、現実に起きている50代の転職の偽らざる本音がわかります。

50代で転職した人の「ホンネの理由」TOP3、3位会社に対する不安、2位経験の活用、1位は?

今、「NEC」「富士通」「カシオ計算機」など、大手上場企業で早期退職者募集が相次いでいる。

グローバル化やテクノロジーの進化により終身雇用が崩壊する中、政府は一億総活躍社会を目指して「働き方改革」を推進。企業の人手不足が続く中、“シニア人材”に注目が集まっている。

続きはー50代で転職した人の「ホンネの理由」TOP3、3位会社に対する不安、2位経験の活用、1位は?|Yahoo!ニュース

転職を試みるのは20代や30代だけではない

転職して新しい働き方を求めるのが一般的になりつつある現代は、まだ若い20代や30代だけが意欲的に転職するわけではありません。

60代以降どんな働き方をするのが自分にとって幸せなのかを考えた結果、50代が思い切って転職を決断する場合があります。

昭和や平成前期なら、50代は定年退職するまで会社にそのまま居続けるのが普通でした。

ですが平成後期や令和になってからは、50代といえども決して安泰ではありません。

リストラされる恐れがあるのはもちろんのこと、業績不振で会社そのものがなくなる可能性も視野に入れなければなりません。

また60代以降に希望する働き方を実現するなら、転職するのに50代はラストチャンスです。20代や30代とは異なる転職事情に、50代は直面するのです。

そんな瀬戸際ともいえる50代がどんな理由で転職を決断しているのかは、転職に少しでも興味のある人なら気になるテーマです。

ニュースのタイトルには、3位が会社への不安で2位が経験の有効活用とあります。

1位が何なのか、タイトルでは明らかにされていません。ニュースでは50代が転職する理由で多いのはいったい何かを、読者の興味をそそる形で伝えています。

そしてこのニュースに興味を持つのは、ニュースで紹介されているのと同じ年齢の50代もそうです。

転職が頭をよぎっている50代の男性は、このニュースが他人事ではありません。

転職に興味がある人はもちろんのこと、ニュースで取り上げられている50代が特に関心を持ちやすい記事です。

50代の転職に人々の意見は賛否両論

このニュースを知った読者の反応は、賛否両論あります。

60代以降に希望の働き方を実現したければ50代の転職はあり、現役期間を長くするならより納得のいく職業に50代で転職するべきだという声もあれば、能力や体力の衰えでしかたなく転職しているだけではないか、50代の転職がすべて上手くいくわけではないなど、いろいろな反応があります。

他のニュースでも具体的な事例が取り上げられるなど、シニアの活躍できる場が社会に広がりつつあるのは確かです。

ですが新たに活躍の場を求めるなど前向きな理由による50代の転職がある一方で、リストラや年収減を回避するためにしかたなく転職するケースも当然あります。

50代の転職すべてが本人の自発的な希望で行われているとは限りません。

さまざまな事情が複雑に絡み合い、結果的に転職を決断する50代の転職希望者もいます。

いずれにせよ人々の反応は賛否両論ですが、意見が活発に交わされているのは確かなのでこのニュースに対する関心が高いことは疑いようがありません。

ニュースを読んでわかるのは、50代になっても転職するかどうかの問題に直面する可能性が誰でもあるということです。

仕事をしている以上、仕事に対する不満や悩みは尽きません。

昔と比べて社会の変化はとてもスピーディーになりましたから、50代だろうとそれ以上の年齢だろうと転職をまったく考えずに働くことは難しくなってきています。

50代をはじめとした現代の転職事情が垣間見えるニュースです。

50代での転職は誰でもありえること

若い頃にたくさん働いて資産形成に成功し60代になったらリタイアして余生を楽しむことができるのは、社会人になって順調に働き続けることができた一握りの人だけです。

今は60代以降も働くことが当たり前になってきていますし、増税や社会保険料の増額や物価の上昇など社会的な背景もシニアがリタイアすることを許してくれません。

また少子高齢化で若い人の働き手が減少するなら、高齢者が働かないと人手不足を補えないです。

そのためには50代の内からどんな仕事なら満足できるのかをよく考え、生涯現役を実現できそうな仕事に転職するのは理に適った考え方です。

また単にお金を稼ぐことだけにこだわった転職ではなく、人間関係でストレスのない快適な職場で働くことにこだわるのも50代の転職の特徴です。

お金をガツガツと稼ぐことだけが仕事ではないと、50代なら当然気付いています。

20代や30代でいろいろな仕事を経験していますので、仕事に求めているのは決してお金だけではありません。

ライフスタイルを重視したり経験やスキルに合う仕事を見つけたりするための転職はもちろんのこと、とにかくやりたいことにこだわって転職を決断する50代の転職希望者もいます。

ニュースでは50代の転職の理由を明らかにすることで、シニアの働き方や生き方にまで議論のテーマを広げることに成功しています。

健康に働き続けることができれば、誰でも50代の転職について考える時がきます。50代の転職について深く考えさせられるニュースです。

この記事のライター

  • ダッフルコート
  • 男性・39歳
  • ウェブライター