「猫手当」の支給から想像できる企業文化のPR|キャリアニュース

「猫手当」の支給から想像できる企業スタンス

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

企業が人材をコンスタントに集めるためには、どういうPRを行うかが非常に重要です。

特にその企業ならではの強みを上手くPRできるかどうかが、人材を集められるかどうかの分かれ目になることも珍しくありません。

ニュースでは、他の企業にはまずない猫手当を支給している企業について紹介しています。

PRのために猫手当が設けられているわけではないものの、猫手当があることによって結果的に転職市場で注目を浴びています。このように独自の手当がある企業は人気になりやすいということを、ニュースは伝えています。

「猫手当」の支給あり?! 転職情報サイトでも人気の「猫とはたらくIT企業」

会社から支給される手当といえば、「残業手当」「休日出勤手当」「住宅手当」「単身赴任手当」…などが思い浮かびますが、東京に聞き慣れない手当を出している会社があると知り、訪ねてみました。

 ファーレイ株式会社は主に不動産会社向けのシステム開発や販売、広告の制作・運営などを手掛ける会社。オフィスは東京都中央区晴海にそびえ建つツインタワーマンションの上層階にあり、「今時のIT企業」といった印象ですが、なんと「猫手当」制度を設けているというのです。
続きはー「猫手当」の支給あり?! 転職情報サイトでも人気の「猫とはたらくIT企業」|Yahoo!ニュース

設けている手当や待遇でわかる企業の本質

ニュースの背景にあるのは、転職希望者が抱える企業の本質がわからないことへの不安感です。

求人でPRしている言葉がいかに魅力的だったとしても、いざ入社してみてPRしていることと内情が大きく違っていたら失望してしまいます。

さまざまな情報をもとに転職希望者は企業に対するイメージを固めていきますが、現実がそのイメージ通りとは限りません。

入社してみたらブラック企業だったということもあるため、転職希望者は企業の本質がわからないことへの不安感をどうしても覚えてしまいます。

不安感を拭い去ってくれるのは、従業員に対する企業の具体的な手当な待遇です。

ニュースにあるように企業が猫手当を設けているとわかれば、その企業はブラック企業ではないと容易に判断できます。

猫のための手当を支給しているのに従業員に対しては厳しい労働を強いる、そんなことは普通に考えてありえません。

もしも企業が特徴的な手当を設けていれば、その手当から企業の本質が見えてきます。

これは手当だけに限らず、待遇などでも同様です。

明らかに他の企業とは異なる待遇を用意している企業は、従業員のことをしっかり考えているとわかります。

単に平凡な言葉を並べてPRしているだけでは企業の本質はなかなか見えてきませんが、手当や待遇そのものがPRになっているような企業は本質が見えやすいです。

そんな企業の本質がわかる企業は転職市場で人気になりやすいと、ニュースは報じています。

特殊な手当がある企業は転職市場で人気

CSRと呼ばれる企業の社会的責任やコンプライアンスを重くとらえるようになった今の社会は、ニュースにあるような特殊な手当を設ける企業の人気が高いです。

その証拠にこの企業の取り組みに賛同する声は数多くあがっており、おおむね共感されています。

いくら売上高が大きくて社員数も多い大きな企業であっても、CSRを果たしていなかったりコンプライアンスに引っかかるような事業を行っている企業は、世間的に共感されない傾向にあります。

今はただ売上を伸ばして利益を出すことだけが、企業の役割ではありません。働いてやりがいを感じられたりワークライフバランス保って気持ち良く働けるかどうかが、企業には求められています。

その一環がニュースで取り上げられている特殊な手当で、どんな企業なのかすぐに想像できる手当を設けている企業は世間から賛同を得られやすく転職市場で人気です。

このニュースが報じられることで、転職希望者がどんな企業で働きたいと思っているのかがよくわかります。

お金をたくさん稼げる企業だけが人気になるわけではなく、従業員を大切にしている企業も同じように人気になるとわかります。

ニュースでは転職人気企業ランキング2019を紹介していますが、ニュースで報じられた企業がそのランキングの上位に入っていると明確なデータをもとに紹介しています。

これによって記事の主張がデータに裏付けされているとわかりますし、力強い説得力があります。

企業の透明性が問われる時代

その企業がいったいどんな企業なのか、今は企業の透明性が問われる時代です。

もしも不透明で企業に入ってみないと何もわからないようでは、転職希望者から避けられてしまいます。

企業の本質を伝えるために、他の企業と明らかに差別化できる手当や待遇があればそれが最も効果的です。

ニュースではその一例として猫手当のある企業を紹介していますが、このような特殊な手当を設けていれば転職市場で人気が高まるのは当然です。

猫手当を設けているぐらいですから、猫を大事にしている人が企業を経営しているのだと容易に想像できます。

そんな猫好きの人がいる企業ならブラック企業であるはずがなく、従業員をとても大切にしてくれそうな企業ではないかと転職希望者に思ってもらえます。

どんな企業なのかがわかれば求人への応募数は必然的に増加しますし、その中に企業が求める人材とピッタリマッチする人材がいたとしてもおかしくありません。

今は企業の透明性が問われる時代です。ですので企業の本質が一目でわかるような特殊な手当を設けている企業は、これからも人気になるはずです。ニュースを読めばそれが理解できます。

この記事のライター

  • ダッフルコート
  • 男性・39歳
  • ウェブライター