元旦の転職|PDCAサイクルで考え、改善する意識が大切|キャリアニュース

元旦の転職|PDCAサイクルで考え、改善する意識が大切

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

令和2年になりましした。就職活動で成功するためには行動が必要になりますが、先延ばしにして後から後悔する人がいるのが現実です。

売り手市場と言われていても、仕事をするのであれば具体的な仕事の内容や給与などの情報を調べておかないとミスマッチの原因となりかねないためです。

面接などで本領を発揮できないなどトラブルも考えられるため、ある程度数をこなす意識も大切になってきます。

就職活動を成功させるためのアドバイスを行う記事を読めば、何が必要かといった情報は一通り書いてあります。

ただし、細かい用語を拾って就職活動以外にも生かす意識は必要で、社会人生活を送る上で重要な情報が織り込まれていることも多いのです。

就活に成功する・失敗する人は何が違う?必要な対策をプロに聞く

12月も半ば。2021卒の就職活動が本格化するシーズンだ。年末から年明けにかけて行われる冬季インターンシップが早期選考を兼ねていることも多く、この時期の対策が明暗を分ける。

 とはいえ多くの大学生は、就活への実感がまだ湧かないかもしれない。そこで取材班は早いうちにに「21卒生が意識するべき心構え」「今からできる就活対策」を専門家に聞くことにした。
続きはー就活に成功する・失敗する人は何が違う?必要な対策をプロに聞く|Yahoo!ニュース

PDCAサイクルで就職活動を考える

記事中で出てくるPDCAサイクルを取り入れて就職活動に取り組む姿勢は大切なポイントです。

しかし、PDCAサイクルはもともと就職活動のためのものではなく、品質管理などの継続的な改善に使われる考え方になります。

ビジネスに使われることも多いため、就職活動をする上でおさえて起きたい用語の一つです。

PDCAサイクルは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)の4つを繰り返し、改善を積み重ねるのが特徴です。

計画を立てても実行段階で問題が見つかることは珍しくなく、トラブルで中断を余儀なくされることもあります。

その結果を評価した上で、トラブルに備える、現実との乖離があった部分を改めるなど改善を行います。

最初からうまくいくことばかりではないからこそ、実践して計画の検証を行い、改善と再計画を行うという流れを作ることが重要なのです。

就職活動がうまくいかない理由は、事前の準備不足や体調不良など、様々な原因が考えられます。

計画が順調にいくかどうかは実施しないとわからないからこそ、早めに実行して計画の実行能力があるかからチェックする必要があります。

チェックが遅れれば修正が間に合わず、希望の就職先に付けない可能性が高まるからです。

勉強と就職活動の両立がなかなかできない人もいるからこそ、早めの確認が必要です

自分の適性を見極めるのに時間がかかる人も多い

就職活動を初めておいて損がないのは、自分の適性を見極めるのに時間がかかる人もいるからです。

大学時代は遊んでいるのが大切と考える人もいますが、遊びの内容は考える必要があります。

なんとなく暇つぶしで時間を使ってしまい、後から後悔する人もいるからです。

面倒なことを早めに片付けれたからこそ、遊ぶ時間を作れた人もいます。どんな人が言っているかも重要なため、鵜呑みにしない慎重さも大切です。

自分の長所や短所がわからない状況や、やりたい仕事がわからない場合は早めに行動する必要があります。

やりたいことと仕事の擦りあわせができるかも大切で、仕事は収入を得るため、やりたいことは趣味でやると割り切る人もいます。

どの程度こだわりを持って仕事をしたいかでも就職先が大きく変わるからです。

適性の把握や絞込みができないと就職後に不満が生じ、転職したいという欲が出てくることがあります。

転職のネガティブなイメージは払拭されつつありますが、事前に少し調べればわかる情報の調べ漏れがあればムダな転職を繰り返すことになりかねません。

給与水準や出世のルート、身につけられるスキルなども考えた上で就職することが大切になります。

転職はできるが経験から学ぶことも大切

就職活動がうまくいったと思っても、実際に働いてみるとイメージが違うといったことは起こりえます。

仕事の内容が理想的でも上司と性格があわなかったり、希望する部署に配置されないというケースもあるからです。

第二新卒など若手の募集に積極的な企業は珍しくなく、転職のハードルは下がっています。

しかし、またミスマッチが起こらないように転職もPDCAサイクルで考え、改善する意識が大切になります。

たとえば、配置された部署が問題の場合は、希望の仕事が出きる職場かどうかが大切になります。大手企業で新卒採用であれば希望が通らない可能性が高く、中小企業であれば比較的希望が通りやすいといった違いも知っておくことが大切です。給与水準が大きくかわることもあります。

転職を希望するほどであれば、部署異動の希望を出すのも方法です。人材確保に苦心する企業は多く、異動が認められるケースもあります。

転職先でも部署異動や配置換えが起こりえる場合は、会社との交渉スキルや経験があるかで自分の待遇がかわります。

会社都合を優先すれば自分のキャリアプランなどが崩れる可能性もあるため、意見を持って反論する権利などもあるのです。異論ばかりでは使いづらい人間と判断される恐れもありますが、意見を言わなければ都合の良い人材として扱われる可能性もあります。

人間関係と利害関係があるからこそ、会社都合に従うのが良いかは考えることが大切です。

どうしようもなくなったら転職をするのは方法で、複数の会社で働いてようやく自分の適性を理解する人もいます。ただし、学生のうちに自己分析をした方が後々のキャリアを築きやすいのはポイントで、早めに就職活動をした方が良い理由になっています。

この記事のライター

  • S
  • 女性・47歳
  • パートタイム