キャリアプランの設定と意識した転職で年収に大きな差|キャリアニュース

キャリアプランの設定と意識した転職で年収に大きな差

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

「この仕事を頑張っても給料が変わらないなら、無駄に働かないほうがいい」と、つい省エネで仕事をしたくなってしまったこと、ありませんか…?

たしかに、会社や上司から評価されないところで頑張っていても、昇給や出世に直接つながることは少ないかもしれません。

しかし、これまで6回の転職を経て、年収を240万円から1500万に上げたスーパーサラリーマン・motoさんは、Voicyチャンネル『motoラジオ』で、そんな人々に警鐘を鳴らしていました。

約6530万人いる日本のサラリーマンのなかで、自分の「市場価値」を高めるカギとは?

「この仕事を頑張っても給料が変わらないなら、無駄に働かないほうがいい」と、つい省エネで仕事をしたくなってしまったこと、ありませんか…?

たしかに、会社や上司から評価されないところで頑張っていても、昇給や出世に直接つながることは少ないかもしれません。

しかし、これまで6回の転職を経て、年収を240万円から1500万に上げたスーパーサラリーマン・motoさんは、Voicyチャンネル『motoラジオ』で、そんな人々に警鐘を鳴らしていました。
続きはー約6530万人いる日本のサラリーマンのなかで、自分の「市場価値」を高めるカギとは?|Yahoo!ニュース

重要なのは仕事ができる人間を評価する制度があるかどうか

仕事ができても仕事を増やされるだけで給料が上がらない。それであれば手を抜いてほどほどにした方が良いという考え方があります。

しかし、考え方自体に問題はなくても、もったいないと指摘する記事があります。

これはいざ転職しようと思ったときにスキル不足で思うような転職ができない場合や、年収が下がるといった事態に陥りがちだからです。

最悪の場合は転職先自体が見つからないという可能性もあります。

自分の職場だけでなく、いざ転職しようとしたときの備えとしてのスキルアップは重要になります。

また、手を抜くのであれば自宅で勉強をするなど工夫をするのも方法で、生活全体でコントロールすることも大切です。同時に、企業の体質などをしっかりチェックすることも重要になります。

重要なのは仕事ができる人間を評価する制度があるかどうか

会社の評価制度は重要で、仕事ができても給料などに反映されないとやる気がなくなってしまうという人もいます。

ポイントになるのは会社の評価制度です。会社と自分の中の評価が一致しなければどこでもミスマッチが起きる可能性があります。成果にこだわるのであれば事前に会社の評価制度をチェックしておいた方がいいのです。

成果がどれほど評価されるかは、企業によって異なります。成果報酬ではなく、役職手当などを採用することで給与を上げる企業も存在し、役職がつくと一気に給与が上がるというケースも珍しくないからです。

成果は役職をつけるどうか、出世のスピードがどうかという点に成果が反映される企業もあります。年単位で出世を考えないとどこに転職しても満足できないということがありえため、会社に入る前に評価制度を確認する姿勢も大切なのです。

就職活動ではチェックが漏れがち部分ですが、転職では転職エージェント経由などでしっかり確認したい部分になります。

就活の場合もOBやOGに聞く、面接などで聞くなど、確認する方法はあります。
また、成果が求められる企業の場合、成果が出せなければ居心地が悪くなりがちなことにも理解が必要です。

手を抜くのが悪いのではなくスキルアップや転職に結び付けられるか

ポイントになるのが自分の人生という資産を生かせるかどうかです。企業とのミスマッチが問題であれば転職する、余力を残して自分に投資するといった工夫ができます。

時間や成果の無駄が問題になるという考え方自体は間違っていないため、どの程度で評価されるのか、どこでスキルを磨くかという意識が重要になるのです。

新卒であっても転職エージェントに登録し、他社の出世ルートをエージェントに聞いて自社と比較することも可能です。

就職して失敗したと思っても、第二新卒の需要は大きく、やり直しが聞くのは大きなメリットになります。比較した上で自社がよければ転職しないのも選択肢になります。

ただし、中途採用の場合は年齢による制限が厳しくなる可能性があるため、よりシビアになる必要がでてきます。

年齢によって採用のハードルが大きく変わることを意識し、事前に転職市場の評価をチェックすることが大切です。

チェックを怠ったがために苦境に陥る人や、スキル不足で転職に不自由する人がいることに理解が必要になります。

だからこそ、市場価値を考えて行動する必要があるという記事が生まれ、影響力を持つことになるのです。

転職が視野に入るのであれば、業務中の隙間時間に資格の勉強をすることや、定時に切り上げる工夫をしてスキルアップや人脈構築のために活動することも大切になります。

調べなければわからないのが多いのが基本になる

就職にせよ、転職にせよ、年収の相場や自分の転職市場での評価は調べなければわかりません。

一つの転職エージェントなどでチェックしても見落としが生じるため、複数のエージェントサービスを利用して複数の視点からチェックする人も増えています。

選択するのは自分であり、何がいいかを指示してくれる人がいないのがキャリア構築の基本です。だからこそ、念入りな下調べや、転職時の備えを行う必要があるのです。

注意したいのは転職が必要かどうかを見誤ることや、行動を急ぎすぎてミスマッチが生じることです。

転職を目指すのであれば、改めて職場の出世ルートなども確認することも大切です。

情報をオープンにしている企業ばかりではないため、直属の上司や他部署の役職を持っている人間に聞いた方が良い場合もあります。

人とのつながりを無視して成果を出そうとしても評価の対象にならないケースや、出世しても部下との連携が取れない場合もありえます。

出世したらどのような仕事が待っているのかもチェックしなければ、役職を持つことが難しい職場もあるからです。

調べる労力の割に合うのか、転職した方が割に合うのかは自分でしか判断できません。

転職エージェントや家族に相談しても、判断の基準が喰い違えば後から後悔する理由になります。

自分で考えて判断を行い、ミスがあれば再度の転職や転職先での工夫でキャリアプランを修正するなど、常に現実にあわせて意識を変える、スキルアップを目指すことも大切だからです。

この記事のライター

  • しらたま。
  • 男性・37歳
  • フリーライター