12月は転職チャンス「新規求人が出てきやすい時期」|キャリアニュース

決算賞与制度は大手だけのもの、不安定さに嘆き

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

月末が年末になる12月は、年始に向けての準備を始める1ヶ月です。それだけに「転職活動するなら新年に入ってからにしよう」と考えてしまいがちです。

ですが12月は実は転職活動するのに適しているタイミングだと、多くの人にとって意外性のある切り口でニュースは伝えています。

この序文を読めば、どうして12月が転職に適している時期なのか誰でも気になるはずです。そして本文では、12月が転職に適している理由を解説しています。

転職においてタイミングがいかに重要なのかを、理解できる内容となっています。

12月は転職活動スタートに適した時期!新しい求人に出会える可能性大【森本千賀子の転職アドバイス】

今年も残すところ1カ月を切りました。忘年会に仕事納めと、何かと慌ただしい12月ですが、実は転職活動を開始するには適した時期なのです。

それは、他の時期と比較して「新規求人が出てきやすい時期」だからです。
続きはー12月は転職活動スタートに適した時期!新しい求人に出会える可能性大【森本千賀子の転職アドバイス】|Yahoo!ニュース

転職するタイミングがわからない人は多い

転職する時期はいったいいつが正解なのか、よくわかっていない人は意外と多いです。

もしも人事部など人材の雇用に関わる部署で働いている人なら、1年の中でどのタイミングが転職活動するのに適しているのかを把握しています。

会社の中の人事を司る仕事をしていれば、転職に適しているタイミングは否が応でもわかります。

しかし会社の中で人事に詳しい人は人事部など一握りですので、転職のタイミングはどうしても自己都合になりがちです。

自己都合で転職活動を始めてたまたま好タイミングなら結果オーライですが、それは偶然に頼った考え方です。

もし転職のタイミングを外せば、高待遇の求人を逃しやすくなります。またライバルが多ければ必然的に競争になりますので、転職を実現するまで多大なる労力を費やすことになってしまいます。

転職で労力を費やしたからといって、必ずしも希望した転職先に転職できるとは限りません。

それではただ疲れてしまうだけになりかねないので、転職に適しているタイミングを意図的に狙う意識が必要です。

転職に適しているタイミングを意図的に狙うことにより、最小限の労力で希望する転職を実現することが可能です。ただ運任せで自己都合の転職をしたのでは、自分にとって最高の転職を実現できる可能性が低くなります。

そこでいつ転職するのが良いのかを、ニュースでは12月を例に挙げてわかりやすく解説しています。12月に転職活動するかどうか迷っている人に、ピンポイントで訴求する内容です。

状況に合わせて転職のタイミングを計る

会社にはそれぞれ人事に関する事情がありますので、すべてがニュースの記事で伝えているようなパターンに当てはまるとは限りません。

そのため12月が転職活動をするのに必ずしも適したタイミングとはいえないのではないかという反論の声も、ちらほら上がっています。

こうした反論の声があるわけですから、あくまでケースバイケースであることを頭に入れて転職とどう向き合うのか判断するべきです。

ただ今は終身雇用の時代がもう終わっていますので、転職市場は活発化しています。

ですから一概には断定できない面があるものの、ニュースで伝えている12月が転職に適しているという主張も現実にしっかりと即しています。

また似た事例では、ベンチャー企業が増収増益傾向だと採用に前向きになりやすいです。

もしも注目のベンチャー企業に転職したい場合は、どのような業績になっているのかをよく掘り下げて確認したうえで最も採用されやすいタイミングを狙うのが合理的な考え方です。

さらにもっと大きな視野でみれば、景気動向から転職活動のタイミングを探る事例もあります。

全体的な景気動向はもちろんのこと、狙っている業界の景気動向がどうなっているのかを冷静に見極められれば、いつが転職に適したタイミングなのかを割り出せます。

景気動向が悪い時は転職活動を控え、良くなったら転職活動に力を入れます。

自己都合ではなく置かれている状況に合わせて転職活動をスタートさせることが、理想の転職を実現させるために必要不可欠です。

転職に適したタイミングが変わる場合もある

4月1日を入社日にするために逆算すると12月に求人の応募が出やすかったり、年末ボーナスをもらって退職する人が多かったりなど、12月に転職活動を行うのが良いタイミングであることはニュースで伝えている通りです。

突発的な採用ももちろんありますが、人事にはスケジュールがあります。

誰が退職してどんなポストが空くのか、ポストの空いている期間はなるべく短くしなければいけません。

転職活動するならそのタイミングを狙うのが理想的で、タイミングを合わせるのは非常に大事です。

ただ今後の未来を予測した場合、もっと採用のスケジュールがスリム化されて早まる可能性は十分あります。

今は採用を最適化するためにAIを使って個人にスコアをつけ会社がめぼしい人材にスピーディーにアプローチするなど、人材のマッチングサービスを導入している会社が多くなってきています。

このような採用を試みる会社がもっと増えれば、これまでの採用スケジュールとはまったく違ったパターンで採用が決まることも自然と増えます。

そうなれば12月が転職に適したタイミングという考え方も、特に関係なくなります。

今は何かのノウハウが確立されてもしばらくすると覆ったりしますので、安穏とはしていられません。

それは転職においても同様で、転職市場がどういう変化を遂げていくのか鋭敏な感覚で感じ取らないといけないです。

ただ現在は従来の採用スケジュールから採用に適したタイミングがわかりますから、ニュースの通り12月は転職活動に適した1ヶ月だと考えられます。
どんなデータが何に使われているかを開示する透明性の確保や情報の正確性に関して個人が関与できるような仕組み作りなど、個人情報保護法の改正も視野に入れたルール作りが必要になっています。

この記事のライター

  • ダッフルコート
  • 男性・39歳
  • ウェブライター