年収・キャリアは他者に認められてこそ価値がある|キャリアニュース

年収・キャリアは他者に認められてこそ価値がある

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

転職をする際に重要な指標になるのが年収の変動ですが、直接的に年収アップに繋がる転職はなかなかないことに理解が必要です。

これは現状働いている企業の評価などが極端に低い場合や、会社のスケールを飛び出すほどのプロジェクトを成功させた例などに限られるからです。

「一般的な仕事」をしていると現状収入の維持すら危ういケースがあり、特に大手企業からの転職であれば厳しい状況に陥る可能性があります。

紹介記事はミドル世代の転職を描いたものですが、これから就職や転職を目指す人は「給与を支払うのにどの程度の利益が必要か?」も学ぶのに役立つ内容になっています。

「年収700万円くらいなら…」世間知らずな転職希望の大企業ミドル社員たち

 大企業のミドルからの相談に乗っていると、「自分の市場価値も、世の中の実態も驚くほどわかっていないな」と感じることがしばしばあります。

 30年近く社会人としてのキャリアを重ねてきたベテランがなぜそのようなことになってしまうのかとも思いますが、大企業の恵まれた環境、その恵まれた環境に依存する内向きな思考が、自分や世の中を客観的に見る力を鈍らせてしまうようです。
続きはー「年収700万円くらいなら…」世間知らずな転職希望の大企業ミドル社員たち|PHPオンライン

給与の支払いには数倍の営業利益が求められるのが一般的

給料は大切なものですが、実際に経営や経理に関わらないとその給料を支えるためにどの程度のお金が必要か無頓着になりがちです。

重要なのが、社会保険や各種税手続きのための事務費用などの人件費など、様々なコストを織り込むと給料の数倍の営業利益が必要になる点です。

製造業の場合は製造原価などもかかるため、更に数倍になります。原価がかからないサービス業であっても数倍の利益が求められるのがポイントで、収入を上げるためにはそれだけの数字を出せることが必須になるのです。

将来的に利益を生み出してくれる人材を確保するため、赤字を出しながら採用を行うのが新卒採用になります。

しかし、中途採用者には結果が求められるため、自分でどれだけ数字を出せるか把握せずに年収の希望を出すのは無謀な面があるのです。

年収を裏打ちするだけの根拠がなければ、自信だけで中身のない人間と受け取られかねません。

実際の転職市場を調査して、自分の人材としての価値をチェックして年収を考えるのであればミスマッチは減らせます。

しかし、転職に便利な状況が作られるほど、それを支えるお金の仕組みに無頓着な人が増えるということでもあります。

経営視点で立つ場合や、付加価値を織り込んだ市場に転職したい場合は、年収に求められる売上げ、人的価値についても把握しておく必要があるのです。

転職先の企業の給与もモデルも重要になってくる

ミドル転職の情報をチェックしていると、大企業の転職はそれだけ給与が高いのかと驚く人もいます。

しかし、正社員の給料は一度上げると引き下げが難しい点に注意が必要です。

年功序列型の給与で昇給を重ねて来た人は、年齢が高ければそれだけ給与が高くなりやすく、役職がつけば更に給与アップが目指せます。

しかし、年功序列型の給与の見直しやリストラなどで人員削減を行う企業が珍しくないのはポイントで、仮に大企業に転職してもそれだけの給与を貰うのが困難になっていることも多いのです。

企業が給与モデルを見直すことは珍しくないからこそ、現実的な給与モデルを構築できているのか、結果を出せば収入が増えるのかをチェックすることが大切になります。

まったくの異業種への転職や、職種自体を変えるキャリアチェンジの場合はほぼ0からの再出発になります。

新卒に近い給与になることもある程度飲む必要があります。

また、経験者としての採用である場合も、どの程度のポストを任せられるかで給与が異なることになります。

能力があれば上のポストを任せるなど、企業側に様々な選択肢が浮かびます。しかし、ミスマッチがあれば経営に打撃を与える可能性もあるため、安易な配置が難しいのです。

人材確保のために初年度は高い年収を提示し、結果が出せなければ下げる場合も存在します。

複数の候補で突出して高い年収を提示された場合はそれだけ結果を求められることを理解し、受けるかどうかを考えるのが現実的です。大幅年収ダウンも織り込んだ上で、意識的に選択することが転職の基本になるのです。

不明点がある場合は面接で給与モデルを確認する、転職エージェント経由で聞いて貰うなど、確認の手間を惜しまないことも大切になります。

転職で年収を上げたいのであれば付加価値を磨いていくことが重要になる

転職で年収増を目指す人もいますが、ミドル層に限らず年収増につなげることは難しいという現実があります。

これはプロジェクトの成功経験や希少な技術の持ち主であるなど、付加価値となりうる要素がなければ急激な売上げ増などには繋がらないためです。

管理職として業務の効率化を提案し、年間何%のコストカット、残業時間の軽減などを果たしたなど、具体的な効果が見えればプラス評価になります。

しかし、プロジェクトの規模や改善効果など、具体的な情報がないと判断ができないと参考情報程度にしかならないなどギャップの元になるのです。

年収を上げるために自分の成果を売り込む意識も必要で、評価をされるための見せ方まで考えて年収アップが目指せるのです。

技術や実績があれば評価されるという見せ方は内向きの考え方です。就職や転職の場合は外にいる人事担当者などに知って貰うという意識が大切で、自分を売り込む技術が不足することで収入アップが目指せない人材も存在します。

才能を見出してくれる担当者や知り合いがいなければ不当な評価に陥る可能性もあるため、自分ができることを正しく提示し、ミスマッチを防ぐことが大切です。

付加価値を磨くことで年収があがる可能性もあるため、転職のタイミングをずらすことや、ある程度の年収ダウンを覚悟しても働きやすい環境を求めるなど、自分の許容範囲を考えて行動することが大切になります。

この記事のライター

  • しらたま。
  • 男性・37歳
  • フリーライター