「社風に合わない」と転職は失敗する|キャリアニュース

「社風に合わない」と転職は失敗する

前の職場で不満だったことを解消するために転職を試みたにもかかわらず、期待通りの結果にならない場合があります。

せっかく転職したのに想像していたのとは違う職場で、失敗に終わってしまうパターンは珍しくありません。

転職を果たしても、思い通りに働けると確約されているわけではないです。これは転職を1度でも経験した人なら、誰でも痛感しているはずです。

転職を成功させるポイントの1つに、社風の見極めがあります。このニュースでは転職で失敗しないために注意したい社風の見極めポイントを4つに絞り、とても具体的に紹介しています。

もう失敗したくない!転職前に社風が合うかを見極めるための4つのチェックポイント

近年、一度会社を退職した元社員を再雇用する動きが広まっています。従来の日本企業では、あまりなじみのないものでしたが、会社側・働く側双方においてかなり意識も変化。

ジョブリターン(再雇用)制度を導入する企業が増えている背景には、何があるのでしょうか。人事労務コンサルタントで社会保険労務士の佐佐木由美子氏が解説します。
続きはーもう失敗したくない!転職前に社風が合うかを見極めるための4つのチェックポイント|Yahoo!ニュース

転職先の社風を見極めることが重要

期待して転職したにもかかわらず、働く前に想像していた職場とは違ってガッカリするケースはとても多いです。

想像とのギャップを生む要因はいくつかありますが、そのうちの1つが転職先の社風を事前に見極められていないということです。

転職前は給料や業務内容や勤務地や休日の日数などに、どうしても意識が向きがちです。

これらの項目に魅力を感じられさえれば何の不満もなく働けるだろうと、つい信じてしまいます。

ですが実際はこれらの項目に加え、社風と合うかどうかも転職の成功に大きく関係してきます。この社風の見極めをできていないがために転職で失敗してしまうパターンは枚挙に暇がありません。

転職するにあたり会社とのミスマッチをできるだけ少なくするためには、給料や待遇だけをもとに転職先を判断するのでは不十分です。

もしも判断を誤り続けて転職の失敗を繰り返せば、いつまで経っても落ち着いて働ける職場をみつけられません。

落ち着いて働ける職場が見つからなければ収入は自ずと不安定になりますし、キャリアにも当然のごとく傷がつきます。

転職を何度も繰り返すのは決して褒められたことではありませんから、きちんとマッチする会社を希望して採用してもらうのがベストです。

そこで転職後に後悔しないために社風をどう見極めていけばいいのかを、具体的によく考える必要があります。

このニュースでは社風の見極めにポイントを絞り、転職の失敗を防ぐための注意喚起をしているとわかります。

転職先選びで社風の優先順位が低い原因

転職希望者が転職先選びの際社風を重視しないで転職を決めて失敗する原因は、求人をチェックする時にわかりやすいことから優先して判断する傾向にあるからです。

たとえば給料や年収は、月収や年収が数字でわかるようになっています。

それぞれ上限と下限で差はあるものの、だいたいいくらぐらい稼げるのかはすぐに判断できます。

わかりやすく数字で書かれているので、希望にマッチするかどうかを判断しやすいです。

休日日数も年間何日や週休2日などの数字ですから、とてもわかりやすいです。また勤務地についてもそうで、普通はどこで働くのか決まっているのが一般的です。

仮に本社以外で働くにしても、勤務地の希望を聞いてもらえたり勤務地一覧を見ればだいたいわかります。つまり具体的にイメージしたうえで判断できます。

ですが社風の場合は、求人からすぐわかるわけではありません。

ニュースにあるようにどんなメンバーで構成されているのかや入社後にどのような形で仕事に取り組んでいくのかなどは、入ってみなければわからない一面があります。

そのためあまり深く考えず、優先順位の高い項目だけで判断して転職先を決めてしまいがちです。

このため実際に働いてみてからやっと「社風に合わない」と気付き「転職は失敗だった」と後悔します。

この失敗を防ぐためには、転職先を探す際に社風の優先順位を高くするしかありません。

社風の優先順位を高くすれば、転職で失敗しにくくなります。よって転職で失敗を繰り返している人のために役立つニュースです。

転職活動は慎重に行うことが大切

何か不満を感じていたりさらなる高みを目指すために転職を行うわけですが、慎重さを欠いて短絡的に転職を試みると失敗しやすいです。

慎重さを欠いていると社風の見極めを疎かにしてしまい、給料や待遇などのわかりやすい項目だけで転職先を決めがちす。

それでたまたま社風が合えば何も問題ありませんが、社風が合わないとたとえ給料や待遇などが希望通りだったとしても精神的に辛くなってしまいます。

会社で働くとなれば普通は実働で8時間拘束されますから、その間中ずっと精神的に辛かったら耐えられません。

転職の思わぬ失敗を防ぎたければ、ニュースで伝えている社風の見極めを転職前に必ず行うことがとても大事です。

社風はただ話を聞いたりしただけだと全容が見えてこなかったりもしますが、それでも納得いくまで調べることが転職の失敗を防ぎます。

転職に手間をかけるのは大変ですし、それなりに労力を必要とするのは言うまでもありません。

ただ転職の際に社風を見極める努力を怠ったことで転職した会社を短期間で辞めることになったら、もっと大変なのは明らかです。

転職を繰り返してまともに働けないようでは労多くして功少なしですから、それだけでは避けないといけません。

転職活動をする際は、転職先のことを多角的に見極めるべきです。

給料や待遇などわかりやすいことばかりではなく社風をはじめとした会社の内情についても追求していくことが大事だと、このニュースはうったえかけています。

この記事のライター

  • ダッフルコート
  • 男性・39歳
  • ウェブライター

Career Growth 編集部

ニュース編集 担当

株式会社ショーケースと株式会社レーザービームが共同運営・提供しているCareer Growthの編集部提供コンテンツ。

主として第2新卒、20代前半から30代後半までを主とした、グローバルな仕事・就職・転職の情報を扱う。