医師の収入実態、ストレス・リスクも高いが底堅い職業|キャリアニュース

医師の収入実態、ストレス・リスクも高いが底堅い職業

開業医と聞けば「ああ、儲けているんだろうな」と誰もが思います。数千万円単位の利益と年収を上げて、立派な家に住み、高い車に乗っているイメージを漠然と抱きます。

しかし実際のところはどうなのでしょうか。

開業医は勤務医と比べて年収が高いという印象もありますが、本当でしょうか。

開業医と勤務医の年収の違いや、開業医の診療科によっての利益や人気の違いをお伝えしつつ、最後には日本の年収の高い職業ランキングにも触れたいと思います。

「開業医はつらいよ」スキルや評判が悪いと年収数百万円も 意外にリスキーな仕事だった

医師といえば高給取りの職業。なかでも開業医は「億」の年収も珍しくない、あこがれのセレブでは――。

そんなイメージが覆される調査結果が発表された。開業医といっても、ピンからキリまで。立地条件などに問題があれば、年収数百万円クラスに甘んじる人は少なくない、非常にリスキーなお仕事であることがわかった。
続きはー「開業医はつらいよ」スキルや評判が悪いと年収数百万円も 意外にリスキーな仕事だった|J-CAST

調査結果に見る開業医の意外な格差

世間では開業医はとても年収が高いイメージがあり、億の年収も珍しくないと言われます。

しかしそんなイメージを覆す調査結果が発表されました。

開業医といってもピンからキリで、立地条件等に問題があれば年収数百万円に甘んじる人もいるのだとか。

医師全体の年収の中央値は、副業を含めて1700万円です。勤務医にはアルバイトや副業をしている医師が非常に多いのだそうです。

この調査の中で最も年収が多かったのは40代の小児科の開業医で、1億4千万円の年収でした。男女別では男性医師のほうが女性医師より600万円ほど年収が高くなっています。

これは女性医師の平均年齢が男性医師より10歳ほど若いことや、出産や育児で勤務日数が少ないことが理由に挙げられます。

勤務医だけで見れば副業を抜くと、年収の中央値は1300万円となり開業医の1700万円のほうが高くなります。

開業医が儲かるというイメージは本当だったのです。

しかし開業医のなかには勤務医の年収の中央値に達しない人が、4割も存在していることがわかりました。なかには年収1000万円台に乗らず、年収数百万円に甘んじる開業医も存在します。

医師転職研究所の担当は「開業医も非常に大きなリスクとリターンが存在する世界」とコメントしています。

開業医の調査で興味深いのが、年収3000万円以上が16.4%存在するのに対して年収800万円以下も同じく17.3%と高い割合を示していることです。開業医の世界にも、格差が存在していました。

それでも医師という職業は底堅い

医師の年収は、一般の人が想像する年収から一桁ほど異なるようです。人の命を直接扱う職業ですので、年収が高いのも当然なのかもしれません。

年収が他の職種より高いぶん、大きな責任とプレッシャーがのしかかると言います。

医師の世界は研修医の段階で、4人に1人が抑うつ状態になります。抑うつ状態とはうつ病を発症したときに見られる症状です。

人を相手にする臨床医は多忙であり、生活は不規則になりがちです。なかには24時間呼び出しに備えなければならない医師も、存在するようです。これはほぼ、勤務医の話となります。

研修医時代は同じとしても、開業医は勤務医より恵まれていることが多いようです。

開業医の中で一番利益率が高いのが眼科であり、産婦人科は逆に利益率が眼科の2分の1程度と低くなります。

どうしても分娩のためのスタッフや設備が必要だからです。眼科は残業も少ないので人気が高く、特に眼科の4割は女性医師と言われるほどです。

逆に人気がないのが産婦人科や小児科です。小児科は夜間救急も多く、またモンスターペアレンツに挫折する人も少なくないとのことです。

一番利益の少ない産婦人科でも、年間に平均して2000万円弱の利益が上がるようです。

開業医は勤務医に比べてリスクが高く、立地やスキル、評判が悪ければ年収数百万円になることもあるようですが、基本的には倒産するほどではないということです。

この事実が医師という職業の底堅さを、示しているのではないでしょうか。

医師の年収は業種平均でNo.1

現在の日本は少子高齢化が、叫ばれて久しくなります。高齢化が進むほどに医師の需要は、さらに高まっていくはずです。

日本の人口ピラミッドは団塊世代、団塊ジュニア世代という2つのベビーブームで、少々いびつな形になっています。

この人口ピラミッドが正常な状態に戻るのは、2050年以降だろうと思われます。なぜなら団塊世代は1947年から49年生まれを指します。

日本人の平均寿命が男性で81歳、女性で87歳ですので2030年に団塊世代は平均すると寿命を迎えることになります。

団塊ジュニア世代は1971年から74年生まれですので、この世代が寿命を迎えるのがおよそ2050年というわけです。

それまで医師の需要は、上昇の一途ということになります。

医師の年収が上がることはあっても、下がることはないのではないでしょうか。

医師の年収を調べてふと思ったのは、医師は学歴で目指せる業種の中で最高年収なのではないかということです。

実際に平成29年の厚生労働省の統計、賃金構造基本統計調査を調べてみました。

統計によれば年収の高い職業ランキング1位は医師、2位が航空機操縦士、3位が大学教授、4位が公認会計士・税理士、5位が弁護士となっています。

やはり命に関わる職業だけに、医師の年収は日本の業種の中で一番高かったのです。

高い年収と大きな責任、プレッシャーを負う医師という職業に対してどう思いましたか。世間の平均年収程度で、ホワイトな業種が良いでしょうか。それとも医師のような高年収、責任大な職業に憧れを抱くでしょうか。貴方はどちらのタイプですか。

共働きでも豊かに、女性が生きがいを感じられる社会を作る必要があると思います。

この記事のライター

  • 高橋 聡
  • 男性・39歳
  • フリーランス

Career Growth 編集部

ニュース編集 担当

株式会社ショーケースと株式会社レーザービームが共同運営・提供しているCareer Growthの編集部提供コンテンツ。

主として第2新卒、20代前半から30代後半までを主とした、グローバルな仕事・就職・転職の情報を扱う。