介護職の待遇改善は待ったなし、人の羨む職業に|キャリアニュース

介護職の待遇改善は待ったなし、人の羨む職業に

日本が抱える深刻な社会問題の1つに、介護職の人手不足が挙げられます。

介護の需要は日を追うごとに増すばかりですが、その需要に供給が追いついていません。

介護職が大変な仕事であることは想像に難くないため、積極的にやろうとする人は残念ながら少ないです。

そこで介護職の人手不足対策に自治体がメスを入れました。このニュースでは、大分県宇佐市の取り組みをピックアップしています。介護職の人手不足問題に一石を投じるニュースです。

介護職に奨励金や報奨金 人手不足解消狙い 大分・宇佐市

 介護現場の人手不足解消を狙い、大分県宇佐市は市内の介護サービス事業所に正規職員として就職した人や、その後継続して勤務した人に奨励金や報奨金を贈る事業を始める。全国的にも手厚い制度としており、開会中の定例市議会に事業費100万円を提案している。

 市によると、ハローワーク宇佐管内(宇佐、豊後高田市)の8月末の「介護サービスの職業」は、有効求人97人に対し求職者29人で有効求人倍率は3倍。全国的にも3・66倍と人手不足が顕在化している。市議会からも対策を求める声があり、全国の他都市の支援事業を研究して、より手厚い制度を設けることにした。
続きはー介護職に奨励金や報奨金 人手不足解消狙い 大分・宇佐市|Yahoo!ニュース

介護職の待遇を良くするためのアイデア

このニュースの背景にあるのは、日本の超高齢化社会への突入です。

高齢者の人口は年々増加しており、これからもさらに増加することは疑いようがありません。

また高齢者の介護を担う若い人は、少子化の影響により減少しています。この結果高齢者の介護を行う人が、足りなくなってしまっています。

そして高齢化社会のしわ寄せを受けているのが、介護サービス事業です。

高齢者が増加すれば介護サービスを利用する人は増えますが、その介護サービスで働く人が足りないのですからバランスが取れているとはお世辞にも言えません。

さらに人手不足のままでは介護職に就いている人員1人1人の負担が大きくなってしまい、その負担に耐えられなければ辞めてしまいます。

この悪循環に陥っているため、介護サービスの仕事は苦しくなる一方です。

また介護職は仕事が大変であるにもかかわらず給料がそれほど高くない点も、働き手の不足に拍車をかけてしまっています。

高給ならまだしも必ずしも高給とはいえないのですから、働き手が増えないのは当然の結果です。

そんな状況を受けて自治体が手を打ったのは、介護職の金銭的な手当を厚くすることです。

金銭的にケアしたからといって介護職の働き手が急増するほど簡単な問題ではありませんが、だからといってただ手をこまねいていても何も解決しません。この窮状を打破すべく、宇佐市が奨励金や報奨金を支給すると決めました。

介護職の手当を厚くしている自治体があるということが、このニュースを読めばわかります。

介護職の人材を確保するための具体的な対策

医療技術の向上や食生活の充実などにより、昔と比べて人の平均寿命はかなり長くなりました。

それはとてもいいことですが、寿命が長くなった分高齢者を支える家族の介護負担も大きくなりました。

その結果自力で介護をすることが難しくなり、多くの人が介護サービスを頼るようになっています。

また高齢者の子どもが家族を持った場合、自分の家族を支えるだけで精一杯になってしまいます。

今は核家族化が当たり前になっているため他に頼れる相手もおらず、そうなれば介護サービスを頼らざるをえません。

このような社会環境と時代背景によって介護サービスは多くの人が利用するようになりましたが、肝心の介護職になろうとする働き手が足りていません。

仕事で人の面倒を見るのは決して生易しいものではありませんし、コミュニケーションを取るのも一苦労です。

さらに介護職の給料がそれほど高くなければ、仕事としての魅力に欠けてしまうのは否定しようがありません。

そこでこのニュースのように自治体が介護職の人手不足解消に乗り出したのは、介護職は給料が安いというイメージを覆したいという狙いも含んでいます。

介護職に転職することで奨励金や報奨金が支給されるのであれば、介護の仕事をするにあたってささやかなら励みになることは確かです。

さらに介護の資格取得に対しての報奨金や長期就労による報奨金が制定されている点などからも、離職率を低くしたい狙いが伝わってきます。

介護職の人材を確保にするために何ができるのか、ニュースではその具体例にフォーカスしています。

介護問題に対する自治体の取り組みを報じる

日本のような高齢化社会において介護職の働き手を増やすことは、クリアしなければいけない課題の1つです。

介護職の働き手がいなくなってしまったら、介護サービス事業は成立しません。

もしもそうなったら介護の問題はさらに大きくなり、人々の日常生活や家族関係に大きな悪影響を及ぼすことが考えられます。

介護のすべてを介護サービス事業に頼るわけではないにしても、介護サービス事業なしに今後の介護は考えられないです。

そこで介護職に従事する働き手のケアを厚くしないといけませんが、その具体策がこのニュースで取り上げられている奨励金や報奨金の支給です。

このニュースを広く伝えることにより、内容を知った人が介護職に実際に興味を持つかもしれません。

介護職の働き手の減少を防ぐためには、このような具体的な取り組みが必要不可欠です。

介護の問題は社会全体の問題ですので、そのために事業費を企てることに誰も異論はないはずです。つまり社会を維持していくために、必要となるお金です。

お金を投じることだけが介護現場の人手不足解消策ではないものの、何もしなければ介護職の働き手がもっと減少してしまいかねません。

そして介護職の働き手の減少を止めるには自治体が行動を起こさなければいけませんし、メディアはその行動を伝える役割を担っています。

ニュースで報じることでこの対策が全国的に広まっていけば、今より状況が良くなることも見込めます。

ですからこうした介護職の人材を確保するための取り組みは、ニュースを通じて多くの人に伝えられることが望ましいです。

この記事のライター

  • ダッフルコート
  • 男性・39歳
  • ウェブライター

Career Growth 編集部

ニュース編集 担当

株式会社ショーケースと株式会社レーザービームが共同運営・提供しているCareer Growthの編集部提供コンテンツ。

主として第2新卒、20代前半から30代後半までを主とした、グローバルな仕事・就職・転職の情報を扱う。