就活で輝きを失いつつある銀行、採用人数も減少|キャリアニュース

就活で輝きを失いつつある銀行、採用人数も減少

メガバンクが大幅な人員削減を打ち出したことから、銀行への就職を目指す人たちのイメージが大きく変わっています。

マイナス金利が続くことによる収益性の悪化や、ATMの手数料有料化の波などを不安視する人も多く、人気の職業とは言えなくなっている面があるのです。

一方で、銀行がお金に関わるための重要な職業であるという考え方も存在します。

IT技術の導入など変革が求められている面はあるものの、変革にさえ乗ることができればキャリアアップなどに近づくと見ている人もいるからです。

AIの導入などによる効率化をどのように向き合うかといった、変化の激しさを求めやすい環境になりつつあるのもポイントになります。

派遣社員1000人に聞く!「同一労働同一賃金」意識調査ー『エン派遣』ユーザーアンケート

就職人気ランキングでかつて上位を占めた業界がある。「銀行」だ。

預貸金の利ざやが見込みにくくなるなどメガバンクにとって環境は厳しい。

就活生のあいだでは「銀行は滑り止め」との声も一部で聞こえるが、銀行の人気はこのままなのか。就活探偵団が探ってみた。
続きはー派遣社員1000人に聞く!「同一労働同一賃金」意識調査ー『エン派遣』ユーザーアンケート|U22就活探偵団

保守的な職業から変革が求められる職業になりつつある

メガバンクを中心とした銀行の人員削減、支店の閉鎖や地方銀行の統合は珍しいものではなくなりつつあります。

これは企業体力があまっているうちに雇用を整理し、より厳しい少子高齢化の未来に備えるという重要な判断が含まれます。

AIの普及などで仕事の負担を減らしつつ、将来に備えているのです。単純な人員削減ではなく配置転換や新規採用は続いているのも特徴で、銀行自体に変革が求められていることに理解が必要です。

大切なのは新しい技術に対応する人材や、創造的な人材が求められていることになります。銀行業はお金に関わる仕事のため保守的な面が多く、就職を目指す人材にも保守的な人材が目立つという傾向がありました。

しかし、銀行を効率化するためには新しい技術に適応できる柔軟な思考を持った人間や、システム開発やメンテナンスに携われるような高度な人材が求められます。

単純作業がますます減っていくことが予測されるからこそ、人材に求めなれる要求値は高くなっていくのです。収益源の確保のための銀行内での創業や、ビジネスの開拓が必要になる可能性もあります。

進歩的な仕事が求められる可能性もあるため、銀行への就職や転職を目指すのであれば、既存のイメージを捨て去ることも大切になるのです。

AIの普及によって生まれる業務に何があるのかを考える

銀行はAI技術の普及によって多くの仕事がなくなる職業だといわれています。

金銭の管理などはネットワークやコンピューターの管理が一般的になり、アナログな計算の必要性は低くなりつつあります。

一方で、いまだ窓口業務など自動化が難しい業務があるのもポイントで、何年かけて省力化と効率化を進めていくかといった段階に立っているのです。

極端な省力化を進めた結果、顧客が離れる可能性があるのも見逃せません。

お金を持っている人すべてが先進技術に馴染めるわけではないため、どの層をどのように取り込めるのかといった競争も存在します。

顧客確保のために様々な施策が必要になる可能性もあり、AIが導入されたからといって全ての仕事がなくなるわけではないことに留意する必要があります。

大袈裟すぎないか?「AIに仕事を奪われる」、銀行業の実際は
https://gentosha-go.com/articles/-/24418

銀行業のAI導入で雇用が不安定になるのは、収入が高く、新たな技術取得が難しい年齢層になります。

AIが代行できない技術を持った人材や、AI導入を支える人材は必要とされるだけでなく、新たな仕事が生まれればそれに適応できる人間の雇用はなくならないことになります。

銀行の新卒採用がゼロにならないのは銀行が人員を必要とし続けることの証明であり、まだまだ仕事があることを示しているのです。

ただし、技術への適応競争が激しくなれば、それだけ生き残るのが難しくなる可能性があることに理解が必要です。営業ノルマなどが発生する可能性もありえます。

変革をポジティブに捉えるのかネガティブに捉えるのか

世の中の様々な職業は、AIの進化や人口と経済環境の変化などに応じて変化することが求められます。

新しい技術に適応できない仕事はなくなる可能性がある一方で、省力化が進むことで生まれる仕事もあります。

技術の変革を支えるための人材が必要になるのもポイントで、ポジティブな影響があることも珍しくないのです。

問題はネガティブなイメージを持った際に、その後に対応できるかという問題です。

ネガティブなイメージを持つのは簡単ですが、実際の社会の流れと逆行すれば将来の選択肢が狭まる可能性があります。

技術を積極的に学び、受け入れなければ仕事がなくなる恐れもあるからです。

保守的と思われていた銀行が変革を求められているように、他の職業でも大なり小なりIT化による技術革新や、省力化は受け入れる必要があるのです。

ただし、省力化のためのコストが大きくなりすぎる場合や、運用技術や受け入れ態勢の未熟さで省力化が進まないケースもありえます。受け入れる側の人間が拒否すればどれほど合理的な仕組みに支えられていても、利用できない可能性があるのです。

人材として技術に適応するだけでなく、企業が適応できる能力があるか、適応のための改善を続けるかは注目したいポイントになります。

転職や就職で安定は失われていることを意識し、選び、適応するための工夫や学習が大切になるのです。企業に自分の人生を任せられないと思った場合は、転職するのも選択肢になります。

この記事のライター

  • しらたま。
  • 男性・37歳
  • フリーライター

Career Growth 編集部

ニュース編集 担当

株式会社ショーケースと株式会社レーザービームが共同運営・提供しているCareer Growthの編集部提供コンテンツ。

主として第2新卒、20代前半から30代後半までを主とした、グローバルな仕事・就職・転職の情報を扱う。