こんなはずじゃなかった。新卒・転職者の悲嘆|キャリアニュース

こんなはずじゃなかった。新卒・転職者の悲嘆

入社後に自分のイメージと仕事のギャップに悩む人は多く、新社会人の8割が経験するという調査結果があります。

実際の原因と対策もセットで記事化されていますが、新社会人だけでなく転職をする人間でも同様の自体が起こりえることに注意が必要です。

これは自分を良く見せたいと思う雇われる側と、自分の企業を良く見せたい企業側のギャップによって生じることが多いためです。

また、自己分析をしっかりとしてなければ何度転職しても想像と違ったという結果になりかねないことにも注意が必要になります。

就職や転職を成功させるためには、自分の特性を知ることや企業の実態を事前に調べることが大切なのです。

新社会人の8割がぶち当たる「入社後ギャップ」、防ぐための3ポイントとは

インターネット時代の就職活動市場は、完全な情報戦です。口コミサイト・就活ナビの乱立、メディアの報道…など、企業側、学生側に向けたありとあらゆる情報が飛び交っています。

 学生は志望する企業に入社するために、企業は要員計画に伴った学生を質と量ともに確保するために、日々尽力しています。そのニーズに合わせて、「面接テクニック」や「グループ・ディスカッションでの人の見極め方」「書類の書き方/書かせ方」「新しい就活/採用手法」などの就活・採用テクニックが毎日のように発信されています。
続きはー新社会人の8割がぶち当たる「入社後ギャップ」、防ぐための3ポイントとは|ITmedia

働きはじめて知るでは遅いことが多いのがポイント

新社会人が驚く入社後のギャップで多いのが、給与周りのことや昇進のスピードなどです。裁量の少なさや仕事のやりがい、休日のバランスに驚く人もいます。

注意したいのは事前に調べればわかることも多いということです。

大卒初任給などの情報は簡単に調べられる範囲であり、出世などのスピードも面接時などに聞いてしまう方法もあります。

学生が責められない部分になるのが、採用担当者やリクルーターがモデルケースなどを中心に話してしまい、スピード出世の事例なども提示しがちなことです。

情報を鵜呑みにするのではなく実際持ち帰って確認することや、自分で調べることは大切になります。

人手を確保したいという人間としての欲求が絡むからこそ、そのまま受け取るのは危険な部分があるのです。

実際に働きはじめてギャップに悩んでも手遅れというケースが多いのが現実です。それでも折り合いをつけて働き続けるのか、転職するのかという選択肢になってきます。

考えておきたいのが、どれほど就職などに真剣に向き合ってきたかで結果が代わることがあり、努力をしても人間関係などで悩んでやめていく人もいるということです。

事前に情報を収集し、対策をすることはもちろん大切です。ただし、実際に気付いたときにどれだけ修正ができるのか、次の良い選択肢に繋げられるかはもっと大切になります。

後悔しても人生が良くなるわけではないため、どのように向き合って改善するかも考える必要があるのです。

転職であっても同じことがありえる

実際に仕事をした経験がある転職者でも、仕事をはじめてギャップに悩むことがあります。まず、転職エージェントなどを利用すると転職エージェントの情報と実際の転職先の情報にズレが生じるケースがあります。

転職先が転職エージェントに提供する情報に問題があったのか、エージェント側が成果を焦って情報を隠すといった行為を行っていたのか、単純な伝達ミスであったかは確認しなければわかりません。

また、より良い企業につきたいからと作った職務経歴書が、実態以上に評価されるといったケースもあります。

手持ちの経験では足りないほどの職責を背負ってしまうようなケースもありえるのです。

ミスマッチを防ぐためには意識して情報の取捨選択を行い、様々な確認を行う必要があります。

自己分析も必要で、分析内容に問題があれば転職先に満足できなくなり、また転職したくなる可能性も高まります。

キャリアアップや年収増を目指すのであれば、目の前の高収入や待遇だけでなく、実際にその業務をこなす適性があるかも確認しなければならないのです。

扱う情報が多く、裁量が与えられる高度な仕事ほど給与は高くなる傾向があります。

職責も重くなることも多いからこそ、自分の能力や経験で可能な仕事をしっかりと選ぶことが大切になります。

例外的になるのがフリーランスや起業といった生き方

就職や転職といった企業で働くといった生き方から外れるのが、フリーランスになる、転職するという選択肢です。

実は新卒でフリーランスという選択をとる人は増えていて、市場を形成しつつあります。これはネット経由で個人が仕事の受注ができる仕組みなどが出来上がり、学生のうちからアルバイト感覚で仕事をはじめてフリーになるといった選択肢も生まれているからです。

超売り手市場でも就職せずに「新卒フリーランス」を選ぶ。新たな選択肢か無謀な道か
https://www.businessinsider.jp/post-198419

起業のためのノウハウを学んで学生のうちに起業する人も存在し、学生起業家として有名になるケースもあります。

考えたいのが生きるための選択肢が増えているということです。

様々な情報にあふれ、アクセスする手段が多いからこそ、何が自分にとっていいのか考え、取り入れることが人生にプラスになります。

人間関係が嫌だからと企業を辞め、フリーランスに転向する人もいます。

正社員ばかりが選択肢の世の中ではなくなり、フリーランスとしての仕事が不安定なうちは、短めの労働時間の仕事で補うといった複合的な働き方もできるようになっています。

一方で、フリーランスや起業は自分の責任や能力が如実にでる分野でもあります。選択肢の豊富さや責任の重さに耐えられない人もいます。

就職、転職自体も成功させるために必要な情報が多く、考えるのが割に合わないと感じる人もいます。

しかし、一時的にでも考えた方がプラスになることがあるのもポイントで、人生を良いものにしたいのであれば向き合った方がいいのです

この記事のライター

  • しらたま。
  • 男性・37歳
  • フリーライター

Career Growth 編集部

ニュース編集 担当

株式会社ショーケースと株式会社レーザービームが共同運営・提供しているCareer Growthの編集部提供コンテンツ。

主として第2新卒、20代前半から30代後半までを主とした、グローバルな仕事・就職・転職の情報を扱う。