3割の転職活動成功者は情報収集が鍵だった|キャリアニュース

J3割の転職活動成功者は情報収集が鍵だった

株式会社ライボは、転職活動経験者を対象に、転職に関する調査を行いました。

転職を経験したことがある、また現在転職活動中の「JobQ」ユーザーを対象に行いました。転職に失敗した方はどのくらいいるのでしょうか?

また、転職に失敗した方はどんな理由で失敗してしまったのでしょうか?今回の調査の結果から転職に失敗しないためには、どうすればよいのか考えていきたいと思います。

キャリア転職に特化した匿名相談サービス『JobQ』が転職意識調査を実施〜転職に「成功した」と感じた人は全体の3割〜

近年、転職者数は年々増加傾向にあり、2019年の9月でおよそ360万人に達しました。2010年の転職者数はおよそ280万人であり、10年前と比較すると、およそ80万人増加しています。

新卒で入社後すぐ、転職を考える人も増えていると同時に、転職して入った会社も合わず、度々転職を重ねる人も少なくありません。

実際のところ統計では、新卒採用において、1年以内離職率は1割、3年以内離職率は3割と、企業と学生の間にミスマッチが生じているのが現状です。
続きはーキャリア転職に特化した匿名相談サービス『JobQ』が転職意識調査を実施〜転職に「成功した」と感じた人は全体の3割〜|Biglobe

転職活動に成功した人は全体の3割!

『JobQ』ユーザーに自身の転職活動について、どう考えているかを調査した結果、「どちらともいえない」が全体の56.6%と約半数を占める結果となり、「成功した」は全体の30%という結果でした。

この結果によると1割の人が転職に「失敗した」と感じる要因があり、約半数の人が自身の転職について「失敗した」とも「成功した」とも言えないということがわかりました。

「失敗した」と感じる具体的な理由については「新しい職場が思っていた雰囲気と違った」が37.9%で、次に「情報収集が不十分だった」で34.5%でした。

新しい職場が思っていた雰囲気と違ったということは、会社のリサーチ不足が原因として考えられます。

情報収集が不十分だったというのは、もっといろいろなツールを活用して情報を集めていればよかったのかなーと考えられます。

一方で「成功した」と回答した方の成功した理由は、「具体的な転職理由があった」が42.5%で「年収や待遇に満足している」が38.8%でした。

転職活動中にしておけばよかったと後悔していることで最も多かったのが「業界・職種についての調査」で47.3%、その次が「自分の市場価値への理解」で39.2%でした。

やはり、業界や職種については、もっとしっかり調査しておけばよかったと感じる方が多かったです。

また、自分がその市場で活躍できるかの価値をもっと理解しておけばよかったと考えている方も多数いました。

転職に失敗した原因とは?

転職ブームの今、転職者数は増加傾向にあります。

ただ、「JobQ」の調査での転職に成功した人の割合を見ると約3割の人しか転職に成功していません。

失敗した方の理由では、「新しい職場が思っていた雰囲気と違った」や「情報収集が不十分だった」が挙げられていました。

自分で想像していた雰囲気と実際の職場の雰囲気が違うと、なかなか馴染むのに苦労しますね。

実際の職場の雰囲気や会社の情報をよく知っておかないで転職してしまうと、失敗に繋がってしまうということが今回の調査でよくわかりました。

それでは会社の実際の雰囲気や会社の情報をよく知るにはどうすればよいのでしょうか?

実は、今は、実際の会社の雰囲気や詳しい情報を知ることができるサイトがたくさんあるのです。

「カイシャの評判」というサイトでは、話題の会社の評判を見ることができるし、実際に会社で働いている人の口コミを見ることができます。

こういったサイトを活用して会社のリアルな口コミや評判を自分で収集すれば、転職して職場の雰囲気が思っていた雰囲気と違ったというようなことにならないです。

転職では、失敗してしまうと、リスクが大きいし、精神的なストレスも伴います。

転職を繰り返す悪循環に陥る場合もあります。転職に失敗しないためにも自分で会社の情報をできるだけ集めていくことが必要だと思います。

そうすれば、理想に近い会社に転職することができます。転職に成功するには情報収集が不可欠です。

転職に失敗しないためには情報収集がカギ!

転職に失敗しないためには、転職先の会社の評判などをインターネットでしっかりリサーチしておくことが大切です。

会社の情報は多ければ多いほどよいので、たくさんの情報を集めて自分に合いそうな会社か検討していきましょう。

また転職活動中にしておけばよかったと後悔していることに「業界・職種についての調査」や「自分の市場価値への理解」が挙げられました。

業界・職種についての調査は、興味のある職種の本を読んだり、インターネットで興味のある職種の歴史などを調べてみると詳しくなれますし、自分の市場価値への理解は、転職エージェントを利用してスタッフの方に相談してみるとアドバイスが得られます。

転職エージェントではスタッフにいろいろな相談ができるので、興味がある業界の自分の市場価値を知りたい人におすすめです。

1人で考えているよりも専門の方のアドバイスを受けましょう。

今は、情報社会なので、いろいろな情報をインターネットで集めることがでるし、転職ブームなので、転職エージェントも多数あります。

インターネットや転職エージェントなどをフル活用し、情報収集をしっかりしていけば、転職に失敗しにくくなると思います。

今回の「JobQ」の転職に失敗した方の回答を参考にして転職に失敗しないように事前にしっかりリサーチするようにしましょう。

転職に失敗すると、また転職を考えなくてはいけないし、金銭的にも負担がかかってきます。

転職に成功できるように情報収集をしっかりしていくようにしましょう。

この記事のライター

  • ゆうり
  • 女性・42歳
  • フリーランス

Career Growth 編集部

ニュース編集 担当

株式会社ショーケースと株式会社レーザービームが共同運営・提供しているCareer Growthの編集部提供コンテンツ。

主として第2新卒、20代前半から30代後半までを主とした、グローバルな仕事・就職・転職の情報を扱う。